歌手 岩崎宏美に関するニュース

名前は知っていてもよくわからないバセドウ病&橋本病 岩崎宏美の告白で注目

ヘルスプレス / 2015年04月25日23時34分

歌手の岩崎宏美が、テレビ番組の取材で甲状腺の病気である「バセドウ病」と「橋本病」を併発し、長い治療をしてきたことを明かした。この数年で、歌手で先日妊娠を発表したばかりの絢香、同じく歌手の元ピンクレディーのケイちゃんこと増田恵子、ビッグダディの元妻でタレントの美奈子なども、バセドウ病であることを告白し話題となった。真偽のほどは定かでないが、サッカー選手の本田 [全文を読む]

岩崎宏美「宇多田ヒカルに救われた」闘病の過去を告白

日刊大衆 / 2016年11月23日21時00分

歌手の岩崎宏美(58)が、11月19日に放送された『サワコの朝』(TBS系)に出演。司会の阿川佐和子(63)とトークを繰り広げた。岩崎といえば16歳でデビューし、セカンドシングル『ロマンス』で新人賞を受賞するなど、数々の賞を総なめ。23歳のときに発売した『聖母たちのララバイ』が130万枚の大ヒットを記録するなど素晴らしいキャリアの持ち主で、去年デビュー40 [全文を読む]

【ウラ芸能】高田みづえ、テレビに出まくるワケ

NewsCafe / 2015年08月14日15時00分

デスク「こないだ、NHKの『思い出のメロディー』に元歌手の高田みづえ(55)が出るっていうから久しぶりに見ちゃった」記者「音楽番組への出演は30年ぶりだったそうで、生で『硝子坂(がらすざか)』と『私はピアノ』を歌いました」デスク「どっちもカバー曲。高田ってカバー曲で売れた歌手の先駆けかも。歌唱力は同じ世代の森昌子(56)とか岩崎宏美(56)が離婚して歌手[全文を読む]

ディズニー実写版「美女と野獣」日本語吹替版キャスト11人発表 ベルはミュージカル界注目の“新世代の歌姫”<全キャストコメント>

モデルプレス / 2017年01月31日15時08分

舞台女優としてはもちろん歌手活動でも高い評価を受け、さらなる飛躍が期待されるなか、この度世界の女性が憧れる「ベル」役に抜擢された。 そんなベルと心を通わせ優しさを取り戻していく「野獣」役に選ばれたのは、舞台だけでなくドラマやバラエティなど幅広い活躍を見せる山崎育三郎。話題作への出演が続きお茶の間でも人気急上昇中の山崎が、ミュージカル俳優として培ってきた抜群 [全文を読む]

「私は“持ってる女”」と豪語? ガチで“歌手転身”を狙う高橋真麻

週プレNEWS / 2012年07月22日16時00分

フジテレビ・高橋真麻(まあさ)アナが本気で歌手転身を狙っているという情報をキャッチした! 本業の女子アナとしてはパッとしていない真麻アナだが、“歌手”としては大車輪の活躍。7月10日に放送された『日本全国アナウンサー歌うまNO.1決定戦スペシャル』をはじめ、7月21、22日に放送される『27時間テレビ』の『FNSアナウンサー歌謡大賞』にも出演予定。さらに、 [全文を読む]

岩崎宏美と父の骨肉裁判 背景に娘の結婚や歌手活動への反対も

NEWSポストセブン / 2012年01月23日07時00分

小学校入学から歌のレッスンを受け始め、オーディション番組に出演したのをきっかけに、16才で歌手デビューした。2年後の1978年10月には父が「有限会社スリージー」(当時)を設立し、宏美のマネジメントをすることになった。デビュー時から宏美のステージパパだった父親だが、妹・良美には厳しかった。「宏美さんに憧れて歌手になりたいと、良美さんは家族に懇願したんですが [全文を読む]

松本人志、AKB峯岸みなみに「バリカンで髪を切ってやって」

Smartザテレビジョン / 2017年05月06日10時00分

5月5日放送のゲストは、息子は歌手の森山直太朗、娘の婿がおぎやはぎの小木博明という歌手の森山良子。待っている間に既にかなり酒を飲んでおり、酔っ払い状態の森山が、過激な発言を連発した。 森山の目下の心配は、現在41歳である直太朗が結婚しないこと。彼女を家に連れてくることもあるそうだが、そのたびに息子に“彼女とした”かどうかを聞くらしい。それには一同「それはあ [全文を読む]

浜田雅功がある後輩芸人に激怒したエピソード

Smartザテレビジョン / 2017年05月04日16時04分

1978年、宏美が「シンデレラハネムーン」で大ヒットを飛ばしていた頃、良美が歌手ではなく女優としてデビュー。 良美は姉同様に歌手デビューを夢見ていたが、周囲からの反対があったことなど、当時の知られざるエピソードが二人から明かされる。 その後、1985年に良美は歌手として「タッチ」で「日本レコード大賞金賞」を獲得、1987年には宏美が「男女7人秋物語」(TB [全文を読む]

【プロ野球】《センバツトリビアPart 1!》坂本九×人見絹枝×象×背番号=センバツ?

デイリーニュースオンライン / 2017年03月20日17時05分

ならば、ヒットソングが多い歌手は何度も入場行進曲に選ばれるのか? ということで調査してみると、過去最多選出は世界的な知名度を誇る坂本九で「6回」だった。 「上を向いて歩こう」(1962年・第34回大会) 「幸せなら手をたたこう」(1965年・第37回大会) 「ともだち」(1966年・第38回大会) 「世界の国からこんにちは」(1967年・第39回大会) [全文を読む]

紅白選考に苦言「なぜ視聴者が業界の理屈を呑む必要ある?」

NEWSポストセブン / 2016年12月14日16時00分

番組表で聴くに堪えない歌手の出番を下調べして、「そろそろ」となると、リモコン片手に、いつでも“消音”を押せるように指はボタンの上で待機。それで、「ここ!」というときに1秒の狂いもなく、って全く何やってんだか。そうまでして、なぜ見るのと言われそうだけど、アラカン世代にとって、紅白は年をまたぐための大事な通過儀礼。それとノスタルジーだね。 ◆出場歌手全員が歌 [全文を読む]

フォーカス