監督 宮間あやに関するニュース

【なでしこジャパンプレビュー】“チャレンジ”が求められる新生・なでしこの初陣

超ワールドサッカー / 2016年06月03日07時00分

▽U-17日本女子代表を率い、2014年4月にU-17女子ワールドカップで世界一に輝いた高倉麻子新監督率いるなでしこジャパン。2008年から指揮を執っていた佐々木則夫前監督が作り上げ、2011年には女子ワールドカップで世界一に輝いたチームを、どの様に導いていくのか。アメリカ戦は、その第一歩となる試合だ。◆入れ替えられた血▽高倉監督が初めて発表したなでしこジ [全文を読む]

なでしこ新キャプテン・熊谷紗希が不安視される過去の汚点とは?

アサ芸プラス / 2017年01月27日17時59分

コーチ時代から含めると11年にわたってなでしこを率いてきた佐々木則夫監督から高倉麻子監督へとシフト。世界の頂点を目指して新たなスタートを切ったなでしこは、1月20日から24日までトレーニングキャンプが行われ、代表候補選手が汗を流した。 最終日の24日には、高倉監督が新主将を熊谷紗希にする方針であると明かした。「なでしこの主将は澤穂希、宮間あやと強烈なリーダ [全文を読む]

宮間も代表ラストゲームか…大儀見は言葉選びながら感謝語る「助けられたことはたくさんあった」

ゲキサカ / 2016年03月08日16時13分

佐々木則夫監督や一部選手の去就が話題となる中で、試合後の取材エリアでは、北朝鮮戦のみに関する質問のみが受け付けられた。代表引退の可能性が報じられたMF宮間あや(31)は、普段より短めのインタビューを終え、足早に練習場を後にした。 そんな中でもFW大儀見優季(28)は、言葉を選びながら、ここまでなでしこジャパンとして戦ってきたメンバーへの思いを語った。 「こ [全文を読む]

バロンドール受賞最終候補に“お馴染み”メッシ、C・ロナウド、ネイマール!女子は宮間が残る

ゲキサカ / 2015年12月01日01時08分

最優秀監督賞はジョゼップ・グアルディオラ監督(バイエルン)、ルイス・エンリケ監督(バルセロナ)、ホルヘ・サンパオリ監督(チリ代表)。女子部門は日本女子代表(なでしこジャパン)の佐々木則夫監督とアメリカ女子代表のジル・エリス監督、イングランド女子代表のマーク・サンプソン監督が3人がノミネートされた。 最優秀ゴール賞であるプスカシュ賞最終候補には、ローマMF [全文を読む]

なでしこ高倉監督、U-20女子代表杉田らの招集示唆「ここからがサバイバル」

ゲキサカ / 2016年12月26日07時48分

[12.25 皇后杯決勝 新潟L0-0(PK4-5)I神戸 フクアリ] 日本女子代表(なでしこジャパン)の高倉麻子監督が、25日に行われたINAC神戸レオネッサ対アルビレックス新潟レディースの皇后杯決勝を観戦した。高倉監督は「お互いにいいところを出しながら戦っていた」とPK戦までを戦い終えた両軍の健闘を称えた。 来年のなでしこジャパンは、1月に都内で行うト [全文を読む]

「他の選手の模範」「存在が重要」 澤穂希、世界初6度目のW杯へ

ゲキサカ / 2015年05月19日18時37分

日本女子代表(なでしこジャパン)の佐々木則夫監督は1日、6月にカナダで開催される女子W杯に向けた代表メンバー23名を発表した。アルガルベ杯ではメンバーを外れていたMF澤穂希がメンバーに復帰。男女を通じて世界初となる6大会連続6度目のW杯出場を決めた。 「10番、澤穂希」。佐々木監督が読み上げた瞬間、この日一番のフラッシュがたかれ、パソコンを叩く音が会場に鳴 [全文を読む]

“ベテラン一掃”なでしこ、4つの選考基準…高倉監督「いつでも扉を開いている」

ゲキサカ / 2016年05月20日15時20分

日本女子代表(なでしこジャパン)の新監督に就任した高倉麻子監督は20日、アメリカ遠征を行う日本女子代表(なでしこジャパン)のメンバーを発表。初選出の5人を含む、フレッシュなメンバーを招集した。 やはり質問は大きく変わったメンバー編成について飛んだ。これまでなでしこジャパンの中心となってチームを引っ張ってきた経験豊富な選手たち、3月のリオデジャネイロ五輪予 [全文を読む]

