特集 高倉健に関するニュース

VODサービスの『ビデオマーケット』にて『高倉健 菅原文太 銀幕の中の侠たち』特集本日開始~この機会に東映任侠作品を一挙にVODで鑑賞しよう~

PR TIMES / 2017年07月05日11時30分

株式会社ビデオマーケット(本社:東京都港区、代表取締役社長:高橋 利樹、以下当社)は、当社が運営する一般映像作品数No.1(※1)動画配信サービス『ビデオマーケット』(http://www.videomarket.jp)にて、『高倉健 菅原文太 銀幕の中の侠たち』特集を本日開始いたします。高倉健と菅原文太の数少ない共演作である『山口組三代目』配信開始を記念 [全文を読む]

倍賞千恵子が語る、高倉健の死「二度と出てこないタイプの俳優」

Movie Walker / 2015年10月25日17時29分

来月で一周忌を迎える俳優・高倉健の追悼特集「高倉健と生きた時代」が第28回東京国際映画祭にて開催中だ。10月25日にはTOHOシネマズ新宿で行われた舞台挨拶に倍賞千恵子が登壇。高倉健、渥美清、川島なお美といった親しくしていた人の死について、しみじみと語った。 公けの場で、倍賞が高倉について語るのは今回が初めてのこと。倍賞は「突然にいらっしゃらなくなっちゃっ [全文を読む]

ヤクザ映画、政治活動……菅原文太さんの“追悼特番”にテレビ各局が苦悩するワケ

日刊サイゾー / 2014年12月04日11時00分

高倉さんが亡くなった際、訃報を特集した各番組では『網走番外地』シリーズなど代表的なヤクザ映画のシーンではなく、『幸福の黄色いハンカチ』や『鉄道員(ぽっぽや)』のワンシーンが使われたが、菅原さんの訃報報道においても、代表作『仁義なき戦い』のシーンはことごとく使われず『トラック野郎』が使われていた。 当然ながらこれは、暴力団排除の世相に対する配慮であるが、情報 [全文を読む]

モバイルニュースサイト「NHKニュース&スポーツ」2014年を振り返る『2014 年末特集』を11月28日に掲載開始

@Press / 2014年11月28日10時00分

株式会社NHKグローバルメディアサービス(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤森隆行)が運営しているモバイルニュースサイト「NHKニュース&スポーツ」( http://nhknews.jp/ )では、11月28日に『2014 年末特集』を掲載開始します。あなたが選ぶ10大ニュースや選りすぐりのフォトニュース、それに追悼コーナーなどさまざまな視点で、この [全文を読む]

「わさび」外山監督に、佐々部監督がエール 「“何のために映画を撮るか”は高倉健からの宿題」

映画.com / 2017年09月08日17時00分

特集上映は芳根京子主演の「わさび」、吉行和子主演の「春なれや」、老々介護をテーマにした「此の岸のこと」を集めたもの。外山監督が自ら製作し、宣伝、配給まで手がけ、連日のようにゲストを招いてのトークイベントを開催している。外山監督が、かねてからファンだった佐々部監督にDVDと手紙を送ったところ、佐々部監督が応援に駆けつけることになった。 佐々部監督は、認知 [全文を読む]

倍賞千恵子、初共演時の渥美清さんに気付かず 『男はつらいよ』が「私にとっての人生」

エンタメOVO / 2017年09月06日16時19分

「女優・倍賞千恵子」特集上映『水溜り』舞台あいさつが6日、東京都内の神保町シアターで行われ、倍賞千恵子が出席した。 国民的大人気シリーズ映画『男はつらいよ』で寅さんの妹・さくらを長年に渡って演じ、人気を不動のものにした倍賞千恵子。特集上映では、「倍賞千恵子にスクリーンで出会えてよかった」と思える厳選された17作品を上映している。 『水溜り』の本編上映後に登 [全文を読む]

倍賞千恵子、渥美清さん&高倉健さんとの貴重な裏話明かす

映画.com / 2017年09月06日15時55分

[映画.com ニュース] 倍賞千恵子と故渥美清さんが共演した映画「水溜り」(1961年、井上和男監督)が9月6日、東京・神保町シアターで開催中の「女優 倍賞千恵子 特集上映」内で上映。「夏と真冬の間は滞在する」という北海道から上京した倍賞が、同館での舞台挨拶に出席した。 国民的人気シリーズ「男はつらいよ」(69~95)のさくら役で不動の人気を獲得し、庶民 [全文を読む]

「黒い三連星」「感動のショットだがや!」激レアな『機動戦士ガンダム』三巨頭集結でブチ上がり!!

