俳優 高倉健に関するニュース

知られざる高倉健の素顔。不器用ではない本名・小田剛一が自らに見出した“日本の美”

週プレNEWS / 2016年08月20日06時00分

俳優、高倉健が死去して2年。その圧倒的な存在感に迫る長編ドキュメント『健さん』が8月20日に公開。 『ブラック・レイン』で共演したマイケル・ダグラス、『タクシードライバー』のマーティン・スコセッシ監督、『ミッション:インポッシブル2』のジョン・ウー監督、『幸福の黄色いハンカチ』の山田洋次監督など、生前の高倉健を知る国内外20人以上の証言を元に構成される、そ [全文を読む]

【追悼】2014年に逝去した日本の俳優、映画人

Movie Walker / 2014年12月28日19時05分

2014年に亡くなった日本の俳優・映画人たちの冥福を心から祈りたい。以下、偉大な功績を遺した映画人たちに追悼の意味を込めて、代表作と共に紹介する。【トライワークス】 淡路恵子(女優・享年80)…代表作『女が階段を上る時』(60)『男はつらいよ 知床慕情』(87) 高橋昌也(俳優、演出家・享年83)…代表作「北の国から」『メゾン・ド・ヒミコ』(05) 加藤精 [全文を読む]

錦織圭を育てた松岡修造の「褒める力」をビジネスシーンで活かす方法

まぐまぐニュース! / 2016年09月06日20時00分

俳優・高倉健が著書で明かした「願望」とは? 誰もがあなたに褒められたい ふと、亡くなられた高倉健さんの著書『あなたに褒められたくて』を読んだことを思い出しました。『あなたに褒められたくて』は、高倉健さんが長い映画人生の中で出会った人たちとの心温まる逸話、過酷なロケでの出来事、そして、いつも心配してくれた母親との思い出などを綴ったエッセイです。高倉健さんの [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「八名信夫」(1)健さんが気配りで見せてくれたこと

アサ芸プラス / 2016年08月30日05時57分

引退後、東映本社社長に誘われ、東映専属の映画俳優に。59年、梅宮辰夫主演の映画「遊星王子」で俳優デビュー。以降、「大江戸捜査網」「ザ・ハングマン」「西部警察」「必殺仕事人」「飢餓海峡」「仁義なき闘い」など数々の人気ドラマ、映画に出演。また、65年から始まった「昭和残侠伝シリーズ」「網走番外地」シリーズなど多くの作品で高倉健と共演した。83年、「悪役商会」結 [全文を読む]

東映、Vシネ、アウトレイジ……任侠映画は大物俳優への近道?

日本タレント名鑑 / 2015年11月11日09時55分

日本における任侠映画と時代を彩る俳優たちの歴史をざっと振り返ってみました。 任侠映画の創成期を支えた二人の俳優1950年代、日本映画は「時代劇」ブームでした。 黒沢明監督・三船敏郎主演の映画、『酔いどれ天使』(1948年)など、ヤクザを取り扱ったものはいくつかありましたが、「任侠映画」というジャンルが一般的に浸透することとなったのは、のちに東映の社長とな [全文を読む]

【エンタがビタミン♪・番外編】“追悼 高倉健さん”を『徹子の部屋』で放送。過去の出演では「温泉に入るだけの映画」と夢を語っていた。

TechinsightJapan / 2014年11月18日14時10分

俳優の高倉健さんが訃報が飛び込んできた。彼が1988年に出演した『徹子の部屋』で“追悼 高倉健さん”を放送することが告知された。25年以上前に、同番組に出演した際、健さんはパリ・ダカールラリーでの過酷な撮影や「温泉街でキレイな女優さんたちと共演する映画に出てみたい」と夢を語っていた。 高倉健さんが11月10日の午前3時49分に亡くなったことが18日に分かっ [全文を読む]

高倉健に謝罪させた大物俳優とは? 銀座のゲイバーで起きた珍事!

