出演 高倉健に関するニュース

「佐藤勝音楽祭」小林淳による解説と、中野昭慶監督の「語る」動画その2公開

DreamNews / 2017年07月14日15時30分

と語る中野監督の言葉を予習してコンサートへ行こう!佐藤勝音楽祭実行委員長の中野昭慶監督が『佐藤勝』について語る その2https://youtu.be/c96CRWRIH-Q(出演:中野昭慶、早川優、西耕一)小林淳による楽曲解説●「幸福の黄色いハンカチ メインテーマ」[『幸福の黄色いハンカチ』(1977/松竹)より] 佐藤勝は山田洋次と濃密な協働作業を行っ [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「八名信夫」(1)健さんが気配りで見せてくれたこと

アサ芸プラス / 2016年08月30日05時57分

以降、「大江戸捜査網」「ザ・ハングマン」「西部警察」「必殺仕事人」「飢餓海峡」「仁義なき闘い」など数々の人気ドラマ、映画に出演。また、65年から始まった「昭和残侠伝シリーズ」「網走番外地」シリーズなど多くの作品で高倉健と共演した。83年、「悪役商会」結成、演じた悪役は数知れず。現在公開中の長編ドキュメンタリー映画「健さん」(日比遊一監督)にも出演、また、監 [全文を読む]

錦織圭を育てた松岡修造の「褒める力」をビジネスシーンで活かす方法

まぐまぐニュース! / 2016年09月06日20時00分

image by: Flickr 『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』著者/佐藤昌司東京MXテレビ『バラいろダンディ』に出演、東洋経済オンライン『マクドナルドができていない「基本中の基本」』を寄稿、テレビ東京『たけしのニッポンのミカタ!スペシャル「並ぶ場所にはワケがある!行列からニッポンが見えるSP」』を監修した、店舗経営コンサルタント [全文を読む]

<番組制作の裏側でみたスターの裏話>高倉健・明石家さんま・佐野史郎・横山やすし・岡本太郎

メディアゴン / 2014年11月30日02時00分

●忘れられないスターの裏話・佐野史郎「特命!リサーチ200X」(1996〜2002・日本テレビ)という番組には、ドラマ部分があり、バラエティー番組に出演しているタレントさんではなく、普段ドラマにしか出ていない役者さんに出演してもらった。佐野史郎・高島礼子・稲垣吾郎・中野英雄、菅野美穂、川平慈英、無名時代の柴崎コウ他。豪華布陣だ。ドラマとドキュメンタリーVT [全文を読む]

【エンタがビタミン♪・番外編】“追悼 高倉健さん”を『徹子の部屋』で放送。過去の出演では「温泉に入るだけの映画」と夢を語っていた。

TechinsightJapan / 2014年11月18日14時10分

彼が1988年に出演した『徹子の部屋』で“追悼 高倉健さん”を放送することが告知された。25年以上前に、同番組に出演した際、健さんはパリ・ダカールラリーでの過酷な撮影や「温泉街でキレイな女優さんたちと共演する映画に出てみたい」と夢を語っていた。 高倉健さんが11月10日の午前3時49分に亡くなったことが18日に分かった。所属する高倉プロモーションからFAX [全文を読む]

高倉健に謝罪させた大物俳優とは? 銀座のゲイバーで起きた珍事!

tocana / 2014年07月25日11時00分

以前、黒い交際も指摘されましたが、今は距離を置いていると思います」(業界関係者) 近年では、バラエティー番組に出演することが多い梅宮。またロバート・秋山竜次が"梅宮の半裸をパロディにした体モノマネ"をした際にも、「やるんだったら、中途半端じゃなく、突きつめろ」とエールを送っている。そんな懐の深い梅宮だからこそ、高倉健も頭をさげたのかもしれない。 (TV J [全文を読む]

