今後 高木京介に関するニュース

野球賭博の巨人・高木京介「正式復帰」決定に疑問殺到! 一部では「最初から決まっていた」の声も......

Business Journal / 2017年03月27日18時00分

今月の「FLASH」(光文社)によれば、巨人と再契約した高木は、今後他球団に移籍という流れの可能性が示されおり、今後の動向に注目が集まっている。 今回の正式発表以前より「復帰」の声が叫ばれていたが世間の反応はさまざまだ。高木自身に関しては「チャンスをもらったならもう一回がんばれ」「大変だと思うけど復活してほしい」と応援の声もある。 ただ、プロ野球界、そし [全文を読む]

元巨人・笠原将生容疑者の“野球賭博”逮捕で現役トップ選手がビクビク!「もろに調子を落としている」

日刊サイゾー / 2016年05月06日21時00分

巨人の調査によると、斉藤容疑者と面識があった巨人関係者は、笠原容疑者ら4元投手のほかに計8人だったというが、今後、公判で大物選手の実名が飛び出す可能性がささやかれている。 「笠原容疑者と親交があったとして名前があがっているのは野手のX、投手のYとZだが、いずれも現在、主力選手として一軍で活躍。XとYは笠原容疑者が逮捕された後の5月に入ってから調子を落として [全文を読む]

史上初の有期失格に!巨人・高木京介は今年1年をどう過ごすのか?

アサ芸プラス / 2016年03月23日17時59分

こうなると注目は、高木投手が今後1年間をどう過ごすかに集まるでしょうね」 失格期間中の選手はプロアマを問わず、他球団との試合や練習に参加することはできない。その他の野球活動も制限されるため、スコアラーや敵陣偵察も不可能だ。ただし巨人の練習に関しては、球団の同意と選手自身による金銭負担を前提に、参加することが可能となっている。では高木投手は今季、巨人の練習に [全文を読む]

【野球賭博に関与】巨人・高木京介投手の戦績を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年03月11日16時00分

「デビューからの連続登板機会無敗」のプロ野球記録を更新中だったが、今後プロ野球の世界で負けが付くことはないだろう。 ■穴を埋めるのは誰? 再三再四の事態だが、巨人にとっては戦力的に痛い。福田、笠原、松本は昨季、2軍でくすぶっていたが、高木はバリバリ1軍の域だ。 ビハインドでの登板、左腕という条件をそのまま当てはめると、チャンスが巡ってくるのは公文克彦(24 [全文を読む]

【中日】松井秀喜カムバック!? 「中日星稜ドラゴンズ」のオーダーを考えてみた(妄想)

文春オンライン / 2017年09月11日11時00分

実績十分の村松、湯上谷がいるのに3番に据えた島内は今後まだまだすごくなる期待料込み。って若い人が見たら全然ピンとこなかったら知らんがな……いや、ぜひググってほしい。 ここで、じゃあユニフォームはどうするか問題が。中日のキーカラーの青は星稜も同じ、アクセントカラーの赤とオレンジもまあ近い。だったらこの際、勝ちグセ目的大改革だから星稜のでいい。ドラ主力選手に脳 [全文を読む]

失格処分が3月に解除、高木京介の巨人復帰は? プロ野球記録を継続中の投手が球界から消えるのか…

週プレNEWS / 2017年01月22日06時00分

独特のカーブを武器にデビューから139試合黒星ナシというプロ野球記録を継続中の投手がこのまま球界から消えるとしたら、あまりにもったいない」 果たして今後、救いの手を差し伸べる球団は出てくるか。 [全文を読む]

高樹、高橋、高畑、高知…今年「高」の字姓がヤバい理由

WEB女性自身 / 2016年11月02日17時00分

「そういった意味では、高島礼子さんは、今後まだまだ注意が必要ですね」 それでは、気になる来年注意すべき文字は――。 「来年の立春になると一白水星となって、水に関する文字を名前に持つ方は、注意が必要となります」 名前に心当たりがある芸能人のみなさん、来年はスクープされないよう注意して――。 [全文を読む]

暴力団幹部逮捕でつながった球界の最暗部「巨人と山口組」本当の関係!(1)「大使館カジノ」の金貸し屋

アサ芸プラス / 2016年10月08日17時56分

笠原被告はせっせとそのラインに同僚選手たちを供給していたというから、今後の波及が注目されるのだ。「笠原が引き込んでいたのは、同じブルペンで待機してた投手が中心だった。しかも一、二軍を行き来してたから、その数も多かったってわけだ。処分を逃れた現役の中にも、笠原の舎弟だったのとか、一軍の主戦とか、斉藤の店に顔を出してたのはいっぱいいたけどな」(X氏) [全文を読む]

