映画 吉行和子に関するニュース

白石加代子×柄本明「小劇場で笑った思い出」

文春オンライン / 2017年08月07日11時00分

うちの両親が映画好きで、うちでは映画の話しかしないような親だったんで、映画を観るのは好きだったんですけどね。それでその早稲小は、12月25日あたりでしたかね。寒い日で、どっか裏手から入るでしょ。 白石 そうです。モンシェリという喫茶店の二階が劇場でしたから。 柄本 そこで焚火か何かして、人がずらずらっと並んで。『どん底における民俗学的分析』(1968年)と [全文を読む]

宮本信子さん感激。30年ぶりに映画「タンポポ」がNY上映へ

まぐまぐニュース! / 2017年02月07日20時00分

昨秋、故・伊丹十三監督の映画「タンポポ」の4Kデジタルリマスター版が米国で制作され、ニューヨークを皮切りに北米で上映された。同作の主演女優で、伊丹監督夫人でもある女優の宮本信子さんが来米。1985年の公開当時、日本国外で高い評価を受け、米国にラーメンブームを起こすきかっけになったとも言われている同作について、お話を伺った。(聞き手・高橋克明) 映画「タンポ [全文を読む]

‘高齢者の婚活’を描いた話題の映画『燦燦-さんさん-』とパートナーエージェントが特別なイベントを開催

PR TIMES / 2013年10月03日11時42分

特別試写会×婚活体験 11月6日(水) シニア世代の婚活を応援いたします! 専任の婚活コンシェルジュによる婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェント(本社:東京都品川区、代表取締役:佐藤茂、以下パートナーエージェント、http://www.p-a.jp)は、‘高齢者の婚活’を描いた話題の映画『燦燦-さんさん-』(11月16日より全国順次公開) [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(9月21日付) 吉高由里子が殺人者を演じる『ユリゴコロ』など期待の邦画が続々公開

ガジェット通信 / 2017年09月21日19時00分

『Yahoo!映画』さんより情報提供いただいて 9月21日付のユーザーが選ぶ「今週末見たい映画ランキング」をお届けします。本ランキングは、週ごとに、その週の月曜から日曜に劇場公開される作品を対象とし、『Yahoo!映画』のユーザーの投票数の総合計によるもので、『Yahoo!映画』独自のランキングです。 ■【9月21日】今週末みたい映画ランキング 対象:9 [全文を読む]

「家族はつらいよ」は寅さんのもうひとつの物語…山田洋次監督がタイトルに込めた想い

Entame Plex / 2016年01月20日17時19分

1月19日、都内にて映画「家族はつらいよ」完成報告会見・完成披露試写会が行われた。 完成報告会見には、橋爪功、吉行和子、西村雅彦、中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優らキャスト陣、そして、山田洋次監督が登壇した。今作では、山田監督がメガホンをとった映画「東京家族」(2013年)で一家を演じたキャストらが再集結。今回は、熟年離婚をテーマに家族のドタバタ劇をコ [全文を読む]

吉行和子 他の女優への競争心や嫉妬ない質素な性格と自己分析

NEWSポストセブン / 2012年09月15日07時00分

暑いけど私たちも頑張らなきゃって、一生懸命だったの」 主演映画『人生、いろどり』(9月15日公開)の撮影を語る吉行和子(77才)の表情には、楽しさがあふれている。 ロケが行われた徳島・上勝町が物語の舞台だ。ある年の冬、特産のみかんが全滅し、町はどん底に陥る。この苦境をなんとか救おうと若い農協職員・江田(平岡祐太)は、料理の彩りに使う“つまもの”と呼ばれる葉 [全文を読む]

妻夫木聡、蒼井優とは「結婚も今回で2回目」 多数共演も「1回もキスシーンがない」

エンタメOVO / 2017年05月27日13時38分

映画『家族はつらいよ2』の公開初日舞台あいさつが27日、東京都内で行われ、出演者の橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優、小林稔侍、中村鷹之資、徳永ゆうき、山田洋次監督が登壇した。 本作は、熟年離婚を巡る家族の騒動を描いた山田監督の喜劇映画『家族はつらいよ』(2016年)の続編。 この日は“ご縁を感じたこと”についてのト [全文を読む]

