人気 稲垣吾郎に関するニュース

中国で元SMAPメンバーたちを阻む「3つの壁」

文春オンライン / 2017年06月30日11時00分

1.中国において日本のアイドルは「オワコン」 SMAPのみならず、そもそも現代の中国において、日本の大部分の歌手や芸能人の人気は基本的に下火だ。若干の例外は一部の熱狂的なファンを抱えるAKB系や若手ジャニーズ系の数グループと、『名探偵コナン』の主題歌を歌い続ける倉木麻衣くらい。他には一部の有名AV女優がいる程度である(もっとも最近はAV女優ブームも下降気 [全文を読む]

第11回「フジテレビ物語(後編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月22日12時00分

軽妙なアドリブのやりとりで一躍人気を博し、その勢いで88年フリーに転じる。そして国民的人気司会者として一世を風靡したのは承知の通りである。だが、93年9月に突然のガン告白会見。その3ヶ月後のクリスマスの日に他界。享年48。告別式でビートたけしは人目もはばからず号泣したという。■春雄チルドレンたちかつて、「春雄チルドレン」と呼ばれる人たちがいた。フジテレビの [全文を読む]

第16回「かつてSMAPと呼ばれた男たち2017」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月27日19時15分

」小学館の人気コミックを名人・野木亜紀子サンが珠玉の脚色。黒木華サンがハマり役でしたね。オダジョーもいつものスカした役じゃなくて好感が持てました(笑)。小学館だけじゃなく、ライバルの講談社や、ロケで使われた三省堂書店の本店など、出版業界全体の協力体制も素敵でした。6位(1票)■『クイズ スター名鑑』(TBS系)「タレント名鑑時代から視聴率は良くなかったけど [全文を読む]

“月9”の影響力に変化有り!?街からОLを消した伝説のドラマ枠の過去と未来【パート2】

日本タレント名鑑 / 2015年07月30日11時56分

『あすなろ白書』で主演を演じたのは『二十歳の約束』で重要な役を演じた筒井道隆さんと、朝ドラで大人気となった石田ひかりさん。そして メインメンバーには、後に月9を牽引する、当時20歳の木村拓哉さん、デビュー2年目の西島秀俊さんなども出演されています。 その後は、江口洋介さんや福山雅治さん和久井映見さんなど、それまでサブを務めた演技派俳優さんたちが主演をつとめ [全文を読む]

【トリビア】国民的アイドルSMAPの知られざるトリビア9選

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年07月30日06時00分

3. 聖闘士星矢の舞台をしたことがある 車田正美の大人気漫画『聖闘士星矢』が1991年に舞台化されましたが、その主要人物たちはSMAPのメンバーが担当しました。そのときの配役は以下のとおり。 ペガサス星矢…中居正広 フェニックス一輝…稲垣吾郎 キグナス氷河…森且行 ドラゴン紫龍…草なぎ剛 アンドロメダ輝…香取慎吾 海皇ポセイドン…木村拓哉 また、長瀬智也 [全文を読む]

SMAP解散危機で注目すべき「数字の法則」とは? サイキック的グループ考察

tocana / 2016年01月16日09時00分

SMAPが本当の意味で人気が沸騰して国民的アイドルに上り詰めたのは、森且行さんが辞めて5人になってからですよね。やっぱりメンバーの人数は奇数のほうがいいんです」(キック) さらに「奇数だと、人間関係が複雑になる」とし、「派閥も生まれにくい。だからこそ緊張感が保たれて、組織が活性化するのです」と話す。人間関係の複雑化とは穏やかではないが、「グループというのは [全文を読む]

「いつもアジドラ★いっき見アジドラ」、3月ラインナップ発表!!韓国のドラマ・映画・エンタメが盛りだくさん!

