歌手 五木ひろしに関するニュース

1000人アンケート、見たくない紅白出場歌手ランキング

アサ芸プラス / 2012年12月11日10時00分

11月26日、「第63回紅白歌合戦」の出場歌手が発表された。ところが、本誌がアサ芸世代の男性1000人を対象に「見たくない歌手」アンケートを実施すると、その選考に不満の声が噴出。「お前の歌で年が越せるか!」というオヤジの叫びを聞け! * 〈大物ぶって鼻につく〉〈見飽きた感が絶大〉〈ふだん歌を歌ってない〉〈今年ヒットした曲がない〉 ここまでさんざんなコメント [全文を読む]

北島三郎、五木ひろし…大御所が所属する「日本歌手協会」ジリ貧内幕

アサ芸プラス / 2015年07月15日09時57分

北島三郎、五木ひろし、前川清ら演歌界の大御所が所属する「日本歌手協会」。発足から50年以上の歴史ある親睦団体だが、近年は財政難に陥っているという。そのシワ寄せは、会員である歌手たちにも及び‥‥。「今の協会は、ただの集金マシーン。事務局の運営に金がかかるのは理解できるが、『歌い手の権利と利益を守る』のが設立目的だったはず。ところが、実際は会員から搾取するばか [全文を読む]

五木ひろしがノリノリ 田原俊彦の曲をタップ踏みながら熱唱し番組カオス状態に

ソーシャルトレンドニュース / 2015年06月10日06時28分

本人が椅子に座っている横で、ほかのゲスト歌手がご本人の曲をフルコーラスで歌うのだ。たとえば、八代亜紀にスポットを当てた回では、「雨の慕情」を川中美幸が、「舟唄」を五木ひろしがカバー。このように、今まで基本的には演歌歌手の曲を、ほかの演歌歌手が歌うというパターンがほとんどだった。だが、6月3日は異変が起こった。五木と親交の深い田原俊彦が出演し、「TRIBUT [全文を読む]

1位はやっぱ和田アキ子「なぜ毎年紅白に出ているの?」歌手ランキング

VenusTap / 2016年11月24日21時40分

出場歌手が発表されると、毎年「年末なんだなぁ」と実感してしまいますが、出場する歌手のラインナップを見て「なんでこの人が?」とモヤモヤしたことはありませんか?その年にまったく新曲を出していないのに必ず出場している歌手や、一部にしか認知されていないマイナーな歌手など、キャスティングの条件が謎ですよね。そこで今回『VenusTap』では、一般男女500名に「“な [全文を読む]

語っていいとも! 第29回ゲスト・山川豊「五木ひろしさんをTVで観た時に、まだ子供ですから衝撃でね」

週プレNEWS / 2016年08月28日12時00分

第28回のゲストで歌手の氷川きよしさんからご紹介いただいたのは歌手の山川豊さん。 今年がデビュー35周年ということで、実兄の鳥羽一郎さんとともに演歌界を代表する顔となった今、最近ではバラエティ番組等でも素の魅力を発揮。後輩の氷川さんも絶大な信頼を置く、その男気とはーー。(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一) ―氷川きよしさんの御紹介ということで。事務 [全文を読む]

指原ディナーショー成功で見えた!新しい芸能人ビジネスの形

WEB女性自身 / 2016年11月25日00時00分

通常ディナーショーといえば、松田聖子さんや五木ひろしさんなど大物歌手が年末に行うイメージです。しかし指原さんがディナーショーを行って話題になったということは、芸能人のビジネスチャンスとしての可能性を秘めているのかもしれません。 ■実はすでに新たなビジネスとして注目が 先ほどディナーショーといえば「大物歌手が年末行うもの」とお伝えしましたが、実は改めて見直 [全文を読む]

第67回NHK紅白歌合戦、“紅白ソムリエ”が注目する7曲

okmusic UP's / 2016年12月29日18時00分

※ミュージックソムリエ・ベーシック講座第11期受講生募集中>優勝番組URLhttp://www.fujitv.co.jp/b_hp/161229chishikiou/■1.「心かさねて」/市川由紀乃●苦節24年超、ついに紅白初出場!苦節云年で紅白初出場……という演歌歌手は過去にもいますが、長い活動休止から復帰して紅白の舞台にまで辿り着いた演歌歌手は、市川由 [全文を読む]

今市隆二と五木ひろしがランニングマンで競演!

Smartザテレビジョン / 2015年09月29日00時00分

収録には、山内惠介や三山ひろしといった五木の公演でおなじみの若手演歌歌手や、ますだおかだやハリセンボンらお笑い芸人、そして歌手で俳優の小池徹平など、さまざまなジャンルから生徒が集合した。 1時間目の授業では、生徒らが“五木先生”の指導の下、発声練習や「こぶし」の回し方といった基本講座、昭和の名曲に挑戦する歌のコーナーなどに参加。五木先生から愛あるダメ出し [全文を読む]

日本レコード大賞 炎の四番勝負!<第3回>「1980年~五木ひろしVS八代亜紀~」(1)

アサ芸プラス / 2013年12月13日09時58分

それが五木ひろしという歌い手の凄さでした」 作曲家の岡千秋は、自身も都はるみとのデュエット「浪花恋しぐれ」(83年)を大ヒットさせた歌手でもあるが、ひたすら尊敬の念を抱くのが五木である。 そんな岡が五木に提供した「ふたりの夜明け」は、賞レースの本命とされながら、わずかに及ばなかった。 「あんまり悔しくて、しばらくは浴びるように酒を飲んでもまったく酔えなかっ [全文を読む]

みんなの反対を押し切った――「富士そば」で常に演歌が流れている理由とは?

週プレNEWS / 2017年05月03日06時00分

五木ひろし、天童よしみ、水森かおりなど数々の歌手に歌詞を提供し、これまでに30曲以上が発売されている。 富士そば、そして丹会長がここまで演歌にこだわり、愛する理由――そして演歌から受けた影響について語ってもらい、さらに作詞家としてこの時代、今の若者に向けて、語り継ぎたいものは?という問いに無茶振りを承知で応えてもらった! * * * ―丹さんの最初の演歌体 [全文を読む]

フォーカス