事務所 高倉健に関するニュース

天才テリー伊藤対談「八名信夫」(1)健さんが気配りで見せてくれたこと

アサ芸プラス / 2016年08月30日05時57分

俺は見てないけど、健さんの事務所のふすまに、墨で「この馬鹿野郎 死にくされ」って書いてあったこともあるらしい。テリー それは健さんが書いたもの?八名 そう。何でもグッと辛抱する人だったから、それを聞いて「健さんでも腹が立つこと、我慢できないことがあるんだな」と思ったよ。テリー プライベートで食事をする時なんかは、どんな会話をするんですか。八名 東映の身内の [全文を読む]

高倉健さん 40億円相続の養女に実妹激怒「形見分けもない!」

WEB女性自身 / 2015年11月04日06時00分

しかし事務所の人から『東京に来ていただくのは困ります』と、きっぱり断られ、その願いも叶いませんでした」 そんないきさつもあって東京の貴さんや事務所スタッフに、強烈な不信感を抱いたTさんだったが、さらにそれを強める出来事が 。 「Tさんは『せめて形見として兄の遺品をわけて欲しい』と東京の事務所を通じて養女に申し込んだのですが、返答もなかったそうです。Tさんか [全文を読む]

追悼・高倉健さん──果たせなかった北野武監督との約束「一緒に映画を撮ろう」

日刊サイゾー / 2014年11月19日21時30分

「健さんが俺の事務所に電話くれたんだ。『もしもし、高倉健です。たけしさんと連絡を取りたいんですが』と。ところが、まさか健さん本人から電話がくるとは思わないから、出たヤツが『何言ってんだ。この野郎』と、すぐに電話を切った。さらに、2度目の電話は『松村(邦洋)だろ。モノマネばっかりしやがって』と、ガチャンと電話を切っちゃったんだよ」 後日、電話をかけたのが健さ [全文を読む]

「全員悪人 完結。」と言ってはみたものの......北野武監督『アウトレイジ ビヨンド』の先に何かがある!?

日刊サイゾー / 2012年09月27日08時00分

「だいぶ赤字で、事務所の台所事情も厳しくなったとか。そんな折、得意の暴力映画に戻した前作『アウトレイジ』がヒット。特にレンタルが好調のようです。事務所的な本音を言えば、まだまだアウトレイジシリーズを撮ってほしい。そのことはたけしさんもわかっているはずです」(映画関係者) それを知ってか、最近の北野監督の言動にも変化が......。先日行われた「第69回ベネ [全文を読む]

語っていいとも! 第6回ゲスト・板東英二「僕、この取材ちょっと甘く見てました。こない話できるとはよもや思わなかった」

週プレNEWS / 2015年07月12日12時00分

板東 そうそう、だからね、星野が阪神で優勝した時ね、優勝パレードを御堂筋でやるという時に、うちの事務所が全部主催して責任持って許可を取らなきゃってなって。 ―またまた話が飛びますが(苦笑)、そんなことまでされてたんですか!? 2003年ですよね。 板東 だって、放送局が受けなかったからね。で、大阪府警に呼び出されて怒られたり、いろいろありましたけど、結局 [全文を読む]

板東英二、非難殺到で再び危機?復帰早々にルール違反行為連発、局を怒らせ迷惑…

Business Journal / 2015年03月29日17時00分

2012年に自身の個人事務所で約5000万円の所得隠しが発覚以降、実質的に芸能活動自粛を強いられていたが、昨年1月に突如よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属することが発表されたタレント・板東英二。70歳を過ぎてもなお再起をかける板東が、今月出版された新著『板東英二の生前葬』(双葉社)のPRに躍起になっている。著者なら自身の本を熱心に売り込もうとする [全文を読む]

高倉健さん養女 健さん個人事務所の金目のモノを持ち出した

NEWSポストセブン / 2015年01月06日07時00分

「健さんが亡くなって1か月ほどが経ったころ、Tさんの弁護士から健さんの個人事務所・高倉プロモーションに突如、一通のメールが送られてきたそうです。それは“今後、高倉健に関する一切の業務は相続人のTが担当する”といった旨の内容だったと聞いています。さらに、そのメールには12月24日付で東京・赤坂にある事務所を明け渡し、すべての従業員を1月末に解雇するということ [全文を読む]

やっぱり“殉愛騒動“と同じ? 高倉健の実妹が健さんの最期を看取って遺産を相続した“養女“の不信な行動を告発

リテラ / 2016年05月12日12時46分

するとすぐに電話があるようなマメな人」 ファックスは自宅へ、手紙の場合は赤坂の事務所との取り決めがあり、そうすると、向こうから電話が折り返しかかってくるのだという。実際、最後に電話で話したのは高倉の死の1カ月ほど前だったという。「変なことをいうんですよ、「仏は上から見てるからな」って。「必ず見てる」と3回繰り返しました」 ところが、その後、手紙を送ってもフ [全文を読む]

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(15)突拍子もない噂が立ったことも…

アサ芸プラス / 2015年01月13日09時57分

同性愛だとか、病院に行っていたとか、僕にとってはまったくばかげた話」 なぜ、突拍子もない噂がまことしやかに伝わったのか? 1つには高倉の「オフは事務所にも知らせずに海外放浪」という長年の習性がある。大スターゆえ、旅先での目撃談に何かと尾ひれがつく。 もう1つは、兜町筋の「エイズ薬関連株」に絡めた意図的な情報操作という説。今となっても真相は闇のままだが、こう [全文を読む]

各映画賞の申し出も固辞! 突然出たきた高倉健さん“養女”の行動に戸惑う周囲

日刊サイゾー / 2015年01月11日12時00分

ところが、健さんの映像などの使用許可をめぐって、所属事務所の「高倉プロモーション」との交渉が難航。そのため、制作責任者の判断で、企画自体の放送を取りやめることになったというのだ。 「以前の高倉プロの体制ならば、喜んで企画を引き受け、映像の使用を許可しただろう。ところが現在、高倉プロを取り仕切るのは、昨年末発売の『文春』がその存在をスクープした、元女優で健さ [全文を読む]

フォーカス