出身 加藤綾子に関するニュース

加藤綾子がテレビでピアノを披露も「音大卒にしては上手くない?」の声

アサ芸プラス / 2017年03月31日09時59分

「国立音楽大学出身でピアノを17年間習ってきた加藤は、番組でショパンの『子犬のワルツ』を生演奏するそうです。ただ同曲は小学生でも弾ける曲ですし、どうせならもっと難しくて華麗な曲を弾いてほしかったのですが、実はあまりピアノが上手くないのではという疑問も湧いてきますね」 確かに「子犬のワルツ」の難易度は6段階の下から3番目に過ぎず、音大出身者が人前で弾く曲とし [全文を読む]

フリー転身のカトパン CMやMCで引っ張りだこ確実

NEWSポストセブン / 2016年01月23日07時00分

入社試験のときは音大出身のため「慶応」「早稲田」出身の学生が集まるなか、「受かるハズがない」と学歴コンプレックスで涙した…とは『ボクらの時代』で告白した話。その音大で思い出すのは、“スーパー綾子”として、各在京局の最終面接まで進んでいた彼女が、泊まりがけの研修会場だかどこかにグランドピアノを用意させたという“噂”である。卒業試験の練習だかのために、ピアノ [全文を読む]

フジテレビ カトパンに代わる人気女子アナが生まれない理由

ソーシャルトレンドニュース / 2015年10月09日17時30分

要するに、ミスキャンパス出身者やタレント経験者の女子アナに、視聴者は飽きてしまっているのに、テレビ局はそのような人物ばかりを採用しているのだ。そもそも、女子アナには“普通のOLがテレビでタレントのような活動をする”点に引きがあった。80年代初頭の山村アナや益田アナが代表例だろう。つまり、素人だからこその魅力が受けていたわけだ。この傾向は90年代頃まで続いた [全文を読む]

電撃退社? フリー転身情報が飛び交うカトパン、その真偽を裏づける兆候とは…

週プレNEWS / 2015年01月30日21時20分

●加藤綾子(かとう・あやこ) 1985年4月23日生まれ、埼玉県出身。国立音楽大学卒業。2008年にフジ入社。現在の担当番組は『めざましテレビ』『ホンマでっか!? TV』など。昨年10月、『めざましテレビ』本番中に体調不良で倒れるなど、激務よる勤続疲労で体力が限界に来ているという話も [全文を読む]

パイナップル乳にシャチホコ乳…地方局の爆乳女子アナたち

メンズサイゾー / 2013年11月04日16時00分

地方局の女子アナは必ずしも地元出身ではなく、他県出身者の場合も多いのですが、千葉アナは北海道・岩見沢市出身というのもポイントが高いですね」(同) 地方アナといえば、前田敦子のモノマネで知られるお笑い芸人のキンタロー。から「あっちゃんに似ている」と太鼓判を押された中京テレビの松原朋美のような存在もいる。キー局で活躍する女子アナに比べて認知度は及ばないが、まだ [全文を読む]

「ミカパン」放送開始で思い出されるフジ「○○パン」アナたちの明暗

アサ芸プラス / 2013年09月25日09時55分

そんな「〇〇パン」シリーズ出身アナのその後を追ってみると、なかなか興味深い。 初代「チノパン」の千野志麻(36)と2代目の「アヤパン」高島彩(34)はともに現在はフリー。千野は今年初めに自動車運転中に死亡事故を起こし、出演していた番組を降板して以降は目立った活動はしていない。高島は一昨年結婚したゆず・北川悠仁の母親が新興宗教の教祖であることから、「報道番組 [全文を読む]

「アナウンサーの扱いを軌道修正すべき」 凋落の一途をたどるフジテレビの「パンシリーズ」復活に厳しい声

メンズサイゾー / 2013年09月07日20時00分

その三上アナは東京都出身で、早稲田大学を卒業後に同局に入社。スポーツ観戦や夏フェスが趣味とアクティブなタイプのようで、「笑う門には福来たる」をモットーとしている。逆風の吹き荒れるフジテレビにとっては、この「ミカパン」の投入が風向きを変えることになればと願うばかりだろう。 (文=津本ひろとし) [全文を読む]

本当に痩せたら書籍化! “カトパン似”女性芸人ダイエット企画始動!

PR TIMES / 2017年09月20日17時07分

餅田コシヒカリは芸歴2年目、1994年生まれ、宮城県出身の23歳、身長149cm。今年5月放送のバラエティ番組にて、88.8kgだった体重を74.2kgまで落とし、-14.6kgのダイエットに成功しました。ところが4ヶ月経った現在、体重は87kgと完全にリバウンド。一時は近づいた加藤アナウンサー似の容貌からどんどんかけ離れていくという状況に…。 そこで餅 [全文を読む]

第24回「女子アナの歴史」(中編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年08月25日18時18分

出身大学は日大芸術学部――そう、日芸である。しかも放送学科だ。同学科の出身といえば、君塚良一サンとかクドカンとか中園ミホさんとか小山薫堂サンとか元日テレの五味一男サンとか、圧倒的にテレビの作り手の人たちが多い。実際、彼女も入社試験の際に「情報バラエティ番組を作りたい」と言ったくらいだから、もともと裏方志向の強い人だったのだろう。だからこそ最終面接で、あのジ [全文を読む]

加藤綾子が“とことん!”ピアノの旅でNHK初出演 「楽しんで弾いている”ピアノ男子”はステキだと思います」

ザテレビジョン / 2017年07月26日08時00分

幼稚園生の頃から始めたピアノが大好きで、音楽大学出身の加藤はBSプレミアムのインタビューで「ピアノをやっていたことが生かせるお仕事と巡り会えたのが、とっても嬉しかったです」と喜び「じっくりと、一つのものの歴史を探る旅に出るのは初めてでした。高校から(音大の)付属に通っていましたが、ここまで深くピアノについて知る機会、触れる機会はなかったです」と今回の番組 [全文を読む]

