大河 堺雅人に関するニュース

『真田丸』 王道の大河ドラマはこうだという懐かしさ感じる

NEWSポストセブン / 2016年02月14日07時00分

順調に人気を集めているNHK大河ドラマ『真田丸』。その魅力とはどんな点なのだろうか? 大河ドラマの金字塔・平均視聴率超を叩き出した『独眼竜政宗』(1987年)や、『八代将軍吉宗』(1995年)、『葵 徳川三代』(2000年)の脚本を書いたジェームス三木さんは『真田丸』(三谷幸喜・脚本)について、「家来が主君に質問をする」や「武将同士が道や廊下を歩きながら喋 [全文を読む]

堺雅人が「半沢直樹」続編を断ってNHK大河ドラマに出演するワケ

デイリーニュースオンライン / 2015年07月16日12時30分

7月10日、来年のNHK大河ドラマ『真田丸』の出演者が発表された。すでに公表済みの主人公・真田幸村演じる堺雅人(41)以外のキャスティングについての記者会見だったが、この豪華出演人について7月15日発売の『週刊新潮』(新潮社)が「超保守的」であると報じている。 それもそのはず、長澤まさみ(28)に大泉洋(42)、演技派女優として注目される吉田羊(年齢非公表 [全文を読む]

真田丸『最終回』解説。死して400年後も視聴者を翻弄した真田の生き様

まぐまぐニュース! / 2016年12月18日22時00分

今までみなさんに絶大な支持をいただいた、NHK大河ドラマ『真田丸』を放送直後にワンポイント解説する人気連載ですが、いよいよ最終回となりました。大河史上稀に見る傑作と、歴史ファンからも賞賛を浴びた『真田丸』は、いかにして誕生したのでしょうか? そして2年以上にわたって、このドラマに「戦国軍事考証」という重要なご意見番として携わってきた西股総生さんは、どのよう [全文を読む]

菅野美穂の出産を堺雅人主演のNHKドラマ『真田丸』番宣に利用する蜜月関係

デイリーニュースオンライン / 2015年08月20日12時00分

8月18日発売の『女性自身』(光文社)では、堺雅人が菅野美穂の出産に立ち会いたいがために、堺雅人主演の2016年NHK大河ドラマ『真田丸』のクランクインを遅らせたことを報じた。 通常大河ドラマのクランクインはお盆前後になっているが、堺雅人が出産までは気が気でないと、通常より1~2週間のクランクイン延期をNHKに打診して、NHKが快諾したようだ。 堺雅人への [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

大河ドラマに女性視聴者が進出『冬ソナ』から2年後の2006年、NHKの大河ドラマ『功名が辻』が放映された。脚本は大石静サン。主演は仲間由紀恵と上川隆也である。かのドラマ、原作は司馬遼太郎だが、主人公・千代は戦国の女に徹した原作から設定を大きく変えられ、反戦思想を内に秘めた現代的な女性になった。古参の大河ファンや司馬遼太郎ファンはその“脚色”に難色を示すが [全文を読む]

NHK大河ドラマ『真田丸』 まずまずのスタートを切ったが“不安要素”も……

日刊サイゾー / 2016年01月14日21時00分

16年のNHK大河ドラマ『真田丸』(堺雅人主演/日曜午後8時~)が1月10日、15分拡大でスタートし、視聴率は19.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、惜しくも20%の大台超えはならなかった。 初回が20%に乗らなかったことで、「低い」とする向きもあるが、12年の『平清盛』(松山ケンイチ主演)以降の大河ドラマで、初回視聴率が大台を超えたのは、1 [全文を読む]

「NHKのせい」の意見大半も……『真田丸』堺雅人の発言が低視聴率『花燃ゆ』井上真央の傷口をえぐる?

日刊サイゾー / 2015年12月15日00時00分

NHK大河ドラマ『花燃ゆ』の最終回が放送され、全50話の平均視聴率が12.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)となり、2012年に放送された『平清盛』と並んで、史上最低タイを記録してしまった。 放送開始当初から低空飛行の視聴率ばかりが注目され、内容や出演者の演技などはほとんど語られることのなかった『花燃ゆ』。「幕末男子の作り方」という不可思議なキャ [全文を読む]

堺雅人 16年大河主役に…三谷幸喜からの熱烈オファー!

