高校野球 斎藤佑樹に関するニュース

元野球少年のビートたけし「高校球児がうらやましい」

Smartザテレビジョン / 2015年07月15日05時00分

ことし100年という節目の年を迎えた「全国高校野球選手権大会」の歴史に隠されたドラマを秘蔵映像として紹介し、真実に迫る特番「高校野球100年の真実~心揺さぶる真夏のストーリー~」(ABCテレビ)が、8月1日(土)に放送されることが分かった。“元野球少年”のビートたけし、谷原章介が野球談議に花を咲かせる。オープニングでは、自身も野球少年だったというたけしが高 [全文を読む]

元甲子園準優勝投手大越基氏「プロで7勝できる自信あった」

NEWSポストセブン / 2012年02月18日07時00分

ノンフィクションライターの柳川悠二氏が、選抜出場を決めた山口県の私立早鞆高校野球部監督を務める、大越氏を訪ねた。(文中敬称略) * * * 早大退部後は、パチンコや競馬に明け暮れ、不摂生がたたって体重は75キロから一気に66キロまで落ちた。早稲田にケンカを売った甲子園準優勝投手の凋落ぶりは、世間の耳目を引いた。 「天下の早稲田を批判し、敵に回した人間を助け [全文を読む]

早実との死闘から10年。元駒大苫小牧・香田監督を襲った苦悩と挫折

週プレNEWS / 2016年08月23日06時00分

2004年、北海道勢として初めて夏の高校野球の全国優勝を飾った駒大苫小牧。 この快挙以降、その名を馳せることになる香田誉士史(よしふみ)監督の指導の下、チームは翌年夏に連覇、翌々年には斎藤佑樹vs田中将大の図式で世間を大いに沸かせた早実との一戦で、3連覇に肉薄する。 しかし、この高校球史に残る華々しい躍進の舞台裏では、若き監督の知られざる苦悩があった。『勝 [全文を読む]

そういえばどうなった…!? 日本ハム・斎藤佑樹のこれまでの野球人生と今季成績

デイリーニュースオンライン / 2015年12月02日11時00分

高校野球ファンならば知っている」というレベルで、全国レベルの知名度はなかった。 斎藤の知名度が大きく上がったのは、同年夏の甲子園。田中将大との投げ合いの前に、マウンド上でハンカチで汗を拭く姿がフィーチャーされ、ご存知「ハンカチ王子」の二つ名を頂くと大フィーバー。 お母さんからもらったハンカチで、斎藤はスター街道に乗り、見事に甲子園を制するのであった。 ち [全文を読む]

“ハンカチ王子”の早実は春の選抜でも延長引き分け再試合を経験していた!

アサ芸プラス / 2017年03月24日05時59分

まぎれもなく現在の高校野球界ナンバーワンのスラッガーである清宮幸太郎擁する早稲田実(東京)である。清宮は今大会、キャプテンとしてあの王貞治(元・巨人)がエースで優勝して以来、60年ぶり2回目の春制覇を目指すことになる。 その早実が生んだ名選手で、清宮の前に甲子園大会を沸かせたヒーローといえば、なんといっても“ハンカチ王子”こと斎藤佑樹に尽きる。特に06年夏 [全文を読む]

【高校野球】最多37回出場の北海高校、忘れ物を取りに再び甲子園へ

デイリーニュースオンライン / 2016年08月04日17時05分

【関連記事】 [全文を読む]

【高校野球】78球で完全試合も?少ない球数でも輝いた伝説の投手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年07月22日16時05分

そんな話題もかすむような投球をみせたのが、高校野球・宮城大会での小牛田農林・加藤優投手。7月16日から18日まで、引き分け再試合も含めて3試合連続完投。3日間で「423球」を投げ、敗れてしまったことがニュースとなった。 また、同じ18日には昨年のセンバツ覇者・敦賀気比が福井大会でまさかの初戦敗退。5季連続の甲子園出場を逃した衝撃とともに、ドラフト候補のエー [全文を読む]

迫りつつある「引退」の時? 日本ハム・斎藤佑樹投手が5回KOも栗山監督は「次回先発確約」で、広がり続ける両者の「温度差」

Business Journal / 2016年06月30日10時00分

例えば2013年のオフ、右肩痛もあって登板1試合で0勝、防御率13.50という自己最低の成績に終わった一方で、高校野球でライバルだった楽天の田中将大投手が前人未到の24勝0敗という大記録を達成。プロに入って完全に明暗がわかれた格好となったが、斎藤は翌シーズンの目標を「25勝」に設定する仰天発言。冗談で済まそうとしたマスコミに「本気なんですけど」と付け加える [全文を読む]

公開から2週間で早くも1,000万UB突破!高校野球公式サイト「バーチャル高校野球」高校野球100年の歴史から激選された名シーン動画集「甲子園が揺れた瞬間」2015年8月3日(月)公開!

