現在 近藤真彦に関するニュース

「紅白歌合戦とジャニーズ事務所」の歴史に田原俊彦が残した功績

ソーシャルトレンドニュース / 2015年12月28日15時00分

同じ事務所からの大量選出に批判的な声もあるが、事務所設立から53年間の紆余曲折を経て、現在の地位を勝ち取ったことは忘れてはならないだろう。ジャニーズ事務所は、設立当初から紅白歌合戦を席巻していたわけではない。初出場は1962年の事務所設立から3年後の65年、あおい輝彦など4名で構成されていた「ジャニーズ」が成し遂げた。ただし、ジャニーズの出場はこの1回きり [全文を読む]

51歳になったマッチ 「近藤真彦という仕事」を全力で生きる

NEWSポストセブン / 2015年08月02日07時00分

1994年に結婚し、現在は1児の父。 取材・文■橋本紀子 ※週刊ポスト2015年8月7日号 [全文を読む]

嵐・大野は舞台裏で番長タイプ? 不良だったジャニーズジュニアの現在

東京ブレイキングニュース / 2014年01月01日14時30分

盗んだバンクを盗まれて~♪ と尾崎豊の『15の夜』のメロディに合わせて自作(実体験)の歌詞を唄うのはジャニーズ出身で現在、俳優・ダンサーとして活動する武口明。ジャニーズ時代から現在まで30年以上の付き合いがあるオレの親友である。 武口明が「ジュニア」として入ってきたのは17歳から18歳になろうというときで当時も比較的遅咲きのジャニーズジュニアであった。下は [全文を読む]

「紅白に出てほしい’80年代アイドル」ランキング男性編

WEB女性自身 / 2013年09月12日07時00分

だから現在は俳優で活躍している方にも、アイドルの過去があるんです。当時のアイドルは、キラキラして手の届かない王子様という感じ」 そんななか圧倒的な得票集めたの1位は、解散後もメンバーの多くが音楽活動を続けるチェッカーズ。「実力もあって、当時もすごい人気。でも、亡くなってしまったメンバーもいるので、全員そろった姿はもう見ることはできません」 2位の光GENJ [全文を読む]

<SMAP独立は野村義男に学べ>なぜ独立して消えるアイドルが多いのか?

メディアゴン / 2016年01月15日07時30分

現在話題となっている「SMAP」の分裂・独立騒動。木村拓哉以外の中居正広、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の4名が、「育ての親」であるマネージャーとともに、ジャーニーズ事務所から独立するという。なぜ木村氏だけが残るのか、という点については様々な見方があるが、冷静に考えてみれば、木村氏はいわゆる「妻子持ち」。この点が、他のメンバーとは異なる。やはり、妻子を抱えて [全文を読む]

『ジャニーズカウントダウン』に山下智久なしで「干された疑惑」噴出 ドラマ不発に謎CM、その“素行”に絶句

日刊サイゾー / 2015年12月03日17時00分

現在、月9ドラマ『5→9 ~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)で主演を務める山下智久。ここ最近は、ドラマに出ても思うような視聴率が取れず、演技に対しても酷評が相次ぐなどあまりいいニュースを聞かないが、ここへきて“身内”からも冷遇されつつあるという情報が……。 毎年、ジャニーズ事務所所属のアイドルが多数出演する『ジャニーズカウントダウン2015-2016 [全文を読む]

近藤真彦のニューシングル「千年恋慕」(2月26日発売)の着うた(R)を本日より独占先行配信開始!

