監督 高畑勲に関するニュース

『害虫』の塩田明彦監督初ロマンポルノ作品『風に濡れた女』が国際映画祭へ出品!

ソーシャルトレンドニュース / 2016年07月13日18時30分

宮崎あおい主演映画『害虫』で知られる塩田明彦監督が、“28年ぶりに復活するロマンポルノに挑んだ”『風に濡れた女』。本作が8月に開催される第69回ロカルノ国際映画祭コンペティション部門へ正式招待されることが決定した。金豹賞(グランプリ)が対象となる部門への参加となることから、受賞への期待も高まっている。『風に濡れた女』は“製作開始から今年で45周年を迎える日 [全文を読む]

ジブリ退社の米林監督『メアリと魔女の花』は『魔女の宅急便』とは明らかな違いがある【後編】

Woman.excite / 2017年07月14日01時00分

夏休み映画の目玉作品『メアリと魔女の花』の米林宏昌監督にインタビュー。後編では、スタジオジブリの制作部解散後の葛藤や、新天地・スタジオポノックでの奮闘をはじめ、恩師である宮崎駿監督や高畑勲監督とのエピソードについて語ってもらいました。>>前編はこちら (C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会■スタジオジブリ退社後、喫茶店で始めた脚本作りスタジオポノック [全文を読む]

【衝撃】絶対秘密!「風の谷のナウシカ」の極秘情報10選 / 当初3つのラストシーンが存在した

ヨメルモ トリビアニュース / 2017年03月20日06時00分

宮崎駿監督の長編アニメ映画には名作と呼べるものが数多くありますが、その中でも初期の名作といえば「風の谷のナウシカ」ですよね。1984年に公開された、すでに30年以上前の作品であるにもかかわらず、その壮大な世界観とストーリーは今でも色あせることなく、全世界の多くの人たちを夢中にさせ続けています。 知られざる秘密を大発表! 今回はそんな「風の谷のナウシカ」にま [全文を読む]

ジブリ解散の予兆!? 『かぐや姫の物語』予告編に投射された高畑勲の本音とは?

ハピズム / 2013年08月29日19時00分

スタジオジブリの宮崎駿監督作品『風立ちぬ』が好評だ。いつものジブリ作品のように爆発的なヒットが継続するというのではなく、さまざまな話題性から、人気が継続しているようだ。 しかし、実は、『風立ちぬ』本編だけでなく、意外なところが話題となっていることをご存じだろうか。 それは、今年の11月23日に公開予定の高畑勲監督作品『かぐや姫の物語』の予告編である。 これ [全文を読む]

『メアリと魔女の花』を徹底取材! 米林監督の乙女心の表現力はあの少女マンガからだった【前編】

Woman.excite / 2017年07月13日23時00分

『借りぐらしのアリエッティ』(10)や『思い出のマーニー』(14)の米林宏昌監督が、スタジオジブリを退社後、新天地・スタジオポノックで手がけた映画が、『メアリと魔女の花』です。7月8日(土)公開の本作の全貌がようやく明らかになりました!(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会本作の主人公は明るくて天真爛漫だけど、自分の赤毛にコンプレックスを抱えた少女メ [全文を読む]

宮崎駿監督、元ジブリ米林監督の新作に「俺は観ない」

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年06月22日19時32分

米林宏昌監督が22日、都内で行われたアニメーション映画『メアリと魔女の花』スペシャルトークイベントに登壇し、恩師でもあるスタジオジブリの宮崎駿監督に、本作を観てもらえなかったことを打ち明けた。この日は米林監督のほか、杉咲花、神木隆之介、小日向文世、佐藤二朗、遠藤憲一、大竹しのぶ、西村義明プロデューサーも来場した。 『借りぐらしのアリエッティ』(2010)、 [全文を読む]

