投手 久保康友に関するニュース

【プロ野球】FAの人的補償をチャンスに変えた選手たち

デイリーニュースオンライン / 2015年01月12日11時50分

1996年 川辺忠義投手(河野博文の補償で巨人→日本ハム) 2002年 平松一宏投手(前田幸長の補償で巨人→中日) 2002年 ユウキ投手(加藤伸一の補償で近鉄→オリックス) 2006年 小田幸平捕手(野口茂樹の補償で巨人→中日) 2006年 江藤智内野手(豊田清の補償で巨人→西武) 2007年 吉武真太郎投手(小久保裕紀の補償でソフトバンク→巨人) 2 [全文を読む]

2013プロ野球ワーストナイン“勝手に表彰式!”(4)発表!みんながっかり……炎上する“背信投球”

アサ芸プラス / 2013年10月31日09時59分

いくら打線がつながっても投手が抑えられなければチームの勝利はない。リードを守るはずの投手が一変して裏切り者に‥‥。そんなファンをも震え上がらせる背信投手たちを一挙発表しよう。 飛ぶボールの発覚で投手優勢から打者優勢へと様変わりした今年のプロ野球。 その影響か、今年のワースト記録は昨年の数字を超えるものばかり。ではさっそく、チームの負けを牽引した背信投手たち [全文を読む]

DeNA・久保が抹消 7日にはヤクルトを相手に敗北…8日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年05月08日15時07分

<5月8日の公示情報> ※再登録=5月18日以降 ■福岡ソフトバンクホークス =抹消= 50 摂津正/投手 ■千葉ロッテマリーンズ -登録- 34 土肥星也/投手 49 チェン・グァンユウ/投手 =抹消= 18 藤岡貴裕/投手 8 中村奨吾/内野手 57 香月一也/内野手 ■東北楽天ゴールデンイーグルス =抹消= 39 下妻貴寛/捕手 ■読売ジャイアンツ [全文を読む]

社会人出身、1年目に2ケタ勝利は難しい?

ベースボールキング / 2017年02月25日18時00分

◆ 00年以降のドラフトで2ケタ勝ったのは誰? 昨年10月に行われたドラフト会議で山岡泰輔(オリックス)が1位指名を受け、酒居知史(ロッテ)、有吉優樹(ロッテ)、進藤拓也(DeNA)といった即戦力の社会人出身の投手がプロ入りした。社会人出身ということもあり、1年目から即戦力としての活躍が期待される。先発であれば、1年目からローテーションに入り10勝以上挙げ [全文を読む]

【18日の公示】阪神ドラ1大山が初昇格 ロッテはペーニャを登録

スポニチアネックス / 2017年06月18日14時14分

◇パ・リーグ 【出場選手登録】 ▽日本ハム 有原航平投手 ▽ロッテ ペーニャ内野手、加藤翔平外野手 【同抹消】 ▽ロッテ ダフィー内野手、荻野貴司外野手 ▽西武 佐野泰雄投手◇セ・リーグ 【出場選手登録】 ▽巨人 大竹寛投手 ▽阪神 山本翔也投手、柳瀬明宏投手、大山悠輔内野手 ▽中日 松井佑介外野手 【同抹消】 ▽DeNA 久保康友投手 ▽阪神 青柳晃洋投 [全文を読む]

阪神D1大山が初昇格!中日・平田が抹消 18日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年06月18日13時15分

<6月18日の公示情報> ※再登録=6月28日以降 ■ 北海道日本ハムファイターズ -登録- 16 有原航平 / 投手 ■ 千葉ロッテマリーンズ -登録- 54 ペーニャ/内野手 65 加藤翔平/外野手 =抹消= 5 ダフィー/内野手 0 荻野貴司/外野手 ■ 埼玉西武ライオンズ =抹消= 00 佐野泰雄/投手 ■ 読売ジャイアンツ -登録- 17 大竹 [全文を読む]

DeNAの勝ち頭といえば…最近10年の年度別最多勝利を振り返る

ベースボールキング / 2017年02月25日10時00分

近年は石田健大、今永昇太、井納翔一といったローテーションの軸として期待される投手がいる一方で、長くBクラスに低迷していたこともあり、長年先発投手に苦戦していた。 最近10年間のDeNAの年度別最多勝利投手を振り返ると、07年にソフトバンクからトレードで加入した寺原隼人が12勝をマーク。08年から5年連続最下位に沈んだが、09年の三浦大輔が11勝、10年の清 [全文を読む]

阪神・青柳、楽天・細川らが抹消 30日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年04月30日13時21分

<4月30日の公示情報>13時時点 ※再登録=5月10日以降 ■東北楽天ゴールデンイーグルス -登録- 48 伊志嶺忠/捕手 29 中川大志/内野手 =抹消= 68 細川 亨/捕手 ■オリックス・バファローズ -登録- 29 ウエスト/投手 =抹消= 18 岸田 護/投手 ■横浜DeNAベイスターズ -登録- 27 久保康友/投手 =抹消= 34 平田真 [全文を読む]

OP戦、防御率1位の投手はシーズンで活躍できた?

ベースボールキング / 2017年03月27日09時00分

オープン戦の防御率1位投手に目を向けると、今季は田口麗斗(巨人)が12球団トップの0.90を記録。シーズンでも活躍が期待される。 最近10年のオープン戦で防御率1位となった投手のシーズンをみると、11年の田中将大が防御率1.27を記録し、シーズンでも最優秀防御率のタイトルを獲得した。この年の田中は最優秀防御率のタイトルだけでなく、19勝で最多勝にも輝き、沢 [全文を読む]

【5月7日プロ野球全試合結果】阪神が5連勝で首位をキープ、楽天が両リーグ最速20勝目…岸孝之が古巣・西武から白星

サイクルスタイル / 2017年05月07日21時11分

先発の能見篤史投手が好投を見せるなど投打がかみ合い、6-0で快勝。5連勝を飾り首位をキープした。阪神は0-0で迎えた4回裏、2死二、三塁の好機を作ると、鳥谷敬内野手が適時打を放って2点を先制。6回裏には走者一、二塁の場面で福留孝介内野手が適時二塁打を放って3-0とすると、続く好機に鳥谷の適時打が飛び出し5-0とリードを広げた。投げては、先発の能見が6回途中 [全文を読む]

フォーカス