インタビュー 高倉健に関するニュース

知られざる高倉健の素顔。不器用ではない本名・小田剛一が自らに見出した“日本の美”

週プレNEWS / 2016年08月20日06時00分

―国民的スターでありながら、限られたインタビューしか受けないなど、素顔や私生活は厚いベールに包まれていた健さんのドキュメントを作るのはたやすいことではなかったはず。プレッシャーは感じませんでした? 「なかったわけではない。でもオファーを引き受けるにあたり、ためらいは全くありませんでした。理由はふたつ。ひとつは僕自身が高倉健の大ファンであったこと。もうひと [全文を読む]

【エンタがビタミン♪・番外編】“追悼 高倉健さん”を『徹子の部屋』で放送。過去の出演では「温泉に入るだけの映画」と夢を語っていた。

TechinsightJapan / 2014年11月18日14時10分

さらに、『ワイド!スクランブル』から石原慎太郎氏へのインタビューが放送され、石原氏は健さんの訃報に「最後のビッグスターだった」と悲しみを表すと、弟の石原裕次郎さんなど人気者は短命が多い中で「健さんだけはビッグスターの償いを背負わずに健全に長生きした稀有な人だった」と語った。 俳優として最後まで手を抜かずに全身全霊をかけた高倉健さん。FAXには「往く道は精 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】高倉健さんは「俳優として素晴らしい人だった」。『ブラック・レイン』リドリー・スコット監督がコメント。

TechinsightJapan / 2014年12月05日15時55分

本プレミアと併せて行われたインタビューで、リドリー・スコット監督は『ブラック・レイン』での高倉健さんの思い出を次のように語っている。「彼はいつも協力的で、周りに気を配る人だった。ある時、僕はひどい風邪をひきながらタバコをたくさん吸い続けていた時期があった。彼はそんな僕に毎朝『タバコはやめた方がいい』と助言してくれた。風邪がもう6週間も続いていると知ると、『 [全文を読む]

国内外のビッグネームが明かす高倉健の素顔とは?

Movie Walker / 2016年08月20日08時29分

徹底的にリサーチして、相手ですら忘れているようなことを思い出させる質問から始めて、相手に『こいつにはすべて語ってやろう』っていう気を起させる」とインタビューにあたり万全の準備で挑んだようだ。 そんな日比監督は、最も印象に残ったインタビュー相手としてマイケル・ダグラスを挙げてくれた。ダグラスは劇中、「KENには、その場に自然に存在するという(演技をする上で必 [全文を読む]

高倉健一周忌特番!千葉真一らが健さんについて語る

Smartザテレビジョン / 2015年10月30日20時53分

BSスカパー!では一周忌を前に、ゆかりのある俳優へのインタビューなどで故人の人生に迫った特別番組「映画人・高倉健」を11月1日(日)昼4時30分より無料放送する。 出演は千葉真一、坂東英二、秋吉久美子、広末涼子。三浦貴大ら。 千葉はインタビューで「人生を教えてくれたのは、高倉健です」と感慨深げに語る。また、新人時代に高倉から背広をプレゼントされたエピソー [全文を読む]

高倉健さん、元恋人や板東英二ら“記者が違和感を抱く”自称・縁の人々! 追悼企画で秘話暴露も

サイゾーウーマン / 2014年12月01日13時00分

小林、また降旗康男監督など、本当に高倉を慕っていたといわれる人物ほど、反対に取材にはまったく応じていません」(同) 近く執り行われるであろう「お別れの会」でも、自称「高倉健・縁の人物」が大勢のマスコミの前でインタビューに応じることとなるのだろうか。「これに疑問を抱くのはメディア関係者だけでなく、高倉さんに親しい関係者も同様です」(同)というが、大スターには [全文を読む]

吉永小百合 TV初のロングインタビュー 自らの半生と今後の夢を語る

PR TIMES / 2013年07月12日13時57分

「映画・夢千代・原爆詩」夢一途に前へ 8月4日(日)19:30~ 放送 ドラマ・エンターテインメントチャンネル「チャンネル銀河」は、テレビ初となる吉永小百合さんのロングインタビューを放送します。番組では、高倉健、渥美清、石原裕次郎、渡哲也、ら共演者や、山田洋次、市川崑などの巨匠たちとのエピソードにはじまり、ドラマや映画の撮影秘話、さらに原爆をテーマにした詩 [全文を読む]

