投資 荻原博子に関するニュース

教育資金作りには不向き? 「ジュニアNISA」に潜むデメリット

WEB女性自身 / 2015年12月14日06時00分

「 16年から、少額投資非課税制度(NISA)が変わります。NISAとは、投資によるもうけが非課税になる制度です。通常は税金が20.315%かかりますから、メリットが大きいと人気があります。 14年から始まったNISAですが、来年から新たに、ジュニアNISAが新設されることになりました。ジュニアNISAは、未成年者の名義で口座を開設し、親などが代理で運用す [全文を読む]

日経平均2万円突破で知っておきたい「株投資」の注意点4

WEB女性自身 / 2015年04月27日08時00分

政治家の言葉に惑わされず、投資よりコツコツ貯金するほうがいいと思います」 そう語るのは経済ジャーナリストの荻原博子さん。今月10日、日経平均株価が一時、2万円の大台に乗った。これは15年ぶりの高値だ。株価が上がることで浮かれているメディアも多い昨今。だが、この株高が続くのかは、実際のところ、誰にもわからない。とはいえ、投資をしたい人が増えているのも事実。そ [全文を読む]

1年で契約者倍増…「ラップ口座」を始める前の注意点5

WEB女性自身 / 2014年10月22日16時00分

「ラップ口座のラップとは『包む』という意味で、意外と高回りも 専門家に聞く 株主優待目的の投資 の始め方包括的に行うサービスを指します。個人と、証券会社や信託銀行が、投資一任契約を結んで行います。最初に、運用方針を相談します。日本株や外国株、債券や投資信託、不動産投資信託などから投資商品を選び、顧客の希望に沿った組み合わせを考えます。その後、実際の売買や [全文を読む]

気づいたときに元本目減りも…人気の投資信託に潜む落とし穴

WEB女性自身 / 2015年07月29日12時00分

「貯蓄から投資へ」という風潮のなか、投資信託が人気を集めている。日本の投資信託全体の残高は、今年5月末に初めて100兆円を超えたという(投資信託協会)。「専門家が運用するから安心」といわれる投資信託だが、経済ジャーナリストの荻原博子さんは言う。 「それは幻想だと思います。実際に大きな損失を出した投資信託があります。また、投資信託は、保有している間も信託報酬 [全文を読む]

現行では余分な課税も…新設「積立NISA」でどう変わる?

WEB女性自身 / 2017年01月01日12時00分

「NISA(少額投資非課税制度)」とは小口の投資による収益を非課税にする制度で、 14年に開始。現行のNISAは年間120万円( 15年までは年間100万円)まで投資ができ、運用益が5年間非課税になる。 「いっぽう、新設の積立NISAは年間限度額を40万円に縮小し、反対に非課税期間を20年に拡大しました。これは、現NISA口座を開設した人の53.6%が60 [全文を読む]

「現金もっておくべき」という荻原博子氏が3つの理由を解説

NEWSポストセブン / 2012年01月15日16時00分

そんなときに外貨預金や海外への投資はもってのほか。例えば、一昨年ドルを買った人は、昨年15%も損したことになります。経済がどう動くかわからないときは、“現金をもつ”のが投資以上に有利です」(荻原さん) ※女性セブン2012年1月19・26日号 【関連ニュース】経済ジャーナリスト荻原博子氏「日本円を持つことは正しい」平均的な夫婦なら退職までに1500万円貯め [全文を読む]

確定拠出年金への加入、50代主婦にとってのデメリット4

WEB女性自身 / 2017年01月19日12時00分

2.通常は投資の運用益や預金利息から20.315%の税金が引かれるが、確定拠出年金では非課税。3.受け取るときにも控除の仕組みがある。といった3つの税制メリットだ。 確定拠出年金は、これらの節税効果を強調し薦める専門家も多いが、荻原さんは「実は、50代女性のなかには、メリットがほとんどない方もいます」と話し、4つのデメリットを挙げる。その4つのデメリットを [全文を読む]

東京五輪後の“崖っぷち時代”を生き抜く「老後資産を守る鉄則5」

WEB女性自身 / 2016年02月03日06時00分

これからは『年金より現金』です」 【鉄則第2条】借金減らしが最高の投資「たとえば、借り入れ3千万円の住宅ローンを例に見ていきましょう。固定金利3%の35年ローンで、借り入れから10年後に100万円を、期間短縮型で繰上げ返済したとします。繰上げ返済した100万円は元本の返済に充てられ、この場合は期間が短縮された分だけ、利息も約100万円減る計算になります。1 [全文を読む]

「初心者におすすめ」に気を付けて…話題のNISAに潜む落とし穴

WEB女性自身 / 2015年09月03日06時00分

「『投資を始めるならNISA(少額投資非課税制度)』という宣伝をよく見ます。通常なら運用で出た利益や配当金には20.315%の税金がかかりますが、NISA口座なら非課税です。メリットが大きいのは事実です。ですがNISA口座は、メリットばかりが強調され、デメリットを把握している方が少ないようです。メリットもデメリットも両方きちんと理解して、選ぶことが大切です [全文を読む]

“アベノミクス”の影響を受ける日本経済とサラリーマンの懐事情

アサ芸プラス / 2014年01月15日09時56分

1月から株式への投資税が10%から20%にアップ。6月からは、個人住民税に年間1000円の上乗せが10年間続く。4月は消費税が8%に上がり、7月は地震保険料が最大30%増加。10月には社会保険料も増税されます」 さらに家計が破綻寸前で、“小遣いゼロリーマン”が急増するというのだ。 経済誌記者が言う。 「実際、すでにランチは弁当。コーヒーはインスタントで済ま [全文を読む]

フォーカス