PR TIMES / 2014年02月13日09時23分

JUJU、EXILEらを手がけるヒッ トメーカーで、 現在最も注目度が高いプロデューサーの一人である“Jin Nakamura(ジ ンナカムラ)”氏に近藤自らが依頼、 書き下ろしてもらった曲。フラメンコギターとバンドネオンが絡む、哀愁を帯びつつも疾走感のあるサウンド です。 ----------------------------------------- [全文を読む]

「気持ち悪いからテレビ消して!」ジャニーさん絶叫...ジャニーズからソロデビューが消えた理由

東京ブレイキングニュース / 2013年11月18日11時00分

現在でもトップに君臨するジャニーズ事務所出身のソロ歌手と言えば郷ひろみだろう。しかし、郷ひろみがデビューしたのは、ジャニーズ事務所がまだ個人所帯だったころの話だ。ちなみに郷ひろみは、ジャニーズ事務所が法人組織「株式会社ジャニーズ事務所」設立される1975年に移籍している。 稼ぎ頭であるトップアイドルが突然抜けてしまったから大変だった。同年にソロデビューし [全文を読む]

ジャニーズ、意味不明な「近藤真彦推し」& SMAP冷遇…マッチ、もはや後輩のバーター

Business Journal / 2017年03月29日20時00分

2月13日に放送されたテレビ番組『歌のゴールデンヒット ~オリコン1位の50年間~』(TBS系)では、1968年から現在に至るまでのオリコンチャート1位曲を紹介。80年代に差し掛かると、近藤真彦が登場。過去のVTRとして、ジャニーズヒットソング特集が流れた。80年代のシブがき隊や少年隊、光GENJI、男闘呼組から2000年代のHey!Say!JUMPやK [全文を読む]

中居正広「TOKIO城島が驚嘆した」すさまじい“陰の努力”

日刊大衆 / 2016年11月03日12時00分

後に六本木に転居し、現在は撤廃されたこの合宿所制度は、レッスン場に通うことが不可能な遠方の未成年Jr.たちを、タダで住ませるものだった。古くは田原俊彦や近藤真彦らも住んだ、昭和の時代に生まれたシステムだ。 その原宿時代の後期、合宿所に入居したのが、後にSMAPとなる中居正広とTOKIOの城島茂だった。当時、中居は16歳で、城島は18歳。そこで城島は、中学を [全文を読む]

無名時代の三谷幸喜が関わっていた、ビートたけしの戦国時代劇

まぐまぐニュース! / 2016年09月20日16時30分

元TBSディレクターにして、現在はロスで起業し、「Wowmax Media! 」を経営する海部正樹さんによるメルマガ、『ロサンゼルスで起業してしまったボクの本気メルマガ!』。今回は、話題の人気大河ドラマ「真田丸」の脚本家・三谷幸喜さんとの懐かしいエピソードです。当時TBSのADだったという海部さんと、無名の構成作家だったという三谷さんとの意外な関係とは? [全文を読む]

少年隊デビュー30周年も近藤真彦とV6の陰で目立った活動なし

NEWSポストセブン / 2015年12月12日16時00分

彼らが売れるか否かは、ジャニーズ事務所にとって大きな分岐点でした」 今では向かうところ敵なしのジャニーズ事務所も、当時はまだ現在ほどの隆盛を誇ってはいなかった。少年隊の人気が出なければ、1970年代後半の苦境期に逆戻りする可能性すらあったのだ。その危機を救ったのが少年隊だった。 錦織、植草、東山の3人は華麗かつアクロバットな踊りでファンを魅了し、『デカメロ [全文を読む]

近藤真彦の『紅白』出場に疑問噴出…新曲も活躍もなし、ジャニーズ後輩のバーター見え見え

Business Journal / 2015年11月27日22時00分

現在は全国ツアーの真っ最中で、50歳を過ぎても挑戦し続けている姿に制作サイドが『視聴者に元気を与えてくれる存在』と抜てきした」としている。 だが、紅白歌合戦は“歌手”が出場する大舞台のはず。近藤は今年デビュー35周年を記念し、セルフカバーアルバム『三十五周年 近藤真彦×伊集院静=二十四曲』を7月に発売したが、新曲の発表はなかった。12月9日にようやくシング [全文を読む]

「SMAPの後ろのおばさん誰?」Mステ浜崎あゆみの“劣化”に視聴者騒然

デイリーニュースオンライン / 2015年09月24日15時00分

女性歌手では同番組出演数最多の87回と紹介され、一世を風靡した“あゆ”の懐かしい映像も放送されたが、ネット上では「あゆ顔変わりすぎててびっくり…10代の時あんなに可愛いかったのに…」と、全盛期と現在のギャップに驚愕する声が上がった。 お笑いタレント・タモリ(70)が司会を務め、ジャニーズの歌手・近藤真彦(51)の「ギンギラギンにさりげなく」からスタートした [全文を読む]

近藤真彦が美空ひばりに放った「おばさん、歌うまいね」の真意は!? “マッチ伝説“の真相を本人が明かす!