黒柳徹子の語る、昭和のテレビのとっておき秘話 #2

文春オンライン / 2017年07月02日07時00分

そのときはたしか二回目の出演の時でしたから、番組を信頼してくださったのでしょう。 そのような思いがけないエピソードを聞いたときは、カメラの前だからと大げさに驚いたり、わざとらしく同情的になったりすることは絶対にあってはならないことと考えます。私はたいてい静かに「あ、そうだったの」と相槌を打つ程度。その話を初めて聞いた年上の女として、誰もが示すような当然の態 [全文を読む]

解散発表当日、安倍首相が『報道ステーション』にだけ出演しなかった理由

リテラ / 2014年11月19日22時30分

通常、解散のような大きな政治的決断をした後は、各局のニュース番組に首相自ら出演するのが慣例になっている。実際、この日の夜も安倍首相は『ニュースウオッチ9』(NHK)を皮切りに、『NEWS ZERO』(日本テレビ系)、『NEWS23』(TBS系)に立て続けに出演した。 『NEWS23』では景気に対する街の声を番組側が紹介したところ「厳しい」という意見のほう [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】「高倉健さんに一生の恩義を感じています」。東映会長が語る“健さんの男気”。

TechinsightJapan / 2014年11月19日17時25分

そんな岡田氏だが、9月28日放送のラジオ番組『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』(ニッポン放送)にゲスト出演した際、健さんとの思い出について語っていた。29歳で初めて東映の映画をプロデュースすることになった岡田氏だが、その時「吉永(小百合)さんと高倉健さんの(2人が出る)映画をなんとしてもやりたい」と思ったのだという。 まだ29歳、しかも初プロデュース映画で大ス [全文を読む]

高倉健さん逝去 「日本のクリント・イーストウッド」を海外メディアも追悼

NewSphere / 2014年11月19日11時44分

205本の映画に出演し、ハリウッド映画にも出演した日本の映画スターの訃報を海外各国のメディアもこぞって伝えている。◆海外メディアが見る「任侠」映画の変遷 俳優・高倉健のキャリアの前半は「ヤクザ映画」だ。1955年の東映入社以来、高倉氏は年間10本ペースでヤクザの世界をテーマとした映画に出演している。1965年の『網走番外地』シリーズは好評で、高倉氏は日本 [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「谷 隼人」(1)とにかく俺の原点は高倉健さんなんです

アサ芸プラス / 2017年08月03日05時57分

東映アクションスターの一人として、「網走番外地」シリーズ、「不良番長」シリーズなどに出演し、高倉健、梅宮辰夫らと多く共演、「非情学園ワル」シリーズ3作で主演を務めた。68年から放送された、丹波哲郎、千葉真一らと共演のテレビドラマ「キイハンター」で人気を博し、後番組の「アイフル大作戦」、「バーディー大作戦」にも連続出演、およそ7年にわたってTBS土曜夜9時枠 [全文を読む]

“ぱいぱい美ゆき”でブレーク間近も……女優・児島美ゆきに注がれる「冷たい視線」

日刊サイゾー / 2017年07月09日13時00分

その児島が、6月17日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系)に出演したことで“プチブレーク”の兆しを見せているが、一筋縄ではいかないようだ。 番組で児島は「65歳にもかかわらず、自慢のGカップをアピールしまくっている」ことを反省。1970年代に出演した映画・ドラマシリーズ『ハレンチ学園』で知名度を上げ、名作ドラマ『北の国から』(フジテレビ系)にも出演。基本的 [全文を読む]

板東英二、非難殺到で再び危機?復帰早々にルール違反行為連発、局を怒らせ迷惑…

Business Journal / 2015年03月29日17時00分

板東は3月19日深夜に放送されたラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)にゲリラ出演。同番組への板東のゲリラ出演はこれが初めてではないため、今回も多くのリスナーには“ネタ”のひとつとして受け止められたが、生放送のため登場数分後に番組ディレクターから退出を促されるも、結局20分ほど居座り、ニッポン放送関係者を激怒させたと [全文を読む]