スポーツソウルメディアジャパン / 2014年01月28日18時46分

●負けたくない!<完全版>…3/4(火) スタート“涙の女王”チェ・ジウが仕事はできるが性格はずさんな大雑把女に大変身! スピード結婚にスピード離婚?!愛の行方は裁判で・・・ HD 全20話 (韓国2011年) ノーカット日本語字幕版【演出】 イ・ジェドン「ありがとうございます」「別れの法則」 【脚本】 イ・スクジン「偉大な遺産」 【出演】チェ・ジウ「冬の [全文を読む]

“いつもアジドラ★いっき見アジドラ” 3月は韓国のドラマ・映画・エンタメが盛りだくさん!~ アジアドラマチックTV~

PR TIMES / 2014年01月15日11時17分

■負けたくない<完全版>(韓国ドラマ 全20話ノーカット 日本語字幕版) “涙の女王”チェ・ジウが大雑把女に大変身!スピード結婚にスピード離婚?!愛の行方は裁判で・・・ チェ・ジウ&人気急上昇ユン・サンヒョンが豪華共演! 原作は日本でも人気を博した「佐々木夫妻の仁義なき戦い」。稲垣吾郎×小雪共演の原作より、さらにパワフルにヒートアップ! 【放送スケジュール [全文を読む]

木村拓哉、玉突き事故起こし「踏んだり蹴ったりだな」 嵐・二宮和也との共演映画が俳優として正念場?

おたぽる / 2017年06月24日09時00分

また、木村は昨年のグループ解散騒動の際、1人だけ事務所に残留することを表明したために世間から“裏切者”のレッテルを貼られ、人気が急落。さらに、今年4月に公開された主演映画『無限の住人』の撮影中には右膝の靭帯を損傷し、全治1カ月の重傷を負いながらも、興行成績は芳しくないという踏んだり蹴ったりの状態が続いているため、ファンの心配は尽きないようです」(芸能関係者 [全文を読む]

「“ブルゾンしんご”はまだ?」ファンたちの「スマスマ妄想」が止まらない

アサ芸プラス / 2017年06月15日17時58分

日本を代表する人気アイドルグループの解散は今、最悪の結末を迎えようとしている。 しかし往年のファンは、去年末に終了した彼らの冠番組「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)に対する思いをより強く募らせているようだ。「ファンたちがツイッターで書き込んでいるのは、『今もまだスマスマが続いていれば……』と仮定した時、いったいどんな内容が放送されているかということを妄 [全文を読む]

男はSMAP、女は嵐? 「好きなジャニーズ・嫌いなジャニーズ」に明らかな差

messy / 2017年04月29日18時00分

櫻井のベランダフルチン喫煙疑惑も浮上した小川彩佳アナウンサー(32)との熱愛報道や、松本の井上真央とAV女優の二股疑惑、二宮の伊藤綾子アナウンサー(36)との熱愛騒動もどこ吹く風、ジャニーズでのファンクラブ会員数ナンバーワンを誇る嵐人気は継続中のようだ。解散騒動に揺れた元SMAPも人気は安定。昨年1位を獲得した中居が2位に、「SMAPの裏切り者」と世間か [全文を読む]

嵐の5人に暗雲?SMAPファンの”購買運動”が各方面に波及のワケ

デイリーニュースオンライン / 2017年02月15日19時08分

■嵐はソロだと弱い?ジャニーズ事務所の思惑に暗雲 SMAP元メンバーたちの根強い人気、そして解散後も“スマノミクス”運動で彼らを支えようとするファンの熱意が感じられる現象といえる。だが、ジャニーズにとってはSMAPよりもプッシュしたいのは事務所の大黒柱となった嵐であることは明白だ。 嵐もSMAPに負けずに経済効果は絶大。今年1月末に放送された冠番組『嵐に [全文を読む]

あのメンバーも引退撤回?”SMAPの呪縛”が解けた5人の2017年

デイリーニュースオンライン / 2017年01月01日11時54分

アイドルの枠を超えて国民的人気を誇ったグループの解散がこんなに寂しい形で終わるとは。紅白なんて、何事もなければさらに10年以上は連続出場していたでしょうに」(報道関係者) 2017年、“元SMAP”となる5人はどんな動きを見せるのか。 夏頃には、I氏が中居らと合流するために水面下で怪しい動きも見せていたが、現在はすでに新しい中国ビジネスに本腰を入れていると [全文を読む]