佐々木監督“ラストゲーム”なでしこ、北朝鮮戦スタメンに宮間、大儀見ら GKは山根

ゲキサカ / 2016年03月09日18時49分

リオ五輪出場を逃したなでしこだが、佐々木則夫監督の最終戦とみられる一戦で意地を見せたいところ。スタメンは7日のベトナム女子代表戦から8人が交代。MF宮間あややFW大儀見優季、GK山根恵里奈らが先発に復帰した。会場はキンチョウスタジアム。キックオフは19時35分。 [日本女子代表] 先発 GK 12 山根恵里奈(千葉) DF 2 近賀ゆかり(INAC) DF [全文を読む]

リオ五輪予選初戦豪州戦、なでしこスタメン発表!大儀見、宮間ら

ゲキサカ / 2016年02月29日22時49分

[日本女子代表] 先発 GK 12 山根恵里奈(千葉) DF 3 岩清水梓(日テレ) DF 4 熊谷紗希(リヨン) DF 5 鮫島彩(INAC) DF 13 有吉佐織(日テレ) MF 6 阪口夢穂(日テレ) MF 8 宮間あや(岡山湯郷) MF 9 川澄奈穂美(INAC) MF 14 中島依美(INAC) FW 10 大儀見優季(フランクフルト) FW [全文を読む]

宮間が女子FIFAバロンドールの候補10名に選出 佐々木監督も候補入り

超ワールドサッカー / 2015年10月20日14時46分

その他、女子最優秀監督賞の候補者には、先日契約を更新したなでしこジャパンの佐々木則夫監督が選ばれている。▽今回発表された候補者から絞る投票が10月26日から11月20日まで行われ、11月30日に最終候補の3名がそれぞれ発表される。今回発表された2015年の女子FIFAバロンドール候補者10名と、女子最優秀監督賞候補者10名は以下の通り。◆2015年女子FI [全文を読む]

バロンドール候補10名になでしこMF宮間、最優秀監督候補には佐々木監督

ゲキサカ / 2015年10月20日12時22分

また女子最優秀監督賞の候補には同代表の佐々木則夫監督が選ばれている。 2014年には最優秀選手の候補に宮間とFW川澄奈穂美が入るも、最終候補3名からは外れた。昨季の同賞はドイツ代表のMFナディン・ケスラーが受賞している。 2011年に同賞を受賞した佐々木監督は、3位だった昨年に引き続いて2年連続のノミネートとなった。 同賞ともに最終候補の上位3名は11月3 [全文を読む]

なでしこが陥った“罠” 序盤の連続失点を生んだ慢心と読み違い

ゲキサカ / 2015年07月07日09時57分

佐々木則夫監督は選手たちに「胸を張って帰ろう」と言い聞かせた。試合後のミックスゾーン。選手たちは「ノリさんにそうは言われたけど、でも……」と、口を開けば涙が出てくるような状態だった。ただただ悔しい気持ちがストレートに伝わってきた。 称えられる結果であり、良く戦ったという印象を与えてくれた。ひたむきな走りには胸を熱くしたし、技術力には舌を巻いた。それでも、こ [全文を読む]

なでしこが見据える決勝のその先…宮間「すべては連覇から始まる」

ゲキサカ / 2015年07月05日13時14分

女子W杯決勝前日の4日は日本女子代表(なでしこジャパン)の佐々木則夫監督に加え、主将のMF宮間あやとGK海堀あゆみが出席した。宮間と海堀は少しだけ髪型を整え、佐々木監督は相変わらずにこやかだったが、得意のジョークは控え目。報道陣で埋め尽くされた会見場は熱気に溢れ、決戦前日の空気が漂った。 2連覇という夢のような結末に手が届くところまで来た。W杯の前哨戦とも [全文を読む]

世界が注目するサッカー界最高峰の称号バロンドール授賞式をWOWOWにて独占生中継!

