選手 井端弘和に関するニュース

吉田沙保里 レスリング銅松本に「好きだ」連呼し警戒される

NEWSポストセブン / 2012年11月02日16時00分

ロンドン五輪で3連覇を達成し、この度、国民栄誉賞を受賞した女子レスリングの吉田沙保里選手(30才)。しかしながら、彼女の母親・幸代さん(57才)も娘の未来をこう嘆く。 「ありがたいですが、これで“強すぎる”ってイメージがさらについちゃいますよね。ホントは結婚願望が強い子なんです。なのに、これで“また婚期が遅れちゃうんじゃないか…”って心配なんですよ。あの子 [全文を読む]

大減俸の中日選手「相手が落合だから蛇に睨まれた蛙」の評も

NEWSポストセブン / 2013年11月18日16時00分

なぜなら選手たちは球団に雇われた会社員ではなく、成績に応じて年俸が変わる個人事業主であり、所属球団は12年ぶりのBクラスに沈んだからだ。空前の大減俸ラッシュにも、落合博満GMはいつもと変わらぬ涼しい顔で、こう言い放つのみだった。 「このチーム、何位だったの? Bクラスの責任は選手にもある。間違った評価であれば、彼らはハンコを押さないでしょう。勝てば上がる。 [全文を読む]

侍ジャパンWBC開幕直前の「怒号ビーンボール」劇場(1)厳粛な場で監督はジャージ

アサ芸プラス / 2013年02月28日09時59分

ところが選手の調子も上がらなければ、選考や怠慢行為を巡って首脳陣への信頼も揺らぐばかり。チームの躍進に影を落とす、危険球スレスレの内幕を暴露する。 2月20日、山本浩二監督(66)から28人の侍が発表された。あとは決戦に向かうばかりなのだが、その選考法を巡って球界から異論が噴出している。 「最初から28人を選んで、欠員が出たら補充すればよかった」 という意 [全文を読む]

中日高木監督 勝敗度外視の選手起用で集客力向上狙うと記者

NEWSポストセブン / 2012年03月17日16時00分

勝敗を度外視しても、地元重視の選手起用で、集客力アップを狙っているようです」(中日番記者) さて気になるのは成績だ。投手陣はもともと鉄壁だけに、 「下手にいじろうとしていない分、安心できる。昨季の59敗から少し後退するが、65敗程度じゃないか」 中日OBはこう語る。 しかし、今年40歳の和田一浩や同じく42歳の谷繁元信の後継者が育っておらず、補強も44歳の [全文を読む]

元中日・井端へ88%大減俸提示は見せしめだったと球団関係者

NEWSポストセブン / 2013年11月19日16時00分

相手が就任したばかりの元監督・落合博満GMだから、選手は皆、歯向かえば大きな“しっぺ返し”が来ると分かっているから諦めているのだともっぱらの評判だ。 実際、選手たちは早速、十分すぎるほどの“しっぺ返し”を見せつけられた。 ベストナイン5回、ゴールデングラブ賞7回のベテラン、今年のWBCでの活躍を記憶している人も多いだろう、井端弘和の退団である。 中日関係者 [全文を読む]

【プロ野球】今年は福原忍(阪神)が槍玉に。現役を続けるか、華々しく最後を飾るか ~揺れ動く心~

デイリーニュースオンライン / 2016年09月04日16時05分

人気球団とはいえ、シーズン半ばで進退を憶測で報じられては、選手はたまったものではない。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■引退を覆し、代打の神様へ 過去には憶測記事が、逆に選手を発奮させ、その後のシーズンに好結果を生み出したケースもある。 「桧山引退!」 2007年、クライマックスシリーズ第1戦を終えた翌朝、名古屋駅ホー [全文を読む]