佐野眞一氏 個人的付き合いのあった菅原文太との思い出語る

NEWSポストセブン / 2015年01月15日16時00分

文太さんと知り合ったのは、いまから7、8年前、彼がパーソナリティーをつとめるニッポン放送のトーク番組に出演したのが、きっかけだった。それ以来、何回かゲストとして招かれたが、その都度、映画から受ける印象とは違ってなかなか勉強熱心な人物だなと感心していた。 そもそも最初に出演したときのテーマが、宮本常一だったのには驚いた。失礼を承知で言えば、文太さんはああ見 [全文を読む]

岡田准一が敬服する「降旗&木村」の深い魅力 高倉健作品手掛けた名コンビが「追憶」で復活

東洋経済オンライン / 2017年05月17日08時00分

彼らがこの作品の出演を決断したのは、ストーリーだけではない。『鉄道員(ぽっぽや)』『あ・うん』『駅 STATION』など数々の名作を世に送り出した、降旗康男監督&木村大作キャメラマンという、黄金コンビによる作品というのが大きい。9年ぶりにタッグを組んだ両氏の作品に参加したことは、とても特別な体験だったようで、4月に行われた完成報告会見では、主演の岡田准一が [全文を読む]

國村隼、夜のゆうばり映画祭で海外の巨匠たちとの思い出を語る

Movie Walker / 2017年03月07日12時37分

今回のゆうばり映画祭では、ベルギー生まれのヴァンニャ・ダルカンタラ監督による『KOKORO』(ベルギー=フランス=カナダ合作)、韓国のナ・ホンジン監督による『哭声/コクソン』(3月11日公開)という2本の海外の出演作が招待作品として上映された國村。幼いころから車が好きでエンジニアになりたかったことや、俳優の道を進むことになった劇団時代のことを述懐しながら、 [全文を読む]

人気者のリアル収入は!?「芸能界長者番付」最新ランキング!

日刊大衆 / 2017年01月16日11時00分

そんな世界で、トップを張る売れっ子芸能人がどれぐらい稼いでいるのか、気になるお父サンのために、本誌取材班が、みんなまとめてHOW MUCH!■芸人・タレント篇 さんまCM出演拒否の“理由とは? まずは、「芸人・タレント篇」から見ていこう。ギャラ総額推定13億円(本誌独自取材=以下同)と、ビートたけしが断トツのトップだ。「たけしを含む、さんま、タモリの“ビッ [全文を読む]

福山雅治とダブル主演のチャン・ハンユー、「人生を左右した映画」のリメーク作に感激―中国

Record China / 2016年03月17日21時20分

2016年3月16日、映画「追捕 MANHUNT」で福山雅治とのダブル主演が決まった俳優チャン・ハンユー(張涵予)が、少年時代に深く影響を受けた映画のリメーク作品に出演する喜びを語った。新浪が伝えた。 16日、開催中の第20回インターナショナル・フィルム&テレビマーケットで、寰亞電影有限公司(Media Asia Film)が製作を発表した。故高倉健さんの [全文を読む]

志村けんがダウンタウンとハシゴ酒 今のテレビ業界をアツく語り話題に

AOLニュース / 2016年01月09日18時00分

1月8日に放送された『ダウンタウンなうSP』に志村けんがゲスト出演した。志村けんが自身の馴染みの店をダウンタウンを連れ回すという企画で、2時間まるまる出演。ローラ、中田翔、市川猿之助を相手に、ダウンタウン、坂上忍、志村けんとトークを繰り広げた。 今後について、「体が続けば舞台もやりたい」と語る志村に、松本人志が「ドラマとか出ないんですか?」と質問をしたとこ [全文を読む]

阿藤快さん「アニキ」と慕った高倉健さんにエルボーの武勇伝

NEWSポストセブン / 2015年11月20日07時00分

1988年に出演したテレビドラマ『教師びんびん物語』(フジテレビ系)でブレークし、以後、ドラマ、映画と数多の作品に出演。『ぶらり途中下車の旅』(日本テレビ系)など旅番組でも人気を博し、グルメリポーターとしても活躍した。 今クールのドラマ『下町ロケット』(TBS系)にも弁護士役で出演しており、訃報を受けて、主演の阿部寛(51才)から追悼コメントが出された。 [全文を読む]

フォーカス