加藤綾子アナ、引退を決意した過去 それを救った松尾翠アナの一言とは

しらべぇ / 2017年06月12日14時00分

■入社半年で異動届音大出身で、もともと音楽教師になろうとしていた加藤。当時付き合っていた元カレに「今のキミには魅力を感じない。アナウンサー試験受けてみなよ」と言われ、フジテレビに入社。しかし、入社半年で週刊誌に、過去の出来事や、派手な服装をしていた時期のことを書かれてしまったという。このままでは両親にも迷惑がかかってしまうと判断した加藤は、上司に「アナウン [全文を読む]

“女子アナ界の大谷翔平”? 川田裕美が元地方アナから成り上がった魅力とは

週プレNEWS / 2017年06月04日11時00分

元フジテレビの加藤綾子アナをはじめとした民放キー局出身のフリーアナが活躍する中、元読売テレビの川田裕美(かわた・ひろみ)アナが存在感を強めている。民放キー局に4本、NHKに1本、地方局に2本のレギュラー番組を持つなど、超売れっ子なのだ。 「彼女は学生時代、フジテレビとテレビ朝日、テレビ東京を受験して落ちているんですよ。見返したい気持ちがあるのか、仕事に対し [全文を読む]

あなたに「彼氏ができない理由」がわかる?そのヒントは「嫌いな女」タイプ

ココロニプロロ / 2017年05月22日13時15分

◆サッパリした男友達が多い女が嫌いもしかして女子校出身?と聞きたくなるのがこのタイプ。女優さんで言ったら、米倉涼子さんのようなサッパリしたいい女系が嫌いな人ですね。女子校出身でなくても男性と友達になる、というスタンスがなく、男性=彼氏候補、という実は重い女です。別に一緒にご飯を食べたり、飲んだりしても、必ずしも付き合うわけではないのに、過剰に男性を意識しす [全文を読む]

加藤綾子、イベントで報道陣に異常な事前通達&質問厳禁が波紋

Business Journal / 2017年04月26日19時00分

音楽大学出身で“文化系”の彼女は、体力があるほうではないので、ショックが体調にも響いたのかなと当時は局内でみられていました。退社した今でも相変わらずキレイですが、痩せていく一方で見ていて痛々しいです」●異常な“厳戒態勢”を敷くワケ だが、熱愛が報じられたのも、番組中に倒れたのも、もう3年も前の話だ。スポーツ紙記者は、彼女の繊細な性格を考慮しているのか、周囲 [全文を読む]

加藤綾子からメッセージ 「笑顔が私の背中を押してくれる」

NEWSポストセブン / 2016年11月27日07時00分

◆加藤綾子(かとう・あやこ):1985年、埼玉県出身。2008年、国立音楽大学音楽学部音楽教育学科卒業後、フジテレビに入社。『めざにゅ~』、『めざましテレビ』などに出演し、“カトパン”の愛称で人気を博す。2016年4月末に同社を退社、フリーアナウンサーに。現在は『ホンマでっか!?TV』、『優しい人なら解ける クイズやさしいね』、『スポーツLIFE HER [全文を読む]

仕事より合コン優先?フジ山崎夕貴アナの”職場婚活”が大ヒンシュク

デイリーニュースオンライン / 2016年06月17日08時05分

文・阿蘭澄史(あらん・すみし)※1974年滋賀県出身。フリー記者。某在京スポーツ紙の契約記者を経て、現在は週刊誌等で活躍中。主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。 [全文を読む]

ポスト・カトパン? 来春フジ入社の久慈暁子は日テレ袖に

NEWSポストセブン / 2016年04月06日07時00分

岩手県奥州市出身で日本ハムの大谷翔平(21)と同郷。昨年に同級生として同市の広報誌で対談し、小沢昌記市長から交際を勧められる一幕もありました」(スポーツ紙芸能記者) フジの女子アナといえば、今春入社の堤礼実(22)も『non-no』のモデルを務めたが、堤は「読者モデル」の出身だ。ファッション誌の編集者が説明する。 「『読者モデル』とは、雑誌の愛読者として誌 [全文を読む]

フジテレビ退社で年収1億超え確実の“カトパン”加藤綾子アナ、吉本芸人もゾッコンの“人たらし”術

日刊サイゾー / 2016年02月26日11時00分

2人はそれぞれTBSと読売テレビ出身で、今はアナウンサーの大手事務所といわれるセント・フォースに所属しています。彼女たちから他局の情報や、セント・フォースの情報をいろいろと聞いていたんじゃないでしょうか」(芸能事務所関係者) 実際、フリーになれば、2人とも“ライバル”になるのだが――。 「そこが、カトパンのすごいところですよね。人たらしというか。実際、明石 [全文を読む]

フリー予備軍女子アナ8人を芸能界ホンネ評価!(1)フジ・加藤綾子がフリー転身を決意したワケ

アサ芸プラス / 2016年02月11日09時57分

「普通なら『めざましテレビ』で王道を歩んだ女子アナの路線は、フジ出身の女子アナが多数所属する『フォニックス』と決まっている。そこに行かないのは相当な理由がないと」 局と何か確執でもあったのかと思ってしまうが、「周囲には『女優にも挑戦したい』と漏らしていただけに、俳優が多く、バラエティにも強い事務所を選んだのではないか」(前出・フジのスタッフ) 4月から新番 [全文を読む]

フォーカス