川上憲伸、井川慶、中村紀洋 現役続行目指す3人の現在地

NEWSポストセブン / 2016年03月25日07時00分

だが、その「春」は、すべての選手に等しく訪れるわけではない。 2015年オフ、在籍球団のユニフォームを脱いだプロ選手は186人(セ・90人、パ・96人)に上る(本誌調べ)。前田健太(広島→ドジャース)、ら移籍組も含まれるが、多くは「引退」を受け入れた選手たちだ。 とくに大物選手の引退が目立った。中日からは山本昌、谷繁元信、小笠原道大、和田一浩。巨人では、新 [全文を読む]

【プロ野球】次なる”中年の星”は誰?マサに続く今年の40歳選手

デイリーニュースオンライン / 2016年02月06日16時00分

昨年は山本昌(元中日)をはじめ、大量にベテラン選手が引退した年だった。年齢を感じさせない彼らの活躍に勇気をもらった中年世代も多かっただろう。2015年度の40歳以上のプロ野球選手を年齢降順で並べ、その動向を見てみよう。(年齢は昨年末時点) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■2015年度プロ野球選手年齢ランキング(降順) 1 [全文を読む]

中日・谷繁監督がオーナーに迫った“捨身直訴”事件「オレはお飾りなのか?」

アサ芸プラス / 2015年10月04日17時56分

選手兼任とはいえ、監督という立場にもかかわらず、実質的には落合博満GM(61)にチームを牛耳られてきたからだ。采配をしようにも、特に投手に関しては落合GMの意向を理解する懐刀・森繁和ヘッドコーチ(60)が現場を取りしきっていて、万事が思いどおりにはいかないという。落合GMが森ヘッドを入閣させた当初から、この構図は予測できたが、だからといって、シーズンを通 [全文を読む]

掛布雅之「来季の構図も巨人対5球団」

アサ芸プラス / 2013年12月20日09時57分

それが昔の球団と選手の関係だったのです。 落合さんのコストカットも、本来の球団経営をもう一度行っているだけの話。特別驚くようなことではありません。 もちろん、中日も活躍した選手には年俸を上げる措置は取っています。だから、落合さんが頭ごなしに減俸しているわけではなく、その選手の評価に見合った額を提示しているということ。事実、年俸提示後に保留者が1人もいないと [全文を読む]

落合GM“非常査定”の先に「監督復帰の目論み」

WEB女性自身 / 2013年11月21日07時00分

今オフ、中日の初代GMに就任したが、今月5日に始まった落合GM主導による契約更改に選手たちは震え上がっている。 ’01年以来のBクラス(4位)ということで、ある程度の減額は予想されていたが、それをはるかに上回る現実が待っていた。これまで主力としてチームを引っ張ってきた吉見一起の1億1600万円減を筆頭に、多くが野球協約の減額制限を超えた大幅なマイナス査定と [全文を読む]

3連覇を逃した侍ジャパン。キーマン・井端をヤル気にさせたヤクルト・宮本からの電話

週プレNEWS / 2013年03月18日14時01分

ベテランのユーティリティープレーヤーとしてチームに欠かせない選手ではあるが、決してチームの中心といった存在ではない。 だが、「キャッチャー・4番・キャプテン」という重責の阿部慎之助(巨人)に代わり、試合前の練習やベンチ裏でチームのまとめ役・若い選手の聞き役になっていたのが、この井端なのだ。 「順位決定戦となった2度目のオランダ戦の前には、不振の長野久義(巨 [全文を読む]

稲葉ジャパン、11月アジアCSで初陣「勝利を第一に」…大谷召集の可能性も

ベースボールキング / 2017年09月12日07時30分

会見に出席した稲葉監督は「選手の選考に関しましては、アジアのチャンピオンを決定する大会である以上、勝利を第一にした人選を前提にしています。私が監督として掲げた目標である2020年の東京オリンピックの金メダル獲得を実現するためにも、将来的な視野を持ちながら考えていく必要がある」と話した。 今大会の参加資格は、U-24(1993年1月1日以降生まれ)または入団 [全文を読む]

【中日】夢の球宴を“感謝の球宴”に チームを去った彼らに御礼が言いたい

文春オンライン / 2017年06月02日11時00分

一昔前は「人気のセ、実力のパ」と言われ、オールスターの場で活躍し、名前を売ろうと全パの選手は奮起したものだった。 また幼少の頃は読売中心のテレビ放送だった為、名古屋地区に住む私たちには年一回の全パ選手品評会の場にもなっていた。「阪急の長池って左肩にアゴを乗せて打つんだ」とか、目を輝かせて見ていたものである。江夏の9者連続三振、掛布の3打席連続ホームラン、清 [全文を読む]

【プロ野球】人間性は違えども…。今もっとも旬な“お騒がせ男”トランプ大統領を彷彿させる名監督はこの2人!?

