本田 今野泰幸に関するニュース

香川真司にあって本田圭佑にないものは「ヨーロッパにおける希少価値」

週プレNEWS / 2012年06月22日06時00分

サッカーW杯アジア最終予選、開幕3連戦で圧倒的なパフォーマンスと存在感を見せつけたのが本田圭佑(CSKAモスクワ)だ。 「チームの攻撃の中心。ザッケローニ監督の戦い方は4-2-3-1の布陣で、その2列目の真ん中に本田を置き、そこにボールを集めるというもの。本田はボールをおさめて失わないし、パスもフィニッシュも精度が高かった」(スポーツライター・加部究氏) [全文を読む]

本田圭佑の態度 W杯出場権を獲得した直後から変化が起きた

NEWSポストセブン / 2014年07月01日07時00分

今回は本田圭佑、ドイツでは中田英寿。チームに「王様」を作ってしまったことが敗因だったのではないか。 ジーコ時代の中田は、代表選手の中でも海外経験が最も豊富で、絶対的な存在感を示していた。しかしその半面、孤立しているシーンがよく見られた。 「あの時の代表は、黄金世代を中心に編成されているためか、同世代の選手で固まる傾向がありました。中田は彼らより少し年上だっ [全文を読む]

“前田、ハーフナーは選出されるのか?” サッカーW杯日本代表、英紙がFWの人選に注目

NewSphere / 2014年04月17日17時00分

西川周作(GK、浦和レッズ) 遠藤保仁(MF、ガンバ大阪) 今野泰幸(DF/MF、ガンバ大阪) 柿谷曜一郎(FW、セレッソ大阪) 森重真人(DF、FC東京) 川島永嗣(GK、スタンダール・リエージュ) 長友佑都(DF、インテル・ミラノ) 酒井高徳(DF、シュトゥットガルト) 細貝萌(MFヘルタ・ベルリン) 香川真司(MF、マンチェスター・ユナイテッド) [全文を読む]

世代交代印象付ける1G1A…代表3戦目で初ゴールの久保「やっと貢献できた」

ゲキサカ / 2017年03月24日07時03分

同15日のサウジアラビア戦でFW本田圭佑をベンチに追いやり、右FWで初先発を飾ったが、ケガのためハーフタイムに交代した。 「前回はいい形で終われなかったので、今回はと思っていた」。先制後も果敢に仕掛け、前半29分にも右サイドから中に切れ込み、左足でシュート。「このチームでは僕はまだまだ若手なので、どんどんアグレッシブにそういうのを見せていきたいと思っていた [全文を読む]

川島と今野が先発で本田はベンチスタート、UAE戦のスタメンが発表《ロシアW杯アジア最終予選》

超ワールドサッカー / 2017年03月23日23時43分

また、日本を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督はサウジアラビア戦に続いてMF本田圭佑をベンチスタートとし、FW久保裕也をスタメンとしている。UAE戦のスタメンは次の通り。 ◆UAE代表戦スタメン(C)CWS Brains,LTD.GK:川島永嗣 DF:酒井宏樹、吉田麻也、森重真人、長友佑都 MF:山口蛍、今野泰幸 MF:香川真司 FW:久保裕也、大迫勇也 [全文を読む]

今野、高萩ら選出、本田や宇佐美も招集…日本代表発表、W杯最終予選2試合へ

サッカーキング / 2017年03月16日15時28分

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が選出したメンバーには、FW本田圭佑(ミラン)やFW岡崎慎司(レスター)、MF香川真司(ドルトムント)、FW大迫勇也(ケルン)、FW久保裕也(ヘント)ら欧州組14選手が名を連ねた。本田については、ミランがインフルエンザ発症と15日の練習欠席を発表。代表メンバー発表直前にコンディション不良と伝えられたことで、招集が危ぶまれてい [全文を読む]

ハリルJが連勝発進!!青山、宇佐美、川又が代表初ゴール

ゲキサカ / 2015年04月02日15時21分

前線は右からFW本田圭佑、岡崎、FW乾貴士と並び、川島、森重、酒井高、香川、本田、乾、岡崎の7人が1月23日のアジア杯準々決勝・UAE戦以来、2試合ぶりに先発した。[スタメン&布陣はコチラ] 日本は前半6分、森重の縦パスから本田、岡崎、本田、乾とワンタッチで細かくつなぎ、最後はゴール前に走り込んだ香川がシュート。DFのブロックに阻まれたが、このプレーで獲得 [全文を読む]

今野&岡崎弾で豪州撃破!!アギーレJが年内最終戦飾る

ゲキサカ / 2014年11月19日02時12分

前半10分、DF吉田麻也の縦パスをFW本田圭佑、遠藤とワンタッチでつなぎ、右サイドを酒井がオーバーラップしたが、クロスはDFのブロックに阻まれた。 前半16分には左サイドからの太田のアーリークロスに合わせたFW武藤嘉紀のヘディングシュートがクロスバーを直撃したが、わずかに武藤がオフサイド。オーストラリアも直後の17分に右クロスにFWマシュー・レッキーが頭で [全文を読む]

セルジオ越後の一蹴両断! 第277回「欧州遠征は勝ち負けよりも内容を見たい」

週プレNEWS / 2012年10月11日15時00分

だから、選手個人では、攻撃の中心となる香川と本田に注目したい。サイドで使うのか、トップ下で使うのか、香川のポジション問題も含めて、彼らが強豪相手にどうやってチャンスをつくるのか。ボランチの長谷部のコンディションが十分でない現状を考えても、僕は香川をトップ下、本田をボランチで起用するのがベストだと思うんだけど……。まあ、本田がそれを受け入れるかどうかという [全文を読む]

長友が「なぜこうなったのか、原因はよくわからない」――奇妙なタイ戦で明らかになった問題点と光明

週プレNEWS / 2017年03月29日20時00分

逆に、久保の活躍ですっかり影が薄くなったのが本田圭佑である。 過去の功績は申し分のない本田だが、現在は所属のミランで戦力外となっていることが大きく影響し、調子が急激にダウン。ハリルホジッチ監督は「彼のことをしっかりサポートしているが、クラブの中での彼の状況を改善してほしい」と試合後に伝えたそうだが、昨年から同じような台詞が繰り返されるばかりだ。この状況は、 [全文を読む]

フォーカス