史上初!武田家の秘宝「清光」を『武将の末裔 伝家の宝刀』が誌上公開。高倉健さんの秘話も必読

PR TIMES / 2017年03月15日12時38分

また、とうらぶ女子必見の名刀の見方伝授、徳川美術館学芸員が教える、とっておきの「名物刀剣」、大河ドラマ「おんな城主 直虎」に出演する柴咲コウ、春風亭昇太、井伊家の女当主のインタビューなど、刀剣ファンだけでなく、戦国武将好き、歴史好きには必読の一冊です。 [本書の主な内容] 史上初!子孫が語る 名刀の(秘)事件 義元左文字 織田信長 へし切長谷部 黒田官兵 [全文を読む]

清水富美加「幸福の科学」出家報道で“守護霊インタビュー“=信者の誤解が...実際は星野源から宮崎駿まで勝手に出版

リテラ / 2017年02月12日18時00分

スポーツ紙の報道によると、1月下旬に幸福の科学の運営するサイトに大川隆法による清水富美加の守護霊インタビュー動画がアップされたこと、また清水の守護霊インタビューをまとめた書籍が今月3日に幸福の科学出版から出版されたことをきっかけに、清水が幸福の科学信者であることが発覚したとされている。 そのため、清水の守護霊インタビュー本が出ていることが、彼女が幸福の科 [全文を読む]

福山雅治とは言葉の壁あり、「あまり交流できていない」ダブル主演の俳優チャン・ハンユー―中国

Record China / 2016年07月26日11時30分

2016年7月25日、映画「追捕 MANHUNT」で福山雅治と共演している中国の俳優チャン・ハンユー(張涵予)がインタビューで、言葉の問題があるため「まだあまり交流できていない」と語っている。網易が伝えた。 76年に公開された故高倉健さんの主演作「君よ憤怒の河を渉(わた)れ」を、「レッドクリフ」などで知られるジョン・ウー(呉宇森)監督がリメークする。「君よ [全文を読む]

ドキュメンタリー映画「健さん」にジョン・ウー監督、「永遠の憧れ」高倉健さんを語る―香港

Record China / 2016年05月10日16時10分

高倉健さんとゆかりのある俳優や映画人ら、約20人のインタビューが収められているが、そのうちの1人が映画「レッドクリフ」などで知られる巨匠ジョン・ウー監督だ。 ウー監督は長年にわたる高倉さんの大ファンであり、中華圏ではその代表作となっている「君よ憤怒の河を渉れ」のリメークを手掛けることも明らかになっている。インタビューでウー監督は、1人の映画監督として高倉さ [全文を読む]

佐野眞一氏 個人的付き合いのあった菅原文太との思い出語る

NEWSポストセブン / 2015年01月15日16時00分

東日本大震災があった2011年の冬には、八ヶ岳高原の山小屋風の別荘に行って、二日がかりのインタビューをした。 この当時、菅原氏には小津安二郎の「東京物語」をリメイクした「東京家族」出演の話がきていた。市原悦子との老夫婦役である。だが、菅原氏はこの話を断った。 「三陸を大津波が襲い、福島で原発事故が起きた大変な時代に、『東京物語』もないだろう。そういって山田 [全文を読む]

高倉健 人格を形成した「信仰心」に迫る(3)健さんが精神世界に傾倒した理由

アサ芸プラス / 2015年01月05日09時57分

一括して高倉さんのほうに送り、それをご本人が配布されていたようです」 これほどの強い善光寺との結び付きについて、高倉は自身へのインタビュー集や著書で明かしている。 〈今年はいそがしいからやめてしまおうか、と思うこともあったが、そう思うだけですでに気持ちが悪く、いたたまれない気がして、どんな無理をしても、信濃路を目指した。なぜそこまで善光寺なのか。自分のこだ [全文を読む]

