結果 葛西紀明に関するニュース

レジェンド葛西紀明選手の日めくり発売記念10/12池袋ロフトでサイン会を開催

@Press / 2016年10月05日15時15分

■葛西紀明選手 サイン会について 【日 時】 2016年10月12日(水)17時から18時まで 【会 場】 池袋ロフト 11階 カレンダー売場 (西武池袋本店内) 【参加方法】 当日、池袋ロフトにて『[日めくり]挑み続ける力』をお買い上げのお客さま 【参加人数】 先着50名様 【お問い合わせ】 池袋ロフト 03-5960-6210(代表) ■商品について [全文を読む]

50-60代でスノボへの興味が急上昇!~ ビデオリサーチ「ソチオリンピック2014」閉会後調査の結果まとめる ~

@Press / 2014年03月04日14時00分

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:秋山 創一)は、日本時間の2月23日深夜に閉会した「ソチオリンピック2014」に関する調査を実施しましたので、その調査結果をご紹介します。 【結果のポイント】 ◆活躍したと思う選手は、金メダル獲得の「羽生結弦」、41歳で2つのメダルを獲得したレジェンドこと「葛西紀明」がトップ。メダルを獲得した「平野歩夢」「平岡卓」 [全文を読む]

“こそ練”で金メダル候補に。最年長W杯勝利、スキージャンプ・葛西紀明の強さのワケ

週プレNEWS / 2014年01月24日10時00分

そのことについて本人に尋ねると、「ジャンプは100分の数秒のなかでタイミングとパワー、方向、風の運など、すべてがそろわないと結果を出せない難しい競技。それがそろうのも、そろわないのも運命。いつかジャンプの女神がほほえんでくれるはずと考えられるようになりました」と笑っていた。 ジャンプスーツのサイズ規制が体の大きさプラス2cmと小さくなり、盲点をつく開発の [全文を読む]

「日めくり」にスキージャンプ界のレジェンド登場葛西紀明『挑み続ける力』9/23発売モチベーションが上がる31のメッセージ

@Press / 2016年09月23日16時00分

辛いことや悔しいことがたくさんあっても、努力を続けて結果を出してきた葛西選手は、44歳になった今また、「金メダルを獲って世界一になりたい」という目標に向かって飛んでいます。 そのタフなメンタルを支える言葉や考え方を、31日分のメッセージにまとめました。モチベーションを上げたいとき、くじけそうなとき、疲れたとき、「みなさんに元気や勇気を少しでもお届けできた [全文を読む]

道端ジェシカと婚約も冴えないジェンソン・バトンが“レジェンド”に刺激!「あと2,3年はF1でレースをしたい」

週プレNEWS / 2014年10月02日21時00分

結果がついてくるかは二の次で、車の最大限を出したい」 と、やや険しい顔つきで冷静にジャッジ。にこやかだったイベント中と違い、プロとしての顔を垣間見せるも、「ワールドチャンピオンだった自分にはまだまだ満足できない。後半戦は来シーズンに焦点を当てて、より良くしていきたい」と闘志を滲(にじ)ませ、すでに来季を見据えたチャレンジを意気込んだ。 また、バトンといえば [全文を読む]

もう少し感動に浸っていたい! 文庫で深めるオリンピックの興奮

ダ・ヴィンチニュース / 2014年02月20日11時50分

彼女はソチでどんな結果を残すのだろう。18歳から20歳までの軌跡を記した本書には、彼女の葛藤、努力、強さ、そしてバンクーバーでの悔しさ、思いもつづられている。 ■『STEP!STEP! STEP! 高橋大輔 フィギュアスケートを行く』 原 真子 日経ビジネス人文庫 800円 男子フィギュア人気を牽引してきた、高橋大輔の日常が網羅されている一冊。コーチとの出 [全文を読む]

約半数の人がソチオリンピックを“生中継で見たい”ビデオリサーチ 「ソチオリンピック2014」開会前の注目状況をまとめる

@Press / 2014年02月06日15時45分

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:秋山 創一)は、2014年2月7日(金)~2月23日(日)に開催される「ソチオリンピック2014」に関する調査を実施しましたので、その調査結果をご紹介します。 【結果のポイント】 ◆約半数の人がソチオリンピックを“生中継で見たい”と回答。 ◆注目している競技・選手は、フィギュアスケートの「浅田真央」「高橋大輔」「羽 [全文を読む]

'14年にダメダメ~な失態を演じた人たちの秘蔵映像が登場!?