デイリーニュースオンライン / 2017年02月12日16時05分

そういえば、2009WBCに出場する選手を選考する際、所属選手をすべて辞退させた落合博満監督(中日)の取った方針は、ある意味、中日がペナントで勝つための保護主義政策といえなくもない。 強い中日を作る! 世界大会で勝っても我々の利益にはならない。そんな考えが背景にあるのではと非難する声もあがった。 また、トランプ大統領は、環境問題よりも経済政策を重んじてい [全文を読む]

【速報】ハマの番長・三浦大輔が引退会見!ファンは悲しみの声

しらべぇ / 2016年09月20日15時20分

「この人こそふさわしい」と思われる選手が現れた時、球団・三浦投手が協議した上で引き継いでいく。画像はNPB公式サイトのスクリーンショット長年チームの屋台骨を支えてきた選手だけに、ファンからはショックの声が続々とあがっている。番長引退...俺だけかな...CS出場の喜びよりも番長引退のショックのが大きい...— 直ちん☆ベイスターズCS出場!!! (@NAO [全文を読む]

巨人・高橋由伸監督が「原派一掃」で早くも空中分解の危機?

アサ芸プラス / 2016年01月09日17時56分

「まさにこれは、前監督・原さんの息のかかった選手たちを一掃しようという流れですよ。それこそ村田と片岡は原さんの強力な後押しがあって獲得に至った選手。阿部も原さんが監督を務めてきた期間、ずっとチームの中心、そして主砲として全幅の信頼を置かれたリーダーでした。オフの大型補強は今季で複数年契約が切れる村田と片岡、そして、大減俸されながらいまだ高額年俸(推定3億2 [全文を読む]

工藤公康SB監督と原辰徳G監督 選手との信頼関係でも対照的

NEWSポストセブン / 2015年09月28日16時00分

就任1年目ながら、福岡ソフトバンクホークス(以下SB)の工藤公康監督は選手との関係が良好だといわれている。工藤監督は開幕前から、選手との「面談」を大事にしていた。 「4番を内川聖一に任せるために昨年までの4番・李大浩と面談を持った。李は長打は打てるが走れない。打力も走力もある中村晃、柳田悠岐、内川らを前に置いたほうが効率よく得点できる。これを理解させ、5番 [全文を読む]

屋鋪要氏がエール 巨人移籍の井端はレギュラー獲得できるか

NEWSポストセブン / 2014年01月26日16時00分

縁起の良い会で、レギュラー奪取を宣言――1月19日、神奈川県川崎市で開催された『川崎野球人の集い』では、地元に縁のある元プロ野球選手や野球関係者などが集まり、親交を温めた。この会には、川崎市出身で、オフに中日を自由契約となり、巨人入りした井端弘和も参加。会の前には、川崎市の野球少年育成のために、みずから創設した『井端弘和杯』の表彰式も行なった。 会が始まる [全文を読む]

刻々と迫る荒木雅博の大記録

ベースボールキング / 2017年04月27日16時00分

というのも、通算2000安打に手が届きそうな選手が5名もいるのだ。 【2000安打に期待がかかる選手】 1976安打 荒木雅博(中) ☆残り24本 1936安打 福浦和也(ロ) ☆残り64本 1941安打 阿部慎之助(巨)☆残り59本 1923安打 内川聖一(ソ) ☆残り77本 1893安打 鳥谷 敬(神) ☆残り107本 [※4月26日現在] いま、大記 [全文を読む]

フォーカス