吉行和子、この歳でもやれる役があるというのは凄く幸せ

NEWSポストセブン / 2017年05月21日16時00分

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、映画『家族はつらいよ2』で熟年離婚の危機を乗り越えた夫婦の妻を演じる吉行和子が、山田洋次監督の作品に出演したことで知った演技の難しさ、幸せについて語った言葉を紹介する。 * * * 吉行和子は2013年、山田洋次監督の『東京家族』に出演、日常空間に本当にいそうな、平 [全文を読む]

『ドラえもん』2週連続首位! 一方、岡田准一『エヴェレスト』は微妙な結果に!? 千年さんは25位…… 【週末映画興行成績】

おたぽる / 2016年03月15日16時00分

3月12日~3月13日分の週末映画興行成績(興行通信社)が発表されたので、今週もオタク目線でお届け。 先週に続き堂々の第1位に輝いたのは『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』。週末2日間で動員数はなんと、約41万人。興行収入約4億8,000万円、累計動員数107万人を突破するという快挙を成し遂げた。そんな中、国民的アニメの栄光を脅かす存在が……。 2位に [全文を読む]

『ドラえもん』2週連続首位! 一方、岡田准一『エヴェレスト』は微妙な結果に!? 千年さんは25位…… 【週末映画興行成績】

おたぽる / 2016年03月15日14時58分

3月12日~3月13日分の週末映画興行成績(興行通信社)が発表されたので、今週もオタク目線でお届け。 先週に続き堂々の第1位に輝いたのは『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』。週末2日間で動員数はなんと、約41万人。興行収入約4億8,000万円、累計動員数107万人を突破するという快挙を成し遂げた。そんな中、国民的アニメの栄光を脅かす存在が……。 2位に [全文を読む]

武田梨奈、生足を大先輩から褒められ照れ笑い

Smartザテレビジョン / 2016年07月02日16時25分

映画「海すずめ」が7月2日に公開初日を迎え、主演・武田梨奈の他、小林豊、内藤剛志、岡田奈々、目黒祐樹、吉行和子、大森研一監督が舞台あいさつに登壇した。 同作は、主人公の赤松雀が挫折から立ち直っていく姿を描く青春ストーリー。華々しくデビューしながら2作目の小説が書けず、地元の愛媛・宇和島に帰った雀。市立図書館の自転車課で勤務していたが、街の「宇和島伊達400 [全文を読む]

有村架純「初めて脚本を読んだとき、泣いたんです。いいお話だなって」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年05月06日17時30分

今回登場してくれたのは、映画『夏美のホタル』で、主人公・夏美を演じた有村架純さん。森沢明夫原作の本作は、誰もが心の底に抱いている“大切なもの”が、ひとつひとつ取り出されてくる。ひと夏近くを費やしたその撮影のなかで、有村さんが感じたこととは? 【人気連載マンガ】ネットで話題!! とある書店のコミック売り場から、マンガ愛をふんだんにこめた日報をお届け! 「仕事 [全文を読む]

演出家・和田勉の名言「テレビはアップだ」を女性作家が考察

NEWSポストセブン / 2014年03月23日16時00分

ドラマが終了したら、続けて映画版へ。ゴールデンウィークに公開される『相棒 -劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ』の予告が、ドラマの合間にすかさず流されます。 かつて、「映画は大作、テレビドラマは小品」という価値観がありました。しかし、その「格」差は、どんどん小さくなりつつある。ドラマと映画が横並びになり、垣根がなくなってきている。「相棒」は [全文を読む]

『君の名は。』の新海監督も個人製作でデビュー…映画の個人製作・個人配給時代が来る!?

