映画 近藤真彦に関するニュース

「べっぴんさん」で注目の蓮佛美沙子がジャニーズドラマに出演多数のカラクリ

アサジョ / 2016年11月10日09時58分

「彼女は2006年に映画『犬神家の一族』でデビュー。その翌年、大林宣彦監督の『転校生-さよならあなた-』で映画初主演、複数の映画祭新人賞に輝いた逸材です。決して正統派の美人ではないですが、演技力には定評があります。大林監督に『20年に一度の逸材』と絶賛されています」(映画誌ライター) 映画「転校生」は、大林監督によってリメイクされた名作だが、この作品の中で [全文を読む]

関ジャニ∞・渋谷すばる、フェスでのソロステージに歌広場淳ら絶賛!「ずっと聴いていたかった」

サイゾーウーマン / 2014年10月16日13時00分

今後は単独初主演映画『味園ユニバース』が2015年2月に公開予定で、映画の制作が発表された際には「この作品では、“関ジャニ∞の渋谷すばる”とは違う、新しい一面をお見せできる機会になると思います」と、コメントするほどの意気込みを見せていた。映画の中で渋谷はバンドのボーカルを務める役どころで、今回の『ドリームフェスティバル』でも劇中で歌われる楽曲を披露。今後は [全文を読む]

「紅白に出てほしい’80年代アイドル」ランキング男性編

WEB女性自身 / 2013年09月12日07時00分

ドラマや映画に出演して、その作品の主題歌を歌うということも。だから現在は俳優で活躍している方にも、アイドルの過去があるんです。当時のアイドルは、キラキラして手の届かない王子様という感じ」 そんななか圧倒的な得票集めたの1位は、解散後もメンバーの多くが音楽活動を続けるチェッカーズ。「実力もあって、当時もすごい人気。でも、亡くなってしまったメンバーもいるので、 [全文を読む]

ジャニーズも頭があがらない!? 近藤真彦と蓮佛美沙子の太いつながり

サイゾーウーマン / 2013年03月08日09時00分

デビューからしばらくは映画を中心に活動していたが、10年に放送された『Q10』(日本テレビ系)で民放連ドラデビュー。その次に出演した『全開ガール』(フジテレビ系、関ジャニ∞・錦戸亮出演)以降は『ドラゴン青年団』(TBS系、関ジャニ∞・安田章大主演)、前出の『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~』と全てジャニーズ作品なのだ。しかしプッシュされる [全文を読む]

百恵と淳子、頬を張られた淳子の好演技

アサ芸プラス / 2013年02月05日10時00分

映画が斜陽と呼ばれた70年代でも、暗闇から見つめるスクリーンには幻想的な輝きがあった。とりわけ「女優」が放つ光は格別のものだった。山口百恵は古典的なやまとなでしこを、桜田淳子は現代的な日本女性を演じ、ともに繁忙期の興行に欠かせぬ顔となっていく──。 映画監督・河崎義祐は、ベテラン女優の左幸子に耳打ちする。 「遠慮することなく、桜田淳子を引っぱたいてくれませ [全文を読む]

大女優・吉永小百合を“オトした”嵐・二宮和也のホスト魂「現場ではずっと『お母さん』と」

日刊サイゾー / 2015年08月18日09時00分

女優・吉永小百合の主演映画『母と暮せば』(12月12日公開)のクランクアップ会見が12日、都内で行われた。 同作で吉永は嵐・二宮和也と共演し、親子役を演じているが、初共演の二宮にメロメロの様子。各スポーツ紙によると、吉永は「(二宮が)テレビ番組で危険なことをしていると『大丈夫かしら、うちの息子』と心配してます」。二宮は「(名前を)『かずや』と読み間違えられ [全文を読む]

美空ひばりに「おばさん」と…近藤真彦ヤンチャ伝説

WEB女性自身 / 2015年07月26日06時00分

デビュー当時は歌手活動に映画やドラマ、合間には取材と多忙を極め、5分でも空いたら寝ていたという。そして、ヤンチャ伝説も残していた。本人が語る。○美空ひばりに言った…… 歌番組のリハーサルで、メイクをしていない、衣装に着がえる前のひばりさんが『悲しい酒』を歌っていたんです。ご本人だと思わなくて、マネージャーに「あのおばさん、めちゃくちゃ歌うまいよ」と言ったら [全文を読む]

有名美女23人戦慄の「襲撃事件」全真相(4)安達祐実 「封筒爆弾」事件

アサ芸プラス / 2012年01月19日10時56分

1982年、武田は映画「ハイティーン・ブギ」の準主役に抜擢された。主役は、当時絶大な女性人気を得ていたマッチこと近藤真彦。その恋人役を武田が射止めたことでマッチのファンの嫉妬心に火がついてしまった。地下鉄に貼られた武田のポスターが、あるものはズタズタに破られ、あるものは目をくりぬかれた。 抗議の電話は、映画の製作会社の東宝や所属事務所、果ては武田の自宅に [全文を読む]

木村拓哉がCM契約ゼロ目前?俳優休業で事務所幹部に就任案も

デイリーニュースオンライン / 2017年06月26日07時25分

「木村は解散騒動でただでさえイメージが悪かった所に、主演映画『無限の住人』の大ゴケも相まって、俳優としての評価は下がる一方。それだけに今後の表向きの活動は流動的になる。とはいえ、いくら人気が急落したといっても木村はジャニーズの功労者でもあるので、事務所内に権限を持つ役職を用意し幹部としてのポジションから全体を見守ってもらおうという計画もある。来年には、嵐 [全文を読む]

“未満都市復活”でKinKi Kidsの90年代ドラマに再注目「人間失格」「銀狼」「金田一」「青の時代」…

モデルプレス / 2017年05月17日23時07分

役者として光一は、3月まで恒例の舞台「Endless SHOCK」を行い、剛は映画「銀魂」(7月14日公開)に重要な役どころで出演する。個々の俳優業を行ってきた2人が「未満都市」でどのようにカムバックするのか…。 また、各局がKinKi Kidsのアニバーサリーイヤーを祝福して復活番組を発表する中、過去のキンキ作品のサプライズ復活はまだあるのか…引き続き [全文を読む]

フォーカス