阪神 江川卓に関するニュース

【プロ野球】七夕に思い出す因縁対決…江川卓vs.掛布雅之

デイリーニュースオンライン / 2016年07月05日17時05分

「巨人のエース」と「阪神の4番」によるライバル対決は、1979年から1987年までの9年間、167打数に渡って繰り広げられた。その初対決の日が、奇しくも1979年の7月7日。どちらが織姫でどちらが彦星かはわからないが、「七夕対決」として大きな注目を集めたという。その記念すべき初対決の様子をプレイバックしたい。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュース [全文を読む]

【プロ野球】トレード、失踪、引退撤回……。グラウンド外を騒がせたプロ野球ストーブリーグ事件簿

デイリーニュースオンライン / 2016年12月29日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■キャンプイン前日、小林繁(巨人)と江川卓の交換トレード 1979年1月31日、キャンプインを翌日に控えたこの日、巨人のエース・小林繁と前年のドラフト会議で阪神が交渉権を獲得した江川卓の交換トレードが発表された。 「空白の一日事件」で巨人と契約した江川だったが、その契約は無効とされ、ドラフ [全文を読む]

虎の“アニキ”金本知憲が阪神の監督に絶対なれないウラ事情

週プレNEWS / 2012年10月19日10時00分

アニキこと阪神の金本知憲(ともあき・44歳)がついに現役を引退した。 引退試合となった10月9日、甲子園での最終戦を見届けたばかりのトラ党(30代)が叫ぶ。 「アニキには阪神の監督になってもらいたい! それで巨人の監督は清原。阪神vs巨人戦で乱闘になったら、アニキと清原のタイマンで決着つける。盛り上がるで」 一緒にいた別のファン(30代)もこう応じる。 「 [全文を読む]

「絶対に負けへん!」阪神ファンが思う本当のライバルを調査

しらべぇ / 2016年01月24日16時00分

©iStock.com/Chinnasorn Pangcharoen2016年から金本知憲新監督が指揮を執る阪神タイガース。2005年以来優勝から遠ざかり、日本シリーズに至っては1985年以来勝ったことがなく、最下位が定位置となっていることもあったが、ここ3年は積極的な補強もありAクラスをキープしている。そんな阪神のライバルは長年、東京を本拠地とする巨人と [全文を読む]

酉年のプロ野球を振り返る…岩隈、川崎らを輩出した1981年

ベースボールキング / 2017年01月06日14時00分

その他にも今オフ阪神へ移籍した糸井嘉男や、鳥谷敬、ヤクルトの館山昌平などといった実力者たちの名前も。世代で見ると、高校時代はいわゆる“松坂フィーバー”の翌年にあたり、「谷間」などと呼ばれることもあったが、今となっては松坂世代に負けず劣らずの豊作年である。【2017年の年男・36歳】石井裕也(投手/日本ハム)田中賢介(内野手/日本ハム)和田 毅(投手/ソフ [全文を読む]

スクープ三冠王!(5)引退金本知憲の鉄人級「裏アニキ秘録」!「マンション内離婚」していた

アサ芸プラス / 2012年10月09日10時59分

阪神移籍2年目の04年7月29日、金本は中日戦で左手首に死球を受け、軟骨を剝離骨折。だが翌日の巨人戦に登場し、観客を驚かせた。しかも右手1本でフルスイングし、2安打を放つ鉄人伝説を作ったのだ。同じく仰天の鉄人ぶりを見せた試合を、阪神担当C記者が振り返る。 「08年5月7日の巨人戦。金本は頭に死球を受け、その場に倒れ込みました。普通は大事を取って交代させるの [全文を読む]

30本塁打でも引退!? 好成績の年にプロ野球界を去った男たち

デイリーニュースオンライン / 2015年11月19日15時00分

しかし、自信を持って投げた球を若手の小早川毅彦(広島)や八木裕(阪神)にホームランにされるなど、衰えを自覚していた。 そして来季の活躍に自信が持てなくなった江川は、「2ケタ勝利ができなくなれば引退」という自身の信念に従って球界をあとにした。 また、江川ドラフト騒動で渦中の人になった阪神・小林繁も1983年の引退年は、35試合で13勝14敗/防御率3.18の [全文を読む]

阪神が金本監督就任で急速な若返り 巨人の監督人事に影響か

NEWSポストセブン / 2015年10月28日07時00分

そして、この点については、ライバル・阪神の動向も大きく影響しているとの見方がある。阪神は金本知憲氏(47)が新監督に就任し、急速な若返りが進んでいる。 「和田豊監督(53)の退任後、一時は岡田彰布氏(57)の監督復帰が濃厚と見られていましたが、比較的早い段階で金本新監督の就任が発表された。ライバル球団が心機一転を図り、思い切った若手監督に切り替え、コーチ [全文を読む]

死んでも「アイツ」に勝ちたかった③ 西本聖 「エース」の座を争った江川卓との9年間(1)

アサ芸プラス / 2012年06月22日11時00分

この裁定を不服とし、巨人は同年ドラフト会議をボイコットしたが、阪神が江川を指名。翌79年1月31日、異例の裁定で「小林繁との交換トレード」が成立した。この決定に、ドラフト外からはい上がって一軍の先発ローテ枠をつかみかけていた西本聖(55)が、おもしろく思わない反応を示したのも当然のことだろう。 ここから西本と怪物・江川のライバル物語がスタートしたと思われが [全文を読む]

ご存知ですか? 6月26日は阪神のバースが7試合連続本塁打の日本タイ記録を達成した日です

文春オンライン / 2017年06月26日07時00分

いまから31年前のきょう、1986(昭和61)年6月26日、プロ野球・阪神タイガースのランディ・バースが、後楽園球場での対巨人戦の8回表、江川卓からソロホームランを打った。阪神は5対5の同点から勝ち越し、これが決勝打となる。バースにとっては6月18日の対ヤクルト戦から7試合連続のホームランで、当時の巨人監督・王貞治が1972年に達成した日本記録と並んだ。 [全文を読む]

フォーカス