シーズン真っ只中で再燃した野球賭博・裏社会問題はやはり「底なしの沼」なのか......『諸悪の根源』は巨人とNPBの「慣れ合い」か

Business Journal / 2016年07月28日13時00分

その時でさえ、球団は「今後は、野球ファンの皆様の信頼を取り戻せるよう、チームとフロントが一丸となって再発防止に取り組んでいきます」さらには「(賭博関与は)もういない」と発表していたにもかかわらず、わずか半年足らずの今年3月に高木京投手の謝罪会見である。 一体、この球団の何を信じればよいのかという疑念は尽きないが、この問題をさらに根深いものにしているのが、 [全文を読む]

野球賭博・笠原将生容疑者が逮捕! 根深すぎる問題の深層と、ファン「疑心暗鬼」で巨人の存在意義はもはや皆無?

Business Journal / 2016年04月29日17時00分

そのイメージが地に堕ちた「球界の顔」は、今後も非難の対象となり続けそうである。 世間からしても、野球賭博をしていたのが現在発覚した4人だけとは到底思えないほど、この問題の根は深い印象。以前Twitterである若手投手が福田聡志と松本竜也とともに食事をしながら賭博行為をほのめかすようなやり取りをしている内容が流出してもいる。その若手投手は現在、一軍登板はない [全文を読む]

野球賭博汚染は球界だけじゃない、AKB運営・前社長も億をつぎ込む常連だった! 巨人とAKBのコラボの裏で何が...

リテラ / 2016年04月03日12時30分

賭博問題と同時に出てきた「声出し」や高校野球くじに関する話題とともに、今後は一気にうやむやとなりそうな気配が濃厚だ。 この状況に、裏でこっそり関与していた野球賭博関係者はさぞかし胸をなでおろしていることだろう。そして、この男も、そのうちの一人なのではないだろうか──。 その男とは、秋元康とともにAKB48をつくった創始者の一人にして、AKB48の運営会社で [全文を読む]

巨人軍“全主力選手がクロ”の賭博大疑獄(1)第4の男・高木京介と関係があったB氏の存在

アサ芸プラス / 2016年03月26日09時56分

今後、第5、第6の野球賭博関与選手が登場するかもしれないという、非常に危険な状態で球界の盟主は今季ペナントに向かう。記者が接触したのは「賭博騒動」の深層を知るヤクザ幹部。不敵な笑みを浮かべ、衝撃の事実を次々と口にした。 3月9日、神妙な面持ちで球団事務所に姿を見せた高木京介(26)は、「ウソを突き通すのは限界と思い、奥さんと両親に相談し、真実を言うことを決 [全文を読む]

「なんでもいいから巨人ネタを拾ってこい!」野球賭博問題が一大メディアグループ同士の“抗争”に発展!!

日刊サイゾー / 2016年03月15日18時00分

当球団の所属選手が敗退行為を行っていた疑いがあるという誤った内容を伝えるもので、球団の名誉を毀損(きそん)する」という言葉で牽制したが、産経グループの関係者は「今後も徹底的に追及していく」と宣言している。 騒動は一大メディアグループ同士の仁義なき戦いに発展しそうだ。 [全文を読む]

プロ野球賭博本当の「地獄」、山本耕史の話題にのっかるフジ、二階堂ふみのNEXT彼氏の素性……週末芸能ニュース雑話

日刊サイゾー / 2016年03月13日13時00分

結論としては「今後も気をつけよう」だったとか。デスクF なんだそりゃ(笑)。気をつけようっておかしくないか? すでに手を染めてる選手がいたらどうするんだよ。記者Y 裏に闇人脈が控えている場合、バレるよりもバレなかった後のほうが「地獄」と指摘する記者もいました。反社会的勢力は、賭博で勝っている時はホイホイ乗せて、金がなくなった瞬間に“脅し”が始まると。もう後 [全文を読む]

スクープ三冠王!巨人「ぶっちぎり優勝」記念座談会(1)

アサ芸プラス / 2012年09月28日10時59分

今だから話せる優勝秘話から、今後に待ち受ける意外な展開まで、匿名記者たちが大いに語り尽くした。 * A(スポーツ紙デスク) 今年の巨人は清武問題が尾を引いて、6月には原辰徳監督(54)の「1億円不倫スキャンダル」が暴露された。それでも、渡辺恒雄球団会長(86)の判断は「時効」とのことで、原監督が処分されることはなかったね。 B(テレビ局巨人番記者) だけど [全文を読む]

フォーカス