野球 江川卓に関するニュース

高校野球が第1回大会から100年となる今年、『高校野球100年を読む』をポプラ社から新発売。歴史を刻む古本を通じて読み解いているからこそわかる、100年分の仰天・感動エピソードを多数掲載。

DreamNews / 2015年07月24日13時00分

株式会社ポプラ社は、高校野球が第1回全国中等学校優勝野球大会から100年を迎える今年、『高校野球100年を読む』(ポプラ新書)小野祥之+『野球太郎』編集部:著を7月6日に発売しました。野球書籍取り扱い日本一の古書店店主と、人気野球誌編集部の最強タッグが、古本から高校野球の様々な歴史を読み解きます。高校野球ファンも知らない意外な事実や、流行の変遷が、古本とい [全文を読む]

【プロ野球】決定! 「この野球マンガが現在進行形ですごい!」2017【4位~次点編】

デイリーニュースオンライン / 2017年01月30日17時05分

過去の名作マンガではなく、現在連載中の作品で、もっとも勢いのある野球マンガはいったいどの作品なのか!? 野球マンガ評論家・ツクイヨシヒサと、野球太郎ライターのオグマナオトがランキング形式で紹介する「この野球マンガがすごい!」。昨年に続いて2回目となる2017年度版、今回は4位~次点編。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■4 [全文を読む]

【ヤクルト】由規はすでに20勝!? 頭の中の「もう一つのペナントレース」

文春オンライン / 2017年06月24日11時00分

TBSラジオでも文春野球! 先日、TBSラジオの人気番組『荻上チキ・Session-22』に出演した。「みんなで語ろう!プロ野球2017・6月号」と題して、村瀬秀信コミッショナーを筆頭に、日本ハム・えのきどいちろうさん、巨人・中溝康隆(プロ野球死亡遊戯)さんら、文春野球の面々とともにスタジオで好き勝手にしゃべらせてもらった。すでに、何度かスタジオに呼んでも [全文を読む]

野球太郎がチョイス、懐かしの各年代“上司と盛り上がる甲子園ネタ”はコレだ!

週プレNEWS / 2014年08月13日06時00分

開場90周年のメモリアルイヤーとなった甲子園で、全国高校野球選手権大会が始まった。時代を経て、世代を超え数々の名勝負が繰り広げられた舞台。プロ野球は見ないけれど、甲子園だけは欠かせないというファンも多いはず。 毎夏ごとに職場で、飲み屋で盛り上がる甲子園ネタは社内での上司との会話にはもってこい。そこで、プロからアマまでマニアックな視点で野球を追及するコアな専 [全文を読む]

巨人軍復活に「長嶋茂雄監督」を提案する

プレジデントオンライン / 2017年06月25日11時15分

プロ野球・読売ジャイアンツが低迷している。1945年生まれで、「由緒正しい巨人ファン」を自認する元「週刊現代」編集長の元木昌彦氏は、巨人軍復活のための極め付きのアイデアがあるという。その中身とは――。 ■川上哲治にもらったキャラメル 私は由緒正しい巨人ファンである。父子2代であることはもちろん、小学校へ上がる前、父親が読売新聞社の野球部に入っていたので、多 [全文を読む]

野球人に最も愛されたスポーツライターが遺した、キレイ事ではない「名選手たちの本音」

週プレNEWS / 2016年04月26日11時00分

今の連中が知って当然かもしれないのや」(「現代高校球児の『女は野球のクスリです』」)と、高校球児の女性事情について真顔で語る85年の江夏豊。 「ぼくって、こんなにスターなのかなあって、ときどき夢じゃないかって思いますよ。昔は、女の子の気をひこうと大変だったのを考えるとね、世の中ほんとにむずかしいなあって」(「清原和博 第5回『ナンバーMVP賞』決定発表」) [全文を読む]

東大野球部の補欠、法政野球部のマネージャー…感涙必至の東京六大学野球小説!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月04日06時30分