dmenu映画 / 2017年08月10日07時00分

文=平辻哲也/Avanti Press 常識破りの新手法!個人製作・個人配給で映画界が変わる!? 個人製作、個人配給という、日本の映画界の常識を打ち破るスタイルで世に映画を送り出す映画監督がいる。『映画監督外山文治短編作品集』として2作の短編を、8月26日から東京・渋谷のユーロスペースで限定2週間レイトショー公開する外山文治監督だ。出演者の交渉から、チラシ [全文を読む]

THE ORAL CIGARETTES、2018年2月に大阪城ホールワンマン開催決定

okmusic UP's / 2017年06月17日14時00分

さらに、9月30日公開、映画「亜人」主題歌に抜擢されたことも発表された。彼ら自身初の映画主題歌を担当することになるが、今回の楽曲に関して本広克行監督よりコメントも寄せられている。タイトルについては後日発表される。■『唇ワンマンライブ 2018 WINTER』2月15日(木)大阪城ホール FC先行予約1次:6月16日(金) 22:00~6月22日(木)23 [全文を読む]

林家正蔵、リアル家族はつらいよ…年5月会見

NewsCafe / 2017年05月31日11時15分

映画『光』(河瀬直美監督)の初日舞台挨拶に登壇し、音声ガイド役で参加したものの実はノーギャラだったとぶっちゃけました」 デスク「樹木は全身がんを公表してるけど、相変わらずセルフプロデュースで飛び回ってるね。元気で何よりと言えば、フリーアナウンサーの小林麻耶(37)がようやくイベントに出席できるまでになったね」 記者「都内で著書の発売記念イベントに出席しまし [全文を読む]

佐藤浩市 瑛太に「お前は今、そこにいるのか」と嬉しくなる

NEWSポストセブン / 2016年07月04日07時00分

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』から、芝居を勘違いして遠回りした若き日の思い出と、それで見えてきた景色について語った佐藤の言葉をお届けする。 * * * 佐藤浩市は1983年、相米慎二監督・緒形拳主演の映画『魚影の群れ』に出演している。 「夏目雅子さんと砂浜で会話する場面から初日は始まったんだけど、『はい、 [全文を読む]

Uru 9月東京グローブ座2DAYSのLIVEが決定。デビューシングル「星の中の君」ジャケット写真、映画「夏美のホタル」版MVも解禁

PR TIMES / 2016年05月12日13時28分

[画像2: http://prtimes.jp/i/13546/249/resize/d13546-249-984874-2.jpg ][画像3: http://prtimes.jp/i/13546/249/resize/d13546-249-900230-3.jpg ]さらに、主題歌に決定している映画「夏美のホタル」ver.のミュージックビデオも公開され [全文を読む]

Uruデビューシングル「星の中の君」詳細発表。トオミヨウ、蔦谷好位置、武部聡志が参加。映画「夏美のホタル」予告編も公開。

PR TIMES / 2016年04月22日09時45分

あわせて、主題歌を務める映画「夏美のホタル」(6月11日公開)の予告映像も公開された。Uruの透き通る声で歌われる「星の中の君」が、映画で描かれる美しい原風景にそっと寄り添うような映像に仕上がっている。[画像2: http://prtimes.jp/i/13546/239/resize/d13546-239-120706-3.jpg ]【トオミヨウ コメン [全文を読む]

林家正蔵『家族はつらいよ』出演に「おふくろが『海老名家のほうがつらい』と」

WEB女性自身 / 2016年03月13日06時00分

ワッハッハと爆笑されてました(笑)」 本作は、 13年の映画『東京家族』で家族を演じた8人の俳優たちが再結集し、結婚50年の平田家の涙と笑いの日常を描く。物語は、妻(吉行和子)に夫(橋爪功)が誕生日プレゼントに欲しいものを尋ねると、間髪入れずに返ってきた答えが「離婚届!」だったことから始まる。家族の日常とはこんなもんだなぁ、と思えるディテールの面白さ。夫、 [全文を読む]

フォーカス