Smartザテレビジョン / 2014年12月29日01時04分

テレビの生放送中の大失敗や泥だらけになりながら頑張ったものの残念な結果に終わった映像など、今だから笑える失敗VTRの数々を送る。 さらに、スポーツ界で新しい力が誕生したのも'14年の特徴。そこで2年後のリオ夏季オリンピックや、'20年東京夏季オリンピックでの活躍が期待される日本人選手を紹介する。登場するのは、ゴルフの勝みなみ選手、フィギュアスケートの本田真 [全文を読む]

2月は「ゴーストライター、婚約、ソチ、大雪…」 NewsCafeが選ぶ 2014年重大ニュース

NewsCafe / 2014年12月24日12時40分

佐村河内さんは会見で全聾ではないとする医療機関での聴力検査の結果を公表し、聴覚障害2級の障害者手帳を横浜市に返還したことを話した。◆冬季ソチ五輪が開幕2月8日から23日まで、ロシアのソチで史上最多の87カ国・地域と個人資格で参加のインドを合わせた約2900人が参加する冬季五輪が開催された。日本人選手の主な活躍は以下のとおり○金メダル羽生結弦(フィギュア男子 [全文を読む]

LUNA SEAのINORANと“レジェンド”葛西選手のミラクル共演

Smartザテレビジョン / 2014年12月19日11時31分

いい結果が出た時とか、その緊張感がクセになりそうです」と興奮気味。 残念ながら悪天候による競技途中中止というアクシデントもあり葛西選手の優勝はならなかったものの、競技直後の電話インタビューで「今度は勝って最高の笑顔を見たいのでがんばってください」と熱いエールを送った。「スタジオではライブ感があって本当に楽しかった。ますますスキージャンプが好きになりました。 [全文を読む]

納得?意外?2014年「好感を持てた言葉」「嫌悪感を抱いた言葉」ランキング発表!

Woman Insight / 2014年12月08日11時30分

■2014年 もっとも嫌悪感を抱いた言葉は? やはりこちらは政治色が強い結果に。連日ニュースを賑わせた言葉ばかりで納得のランクインでした。1位の「あぁ~あ」のシーンは、9位の「天地神明に誓って」の記者会見シーンは衝撃的で今でもはっきり思い出されますよね。 1位 号泣県議「あぁ~あ」(598名) ……野々村竜太郎元県議が号泣した記者会見での一コマ 2位 消 [全文を読む]

~2014年版“好きな言葉” “嫌いな言葉”を発表~ 国民が注目した『消費増税』を超えるワーストワードとは?! 2014年、「好きな言葉は『ありのまま』です!!」

PR TIMES / 2014年11月29日10時16分

全国2,100人に聞いた 2014年 「好きな言葉」に関するアンケート!湘南美容外科クリニック(総括院長:相川佳之、所在地:東京都新宿区)は、「2014年、最も好感をもった言葉/嫌悪感をもった言葉」に関するアンケート調査を全国の10~70代以上の男女それぞれ300名、計2,100名に行いましたので、調査集計結果を発表いたします。<調査背景> 湘南美容外科ク [全文を読む]

いよいよ9月10日発売:書籍『ギネス世界記録2015』から第二弾発表!!