東京六大学野球だ。早稲田、慶應、明治、法政、立教、そして東大。年に2回、神宮球場でリーグ戦を行う。長嶋茂雄、怪童と呼ばれた江川卓、来季から巨人で監督を務める高橋由伸、そしてハンカチ王子こと斎藤佑樹――みんな、六大学で神宮を沸かせてきた錚々たるスターたちだ。 【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュースへ 早見和真『6(シックス)』(集英社)は、そんな六大学野球[全文を読む]

【中日】名古屋開催のオールスター 思い出の3つの名場面

文春オンライン / 2017年07月14日11時00分

ひと昔前は人気のセ、実力のパと呼ばれ、テレビをつければ巨人中心のプロ野球中継。なんとかひと暴れする姿を見せつけてやりたいとパ・リーグの面々はここぞとばかり力を発揮した。セの野球に慣れ親しんだ私もオールスターでしか見ることのできない野武士揃いのパ戦士に目を輝かせたものであった。よく言ったもので、まさにオールスターゲームは夢の球宴。七夕同様、一年にこの時だけ [全文を読む]

【プロ野球】七夕に思い出す因縁対決…江川卓vs.掛布雅之

デイリーニュースオンライン / 2016年07月05日17時05分

野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■1955年生まれの同級生対決 1979年は江川卓のルーキーイヤー。前年ドラフトでの「空白の1日」と阪神の強硬指名、小林繁も交えた因縁トレードもあって、阪神戦における江川の登板は、とにかく注目度が高かった。 7月7日、後楽園での巨人対阪神は、江川にとって2度目の阪神戦。初戦では掛布が欠場し [全文を読む]

着ぐるみ人生の悲哀

クオリティ埼玉 / 2015年10月19日12時58分

花の野球人生を生きてきた。一見華々しくみえる野球人だが、それはほんの一握りの人達だ。島野修。華々しい高校野球を過ごし、昭和43年ドラフト1位で巨人に入団した。当時はドラフトの花の時だった。星野や山本や田淵も6大学野球のスター達が巨人以外に入団し、それぞれが実績を残し、プロ野球に足跡を残した。しかし、島野は違った。せいぜい一年で野球人生を終わったといってもよ [全文を読む]

【高校野球】今夏は高岡商のみ。強かった「商業高校」の甲子園での活躍をプレイバック

デイリーニュースオンライン / 2017年08月10日16時05分

野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■全国に名を轟かせる「広商野球」 商業高校でまず名前が挙がるのが広島商だ。戦前から広陵とともに広島の高校野球をリードし、春2回、夏6回の甲子園制覇を誇る。野球部OBは鶴岡一人(元南海ほか)を筆頭に大下剛史(元東映ほか)、三村敏之、達川光男(ともに元広島)ら多くがプロ野球で活躍し、近年では柳 [全文を読む]

【オリックス】「ロ」の付く選手の当たり年2017

文春オンライン / 2017年07月21日11時00分

稀代の楽天キラー「カネコチヒロ」 楽天のペゲーロ、Bsはロメロにマレーロ、文春野球ではロペス課長とニシザワチヒロ。今年のペナントレースを盛り上げているのは間違いなく名前に「ロ」の付く選手達である。成績面でも著しい活躍である事は間違いないが、それ以上にその存在感が何とも素晴らしい。欲しい時に1本が出る、試合の流れを引き寄せる、踏むべきベースを踏み忘れる、挙句 [全文を読む]

【プロ野球】トレード、失踪、引退撤回……。グラウンド外を騒がせたプロ野球ストーブリーグ事件簿

デイリーニュースオンライン / 2016年12月29日17時05分

日本シリーズ終了後から翌年2月1日のキャンプインまで、プロ野球の試合が行われないシーズンオフは一般的に「ストーブリーグ」と呼ばれている。 この時期の話題といえばFA移籍やメジャー行きの動向、または契約更改と翌シーズンを大きく占う出来事が多い。そんななか、ストーブリーグを賑わせた事件が過去には幾つかある。そんな「事件簿」を紹介する。 ※野球の見方が変わるスマ [全文を読む]