WEB女性自身 / 2014年05月13日00時00分

「’16年のNHK大河ドラマは、真田幸村をテーマに描かれ、主演も堺雅人さんで決まっています。三谷さんが脚本を担当し、戦国時代を舞台にするとは報じられましたが、実は三谷さんが監督を務めた映画『清須会議』に出演した佐藤浩市さんや大泉洋さんなどの出演も内定しているのです」(NHK関係者) ‘04年の『新選組!』以来の大河ドラマとなる三谷幸喜(52)。堺雅人(40 [全文を読む]

タモリが大河ドラマ「真田丸」にサプライズ出演!?サングラスはどうするの?

アサ芸プラス / 2015年12月18日09時58分

12月14日、来年1月スタートのNHK大河ドラマ「真田丸」の初回完成試写会が都内で行われ、主演を務める堺雅人が「もしかしたらタモリさんが出るかもしれません」と話して話題を集めている。 堺は、同局の正月特番「ブラタモリ×鶴瓶の家族に乾杯 真田丸スペシャル」でタモリと笑福亭鶴瓶と共演するが、タモリが「真田丸」への出演を希望していたというのだ。 とはいえ、タモリ [全文を読む]

「無理に女を主役にするな!」柴咲コウ、大河主演も放送前から批判殺到

アサ芸プラス / 2015年08月30日17時59分

2017年のNHK大河ドラマで、女優の柴咲コウが主演を務めることが発表された。同ドラマでは戦国時代の女城主である、井伊直虎の波瀾万丈の生涯を描くという。「今回抜擢された柴咲コウはNHKドラマ初出演にして、いきなりの大河初主演となります。また脚本家は『JIN-仁-』、『天皇の料理番』(共にTBS系)など数々の高視聴率ドラマを手掛けてきたヒットメイカーの森下佳 [全文を読む]

長澤まさみは朝ドラ派…『真田丸』支える共演者の裏ドラマ5

WEB女性自身 / 2016年01月13日06時00分

1月10日から始まった大河ドラマ『真田丸』。真田信繁(幸村)を堺雅人(42)が演じることで話題だが、脇を固めるのも層々たる面子だ。そんな彼らの現場秘話を一挙公開! (1)父役・草刈正雄の悩みは丹波哲郎の 重圧 ! 父・昌幸役の草刈正雄(63)は、実は30年前に『真田太平記』で幸村を演じていた。 「草刈さんは『まさか自分が、丹波哲郎さん(享年84)の役を演じ [全文を読む]

堺雅人『真田丸』初回20%割れ! 大絶賛のウラで「三谷脚本は軽い」「ただのコメディ」の声も

サイゾーウーマン / 2016年01月12日15時00分

NHK大河ドラマ第55作目となる、主演・堺雅人、脚本・三谷幸喜の『真田丸』が、1月10日にスタートし、平均視聴率が19.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。全話平均視聴率が大河ワーストの『平清盛』と並ぶ12.0%となった井上真央主演『花燃ゆ』の次の作品ということで、視聴率を含め注目が集まっていたが、20%の大台に乗ることはでき [全文を読む]

昔は王子系だった堺雅人 大河『真田丸』主演でさらに進化か

NEWSポストセブン / 2015年12月07日16時00分

2016年1月10日にスタートするNHKの大河ドラマ『真田丸』。主演の堺雅人(42)が、今年の大河ドラマ『花燃ゆ』の井上真央(28)と“バトンタッチ会見”を行った。会見に出席した女性記者が再発見した、堺の魅力とは…? T美:とっても面白い会見があったのよ。 I代:なになに? T美:NHK大河ドラマ恒例の、“主役バトンタッチ会見”。 S子:毎年恒例のイベント [全文を読む]

堺雅人がNHK大河『真田丸』主演! 『半沢直樹2』はいよいよ絶望的か……?