崇拝する高倉健さんを「まねしない」チャン・ハンユー、福山雅治とダブル主演の映画「追捕 MANHUNT」―中国

Record China / 2017年09月09日18時30分

2017年9月8日、ジョン・ウー(呉宇森)監督作品「追捕 MANHUNT(原題)」に主演する中国の俳優チャン・ハンユー(張涵予)が、ニュースメディア・鳳凰網のインタビューに答え、少年時代の憧れが思わぬことから形になった夢のような経験だったことを語っている。 福山雅治とチャン・ハンユーがダブル主演する「追捕 MANHUNT」は、70年代に高倉健さんが主演した [全文を読む]

“ぱいぱい美ゆき”でブレーク間近も……女優・児島美ゆきに注がれる「冷たい視線」

日刊サイゾー / 2017年07月09日13時00分

「高倉さんが亡くなった時、『週刊現代』(講談社)が児島美ゆきのインタビューを掲載。児島は、高倉さんとの関係について『彼を恨んで恨んで、恨み続けてきたんです』『私を振った、ひどい男』などと語っていました」 高倉といえば、言わずと知れた国民的スター。一方、プライベートについてはほとんど語らず、私生活が謎に包まれていたことでも知られているが、そういう“健さん” [全文を読む]

岡田准一が『追憶』で俳優兼カメラマンを担当!

Movie Walker / 2017年05月04日14時43分

岡田と降旗監督にインタビューし、撮影秘話を語ってもらった。ある事件をきっかけに他人として生きていた幼なじみの3人が、25年後に刑事、容疑者、被害者という形で再会する。刑事の四方篤を岡田が、容疑者の田所啓太を小栗旬が、被害者の川端悟を柄本佑が演じた。岡田は本作で主演を務めることに気負いを感じてしまったと言う。「スタッフさんからは『高倉健さんを撮っていた人です [全文を読む]

嵐・相葉雅紀独占インタビュー&撮りおろし!に加え、藤田晋、中田英寿、見城徹の、「男前」な生き様をフィーチャー!

PR TIMES / 2017年03月24日11時07分

[画像3: https://prtimes.jp/i/7254/252/resize/d7254-252-841277-2.jpg ] ●好評連載中! 村上龍/松浦勝人/さだまさし/郷ひろみ/滝川クリステル/滝藤賢一/山中伸弥 ほか <商品情報> 「仕事が楽しければ人生も愉しい」をテーマに一流の仕事人を応援する男性ライフスタイル誌 誌名:GOETHE(月 [全文を読む]

「日本人」といえば誰!?中国の若者にインタビューしてみたら…

Record China / 2016年12月07日07時10分

2016年12月4日、中国のポータルサイト・今日頭条に、中国の街頭インタビューの様子を収めた動画が掲載された。 動画では、街行く若者に「日本人と聞いて最初に思い浮かぶ人は?」と尋ねている。 最初に登場する女性は「蒼井そら」と回答。理由を聞かれると「有名だから」といい、「山下智久」も挙げ、「カッコいいから」と答えた。続く男性は「山本五十六」を挙げ、「戦争が好 [全文を読む]

【書評】週刊文春の元エース記者が知られざる舞台裏を公開

NEWSポストセブン / 2016年12月01日16時00分

水泳の北島康介選手の父・富士男さんにインタビューしたときは、炎天下の路上で何時間も待ち続けた。駅のホームで起きた殺人事件の目撃者を探すため、始発から終電まで一日中、改札で乗降客に声をかけ続けた。週刊誌の記者がこれほど誠実に、真剣に仕事に取り組んでいると知って驚く読者も多いだろう。 エース記者として名を馳せた著者には、確かにスクープを取る才能があったに違い [全文を読む]

夏目雅子、高倉健らを撮った写真家・立木義浩が語る「女、文豪、役者、そして写真」

週プレNEWS / 2016年08月09日06時00分

齢(よわい)78にして現役バリバリの写真家が語る、時代の女、文豪、役者、そして写真とは? ■雑誌の撮影であれほど大掛かりな撮影は、後にも先にもない この手のインタビューだとよく質問されるんだけど…「立木さんにとって女を撮るとは?」「グラビアとは?」って。もうご容赦願いたいね。今回は「写真」を主語に話をしよう。 週プレで初めて撮影したのはいつの頃だったか。 [全文を読む]

フォーカス