米林宏昌監督最新作は「ジブリ人生すべてを注ぎ込む」魔女の物語。宮崎駿も「うれしい」と喜ぶ

Movie Walker / 2016年12月15日17時22分

スタジオジブリにて『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』を生み出した米林宏昌監督が、新スタジオにて贈り出す最新作『メアリと魔女の花』が2017年夏に公開されることが決定。12月15日に都内で製作発表・記者会見が開催され、米林監督と西村義明プロデューサーが出席した。 制作は、2014年末にスタジオジブリを退社した後、西村プロデューサーが立ち上げたア [全文を読む]

湯浅政明監督「夜明け告げるルーのうた」アヌシー国際アニメ映画祭長編部門グランプリ!22年ぶり快挙

映画.com / 2017年06月18日14時55分

[映画.com ニュース] フランスで開催中のアヌシー国際アニメーション映画祭2017の受賞結果が6月17日(現地時間)に発表され、湯浅政明監督のオリジナル劇場アニメ「夜明け告げるルーのうた」(公開中)が、長編部門のグランプリにあたるクリスタル賞を受賞した。長編部門グランプリに日本作品が選ばれるのは、1995年の高畑勲監督作「平成狸合戦ぽんぽこ」以来22年 [全文を読む]

「知ってた!」5回目の引退宣言→撤回の宮崎駿の、“新作長編”への期待と不安とは

おたぽる / 2017年05月28日11時00分

19日、宮崎駿監督が新作長編アニメーション映画の準備に入ったことを、スタジオジブリが正式に発表。あわせて公式サイトで新作の制作を担うスタッフの募集も開始した。今年2月に、鈴木敏夫プロデューサーがアメリカのイベントで新作長編の準備に入ったこと、2016年7月に企画書を、年末には宮崎監督から絵コンテを見せられたことを明かしていたが、ついに正式に引退発言を撤回す [全文を読む]

「日本のお陰で生き抜くことができた」 ユーリー・ノルシュテイン、秋の京都で高畑勲と自身の来歴を振り返り感謝

おたぽる / 2016年12月04日14時00分

今年はロシアアニメーションの巨匠、ユーリー・ノルシュテイン監督の生誕75周年。それを記念し、12月10日より順次、青山のシアター・イメージフォーラムなどにて特集上映「アニメーションの神様、その美しき世界」が巡回する。本稿では、その一環として11月3日に京都で開催された「ユーリー・ノルシュテイン×高畑勲公開トーク」の一部に触れる。 会場は同志社大学の寒梅館ハ [全文を読む]

宮崎駿監督が安保法制を一刀両断!「安倍首相は愚劣」「軍事力では中国を止められない」

リテラ / 2015年07月13日23時00分

「安倍首相は自分が憲法の解釈を変えた偉大な男として歴史に残りたいのだと思いますが、愚劣なことだと僕は思っています」 本日、スタジオジブリで開かれた外国特派員協会主催の記者会見で、宮崎駿監督がこう吠えた。 宮崎監督といえば、米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対する市民運動を支援する「辺野古基金」の共同代表を務めている。本日の会見も辺野古に関するもので、沖縄への [全文を読む]

安保法制めぐりジブリ高畑勲監督が静かに警告「日本人の体質は戦前から何も変わっていない」

リテラ / 2015年07月10日21時00分

これを「違憲」とする多数の憲法学者を始め、文筆家、役者、芸人、アーティストと様々な方面から「反対」の声が上がっているが、こうした著名人のなかでとりわけ地道に活動に取り組んでいるのが、スタジオジブリの高畑勲監督だろう。 いまさら紹介するまでもないだろうが、高畑監督といえば『火垂るの墓』(1988)や『かぐや姫の物語』(2013)などで、世界的に高い評価を得て [全文を読む]

宮崎駿監督が「自分にはできない」と思った『思い出のマーニー』、その見どころは?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年07月09日11時50分

2010年に大ヒットした『借りぐらしのアリエッティ』を手がけた米林宏昌監督の最新作『思い出のマーニー』が7月19日から全国で公開される。『風立ちぬ』で引退表明した宮崎駿監督と盟友・高畑勲監督が制作に関わっていない長編アニメーション作品はジブリでは初めて。イギリス児童文学の名作を美しく繊細な映像で描いたこの物語にはジブリの新たな強く優しいメッセージが込められ [全文を読む]