PR TIMES / 2015年08月03日19時57分

「平成の怪物」松坂大輔、「5打席連続敬遠」松井秀喜らの、往年の名勝負が動画で復活 ~侍ジャパントップチーム各メンバーからの特別動画や地方大会ダイジェストも公開~ 朝日新聞社と朝日放送が共同で立ち上げた全国高等学校野球選手権大会のコンテンツを提供する公式サイト「バーチャル高校野球」(URL:http://www.asahi.com/koshien/)内で、過 [全文を読む]

高校野球ファン必携の一冊、ついに完成!! あの名勝負がよみがえる「完全保存版 高校野球100年」(週刊朝日編集部編)

PR TIMES / 2015年07月14日14時27分

株式会社朝日新聞出版(本社:東京都中央区築地)は16日、高校野球100年を記念して、『完全保存版 高校野球100年』を刊行します。 高校野球が始まって100年。ヒーローと名勝負を一気に振り返ります。嘉義農林・三池工の凱旋、戦時中の「幻の大会」秘話や、全決勝、各都道府県別勝敗表など豊富なデータも収録。ファン必携の一冊です。 [画像: http://prtim [全文を読む]

夏に比べてドラマがない? センバツ甲子園の隠れ伝説

週プレNEWS / 2015年03月21日06時00分

いよいよ今春の高校野球甲子園大会も開幕する。 夏に比べて、悲壮感がないといわれるセンバツ。だが、中には奇襲戦法やトンデモ作戦、怪記録や珍プレーも飛び出した。そんなエピソードをまとめて紹介しよう。 およそ90年の歴史を誇る春のセンバツ。それゆえ、時代を彩る「伝説」も数多く存在している。 例えば、チームスタイル。70年代は中村・山沖のように、突出した選手のワン [全文を読む]

今や偽者まで出現! 甲子園バックネット裏に陣取る“ラガーさん”って誰?

週プレNEWS / 2014年08月15日06時00分

甲子園のバックネット裏の最前列で、高校野球全試合を観戦している「ラガーさん」です。 ――いつもラガーシャツで観戦している姿がテレビ中継に映っていますね。大会中は試合が終わると、翌日に備えて入り口で並ぶんですか? ラガー はい。高校野球は自由席なので、翌日も最前列に座るために「8号門」前に並んで野宿します。同じ目的で集まった「8号門クラブ」の仲間と協力して荷 [全文を読む]

甲子園3度制覇の名将「ゆとり教育で高校野球も変わった」

NEWSポストセブン / 2012年08月05日16時00分

高校野球・夏の甲子園大会がまもなく開始するが、青春甲子園の舞台裏を覗いてみると、“策士”たちの知略が張り巡らされていた。ノンフィクションライターの柳川悠二氏がレポートする。<文中敬称略> * * * 3度の全国制覇経験を持つ帝京(東東京)の監督、前田三夫は勝利至上主義を貫く人物だ。かつて選手にタッチアップをしないよう指示し、コールド勝ちを避けたことがあった [全文を読む]

【高校野球】引き分け再試合が続いたセンバツ。投手の肩ヒジをいかに守っていくべきか?

デイリーニュースオンライン / 2017年03月29日16時05分

甲子園に限らず地方大会も含め、高校野球につきものと言って過言でないのが投球数問題だ。今センバツでも200球近く投げ抜いた投手がいる。 いかに負担を軽減するか。少年からプロ野球選手まで、投手には自らの肩ヒジにスポーツ障害を抱えないための戦いもある。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■まさかの2戦連続引き分け。肩ヒジへの状態は [全文を読む]

清宮以外も! センバツの「スーパー球児」たち

日刊大衆 / 2017年03月21日17時05分

何かと注目されるのは“怪物”の本塁打記録だが、相対する選手たちも、屈強の猛者ぞろいだ! いよいよ3月19日からスタートした春のセンバツ高校野球。今大会最大の見どころといえば、やはり早稲田実業の清宮幸太郎だろう。出場校が決まった頃から、新聞やテレビなどは、どこも清宮一色だ。「すでに高校通算79本塁打を達成していますからね。100本越えも決して夢ではなくなって [全文を読む]

進路に関する話題は絶対NG…「早実・清宮の進学説」は本当か?

週プレNEWS / 2016年11月24日06時00分

高校野球の大スターといえば、早実の清宮幸太郎内野手(同校2年)。 15日に行なわれた明治神宮大会決勝では履正社に敗れたものの、高校通算76号となる先制ソロを放つなど、相変わらずの怪物ぶりを見せつけた。 在京球団のスカウトが目を細める。 「秋の東京都大会では5打席連続三振を喫するなど、スランプという話もあったけど、まったく心配ないね。来年のドラフトは間違いな [全文を読む]

夏の甲子園・我が心の決勝戦(4)最後の一球が最速!田中将大の9回3者連続三振

アサ芸プラス / 2016年08月20日09時59分

高校野球評論家・上杉純也) [全文を読む]


ドラフト1位で注目を集める超高校級投手…ギャンブルにハマる星があるので要注意?

週プレNEWS / 2015年11月10日06時00分

高校野球が盛り上がった影響か、例年より注目されていたような気がします。 では、気になる高校生ドラフト選手の運気や、活躍できるかどうかを占ってみましょうか! まず、一番指名が集中した県立岐阜商の高橋純平選手。高橋選手は今年から来年は体調が微妙と出ています。元々スタミナが足りない星なので、2年ぐらいは体力づくりをしっかりして、再来年以降活躍できるくらいのイメー [全文を読む]

スカウトの眼力はホンモノか? 過去20年間のプロ野球ドラフト1位競合選手を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2015年10月29日11時30分

【1997年】川口知哉(平安高・投手) ○オリックス ×近鉄、ヤクルト、横浜 【2001年】寺原隼人(日南学園高・投手) ○ダイエー ×巨人、中日、横浜 【2006年・高】田中将大(駒大苫小牧高・投手) ○楽天 ×日本ハム、オリックス、横浜 【2007年・高】中田翔(大阪桐蔭高・外野手) ○日本ハム ×ソフトバンク、オリックス 【2010年】斎藤佑樹(早 [全文を読む]

フォーカス