PR TIMES / 2014年12月02日10時20分

授賞式ではバロンドール(=男子最優秀選手賞)以外にも、女子最優秀選手賞、男子最優秀監督賞、女子最優秀監督賞なども同時に発表。まさに、世界のサッカーのトップ選手、監督が一堂に会するきらびやかな場になる。 2014年のバロンドールには23人がノミネート。そのうち、レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウド、バルセロナのリオネル・メッシ、昨季のアトレティコ・ [全文を読む]

女子バロンドール候補に川澄と宮間選出

ゲキサカ / 2014年10月24日21時25分

また女子最優秀監督賞候補には、U-17W杯で日本を世界一に導いた高倉麻子監督が選出されている。こちらも受賞となれば、日本人としては2011年の佐々木則夫監督以来の受賞となる。 今後は12月1日に最終候補を3人に絞り、1月12日の授賞式で受賞者を発表する。 [写真]昨年受賞したFWクリスティアーノ・ロナウドとMFナディーネ・ケスラー [全文を読む]

[アジア大会]川澄が超絶ループ弾、完封勝利のなでしこが決勝Tへ

ゲキサカ / 2014年09月23日01時51分

FWで起用された阪口は佐々木則夫監督の期待に結果で応えた。 その後も主導権を握るなでしこは、前半15分にMF川澄奈穂美、中島とつないだボールからFW増矢理花が、さらに同18分には有吉のパスから再び増矢が決定機を迎えたものの、シュートはともに枠を捉え切れず。攻撃の手を緩めないなでしこは同21分に吉良、同22分には川澄が立て続けにゴールを脅かしたが、ネットを揺 [全文を読む]

欧州組不在、澤らベテラン招集見送りのなでしこ佐々木監督「男女で連覇を」

ゲキサカ / 2014年08月24日23時46分

山形県出身の佐々木則夫監督は記者会見で「故郷でいい準備をして、一致団結して、韓国で連覇を成し遂げたい。できるならば(U-21日本代表の)手倉森監督とともに男女で連覇を果たしたい」と、2大会連続となる男女アベック優勝を目標に掲げた。 アジア大会はFIFAの設定する国際Aマッチデーはないこともあり、FW大儀見優季(チェルシー)、FW大野忍(アーセナル)、FW岩 [全文を読む]

なでしこジャパン宮間あや ハンド見逃し「誤審抗議」を阻んだ佐々木監督の呪縛!「すべては『2位狙い発言』から始まった」

アサ芸プラス / 2012年08月29日10時59分

これには佐々木則夫監督(54)も苦笑いしながら両手を広げ、納得いかない表情だ。結局、そのままプレーは続行。本来なら日本にPKが与えられ、成功すれば同点となって勢いづいたはずなのだが‥‥。 ドイツ紙「ヴェルト」はシュタインハウス主審によるこの「大誤審」を〈五輪決勝で失敗した〉との見出しで大々的に報じている。 〈シュタインハウスはハンドの反則をとらなかったため [全文を読む]

【会見】高倉麻子監督、前回遠征に続く新戦力招集に「代表に新しい力を」《スウェーデン遠征》

超ワールドサッカー / 2016年07月06日18時00分

この会見に出席した高倉麻子監督は、MF宮間あや(岡山湯郷Belle)ら選外となった従来の主力に触れつつ、初招集のMF國澤志乃(AC長野パルセイロ・レディース)らキャップ数の若い選手についても言及。「代表に新しい力を加えてほしい」との期待を口にした。◆高倉麻子監督(なでしこジャパン)「前回のアメリカ遠征に続き、今回はスウェーデン遠征を行うことになりました。世 [全文を読む]

新生なでしこメンバー一新!「未来に向かう伸びしろのある選手を選んだ」 宮間は辞退

ゲキサカ / 2016年05月20日14時58分

高倉麻子新監督になって初めて戦う代表戦になるが、これまで代表を引っ張ってきたMF宮間あや(岡山湯郷)やFW川澄奈穂美(INAC)、DF岩清水梓(日テレ)らが外れ、メンバーが一新された。 会見で高倉監督は「未来に向かっていくという中で伸びしろを感じた選手を選んだ」と説明。しかし宮間については「コンディション不良による辞退」を申し入れられたことを明かし、「私の [全文を読む]

フォーカス