おたぽる / 2015年10月26日21時00分

また、“不器用男・健さん”の追悼特集「高倉健と生きた時代」、『市民ケーン』での監督ぶりや『第三の男』で見せた悪役(ハリー・ライム)が今なお語り継がれるオーソン・ウェルズの特集「生誕100年 オーソン・ウェルズ」などの企画も用意。さらに“ガンダム企画”もあるという。「ガンダムとその世界」と題された企画では、『機動戦士ガンダム』『機動戦士ガンダムII 哀・戦士 [全文を読む]

色気・余裕・ユーモア『anan』が定義する「大人の男」と男性が思う「大人の男」を比較

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月30日06時30分

大人の男」の特集が組まれ、話題になりました。同誌では、俳優の長谷川博己さんや堤真一さん、ミュージシャンのチバユウスケさんなどの大人なインタビューを掲載。【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら そのほか、「夜ね、ご飯に行くときはジャケットくらい羽織ろうよ。それが僕のポリシーですね」(舘ひろし)「ロックンロールをやってない時間は、すべて暇つぶしなんだ」(甲本 [全文を読む]

山口組組長実子挙式 大物政治家や大スター列席の時代あった

NEWSポストセブン / 2015年02月25日16時00分

* * * 昭和49年、山口組は当時発行していた組員向けの会報誌『山口組時報』で田岡満氏の結婚式を取り上げ、7Pにわたって大特集した。その様子は、世間に認知されているのは我々であるという自信に充ち満ちている。 列席した700名のメンツには、いまでは到底考えられない名前が並んでいる。 政財界では自民党代議士の石井一や中山正暉、東急社長の五島昇、三菱倉庫社長 [全文を読む]

高倉健・菅原文太が共演した【封印された】任侠映画の決定版とは?

tocana / 2014年12月28日08時00分

そんな折、メディア各局で2人の出演作品が次々と追悼特集されているのだが、共演作品となるとなかなか放送してくれない。中でも私が最も観たいのは、東映が製作した『山口組三代目』だ。この作品はかつてビデオで発売されていたのだが、ビデオ時代が終焉した後は一向にDVD化の兆しがない。 ■東映悲願!? 伝説級映画の日本版を!! マフィア映画の金字塔『ゴッドファーザー』の [全文を読む]

『文藝春秋』1月号には高倉健の遺稿を掲載!電子雑誌版も同時発売

@Press / 2014年12月10日13時00分

さらに『大特集 戦後70年「70人の証言」』では、石原慎太郎氏、長嶋茂雄氏、佐々淳行氏、堀江貴文氏などが、戦後史の重大事件をあらためて振り返り、その真相を語っています。他にも衆院選を控え、民主党の野田佳彦氏、自民党の谷垣禎一氏への連続インタビュー、慰安婦問題で捏造記事を書いたと批判されている元朝日新聞記者、植村隆氏の手記など、注目の記事が満載の号となって [全文を読む]

高倉健と山口組のディープな関係 健さんが田岡組長に奨学金提供を直談判!

リテラ / 2014年11月28日12時00分

"最後の銀幕スター"高倉健が逝去して以来、芸能マスコミや週刊誌は追悼特集で埋めつくされている。そんな中、「アサヒ芸能」(徳間書店)12月4日号が いかにも「アサ芸」らしい特集記事を掲載した。 題して「高倉健と山口組」。タイトルの横に山口組・田岡一雄三代目組長とのツーショットが掲載されている、衝撃的な記事だ。 確かに、近年はすっかりそういうイメージはなくなっ [全文を読む]