2位木村拓哉!SMAPの中で将来「あの人は今」になりそうな1位は

しらべぇ / 2016年11月28日09時30分

正義感溢れるキャラだっただけに、メンバーへの裏切りで人気は一気に急降下。このまま腹黒いイメージが払拭できなければ、「あの人は今」行きだと思われているようだ。■1位:「稲垣吾郎」(39.2%)ミステリアスな存在感から、ドラマでもキザな役回りが多く「演じられる役柄の幅が狭い」と言われたり、バラエティでも爆笑を誘うほどの笑いのセンスがなかったり、突出した活躍が少 [全文を読む]

SMAP解散は誰のせいか調査 圧倒的な「悪役」とあのメンバーにも…

しらべぇ / 2016年09月03日06時00分

2016年は、国民的人気アイドルグループSMAPが結成して25周年であるとともに、最後の年になる。年明け早々に解散騒動が勃発し、一度は収まりながらも、結局年内で解散することが決定したSMAP。SMAPを壊したのは、誰なのか。「誰の責任が重い」と世間は考えているのか。全国20〜60代の男女1,338名を対象に、調査を実施した。■メンバー4人への批判はきわめて [全文を読む]

90年代のキムタクフィーバーで中居・木村の関係悪化

NEWSポストセブン / 2016年08月20日07時00分

そのドラマをきっかけに木村の人気はジワジワと高まり、1996年4月、木村が初主演したドラマ『ロングバケーション』は平均視聴率29.6%、最終回では瞬間最高視聴率43.8%を記録。中居もその頃からMCとして才能を発揮し、1997年には紅白歌合戦で初司会を務めたが、木村人気は社会現象ともいえるほどだった。 「連日、木村の一挙一動が取り沙汰されるほどキムタクフ [全文を読む]

“SMAP解散”の今だから語ろうミュージカル『聖闘士星矢』! SMAPは2.5次元俳優たちのご先祖様だった!!

おたぽる / 2016年08月16日23時00分

誰もが知る車田正美の超人気コミック『聖闘士星矢』(集英社)は1986年の連載開始以降、続編や派生作品をいくつも生み出したほか、TVアニメ、劇場アニメ、ゲーム化と展開を広げていき、91年には、当時グループ結成して間もないSMAPを起用し、バンダイスーパーミュージカルとして舞台化された。 舞台化されたのは、「黄金聖闘士(十二宮)編」の次のエピソード「海皇ポセ [全文を読む]

SMAPは「死んだ」……守り続けた“虚像”崩壊の先に見えた「小物」っぷり

日刊サイゾー / 2016年01月25日17時00分

「SMAPは自分たちの立場を理解して、『国民的な人気を誇る自分たち』を演じることで、世代を問わない人気を獲得してきました。そのキャラクターを保ち続けることで威光を守ってきたんです。彼らは、一般の目からすればやはり“カリスマ”だったはず。だからこそ草なぎ剛、稲垣吾郎がトラブルを起こしても致命的なダメージにはならなかった。しかし、今回の騒動でそれがすべて失われ [全文を読む]

<SMAP独立は野村義男に学べ>なぜ独立して消えるアイドルが多いのか?

メディアゴン / 2016年01月15日07時30分

どんなに人気があったアイドルでも、アイドル事務所から独立した後も、その人気を継続させることは難しい。いわゆる「干される」という状態もさることながら、業界ルールとして、他の芸能プロダクションや制作会社も「独立したアイドル」をすぐに起用することは難しい。ギルド性のようなものが続いている世界なのだろう。現在話題となっている「SMAP」の分裂・独立騒動。木村拓哉以 [全文を読む]

SMAP解散を予兆! 27年目のNG解禁に挑んだ稲垣吾郎さんに“現実の見極め“ か?

ヘルスプレス / 2016年01月15日02時09分

NHKがいち早く報じ、朝日新聞も一面扱いにした人気グループSMAPの解散・分裂(説)騒動。国民的人気5人衆の青天の霹靂報に「列島激震」の文字が躍った。 ジャニーズ事務所に残留の意志を固めた木村拓哉さん以外の4人は、「育ての親」とされる女性チーフマネジャーと独立を決意。ところが、思い直して事務所にとどまろうとする動きを見せたが、すでに解散は避けられない情勢だ [全文を読む]

フォーカス