最近 黒木瞳に関するニュース

北斗晶さん、つるの剛士さん強し!篠原涼子さんの躍進にも注目-有名人の子育てイメージに関するアンケート調査 2015

DreamNews / 2015年12月11日13時30分

【こそだて】 http://www.kosodate.co.jp/ 集計総数: 399人 男女比 6:94(男性23人 女性376人)中心年齢 30代半ば ※参考:2014年の結果 http://www.dreamnews.jp/press/0000103958/ ■アンケート結果 敬称略 ( )は2014年●最近子どもができた有名人で思い浮かべる人は? [全文を読む]

女性の上位が入れ替わり「北斗晶」さんが三冠,男性は「つるの剛士」さん今年も強し。 -有名人の子育てイメージに関するアンケート調査 2014【こそだて】

DreamNews / 2014年12月03日14時00分

【こそだて】 http://www.kosodate.co.jp/ 集計総数 327人 男女比 8:92(男性26人 女性301人)中心年齢 30代半ば ※参考:2013年の結果 http://www.dreamnews.jp/press/0000085032/ ■アンケート結果 (敬称略) ●最近子どもができた有名人で思い浮かべる人は? 得票率 (20 [全文を読む]

おのののか“トレードマーク”に対する本音「戸惑いを感じた時期もあった」「バラエティに臨むスイッチ」――芸能活動4年を回顧

モデルプレス / 2016年07月17日21時00分

バラエティタレントやグラビアモデルといったイメージの強い彼女だが、2014年に『ホワイト・ラボ~警視庁特別科学捜査班~』(TBS系)で女優デビュー、その後も映画『呪怨‐ザ・ファイナル‐』(2015年)では物語のカギを握る重要な役どころを演じ、最近ではNHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』にも出演するなど、コンスタントに役者の仕事を行っている。モデルプレス [全文を読む]

6月1日は「真珠の日」(6月の誕生石は真珠)1200人に調査!「真珠が似合う有名人」トップ10位を発表 第1位は、やはり今話題のあの人!

DreamNews / 2016年06月01日15時30分

最近タレントのDAIGOさんと結婚し、話題を呼びました。結婚式のことも大きくメディアに取り上げられ、話題性が反映されたようです。また、第3位の黒木瞳さんはどの世代からも安定的な人気を誇っており、誰もが想像する“真珠の似合う大人な女性”の象徴なのかもしれません。ランキングに入っている芸能人をみると、真珠の持つ柔らかく上品で、気品のある清楚なイメージに合う人が [全文を読む]

美保純「ネットでは私の勝ち!」 黒木瞳いじりが止まらない

NEWSポストセブン / 2017年04月29日07時00分

最近、出汁をとるのにハマっている》と黒木が綴ると、「黒木さんが出汁をとるなんて…絶対粉末ですよね」と即座にイジる。さらに4月12日の《シャツの襟は洗顔石鹸で汚れを落としてから洗濯機に》というコラムの内容には、「いやぁ~絶対、こすってないと思います。(家庭的母親キャラの)北斗晶さん寄りですよね」と、こんな具合。 共演する江原啓之(52才)は「穏やかにお願い [全文を読む]

【注目の人物】“美人すぎる就活生”現る!ミス・ワールド2015日本代表・中川知香が女優デビュー

モデルプレス / 2017年02月08日15時00分

と気持ちを切り替えられるところ ◆Q6.自分にキャッチコピーをつけるとしたら?その理由は? ポジティブマイペース‼︎ ◆Q7.スタイルキープのためにやっていること 体を動かすことと、体づくりのための料理を作ること ◆Q8.最近ハマっていることは? お風呂の中で本を読むこと ◆Q9.最近した初体験 ドラマデビュー ◆Q10.憧れている人 舘ひろしさん ◆Q1 [全文を読む]

紫吹淳ほか宝塚OGがバラエティで活躍 背景に「積み上げた芸」

NEWSポストセブン / 2015年07月29日16時00分

タカラジェンヌたちは舞台をテレビに変えても輝き続けている――元々、ドラマや映画で活躍する元宝塚女優は多いが、最近、バラエティー番組でも欠かせない存在になっている。元トップスターの紫吹淳は、バラエティー番組に引っ張りだこだ。彼女たちがこれだけ求められる理由はどこにあるのだろうか? コラムニストのペリー荻野さんが綴る。 * * * 最近、元宝塚女優たちの活躍が [全文を読む]

松嶋奈々子、佐々木希、「嫌われタレント性悪現場」

アサ芸プラス / 2013年02月07日10時00分

実際、彼女が道に吸い殻を捨てるのを目撃したスタッフもいます」(テレビ関係者) 一方で、最近は態度が変化してきたという声も出ている。 「かつては参加しなかった打ち上げの席に現れては、タップダンスを披露するなどサービスしまくり。どうやら、娘のゴシップでのイメージ回復や、真矢みきや檀れいなどの宝塚出身の後輩の存在にも危機感を抱いているようなんです」 しかし、それ [全文を読む]

黒木瞳が必死の営業回り「娘のイジメ問題余波で仕事が激減して……」

日刊サイゾー / 2012年12月13日09時00分

「実は最近、名のあるプロデューサーのところに彼女から“直電”がかかってきてるそうです。その内容というのが、『いい作品があるから、どう?』というもの。どうやら、仕事のオファーが激減しているため、仲の良い脚本家と組んで売り込みをしているようです。要は、『私が主演の作品があるけど、お金を出してくれない?』ってことみたいですよ」(芸能事務所関係者) その背景には [全文を読む]

高視聴率「熟女優」フェロモンの秘密(1)「女王」天海祐希が「知的」沢口靖子に圧勝!「45歳であのスタイルの良さはありえない」

アサ芸プラス / 2012年08月28日10時59分

ただ最近は、役柄がワンパターン化しているんですね。『BOSS』(フジ系)の刑事役から、理想の上司役パターンですね」 松嶋菜々子(38)にも同じことが言えるという。 「彼女はドラマのセレクションがうまくて、00年の『やまとなでしこ』(フジ系)以来、出る作品、出る作品を当てています。昨年、『家政婦のミタ』(日テレ系)のような変わった役を当てましたが、今後、どう [全文を読む]

フォーカス