高倉健さん追悼テレビ番組に“ヤクザ映画”使える? 一方、DVD業界は「ビジネスチャンスに躍起」

日刊サイゾー / 2014年11月20日09時00分

日本映画界の超大物俳優、高倉健さんが10日、悪性リンパ腫のため逝去したが、テレビ各局で懸念材料となっているのが、高倉さんの追悼特集だ。ある放送作家によると「追悼番組として過去の名作の放映をしたいと東映など権利者と交渉に入っていますが、代表作といえるヤクザ映画は、昨今の暴力団排除の風潮に鑑みて、ゴールデンタイムの放送などは控えたほうがいいという声がある」とい [全文を読む]

解散発表当日、安倍首相が『報道ステーション』にだけ出演しなかった理由

リテラ / 2014年11月19日22時30分

この日の『報ステ』のトップは解散ではなく高倉健の訃報で、冒頭から延々と高倉健の回顧特集が流された。かなりの時間が経ってから、ようやく解散のニュースになったが、共同会見の映像が放映されただけで、安倍首相の単独取材映像は1秒もなかった。 そんなところから、メディア関係者の間では「朝日嫌いの安倍首相が、嫌がらせでテレビ朝日だけ拒否した」「以前、『報ステ』に出演し [全文を読む]

『ゴルゴ13』を描くのは苦手だった! さいとう・たかをが語る制作秘話

ダ・ヴィンチニュース / 2014年02月18日11時30分

そんなゴルゴの誕生秘話と制作の裏話を、『ダ・ヴィンチ』3月号「マンガヒーロー&ヒロインランキング」特集で、著者さいとう・たかを自身が語っている。 関連情報を含む記事はこちら 連載を始めたときには、まさかこんなに長く続くとは思ってもみませんでした。単純な主人公ですし、ストーリーを作ってもせいぜい10パターンくらいにしかならない。だから、10回も続けば十分だろ [全文を読む]

嵐・相葉雅紀独占インタビュー&撮りおろし!に加え、藤田晋、中田英寿、見城徹の、「男前」な生き様をフィーチャー!

PR TIMES / 2017年03月24日11時07分

[画像1: https://prtimes.jp/i/7254/252/resize/d7254-252-191888-1.jpg ] 5月号は、春のファッション総力特集!テーマは「男前」になりたい、です。 「男前な人物といえば、『ブラックレイン』の高倉健」。そう答えたのは、グッチとディオール オムのスーツに身を包んだ嵐の相葉雅紀氏。1999年に「嵐」とし [全文を読む]

松方弘樹の追悼番組でも出せない……「ヤクザ映画」をめぐるテレビの厳しい現状とは

日刊サイゾー / 2017年02月01日13時00分

2014年に高倉が死去した際も同様で、情報番組での特集でも『網走番外地』シリーズなどではなく『幸福の黄色いハンカチ』や『鉄道員(ぽっぽや)』のワンシーンが使われ、同年の菅原死去後も『仁義なき戦い』ではなく『トラック野郎』が使われていた。 過去のヤクザ映画は実在の暴力団組長や幹部をモデルに描かれているものが多く、例えば松方が主役を張った『修羅の群れ』も、稲 [全文を読む]

『任侠野郎』でパンツ見せちゃうNGT48北原里英を直撃!「どこまで見せるか、角度が難しかったです(笑)」

AOLニュース / 2016年07月06日12時00分

映画『任侠野郎』は、全国順次公開中! <関連動画はこちら> ■参照リンク 映画『任侠野郎』公式サイト ninkyo-yaro.com ■今月のAOL特集 元人気子役たちの今&昔【フォト集】 [全文を読む]

シアタールームより、ミニシアターを買いましょう![小山薫堂の妄想浪費vol.10]

Forbes JAPAN / 2016年05月14日12時00分

座席数116席の小さな映画館だが、支配人の柿久和範さんは「天草映画祭」や、千葉真一さんの映画のみを上映する「千葉祭」、撮影カメラマン木村大作さんを特集した「木村大作戦」などのユニークなイベントを考えて、その灯を絶やさぬように孤軍奮闘している。その歴史を繙くと、オープンしたのは戦後間もない昭和20年代で、当時は3階席を有する熊本県でもトップクラスの大劇場だっ [全文を読む]

フォーカス