アニメ 高畑勲に関するニュース

『君の名は。』の大ヒットはなぜ“事件”なのか? セカイ系と美少女ゲームの文脈から読み解く

リアルサウンド / 2016年09月08日06時10分

■新海誠はアニメ界の「鬼っ子」的存在 新海誠監督の新作アニメーション映画『君の名は。』が、記録的な大ヒットを続けています。公開10日間ですでに興行収入が38億円を突破したといいますから、これはもはや2010年代のアニメ界におけるひとつの「事件」といってよいでしょう。今年の夏はさまざまな意味で「平成の終わり」を実感させられるニュースが相次ぎましたが、まさにア [全文を読む]

『妖怪ウォッチ』東京アニメアワードフェスティバル2015アニメドール授賞決定

PR TIMES / 2015年03月23日09時37分

東京アニメアワードフェスティバル2015、2つめのアニメドールが『妖怪ウォッチ』に決定し、3月22日(日)TOHOシネマズ 日本橋にて授賞式が行われましたのでご報告いたします。 東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)は、アニメーションの振興を目的とした国際アニメーション映画祭で、TAAF2015は3月19日(木)~23日(月)にTOHOシネマズ 日本 [全文を読む]

「ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論」著者インタビュー(1)

Woman Insight / 2014年10月04日21時00分

老若男女問わず、日本人にとって最も馴染みのあるアニメーションといえる宮崎アニメ。数々の作品を「平和学」の視点で読み解くと、いったい何が見えてくるのか? 10月1日に発売されたばかりの新書『ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論』の著者である創価大学平和問題研究所助教・秋元大輔さんに、ジブリ作品の平和学的な考察をうかがいました。 Woman Insight (以 [全文を読む]

株式会社プレイフルマインドカンパニーが名作アニメーション映画『パンダコパンダ』の カードケース/シリコンスマホカバーを新発売!

DreamNews / 2017年06月22日11時00分

アニメ、ゲームあらゆるジャンルのキャラクター商品や販促グッズの企画、製造、販売をする株式会社プレイフルマインドカンパニー(代表取締役:大塚清隆、本社;東京都千代田区)は名作アニメーション映画『パンダコパンダ』(原案・脚本 宮崎駿/演出 高畑勲)のカードケース/シリコンスマホカバーを6月22日(木)より下記販売サイトにて予約販売を開始します。アニメ、ゲームあ [全文を読む]

「まだ受賞してなかったの!? 選ばれなかったことが驚き」「アニー賞・生涯功労賞」受賞の押井守に海外からも祝福の声!

おたぽる / 2016年12月02日13時00分

『イノセンス』(2004年)や『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』(1995年)などで知られる押井守監督が、アニメ界のアカデミー賞ともいわれる「アニー賞」で、「生涯功労賞(ウィンザー・マッケイ賞)」を受賞したことが明らかとなった。これには国内外から「さすがオシさん! これは納得の受賞!」「まあ当然だわな!! 素直にオメデトウ」と祝福の声が上 [全文を読む]

東京アニメアワードフェスティバル2015『アニメ オブ ザ イヤー』ノミネート作品決定!

PR TIMES / 2015年02月17日12時19分

社会現象化した作品多数、納得の話題作が揃い踏み 東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)は、アニメーションの振興を目的とした国際アニメーション映画祭で、2015年は、3月19日~23日に開催いたします。この度 TAAF2015の「アニメ オブ ザ イヤー部門」劇場映画部門・テレビ部門ノミネート作品が決定となりましたので、発表いたします。[画像: htt [全文を読む]

ご存知ですか? 4月2日はドラえもん放送開始の日です

文春オンライン / 2017年04月02日07時00分

いまから38年前のきょう、1979年4月2日、テレビ朝日でアニメ『ドラえもん』の放送が始まった。企画自体は1977年秋にさかのぼる。その前年、アニメ企画制作会社・シンエイ動画を興した楠部三吉郎は、マンガ『ドラえもん』をアニメ化したいと、原作者の藤子・F・不二雄(藤本弘)に直談判する。楠部は藤本と、これ以前より、東京ムービーの子会社・Aプロダクションの営業マ [全文を読む]

「ぼくと魔法の言葉たち」劇中の短編アニメを初公開 ディズニーの脇役たちが登場

アニメ!アニメ! / 2017年03月31日17時00分

このたび劇中に登場する短編アニメ『迷子の脇役たちの国』の特別映像を初公開した。VFX制作会社「マック・ガフ」が、主人公・オーウェンの自作した物語をアニメ化している。 『ぼくと魔法の言葉たち』は、自閉症と診断されながらもディズニー・アニメーションから言葉を学び、家族を始めとする周囲の人々とのコミュニケーションを取り戻した少年・オーウェンの姿を描いた作品である [全文を読む]

『君の名は。』は大人もハマれる 数々の証言

NEWSポストセブン / 2016年10月04日07時00分

そんなある日、自分が東京に住む男子高生・瀧(声/神木隆之介)と夢の中で体が入れ替わるところから始まる、アニメ映画『君の名は。』。 9月22日までに774万人を動員、興行収入は公開28日で100億円を超えた。日本のアニメ映画界で100億円を超える興行を記録したのは宮崎駿監督の作品以外では初。勢いはとどまらず、新海誠監督著の『小説 君の名は。』も102.9万部 [全文を読む]

神山健治監督、新作製作発表!人気ゲームのアニメ化情報も……!?【ざっくりアニメニュース】

おたぽる / 2016年04月19日21時00分

先週一週間のアニメ情報をお伝えする【ざっくりアニメニュース】。今週は楽しみな劇場版情報を中心に、ざっくりとお伝えする。 まずは劇場版アニメのニュースから。『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』シリーズや『東のエデン』などで知られる、神山健治監督の新作製作が発表された。5年ぶりとなる劇場版アニメのタイトルは、『ひるね姫 ~知らないワタシの物語 [全文を読む]

フォーカス