投手 岸孝之に関するニュース

岸、細川を獲得 楽天の新加入選手は?

ベースボールキング / 2017年01月28日10時00分

楽天はエース・則本昂大に続く先発投手が不足していたこともあり、岸の加入は非常に大きい。 ソフトバンクを戦力外となった細川亨も加入した。楽天はこの2年ソフトバンクに8勝16敗1分と大きく負け越した。手も足も出なかったソフトバンクを熟知する細川を獲得できたことは、チームにかなりの好影響をもたらしそうだ。 【IN】 岸 孝之(投手/西武) 小山雄輝(投手/巨人) [全文を読む]

新戦力の背番号をチェック!

ベースボールキング / 2017年02月02日07時15分

新外国人は、ダフィー(ロッテ)が「5」、ロメロ(オリックス)が「9」と1ケタの背番号を背負い、投手陣ではメンデス(阪神)が「20」、カミネロ(巨人)が「44」をつける。 また、テスト入団組ではロッテに入団した三家和真は、首位打者、最多安打の二冠に輝いた角中勝也が昨季まで着けていた「61」を身にまとうことになった。 ◆ パ・リーグの新加入選手の背番号■ 日 [全文を読む]

名将・野村克也氏が分析する、田中将大がMLBで成果を挙げるためのポイント

Business Journal / 2014年04月26日16時00分

今年の注目はなんともいってもニューヨーク・ヤンキースと大型契約を結んだ田中将大投手だ。4月18日時点で3試合に登板し2勝0敗。立ちあがりに不安が残るも、まずまずの投球を見せている。 そんな田中投手の恩師であり、東北楽天ゴールデンイーグルスの元監督である野村克也さんは、新刊『野球のコツ』(竹書房/刊)で田中投手の強みを「コントロール」だと断言し、そのコント [全文を読む]

甲子園優勝投手が入団 西武の新加入選手は?

ベースボールキング / 2017年01月26日10時00分

先発台所事情が苦しくなるが、シュリッター、ガルセス、キャンデラオの3人の外国人投手の獲得に成功した。 ドラフト組では、昨年夏の全国甲子園大会を制した今井達也(作新学院高)を1位で獲得し、走攻守三拍子そろった遊撃手の源田壮亮を3位で獲得した。 【IN】 シュリッター(投手/3A・アルバカーキ) ガルセス(投手/3A・エル・パソ) キャンデラオ(投手/メキシカ [全文を読む]

【楽天】“魔の7回”を変えた浜崎あゆみ好きのルーキー・森原康平

文春オンライン / 2017年04月27日11時00分

岸孝之投手のインフルエンザにも関わらず、しっかり開幕戦を勝利に導き、22日のソフトバンク戦では楽天の先発投手初完投で3勝目をあげた美馬学投手の働きはそれに値するだろうし、攻撃陣ではここまでパ・リーグ本塁打王のペゲーロ選手や2年目のジンクスなど微塵も感じさせない働きをみせる茂木栄五郎選手の活躍も大きな要因であることは間違いない。しかしながら僕は最大の要因は? [全文を読む]

【プロ野球】日本一気の早い2016シーズンにFA権を獲得する選手

デイリーニュースオンライン / 2015年12月23日11時00分

・今江敏晃(32歳/内野手/ロッテ→楽天) ・高橋聡文(32歳/投手/中日→阪神) ・脇谷亮太(34歳/内野手/西武→巨人) 12月21日現在、他にはFA宣言したものの、他球団から連絡がなく宙ぶらりんの木村昇吾(35歳/内野手/広島)と、メジャー入りを目指す松田宣浩(32歳/内野手/ソフトバンク)だけとなった。 今年はやや盛り上がりを欠いた印象を拭いきれ [全文を読む]

順調?誤算? 開幕投手のここまでの成績は

ベースボールキング / 2017年05月09日10時07分

今季はワールド・ベースボール・クラシックの開催により、例年とは少し事情が違うかもしれないが、各球団の首脳陣が、自信を持って開幕のマウンドに送り出したチームの柱となる投手たちだ。 首脳陣の期待を背負った投手たちもチームと同様、順調に勝ち星を重ねている投手もいれば、一方で、苦しんでいる投手もいる。 開幕投手を務めた投手たちが、どのような成績を残しているのか見て [全文を読む]

【4月23日プロ野球全試合結果】広島は2年目の西川龍馬が決勝打、日本ハムは8連敗…復帰した中田翔は無安打

サイクルスタイル / 2017年04月23日22時31分

投げては、4番手でマウンドに上がった一岡竜司投手が2回を無失点に抑える好救援を見せ、今季初勝利。対するヤクルトはリリーフ陣が誤算だった。■阪神・福留孝介、先制打&決勝打で4番の仕事…巨人は好投の内海哲也を援護できず阪神は4月23日、東京ドームで巨人と対戦。福留孝介外野手が全打点を挙げる活躍を見せ、2-1で勝利した。阪神は初回、2死三塁の好機を作ると、4番・ [全文を読む]

【4月9日プロ野球全試合結果】楽天・岸孝之が移籍後初勝利、阪神は上本博紀と北條史也の二遊間コンビが大暴れ

サイクルスタイル / 2017年04月09日23時00分

ドラフト1位ルーキーの濱口遥大投手が好投を見せ、2-1で勝利した。DeNAは0-1と1点ビハインドで迎えた6回表、梶谷隆幸外野手が値千金の2点本塁打を放って逆転に成功。投げては、先発の濱口が中日打線を相手に7回途中1失点の好投を見せ、プロ初勝利を挙げた。対する中日は、先発の吉見一起投手が7回2失点の好投を見せ、リリーフ陣もDeNA打線を無失点に抑える好救援 [全文を読む]

プロ入りから10年以上同じチームでプレーする選手は?

ベースボールキング / 2017年02月19日11時15分

プロ入りしたチーム一筋で10年以上プレーしている選手は以下の通り◆ プロ入りから10年以上同じチームの選手(年数/ポジション)育成時代も含む【ソフトバンク=12人】明石健志(14年/内野手)城所龍磨(14年/外野手)江川智晃(13年/外野手)松田宣浩(12年/内野手)本多雄一(12年/内野手)長谷川勇也(11年/外野手)大隣憲司(11年/投手)山田大樹( [全文を読む]

フォーカス