監督 江川卓に関するニュース

スクープ三冠王!(1)WBC「江川卓ジャパンが電撃急加速!」山本浩二氏はアドバルーン

アサ芸プラス / 2012年10月02日10時59分

それなのに、球界が次に目を向けるべき、WBC監督選出問題はいまだ難航を極めているようだ。現役監督や実績十分の経験者の名前があがっては消える。そしてついに、あの男に白羽の矢が─。 9月4日に日本プロ野球選手会が、WBCへの参加を正式表明。すると翌5日、スポーツ報知が1面を使って、「代表監督の最有力候補」として元広島監督・山本浩二氏(65)の名前を唐突に報じた [全文を読む]

阪神が金本監督就任で急速な若返り 巨人の監督人事に影響か

NEWSポストセブン / 2015年10月28日07時00分

通算12年間で巨人をリーグ優勝7回、うち日本一3回に導いた名将・原辰徳監督(57)の後継者に選ばれたのは、監督候補として名前が挙がり続けた江川卓氏(60)ではなく、40歳の高橋由伸だった。その擁立劇の背景に何があるのか。 一つは野球賭博の発覚だ。今後どんな事実が出てくるかわからず、「身体検査」の煩雑さもあり、部外者は入れづらい。また膿を出し切り生まれ変わっ [全文を読む]

フロントに「ガタガタにされる」巨人、無理やり引退の高橋新監督誕生にファンから批判噴出

Business Journal / 2015年10月27日22時00分

プロ野球・読売ジャイアンツ(巨人)の第18代監督に、高橋由伸外野手兼打撃コーチの就任が決定した。 今シーズン、ペナントレースを2位で終え、クライマックスシリーズ・ファイナルステージで東京ヤクルトスワローズに敗れて“終戦”を迎えた巨人は、原辰徳監督が辞任を表明、後任人事が取り沙汰されていた。 一時は江川卓元投手や川相昌弘ヘッドコーチの名前が挙がっていたが、結 [全文を読む]

ポスト原監督 若手育成力やスター性で中畑清氏を推す意見も

NEWSポストセブン / 2015年10月10日16時00分

現在、クライマックスシリーズ(以下CS)を戦っているものの、今季で2年契約が切れる原辰徳監督退任の報道が飛び交っている。5日、渡邊恒雄巨人軍最高顧問と会談したものの、去就に関する話は出なかった。昨年はペナントレースで優勝こそしたもののCSで破れ日本シリーズに進出できず。2年連続で日本シリーズを逃すとなれば、監督交代の可能性は高くなりそうだ。 仮に原監督の退 [全文を読む]

虎の“アニキ”金本知憲が阪神の監督に絶対なれないウラ事情

週プレNEWS / 2012年10月19日10時00分

「アニキには阪神の監督になってもらいたい! それで巨人の監督は清原。阪神vs巨人戦で乱闘になったら、アニキと清原のタイマンで決着つける。盛り上がるで」 一緒にいた別のファン(30代)もこう応じる。 「そや。金本監督を支えるのは矢野(燿大・あきひろ)ヘッドコーチ、赤星(憲広)守備走塁コーチ、今岡(誠)打撃コーチ、そして、まだ引退してないけど藤川(球児)投手 [全文を読む]

次の監督候補は、巨人が松井秀喜、阪神は掛布雅之

週プレNEWS / 2013年11月12日12時00分

世間ではFA移籍や、楽天・田中将大のメジャー移籍に関心が集まっているものの、水面下では「ポスト○○監督」をめぐる動きが激しい今オフのプロ野球界。実際に交代するのは中日と西武だけだが、実は巨人と阪神にも目玉となる次の監督候補が控えている。 スポーツ紙記者が明かす。 「筆頭が、巨人の松井秀喜(39歳)。渡邉恒雄球団会長も公言しているとおり、ポスト原辰徳監督(5 [全文を読む]

巨人監督「万年候補」江川卓氏が語っていた監督就任への思い

NEWSポストセブン / 2015年10月25日16時00分

計12年間監督を務め、リーグ優勝7回、3度の日本一に輝いた巨人の原辰徳監督が今季限りで退任した。2006年からの第二次政権は10年間続いたこともあり、「新陳代謝が必要」と述べた。“ジャイアンツ愛”を持つ原監督らしい、巨人を第一に考えた理由だった。今季はリーグ最低のチーム打率ながら、2位に踏み止まったことからもわかるように、原監督は効果的なタクトを振るってき [全文を読む]

野球太郎がチョイス、懐かしの各年代“上司と盛り上がる甲子園ネタ”はコレだ!

週プレNEWS / 2014年08月13日06時00分

また、当時の高校野球で名将といえば、断トツで蔦文也(つたふみや)監督(池田高校・故人)の名前が挙がるだろう。その蔦監督、実は「ワシから野球と酒を取ったら何も残らん」と語るほどの大酒飲みだった。池田の町で泥酔して民家に物を投げ込んだり、校長を投げ飛ばしたという酒豪エピソードが残っている(ただし、当時の関係者に聞くと、やや誇張された話らしいが……)。 もしキ [全文を読む]

ポスト原監督 桑田真澄氏、江川卓氏、川相昌弘ヘッドコーチ

NEWSポストセブン / 2015年06月18日07時00分

巨人を率いて通算12年に及ぶ原辰徳監督だが、今季限りで契約切れを迎える。早くも球団内外では、次期監督の名前が取り沙汰されている。松井秀喜氏や横浜の中畑清監督、中日の落合博満GMの名前も挙がっている。 ポスト原となれば、前出の3人に匹敵するビッグネームの人選が求められる。他に名前が挙がるのが桑田真澄氏だ。 引退後の桑田氏は理論派指導者として東大の特別コーチに [全文を読む]

よみがえる名場面。プロ野球・日本シリーズ伝説の瞬間「激闘!昭和編1」

週プレNEWS / 2016年10月25日06時00分

まずは【激闘!昭和編1】から! * * * 【1978 ヤクルトvs阪急】 初出場の広岡ヤクルトがパ・リーグ王者にガチで挑む 阪急・上田監督が1時間19分の猛抗議 シーズンで43個の貯金をつくるなど、圧倒的な強さでパ・リーグを制した阪急。 一方、セ・リーグでは広岡達朗監督の徹底した管理野球により、球団創設29年目のヤクルトが初制覇。こうして1978年の日本 [全文を読む]

フォーカス