映画 阪本順治に関するニュース

そこは昭和。阪本順治はなぜ「団地」を舞台にした映画を作ったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年05月31日13時00分

阪本順治×藤山直美が16年ぶりの再タッグ その映画はいまも、“傑作”として語り継がれている。日本を代表する舞台女優・藤山直美さんが「映画初主演」を飾った『顔』。引きこもり同然のヒロインが殺人を犯してしまうものの、逃亡の旅の中、新たな人生へと目覚めてゆく異色のロードムービーだ。 2000年に公開された本作は数多くの映画賞を総なめにしたが、あれから16年。監 [全文を読む]

旦那が床下に隠れちゃう! 映画『団地』に笑いが止まらない~

anan NEWS / 2016年06月10日20時00分

オネエ系映画ライター・よしひろまさみちさんの映画評。今回は、オフビートな笑いを生み出す映画、『団地』です。 * * * このスチールのルックスったら! コレ見ただけでおもろさヤバげなのが伝わるのって、珍しいわよね~。やっぱり藤山直美さんの存在感、ハンパないわ~。関西の喜劇女帝ナオミ、こと藤山さんは、ご存じの通りあまりテレビドラマや映画には出ないお方。普段は [全文を読む]

『団地』の阪本順治監督と斎藤工が語る、藤山直美の素顔

Movie Walker / 2016年06月02日08時00分

その年の映画賞を多数受賞した『顔』(00)の主演女優・藤山直美と阪本順治監督が、16年ぶりに再タッグを組んだ映画『団地』(6月4日公開)。舞台挨拶で阪本監督が「阪本順治のSと藤山直美のFで“SF映画”です」とおちゃめなキャッチフレーズをつけて笑いを取っていたが、確かに本作は、素朴なタイトルとはかなりギャップがある奇想天外な映画となった。本作に出演した阪本監 [全文を読む]

阪本順治監督、日本・キューバ合作「エルネスト」製作の道のりを報告

映画.com / 2017年08月23日20時20分

映画.com ニュース]オダギリジョーが主演を務めた、日本とキューバの合作映画「エルネスト」の試写会が8月23日、東京・千代田区の日本記者クラブで行われ、メガホンをとった阪本順治監督が上映前の会見に出席。製作の経緯、撮影時のエピソード等を明かした。 映画は、キューバ革命の英雄として知られるチェ・ゲバラのゲリラ部隊に参加し、ゲバラから「エルネスト」と名付け [全文を読む]

表紙&巻頭は『ナラタージュ』松本潤、「ぴあ Movie Special 2017 Autumn」9/12(火)発売決定&予約受付開始!

PR TIMES / 2017年08月07日18時51分

~生田斗真&広瀬すず、山田涼介&西田敏行、オダギリジョー&阪本順治、乃木坂46らも登場~ 最新映画情報をお届けする「ぴあ Movie Special」の最新号、「ぴあ Movie Special 2017 Autumn」を9月12日(火)に発売することが決定し、予約受付も開始いたしました。 ※Amazon予約ページ:bit.ly/2hBwp20 ■表紙&巻 [全文を読む]

オダギリジョー、チェ・ゲバラとの縁に驚き「言われてみれば…」

ORICON NEWS / 2017年09月19日22時05分

俳優のオダギリジョーが19日、東京・日本外国特派員協会で行われた映画『エルネスト』記者会見に出席。同作で、キューバ革命の英雄のエルネスト・チェ・ゲバラのゲリラ部隊に参加した日系人・フレディ前村ウルタードを演じたが、海外の記者から自身とゲバラの不思議な縁を指摘され、驚きの声を上げた。 【写真】会見には阪本順治監督も出席 オダギリの2003年公開の初主演映画[全文を読む]

J Movie Magazine ジェイムービーマガジン Vol.04刊行のお知らせ

@Press / 2015年10月21日16時30分

株式会社リイド社(所在地:東京都杉並区、代表取締役社長:斉藤發司)は2015年10月21日(水)に映画を中心としたエンターテインメントビジュアルマガジン『パーフェクト・メモワール J Movie Magazineジェイムービーマガジン Vol.04』を刊行いたします。 ■内容紹介 永久保存版! 香取慎吾ほか、『ギャラクシー街道』 メインキャストによる豪華両 [全文を読む]

