留学 安倍晋三に関するニュース

安倍晋三氏 父の秘書官就任で会社退職時人目はばからず落涙

NEWSポストセブン / 2015年06月05日11時00分

留学後、安倍氏は神戸製鋼に就職、本社輸出部に配属されて「仕事の喜び」を見出すようになった。そして、1982年、父・晋太郎氏が外務大臣に就任、秘書官になるよう命じられた。だが、安倍氏はこれに激しく反発した。(文中敬称略) * * * 安倍の“退職拒否”で神戸製鋼所は大混乱に陥った。 元来、晋太郎は短気でせっかちだ。外務大臣就任後も政務秘書官不在が続く異例の [全文を読む]

舛添都知事が韓国・朴大統領に揉み手で交わした“背信公約”とは?(1)ペコペコ頭を下げる醜態

アサ芸プラス / 2014年09月09日09時56分

2人ともフランス留学の経験があり、会談前はフランスの話で盛り上がっていた。しかし、テレビカメラの前で会談が始まると、和やかな雰囲気は一変。朴大統領は険しい表情で、冒頭からこう牽制したのだった。 「一部政治家の不適切な言動で困難がのしかかっている。『正しい歴史認識』を共有しながら両国が安定的に関係を発展させていけるよう力を尽くしてもらいたい。従軍慰安婦の問題 [全文を読む]

戦後70年の安倍談話に「3つのキーワード」を確実に入れるべき理由

週プレNEWS / 2015年08月10日11時00分

高校卒業後、単身で北京大学へ留学、同大学国際関係学院修士課程修了。2012年8月、約10年間暮らした中国を離れ渡米。ハーバード大学フェローを経て、現在はジョンスホプキンス大学高等国際関係大学院客員研究員。最新刊は『たった独りの外交録 中国・アメリカの狭間で、日本人として生きる』(晶文社)。中国のいまと未来を考える「加藤嘉一中国研究会」が活動中! [全文を読む]

大河ドラマが安倍首相の地元に決定するまでの「異例」の経緯

NEWSポストセブン / 2014年01月18日07時00分

萩市側からは幕末にヨーロッパに秘密留学した「長州五傑(井上馨、遠藤謹助、山尾庸三、伊藤博文、野村弥吉)」を取り上げるなどの案が提示されたが、NHK側は女性主人公にこだわったという。 [全文を読む]

村上春樹が人生で巡り会った重要な本No.1、『グレート・ギャツビー』の華麗なる(?)比較

ダ・ヴィンチニュース / 2013年06月04日13時30分

またギャツビーの英国留学の名残といわれる、親しい友人に呼びかける際の口癖「old sport」だが、これも各々違う。初めてこの言葉が出てくる第3章で見てみると、野崎孝は「親友」と訳し、大貫三郎は「ねえ君」に「オールド・スポート」とルビを振って、巻末で意味を解説している。また村上春樹は「あなた」に「オールド・スポート」とルビを振り、あとがきで「20年以上悩 [全文を読む]

加藤嘉一「中国と北朝鮮の“ドライな関係”に 過剰な期待をかけてはいけません」

週プレNEWS / 2013年04月29日13時00分

高校卒業後、単身で北京大学へ留学、同大学国際関係学院修士課程修了。2012年8月、約10年間暮らした中国を離れ渡米。現在はハーバード大学ケネディスクールフェロー。新天地で米中関係を研究しながら武者修行中。本連載をもとに書き下ろしを加えて再構成した最新刊『逆転思考 激動の中国、ぼくは駆け抜けた』(小社刊)が大好評発売中! [全文を読む]

加藤嘉一「ともに『タカ派』と見られがちな安倍晋三・習近平が、現状打開のきっかけにならないだろうか」

週プレNEWS / 2013年01月14日13時30分

高校卒業後、単身で北京大学へ留学、同大学国際関係学院修士課程修了。2012年8月、約10年間暮らした中国を離れ渡米。現在はハーバード大学ケネディスクールフェロー。新天地で米中関係を研究しながら武者修行中。本連載をもとに書き下ろしを加えて再構成した最新刊『逆転思考 激動の中国、ぼくは駆け抜けた』(小社刊)が大好評発売中! 【関連ニュース】加藤嘉一「国際社会に [全文を読む]

中国の領空侵犯「安倍新政権」の強硬姿勢への牽制と識者指摘

NEWSポストセブン / 2012年12月16日16時00分

【関連ニュース】蓮舫大臣 北京留学で中国語上達せずバスケの練習に打ち込む金美齢氏 馬英九政権続けば台湾は中国に吸収との危惧広まる米国製軍用ジープを丸パクリした中国製軍用ジープの写真公開北朝鮮「韓国砲撃」は中国が仕掛けた外交戦争だったとの説APEC開幕 欠席した場合に外交的ダメージを受けるのは実は中国 [全文を読む]

大阪維新の会衆議院選候補者 東京の目玉は明治天皇の玄孫

NEWSポストセブン / 2012年08月28日07時00分

慶應大学から米ニューヨーク州のシラキュース大学に留学した。帰国してからは参院議員だった武見敬三氏の秘書を2年間務めて政界経験を積む。その後は本格的に政治家を目指すべく再び渡米して南カリフォルニア大学大学院で公共政策学を学んだ。 「渡邉氏の後見人は橋下氏が信頼を寄せている東京の政界関係者で、その人物からの強いプッシュがあって維新塾にも入った。東京のいずれかの [全文を読む]

フォーカス