PR TIMES / 2014年09月04日09時26分

僕が「世界一」になれたのは、得意なことを追求した結果だと思っています。そして、大切なのは、自分を信じてあげることだと思います。」というメッセージをくださいました。『ギネス世界記録2015』には、その他、オリンピックイヤーにふさわしく、スキージャンプの葛西紀明選手(「スキージャンプ競技ワールドカップ最年長優勝」、「冬季オリンピックスキージャンプ競技最年長メダ [全文を読む]

「もしかして再ブレークしてる!?」『SMAP×SMAP』視聴率爆上げに見る“40代アイドルの意地”

日刊サイゾー / 2014年07月30日00時00分

フジとジャニーズは、相当力を入れていたようだが、結果は12.6%と通常回とさほど変わらず。この頃から、マスコミの間でたびたび“番組打ち切り説”が浮上するようになりました」(芸能ライター) 『HERO』スタート前の『SMAP×SMAP』の視聴率をさかのぼると、顔相占い企画を行った6月23日放送分が11.2%、EXILE・HIROが「ビストロスマップ」に来店し [全文を読む]

スポーツ選手・チーム専用 サポートWEBサービス「スポスタ」新登場!東京五輪目標「金メダル世界3位」過去最多の実現に向けて

@Press / 2014年04月10日14時30分

結果を出した選手にしか資金が集まらない日本の現状に対し、能力が開花する前の若手選手にも成長するための資金が集まる社会にしたい、1人でも多くの選手にスポットを当てたい。そんな想いからトッププロスポーツ代表チームのWEB開発・運用を行っているITベンチャー3社が共同で、スポーツ選手・チーム専用に設計したWEBサービス「スポスタドットコム」を開発いたしました。▼ [全文を読む]

グラティ廃止、静かなナゴヤドームほか、ちょっと気になる今季のプロ野球、あの話

週プレNEWS / 2014年03月28日06時00分

まだ23歳と若く、巨人での2年間は通算0勝と結果を残せていないが、巨人関係者から「将来の守護神候補」と高く評価されていた。今季はキャンプから150キロに迫る剛速球で猛アピール。紅白戦を視察した広島・松田元オーナーは「巨人も悔しがるじゃろ」と喜んだ。 ■週刊プレイボーイ14号「12ページ特集 2014年プロ野球開幕直前『で、あの話はどうなった!?』ワイド」よ [全文を読む]

浅田真央に学ぶ「あきらめることでストレスに克つ方法」

WEB女性自身 / 2014年03月07日07時00分

「いっぽう、試合前は『調子がいい』と意気込んだ浅田真央選手は、ショートプログラムでまさかの結果に。しかし翌日のフリープログラムでは一転、自己ベストを上回る会心の演技!両選手とも極度の緊張下にあったことを冷静に受け止め、『必ず成功させなければいけない』というプレッシャーをいい意味で『あきらめた』ことによって、集中力が極限まで高められ、『ゾーン』に入れたので [全文を読む]

団体銅メダル快挙を生んだ“下川町ジャンプの父”の遺訓

WEB女性自身 / 2014年02月27日07時00分

葛西選手をはじめこれだけの素晴らしい結果を出しても、下川町出身のジャンパーたちの耳には「お前たち、天狗になるな!」という恒さんの声が聞こえているのだーー。 [全文を読む]

ソチ五輪、最も注目集める選手と、その理由は?断トツの高梨&浅田~アンケート調査結果

Business Journal / 2014年02月01日01時00分

長島圭一郎、加藤条治(ともにスピードスケート)、浅田真央、高橋大輔(ともにフィギュアスケート)らの活躍があったものの、金メダルを1つも手にすることができなかった結果に、やや消化不良感は否めない。「出場するだけで価値がある」といわれる五輪だが、やはり応援する側としては日本選手が世界の頂点に立ってほしいというのが本音だろう。 今回のソチ五輪では、スキージャンプ [全文を読む]

開催間近!『2014年ソチオリンピックに関する意識調査』

@Press / 2014年01月29日11時15分

本調査は、2014年1月15日~1月17日にインテージ・ネットモニター“キューモニター”のうち全国の20~69才の男女1000名を対象として、開催間近となった第22回オリンピック冬季競技大会・ソチオリンピックに関してインターネット調査を行い、結果をまとめました。------------------------------------------------ [全文を読む]

フォーカス