『ルー』湯浅政明、『この世界』片渕須直に文化庁長官表彰

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年07月12日14時00分

文化庁から、文化活動に優れた成果を示し、文化の振興または日本文化の海外発信・国際文化交流に貢献した人物に贈られる文化庁長官表彰の被表彰者が発表され、文化庁長官表彰(国際芸術部門)の対象者に『夜明け告げるルーのうた』の湯浅政明監督と、『この世界の片隅に』の片渕須直監督が選出されたことが明らかになった。 文化庁長官表彰の国際芸術部門は、2007年に設立。芸術各 [全文を読む]

庵野秀明「宮崎さんの下では人が育たない」発言の真意は!?

Movie Walker / 2017年07月01日21時48分

『思い出のマーニー』(14)の米林宏昌監督が、スタジオジブリ退社後に新天地・スタジオポノックで手がけた第1回長編監督作『メアリと魔女の花』が7月8日(土)より公開される。映画の公開を記念し、背景美術スタジオ「でほぎゃらりー」の設立者ドワンゴ・川上量生と、カラーの庵野秀明、スタジオポノックの西村義明プロデューサーによる鼎談イベント付き試写会が、7月1日にイイ [全文を読む]

川田裕美×米林宏昌監督 ジブリ退社後初の映画『メアリと魔女の花』制作秘話を語る!

PR TIMES / 2017年06月23日12時14分

『Orico presents FIELD OF DREAMS』6月24日・7月1日(土) 12:30~12:55(JFN38局ネット・曜日・時間違い)放送TOKYO FMでは、川田裕美がパーソナリティをつとめる『Orico presents FIELD OF DREAMS』(毎週土曜日12:30~12:55 JFN38局ネット・曜日・時間違い)で6月24 [全文を読む]

ジブリ、是枝裕和、浅野忠信…今年のカンヌ「ある視点部門」がアツい!

Movie Walker / 2016年05月10日08時57分

まずは是枝裕和監督の最新作『海よりもまだ深く』(5月21日公開)。阿部寛を主演に迎え “なりたかった大人”になれなかった大人たちを描く人間ドラマで、是枝監督がこれまで撮り続けてきた完璧ではない家族のあり方をテーマにした物語だ。是枝監督の本映画祭への出品は、『誰も知らない』(04)、『海街diary』(15)などに続き通算6度目。『そして父になる』(13) [全文を読む]

東京アニメアワードフェスティバル2015『アニメ オブ ザ イヤー』ノミネート作品決定!

PR TIMES / 2015年02月17日12時19分

[画像: http://prtimes.jp/i/12140/3/resize/d12140-3-915221-0.jpg ]劇場映画部門■アナと雪の女王 <英題:FROZEN>監督:クリス・バック、ジェニファー・リー公開年:2013年■かぐや姫の物語 <英題:THE TALE OF THE PRINCESS KAGUYA>監督:高畑勲公開年:2013年■ [全文を読む]

アニメを元に、現実の“お祭り“も誕生! 金沢美術工芸大学の“コスプレ卒業式“も気になる石川県エンタメ事情

おたぽる / 2015年01月10日05時00分

細田さんは『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』、そして公開が待たれる最新作『バケモノの子』のアニメ監督である。マンガ家・東村アキコさんは、マンガ『かくかくしかじか』(集英社)で自身の半生を描いており、作中には前述の卒業式コスプレについての描写もある。 最近の卒業生には、井上涼さんがいる。井上さんは卒業制作のアニメ『赤ずきんと健康』 [全文を読む]

庵野秀明、宮崎駿&高畑勲の製作現場を比較

映画.com / 2017年07月01日22時45分

[映画.com ニュース] 米林宏昌監督がスタジオジブリ退社後に初めて手がけた長編アニメーション映画「メアリと魔女の花」の公開記念鼎談(ていだん)が7月1日、東京・イイノホールで行われ、本作のプロデューサー・西村義明氏、スタジオカラーの庵野秀明、ドワンゴ取締役会長である川上量生氏が出席した。 「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」で知られる米林監 [全文を読む]

フォーカス