おたぽる / 2015年07月25日10時00分

現在、ジャニーズ事務所に所属するタレントの中では最高齢である近藤だが、今月24日放送の『あさイチ』(NHK総合)では、若かりし頃の"マッチ伝説"について、本人がその真偽を明かした。 まず、近藤が明かしたのは、若いころに歌手の美空ひばりに対して「おばさん、歌うまいね!」と声をかけ、周囲を凍り付かせたという伝説。これは本人によると、15歳の頃に出演していた歌番 [全文を読む]

関ジャニ∞が“嫌いなジャニーズ”にランクイン「こんなにテレビに出まくってるのに……」

日刊サイゾー / 2015年03月17日20時30分

「昔は、どこか不良っぽい雰囲気を持つジャニーズも人気だったが、現在は品行方正さが重視される。無愛想さが目立つ渋谷や、“スマホ窃盗事件”に関わったとされる錦戸は、“ヤンキーっぽい”という理由で悪目立ちしてしまうようです」(芸能記者) やはりという結果だが、この記者は、むしろ「好きな~」に関ジャニ∞がランクインしていないことのほうが「むしろ問題だ」と話す。 [全文を読む]

盛り上がらない「日本レコード大賞」にトドメを刺したジャニーズとは?

東京ブレイキングニュース / 2013年12月30日11時00分

現在ではレコードの大賞が12月30日に移動したが、それと時と同じようにしてジャニーズ事務所は賞レースから一斉に辞退している。 その理由は、「所属タレントに優劣を付けさせない」というもので、「候補者を何人か選び、その中から大賞やグランプリ獲得者を決める」という形式の日本国内賞レースへの参加は原則辞退している。 しかし、2010年「第52回日本レコード大賞」で [全文を読む]

過激化するジャニーズ派閥争い、SMAP育ての親・I女史は近藤真彦に急接近!?

サイゾーウーマン / 2012年07月08日08時00分

ジュリー氏は自ら手がけたこの嵐の成功によって、現在後継者として有力視されているわけだが、一部では反対の声もあるのだという。「普通に考えれば、家族であるジュリー氏が次期社長に納まるのが妥当ですが、長年のマネジャー人生で培ってきた人脈やノウハウから考えれば、ジャニーさんの後継者に最もふさわしいのは飯島氏だというのが業界の見方です」(広告代理店幹部) 飯島氏はも [全文を読む]

元光GENJI佐藤アツヒロ 「木村拓哉がバク転を教えてくれた」

WEB女性自身 / 2017年02月03日06時00分

いちばん上の姉がマッチ(近藤真彦)さん、下の姉がカッちゃん(植草克秀)さんファンだったので、そのバックで弟が踊っていたらいいな、というノリだったそうです」 そうデビューのきっかけを話すのは、光GENJI卒業から22年、現在は舞台を中心に活躍の場を広げている佐藤アツヒロ(43)。 87年8月に光GENJIとしてシングル『STAR LIGHT』でデビュー。その [全文を読む]

SMAP解散で異例の大出世?滝沢秀明に用意された”重要ポジション”

デイリーニュースオンライン / 2016年12月29日11時30分

現在、ジャニーズ事務所内における年功序列ランクは、上から近藤真彦(52)・東山紀之(50)・木村拓哉(44)・TOKIO、V6だという。また木村の部分には、これまで中居正広(44)が同等に名前を連ねていたが、今後は空席になる。そこ入り込むのが、滝沢秀明(34)だというのだ。 滝沢はジャニーズJr.時代から、ジャニー喜多川社長(85)からの寵愛を受け、Jr [全文を読む]

フォーカス