甲子園のスター選手を獲得しない巨人 人気凋落心配する声も

NEWSポストセブン / 2015年10月31日16時00分

22日のプロ野球ドラフト会議で、巨人は立命館大学の桜井俊貴投手の単独指名に成功。公立高校出身で甲子園不出場ながら、大学でエースに上り詰め、今年は春5勝、秋はここまで6勝を上げ、春秋連覇の立役者となった大器である。巨人のドラフト戦略について、野球担当記者が語る。 「巨人の傾向としては、目先の勝利が至上命題であるためか、社会人や大学生の1位指名が目立ちます。特 [全文を読む]

視聴率3%…巨人戦、テレビ局は「もう中継必要なし」 日テレ、天王山すら中継なしの異常事態

Business Journal / 2015年10月01日22時00分

プロ野球ペナントレースは佳境に入り、セ・リーグは東京ヤクルトスワローズと読売ジャイアンツ(巨人)が史上稀に見るデッドヒートを繰り広げてきた。首位・ヤクルトと2位・巨人が2ゲーム差で迎えた9月26日、27日の東京ドームでの2連戦は、巨人が初戦を制したものの、2戦目はヤクルトが勝ちマジック3が点灯。28日にはついにマジックは1となり、ヤクルトの14年ぶりの優 [全文を読む]

【巨人】高橋由伸が地上波中継時代最後のスターならば、小林誠司はSNS時代のみんなで共有するスターである

文春オンライン / 2017年07月19日11時00分

今の小林はプロ野球選手としてコンスタントに試合に出続け、賛否分かれる若手批評のステージに上がっている。10年近く前の坂本、最近で言ったらリーグ防御率トップの田口麗斗らは猛スピードでこのステージを卒業し、チームの主力へと定着していった。けど、小林の場合はプロ入り以来ずっと期待の若手と主力選手の間で行ったり来たりを繰り返す。今度こそイケる、やっぱり厳しいか、 [全文を読む]

【西武】80~90年代の黄金カード「LG決戦」の記憶

文春オンライン / 2017年06月07日11時00分

昔の大学野球部のタテ関係を知らしめたここまでの戦いでした。 5試合戦った時点で巨人が3勝2敗と王手。その夜のミーティングで広岡監督はマイクを持つと「カラオケはないの?」とひと言。普段、冗談を言わない監督の口から出た言葉にナインはリラックスできたと聞きました。その後、6、7戦の展開を語り「西武が優勝するんだ」と暗示をかけたそうです。 そして、地元に戻っての第 [全文を読む]

『野球つく!!』ゴールデンウィーク特別企画「ゴールデンバッジイベント」実施のお知らせ

PR TIMES / 2017年04月28日19時27分

株式会社セガゲームスは、オンラインスポーツシミュレーション『野球つく!!』において、4月27日のメンテナンス後よりゴールデンウィーク特別企画を開始したことをお知らせいたします。■ユーザー全員でチャレンジする「ゴールデンバッジイベント」[画像1: https://prtimes.jp/i/5397/1743/resize/d5397-1743-672188- [全文を読む]

【プロ野球】堀北真希だけじゃない!? ダイビングキャッチに散った虎のスピードスターら、プロ野球界の電撃引退劇

デイリーニュースオンライン / 2017年03月10日17時05分

この堀北真希の電撃引退のインパクトもさることながら、プロ野球の世界でも同等の、いや、それ以上の引退劇があったのはご存知だろうか? 今回はプロ野球界の電撃引退劇を紹介したい。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■「ベンチがアホやから野球がでけへん」元祖・電撃引退は江本孟紀 電撃引退劇。その元祖的存在といえば「エモヤン」こと江 [全文を読む]

【プロ野球】東大のエース・宮台康平がドラフト1位!? 神宮を沸かせた最高学府・東大の名選手たちを振り返る

デイリーニュースオンライン / 2017年01月18日17時05分

野球エリートが集う東京六大学リーグ(以下、六大学リーグ)で5チームを相手に大奮闘。これまでに4勝を挙げているほか、2015年秋は防御率2.17(リーグ4位)、2016年春は2.05(リーグ4位)の好成績を収めている。 話題性だけではなく、ドラ1もあり得る本格的文武両道スターなのだ。 宮台、そして東大の今年の健闘を祈り、歴代・東大野球部の名選手を振り返って [全文を読む]

フォーカス