福井晴敏が『人類資金』に込めた“提案と願い”とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月18日18時40分

10月19日から公開される映画『人類資金』。原作は福井晴敏、監督は阪本順治という『亡国のイージス』コンビが選んだ今回のテーマは「経済」。かねてから、M資金を映画の題材にしたいと考えていた阪本から福井にオファーがあったのは2006年3月。リーマン・ショック、東日本大震災という日本を揺るがす大激震を経て、いま描くべきものは「金」と、福井は自らの提案も盛り込んだ [全文を読む]

オダギリジョー「エルネスト」役づくりの質問に「お酒飲まなくて良かった」

映画.com / 2017年09月20日07時00分

映画.com ニュース] 日本・キューバ合作映画「エルネスト」の阪本順治監督と主演のオダギリジョーが9月19日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見した。 キューバ革命の英雄チェ・ゲバラからファーストネーム「エルネスト」を託された日系ボリビア人・フレディ前村の激動の半生を描く、史実を基にした物語。阪本監督は、企画の成り立ちを問われ「エルネストは、目的を [全文を読む]

DVD『西部邁ゼミナール』Vol.9【ゲスト:阪本順治】&Vol.10【ゲスト:クライン孝子】が、Amazon DOD(ディスク・オン・デマンド)で発売!!

DreamNews / 2017年06月23日16時00分

阪本順治監督が映画「ジョーのあした」と辰吉丈一郎の人生を語る。後半では、辰吉丈一郎の20年を追い続けた阪本監督による映画「ジョーのあした」に見る男女関係、親子物語を考える。孤独と危険に自分を追い込みながら、なぜ引退しないのか。「ボクシングをやり続けることによって父ちゃんとの絆がある」「生きてきた生涯で一番嬉しいのは子供が生まれたこと」家庭という小さな空間と [全文を読む]

窪塚洋介、ハリウッドで箔付けして来春にはテレビ出演再開?

アサジョ / 2016年10月25日09時58分

来年1月21日公開の映画「沈黙─サイレンス─」でハリウッドデビューを飾る窪塚洋介。10月19日に都内で行われた記者会見では「決まった時はまさにキツネにつままれるというか。ドッキリなんじゃないかと思っていて、撮影を終えて今ここに来てやっと現実なのかもなという感じになってきた」と胸中を明かした。 この映画は「タクシードライバー」などで知られる巨匠マーティン・ス [全文を読む]

佐藤浩市 役者は一息でバーベルを上げるような無酸素運動

NEWSポストセブン / 2016年07月22日07時00分

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』から、演じる転機となった映画『トカレフ』に主演した体験を語った佐藤の言葉をお届けする。 * * * 佐藤浩市は1994年、阪本順治監督の映画『トカレフ』に主演、これまでのギラギラした役柄から一転し、市井の人間に潜む狂気を静かなタッチで演じた。 「それまでは分かりやすいあんちゃ [全文を読む]

阪本順治監督と斎藤工が対談。原田芳雄への思いを明かす

Movie Walker / 2016年06月03日07時01分

よくある普通の映画にはしたくない!そんな意気込みと気合が十分伝わってくる阪本順治監督最新作『団地』が、6月4日(土)より公開される。本作は、その年の映画賞を多数受賞した『顔』(00)の主演女優・藤山直美と阪本監督が16年ぶりにタッグを組んだ意欲作。そこに旬の俳優・斎藤工も参戦した。阪本監督と斎藤にインタビューし、撮影裏話から亡き名優・原田芳雄のエピソードま [全文を読む]

10/19(土)映画『人類資金』公開記念 リアル宝探しイベント 「探せ!10兆円(M資金)」in 東京タワー

PR TIMES / 2013年10月07日16時39分

~報酬は50億円!?謎に包まれた「M資金」を盗み出せ!~ 11月2日(土)・9日(土)・10日(日) 3日間限定開催!体験型のリアル宝探し「タカラッシュ!」を運営するラッシュジャパン株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:齊藤多可志)は、10月19日(土)より公開される映画「人類資金」の公開記念特別イベントとして、期間限定のリアル宝探しイベント「探せ!1 [全文を読む]

