選手 宮間あやに関するニュース

アディダスオンラインショップ1周年記念キャンペーン実施!!!

PR TIMES / 2012年11月02日09時40分

10万円お買物券やmi adidas(マイアディダス)、契約選手らのサイン入りグッズなどを77名に豪華プレゼント!アディダス オンラインショップオープン1周年記念キャンペーン実施!shop.adidas.jp/1stanniversaryマルチスポーツブランドのアディダス ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区矢来町、代表取締役:ポール・ハーディスティ)は、 [全文を読む]

なでしこは本当に不遇か? 進む待遇改善とプロ化への懸念

週プレNEWS / 2015年07月22日06時00分

各メディアはこぞって彼女たちの偉業を讃えたが、その一方で、大会を通じ大活躍しながら、現在もフットサル場での仕事で生計を立てている有吉佐織(日テレ)などを例に、「選手の待遇は4年前からまったく改善されていない」「トップカテゴリーのなでしこリーグでもアマチュア選手主体。早く欧米の強豪国のような完全プロ化を」…と“提言”する記事もそこかしこで見られた。 だが果た [全文を読む]

ロンドン五輪メダリストのナマ演技を堪能できるスポット

週プレNEWS / 2012年09月03日17時00分

五輪史上最多となる38個(金7、銀14、銅17)のメダルを獲得したロンドン五輪日本代表選手団。深夜に固唾を飲んでテレビの前で見守った、日本スポーツ史上最強の選手たちの戦いぶりをナマで見たい人のために、メダリストたちが出場する直近の「凱旋試合」を徹底調査! ロンドンで五輪を現地取材したスポーツライターの折山淑美氏に観戦ポイントを教えてもらいながら紹介しよう。 [全文を読む]

女子サッカー選手 男子と比べてその待遇が低すぎる現状もあり

NEWSポストセブン / 2015年07月09日07時00分

それでも、試合後、主将・宮間あや選手(30才)は、涙を流しながらこう謝罪の言葉を述べた。「優勝と準優勝は違うので、本当に申し訳ない」 この言葉こそが、なでしこジャパンの魅力であり、強さの秘密なのかもしれない。そんな彼女たちの「不屈の精神」が作られた背景には、恵まれぬ環境があった。 2011年の前回大会でW杯初優勝を飾ると、日本中に空前の「なでしこブーム」が [全文を読む]

なでしこジャパンが試合前に聞く曲は…嵐?ミスチル?

Smartザテレビジョン / 2015年06月05日15時54分

6月6日(※日本時間7日)からカナダで行われる「FIFA女子ワールドカップ カナダ2015」に向けて、現地で合宿中のサッカー女子日本代表・なでしこジャパンの選手たちが「心の支えにしている音楽」「試合前に聴く曲」を明らかにした。 これは、6月13日(土)放送のラジオ番組「SPO☆LOVE」(TOKYO FM)内の企画「なでしこジャパンのCheer up SO [全文を読む]

なでしこジャパン銀に大きく貢献した澤穂希と宮間あやの関係

NEWSポストセブン / 2012年08月18日07時00分

澤がボールを受ければまず宮間の居場所を探し、澤のパスを受けた宮間が前線の選手の決定機を創出する。 二人は阿吽の呼吸でチャンスメークし、また正確無比な宮間のプレースキック(CKやFK)によって、ドイツW杯決勝の延長、澤の劇的同点ゴールも生まれた。澤は宮間をこう評す。 「相手にすればなかなかボールが奪えない選手で、裏の裏をかかなければいけないぐらいサッカーが上 [全文を読む]

【会見】高倉麻子監督、前回遠征に続く新戦力招集に「代表に新しい力を」《スウェーデン遠征》

超ワールドサッカー / 2016年07月06日18時00分

この会見に出席した高倉麻子監督は、MF宮間あや(岡山湯郷Belle)ら選外となった従来の主力に触れつつ、初招集のMF國澤志乃(AC長野パルセイロ・レディース)らキャップ数の若い選手についても言及。「代表に新しい力を加えてほしい」との期待を口にした。◆高倉麻子監督(なでしこジャパン)「前回のアメリカ遠征に続き、今回はスウェーデン遠征を行うことになりました。世 [全文を読む]

【アンケート結果】最高点は決勝弾の岩渕! 宇津木&佐々木監督も高評価《カナダ女子ワールドカップ2015》

超ワールドサッカー / 2015年06月29日11時15分

ユーザー採点では軒並み高評価となり、中でも途中出場で殊勲の決勝点を挙げた岩渕選手がチーム最高点となる平均レーティング6.9を獲得。また、国際サッカー連盟(FIFA)の選ぶマン・オブ・ザ・マッチに選出された宇津木選手が6.6、岩渕選手の投入が当たった佐々木監督が6.5と、ユーザーから高い評価を得ました。▽今回の選手採点アンケートの結果と、皆様の試合の感想は以 [全文を読む]

【なでしこジャパンプレビュー】“チャレンジ”が求められる新生・なでしこの初陣

超ワールドサッカー / 2016年06月03日07時00分

いずれも22〜24歳の選手であり、先を見据えての選考となった。さらに、高木、千葉に関しては、なでしこリーグ2部の選手であり、高倉監督が幅広く選手を視察したことも明らかになった。◆まずはチャレンジの一戦▽今回のアメリカ遠征では、アメリカ女子代表と2試合を行う。世界女王に輝き、8月のリオ・デ・ジャネイロ五輪にも出場するアメリカにとっては、大事な調整試合でもある [全文を読む]

【現役引退】澤穂希、記録で振り返る”レジェンド”の偉大な功績

デイリーニュースオンライン / 2015年12月18日08時00分

サッカー女子の日本代表、「なでしこジャパン」の澤穂希選手(INAC神戸レオネッサ)が17日、引退会見を行った。澤穂希には、偉大なる記録に彩られた功績がある。 1991年7月、12歳のときに日本女子サッカーリーグの読売ベレーザ(現:日テレ・ベレーザ)にてデビュー。1993年12月に15歳で日本代表戦に初出場して4得点を挙げて以来、「なでしこジャパン」の顔とし [全文を読む]

フォーカス