tocana / 2014年07月25日11時00分

高倉健といえば、文化勲章も受章している日本トップの名俳優。 石原裕次郎や長嶋茂雄など時代のスターとも親交があり、その男気溢れる性格から、"格好良い"伝説には枚挙にいとまがない。 そんな高倉健に、謝罪をさせた俳優がいる。若かりし頃の梅宮辰夫である。 爆笑問題の太田光がTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』にて梅宮がホステスの女性2人を連れて、ゲイバ [全文を読む]

スターと視聴率

クオリティ埼玉 / 2014年12月24日14時49分

このところ、日本を代表する名俳優が亡くなり、なんとも寂しい気持ちの日本人が多いのではないだろうか。私もその名俳優、高倉健さんや菅原文太さんの若かりし二枚目俳優時代こそ知らないが、年を重ねた彼らの渋さ、色気はまさに圧巻であると痛感する。 近頃の俳優はというと、テレビに多く露出するものが人気の傾向にある。しかし、ドラマでも視聴率がとれないと、テレビから切り捨て [全文を読む]

悪役俳優たちの素顔

クオリティ埼玉 / 2014年04月16日13時48分

3月30日に俳優の蟹江敬三が亡くなった(享年69歳)。特異な容貌もあって凶悪犯などの悪役で強烈な印象を残した。そのため、息子や娘に嫌われたこともあったという。 アクション映画や時代劇など活劇が隆盛だった頃は、悪役俳優は必要不可欠だった。憎々しい所作と表情で悪行の限りを尽くし、観客の気持ちを正義の主役に肩入れさせる。最後は主役にバッサリやられ、観客は溜飲を下 [全文を読む]

80代からが人生の黄金期だ「八名信夫」(1)80代にして初めての監督に

アサ芸プラス / 2017年05月30日12時57分

── 悪役俳優のグループ「悪役商会」の主宰者として知られる八名信夫は、1935年、岡山市生まれ。プロ野球の投手として活躍後、俳優に転身し、高倉健の「網走番外地」や菅原文太の「仁義なき戦い」に何度も出演した名脇役である。そんな八名だが、初めて経験する監督業は想像以上に大変だったという。── この作品では、監督と役者の二足のワラジでした。当たり前と言えば当たり [全文を読む]

追悼・菅原文太 “未公開肉声”ドキュメントから紐解く「反骨の役者人生」(5)顔が映ることより作品のムードを重視

アサ芸プラス / 2015年01月03日09時56分

深作を「定型のない監督」と評した文太もまた、定型のない俳優といってよかったのではないだろうか。 当時、東映本社宣伝部次長として「仁義なき戦い」の宣伝を担当した小野田啓も、宣伝ポスター用のスチールを撮る段になって、文太から言われたのは、それまでのスターからは考えられない画期的なことだった。 スター中心主義の東映の場合、時代劇黄金期の片岡千恵蔵、市川右太衛門両 [全文を読む]

11月は「流血と"いい男結婚ラッシュ"」 NewsCafeが選ぶ 2014年重大ニュース

NewsCafe / 2014年12月24日15時00分

NewsCafeが選ぶ 2014年重大ニュース、任侠映画で一時代を築き、寡黙で一本気な「日本の男」を演じた俳優の高倉健が死去。◆羽生結弦選手、激突し負傷・流血フィギュア金メダリストの羽生結弦選手は11月8日、フリー直前の6分間練習中に他の選手と衝突し頭部から流血するなどの傷を負った。一度はリンクサイドに戻り出場が疑問視されたが、フリーに出場し見事2位の結果 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】高倉健さんは「俳優として素晴らしい人だった」。『ブラック・レイン』リドリー・スコット監督がコメント。

TechinsightJapan / 2014年12月05日15時55分

映画『エクソダス:神と王』のリドリー・スコット監督が、ロンドンワールドプレミアにて高倉健さんとの思い出を語った。監督は1989年の作品『ブラック・レイン』で高倉健さんを主役に起用しており、当時より礼節を重んじ気配りを大切にしていた高倉さんに敬意を表している。11月10日に亡くなった高倉健さんについて、ハリウッドの映画人が公式に発言するのは初めてのことだ。紀 [全文を読む]