「震災以降、日本人すべてが“このままじゃダメなんだな”ということをうっすらわかってる」――『人類資金』対談 福井晴敏×森山未來

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月19日11時40分

『ダ・ヴィンチ』10月号では、福井晴敏と、映画で、謎の男・Mの腹心となる石優樹を演じた森山未來との対談が実現した。 関連情報を含む記事はこちら 【福井】 この映画の脚本を書いてる途中で3・11があって、一度はもっと震災以降ってことに振り切れた脚本になったりしたんですよ。でも、だんだん自分たちの腹の中に落ちてくるにつれ、そういうことじゃないなって。経済を維持 [全文を読む]

福井晴敏氏がM資金描く新作はカネ本来の意味考える壮大な話

NEWSポストセブン / 2013年09月05日07時00分

【著者に訊け】福井晴敏氏/『人類資金』/講談社文庫/1巻263円、2巻525円「次回は“M資金”の話で一緒に映画をつくろう」 2005年夏、映画『亡国のイージス』でタッグを組んだ作家・福井晴敏氏(44)と阪本順治監督(54)の約束から、全ては始まった。「監督は昔、ちょうど本書で描いた金融ブローカーの溜まり場みたいな喫茶店で、怪しい連中がM資金云々とよからぬ [全文を読む]

有名人15人「臨終の瞬間」壮絶舞台ウラ(1)原田芳雄「喪失感」を遺作監督が激白

アサ芸プラス / 2012年02月21日10時54分

* 原田が亡くなる8日前、遺作となった映画「大鹿村騒動記」の試写会に現れた鬼気迫る姿は、多くの人の脳裏から離れない。 その時、車椅子を押していたのが、娘の麻由だった。舞台女優として活躍する原田麻由が、父親の最期をこう振り返る。 「父は退院して仕事に復帰することしか考えていませんでした。どこまでも前向きな人でしたから。病院の廊下で歩行練習もしていましたし、 [全文を読む]

オダギリジョー、主演映画『エルネスト』で「甘えや慣れを排除したかった」

マイナビニュース / 2017年09月14日10時00分

10月6日公開の映画『エルネスト』のサポーター世界最速試写舞台あいさつが13日、東京・新宿のTOHOシネマズ 新宿で行われ、主演のオダギリジョー、阪本順治監督が出席した。 阪本順治監督の最新作となる同映画は、キューバ革命の英雄、エルネスト・チェ・ゲバラの没後50周年を記念して日本とキューバ合作の作品。ゲバラの意志に共感し、ボリビアの軍事政権との戦いで196 [全文を読む]

オダギリジョー、スペイン語半年でマスター ゲバラの同志熱演、「戦い抜こうという気持ち強かった」

エンタメOVO / 2017年09月14日09時58分

日本・キューバ合作映画『エルネスト』サポーター世界最速試写会舞台あいさつが13日、東京都内で行われ、出演者のオダギリジョーと阪本順治監督が出席した。 本作は、ことし没後50年を迎えるキューバ革命の英雄エルネスト・チェ・ゲバラの同志であり、英雄の“意思”を継いで祖国ボリビアでの徹底抗戦に身を投じた日系二世の若い戦士・フレディ前村(オダギリ)の知られざる生涯を [全文を読む]

オダギリジョー「初心に戻る」“もう一人のゲバラ”役を受けた理由が熱い!

Movie Walker / 2017年09月14日09時17分

日本とキューバの合作映画『エルネスト』(10月6日公開)の「サポーター世界最速試写会」が9月13日にTOHOシネマズ新宿で開催され、オダギリジョーと阪本順治監督が登壇。チェ・ゲバラと共闘した実在の日系人を演じたオダギリが、「初心に戻してもらう意味でも“やりたい”と思った」と並々ならぬ熱意を明かした。 キューバ革命の英雄、エルネスト・チェ・ゲバラの意志に共感 [全文を読む]

フォーカス