番組 玉木宏に関するニュース

第16回「かつてSMAPと呼ばれた男たち2017」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月27日19時15分

そして、12月26日に同番組は20年9カ月の歴史に終止符を打ったけど、920回に及ぶ全期間の平均視聴率は18.2%、最高視聴率は34.2%(ちなみに稲垣吾郎の復帰回)。こんなオバケ番組、後にも先にもありません。 そんな次第で今回は、「かつてSMAPと呼ばれた5人の男たち2017」と題して、5人の新たなる第一歩に光を当てつつ、各々の番組を検証したいと思います [全文を読む]

第15回「2016テレビの記憶」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月28日18時39分

そして国民は5人が唯一揃うレギュラー番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)を注視する。1月18日夜、冒頭7分間にメンバー5人が生出演した回の視聴率は、驚異の31.2%――。この数字、今年の視聴率ランキングで、ほぼNHK『紅白歌合戦』に次ぐことが確定しています。それくらい歴史的出来事であったと。とはいえ、それは派手なセットもCGもない、往年のヒット曲が流 [全文を読む]

『アイアンシェフ』大爆死! フジテレビ、V字回復をかけた10月改編の結果は?

サイゾーウーマン / 2012年11月25日09時00分

同局では、10月の改編で、ゴールデンタイムに3つの新番組がスタートし、月曜~金曜の夜11時のバラエティを刷新。同時間帯を「COOL TV」と称し、若者向けのバラエティ番組5本を放送開始した。番組放送終了後、YouTubeで番組関連動画を配信するなど、これ以上フジテレビ離れが進まないよう躍起になっているようだ。 常務取締役の大多亮氏は、10月下旬の定例会見 [全文を読む]

乃木坂46西野七瀬・生駒里奈・高山一実、芸人のツッコミに感激

モデルプレス / 2016年11月24日20時27分

【西野七瀬・生駒里奈・高山一実/モデルプレス=11月24日】乃木坂46の西野七瀬、生駒里奈、高山一実の3人が26日放送のバラエティ番組「日本のツッコミどころ~芸人が作る観光名所ガイド~」(フジテレビ・14時~)に出演する。同番組は、日本に多数存在する変な場所“日本のツッコミどころ”をより楽しく、面白く、視聴者に紹介する新企画。一風変わっていて摩訶不思議、何 [全文を読む]

フジテレビ「27時間テレビ」司会に”ウンナン”が浮上…その驚きの選考理由とは?

デイリーニュースオンライン / 2016年02月21日12時10分

■司会抜擢の背景にあの天敵番組? 今回、ウッチャンナンチャンのキャスティングがウワサされている27時間テレビ。内村が「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)で、南原が「ヒルナンデス」(日本テレビ系)で活躍していることが選考理由の一つだという。 昨年の27時間テレビは、平均視聴率が10.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマーク。かろうじて2ケタを死 [全文を読む]

玉木宏のアダ名に騒然 藤田ニコル・りゅうちぇるら“怖いもの知らず”が揃い踏み

モデルプレス / 2016年06月07日15時14分

◆ゆうたろう・りこぴん・最上もがが初主演 そして、“可愛すぎるルックス”がバラエティ番組でブレイク中のカリスマアパレルショップ店員・ゆうたろうと、初代“日本一かわいい女子高生”の称号を手にした「りこぴん」こと永井理子が番組初登場。男性にも女性にも全く興味がないゆうたろうに、さんまは困惑。りこぴんは「私も高校生だったのに選ばれてない!」とにこるんから敵意む [全文を読む]

やっぱりみんなイノッチが好き?「好きなタレントキャスター」1位は

Menjoy / 2016年06月15日19時30分

ニュースや情報番組の名前を聞いて、まず浮かんでくるのはキャスターの顔。 もはや、番組にとどまらず、その時間帯の顔といった印象がありますよね。 特に自分のお気に入りのタレントキャスターが出ている番組って、日常のお楽しみになっているのではないでしょうか? 次は何を話してくれるのかな〜なんて、わくわくしちゃいますよね。 そこで、今回は『Menjoy!』が独自に調 [全文を読む]

平田璃香子がリポーターとしての経験を振り返る

Smartザテレビジョン / 2015年05月30日09時00分

番組は江戸時代後期、日本の海防に注力して江戸湾の台場や静岡・韮山の反射炉を造った偉人・江川英龍に、玉木宏と平田璃香子が迫っていくという内容だ。リポーターとして、長崎・出島から東京・日本橋までの“大砲ロード”を巡った平田がインタビューに応えた。――番組への出演が決まった時の感想をお聞かせください。歴史上の人物を紹介するということもあり、プレッシャーを感じま [全文を読む]

最終回4.3%の“伝説”を作ってしまったフジテレビ『アイアンシェフ』とはなんだったのか

日刊サイゾー / 2013年04月02日13時00分

伝説の大人気番組『料理の鉄人』の13年ぶりの復活ということで、昨秋、鳴りもの入りでスタートした料理バラエティ『アイアンシェフ』(フジテレビ系)。 大みそかには特番が組まれ、番組MC役に当たる「主宰」を務める玉木宏が冬に開催された「お台場合衆国」のイメージキャラクターに採用されるなど、“伝説再び”とばかりに局側も力を入れていたようではあるが、結局芳しい視聴率 [全文を読む]

玉木宏、自身初の挑戦「非常にチャレンジング」<コメント到着>

モデルプレス / 2016年07月20日11時06分

しかし、テレビ東京には「池上彰の参院選ライブ」など社会に鋭く切り込む硬派な番組もある。そんなテレビ東京が、「最近、見たいドラマが無い」という視聴者の声も多く聞かれるテレビドラマ界に新風を巻き起こす。 設定やテーマが余りにもリアル、余りにも過激、余りにも壮大過ぎるために「映像化が困難」と言われる、気鋭の作家・真山仁。NHKの「ハゲタカ」では話題を呼んだが、民 [全文を読む]

フォーカス