崇拝する高倉健さんを「まねしない」チャン・ハンユー、福山雅治とダブル主演の映画「追捕 MANHUNT」―中国

Record China / 2017年09月09日18時30分

2017年9月8日、ジョン・ウー(呉宇森)監督作品「追捕 MANHUNT(原題)」に主演する中国の俳優チャン・ハンユー(張涵予)が、ニュースメディア・鳳凰網のインタビューに答え、少年時代の憧れが思わぬことから形になった夢のような経験だったことを語っている。 福山雅治とチャン・ハンユーがダブル主演する「追捕 MANHUNT」は、70年代に高倉健さんが主演した [全文を読む]

黒柳徹子の語る、昭和のテレビのとっておき秘話 #2

文春オンライン / 2017年07月02日07時00分

たとえば数年前も俳優の風間トオルさんが、幼い頃にご両親が離婚して、二人とも家を出て、祖父と祖母に育てられたけど、おじいさんのほうは認知症で大変だった、といきなり話し出したことがあります。貧しくて、公園の草を取ってきて食べていたとか。裕福なご家庭で育ったようなイメージがあったのでびっくりしました。そんな大変な苦労をされながら、立派に活躍されて本当に偉い。そ [全文を読む]

エランドール賞の受賞式開催、新人賞・TVガイド賞に坂口健太郎、高畑充希、ディーン・フジオカ、波瑠、星野源、広瀬すずの6人!

PR TIMES / 2017年02月04日10時19分

~新人賞の受賞者には東京ニュース通信社から副賞「TVガイド賞」の銀製写真立ても~ 1年を通じ映画・テレビ界で活躍したプロデューサーや将来有望な俳優を表彰する「2017年エランドール賞」の授賞式が2月2日に都内ホテルで開催された。新人賞の受賞者には、副賞として、TVガイドを発行する東京ニュース通信社(https://www.tokyonews.co.jp/) [全文を読む]

ドキュメンタリー映画「健さん」にジョン・ウー監督、「永遠の憧れ」高倉健さんを語る―香港

Record China / 2016年05月10日16時10分

2016年5月9日、俳優・高倉健さんのドキュメンタリー映画「健さん」に、香港のジョン・ウー(呉宇森)監督もゆかりのある人物の1人として出演している。網易が伝えた。 日本で8月20日から公開される「健さん」(日比遊一監督)は、14年11月に他界した高倉健さんを追うドキュメンタリー映画。高倉健さんとゆかりのある俳優や映画人ら、約20人のインタビューが収められて [全文を読む]

映画俳優の序列は間違えたら揉めるもの 厄介なのはW主演

NEWSポストセブン / 2015年12月20日07時00分

華やかな「銀幕」の裏には、俳優たちを格付ける明確な序列がある。浮き沈みの激しい人気商売ならではのシビアなしきたりを、映画批評家の前田有一氏が有名作品の事例を通して繙く。 * * * 日本の映画界では、伝統的に俳優の序列が厳しく守られてきた。高倉健や菅原文太が大活躍した1950~1960年代は、東映や松竹などの映画会社に、俳優が所属していた時代。 当時は会社 [全文を読む]

アサ芸有名人が語る「高倉健と菅原文太」のココに惚れ込んだ!(3)

アサ芸プラス / 2014年12月24日09時57分

文太は「俳優は引退しているから」とやんわり断ったが、脱原発で話が盛り上がり、福島県知事選の応援に行くことになったという。 「福島は中央政府や東京都から植民地のような扱いを受けている。文太さんは原発問題があるのに、結局、原発を容認しかねない自民党の子分のような候補が当選するのは看過できないというのがあって、応援演説に出かけたんです。実はその時、かなり病状も深 [全文を読む]

高倉健の死をどの芸能人よりも悼んでいた草なぎ剛と香取慎吾

アサ芸プラス / 2014年12月10日09時59分

1960年代に任侠映画で支持を集め、「幸福の黄色いハンカチ」「鉄道員」などの主演で知られる俳優の高倉健が11月10日、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去した。享年83。実は、この高倉の死をどの芸能人よりも悼んでいるのがSMAPの香取慎吾と草なぎ剛だという。 「実は、香取と草なぎにテレビの生放送で唯一、ダメ出しをしたのが健さんだった。2年前に『SmaST [全文を読む]

フォーカス