日刊サイゾー / 2014年06月18日20時30分

再来年の2016年に放送されるNHK大河ドラマ『真田丸』の主演に堺雅人が正式決定したことが18日、発表された。 主人公は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけて活躍した真田幸村として知られる武将の真田信繁。天下を争う大名たちにほんろうされながらも、家族とともに知恵を頼りに生き抜き、江戸幕府に追い込まれた豊臣家のために果敢に戦う姿が描かれるという。 脚本は、S [全文を読む]

NHK大河『真田丸』で“高視聴率男”ぶりを証明した堺雅人 争奪戦にフジテレビも参入か!?

日刊サイゾー / 2016年12月22日11時00分

NHK大河ドラマ『真田丸』が18日、最終回を迎え、視聴率は14.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だった。全話平均は16.7%で、2012年以降の大河では最高視聴率をマーク。主演の堺雅人は、“高視聴率男”ぶりをあらためて示す格好となった。 『真田丸』は初回19.9%でスタート。20%の大台を超えたのは第2話のみだったが、終始安定した視聴率をキープ [全文を読む]

18年NHK大河ドラマ『西郷どん』主役は、鈴木亮平で大丈夫? 不安視される松山ケンイチの二の舞い

日刊サイゾー / 2016年11月04日11時00分

2018年の大河ドラマ『西郷どん』の主演に、鈴木亮平が決定した。『西郷どん』の主役をめぐっては、一時は堤真一に内定していたが、本人側の都合で辞退したと伝えられる。この意表を突いた起用に、ネット上などでは早くも「松山ケンイチの二の舞いになりかねない」などと不安視する声が広がっている。 鈴木は06年に俳優デビューを果たしたが、なかなか芽が出ず、長い下積みが続い [全文を読む]

草刈正雄“昌幸ロス”生んだ『真田丸』熱演、支えた妻の献身

WEB女性自身 / 2016年10月21日06時00分

家族エピソードを楽しげに話す草刈は、9月25日放送のNHK大河『真田丸』で主人公・真田信繁(堺雅人)の父・真田昌幸役の出演を終えたばかり。 昌幸ロス という言葉が生まれるほどの人気を博したが、その話題沸騰ぶりを本人はどう感じているのだろうか――。 「視聴者のみなさんの 昌幸ロス もさることながら、実は僕が一番 昌幸ロス かもしれません(笑)。大河は月曜が [全文を読む]

阿部寛、香取慎吾にマツコ!? NHK大河『西郷どん』主役レースは大混戦?

日刊大衆 / 2016年09月26日15時00分

放送中のNHK大河ドラマ『真田丸』が絶好調だ。「堺雅人、草刈正雄ら俳優陣の熱演もそうですが、三谷幸喜が書く脚本が面白いと絶賛の声が上がっています。9月11日の放送では、天下分け目の関ヶ原の戦いを、わずか50秒で終わらせてしまうなど、これまでにない斬新さが受けていますね」(テレビ誌記者) 当然ながら視聴率も好調で、平均視聴率は17%超。さらに、「当日の18時 [全文を読む]

NHK大河『真田丸』を中小企業の“生き残り劇”として見る

HANJO HANJO / 2016年05月09日08時00分

NHK大河ドラマ『真田丸』は、「大阪夏の陣」において徳川家康を追い詰めたと言われる真田源次郎信繁、通称・真田幸村(堺雅人)を主人公とする物語だ。 舞台は大阪夏の陣から33年前の戦国時代にさかのぼる。 上杉、北条、徳川、織田といった大名に取り囲まれ、数奇な運命に翻弄されながらも、真田家は生き残るために決死のサバイバルを繰り広げていた。 近年、大河ドラマは視聴 [全文を読む]

大泉洋が「子供にデレデレ」堺雅人に「子育て」アドバイス

WEB女性自身 / 2016年04月26日06時00分

いよいよ舞台が大坂へと移されたNHK大河ドラマ『真田丸』。主人公・真田信繁が、徳川軍を前に無念の最期を迎えたのもこの地だ。 物語はまだ序盤だが、昨年9月から始まった撮影は折返し点を越えた。今回は、1年以上の長丁場の撮影に挑む出演者たちの気になるプライベートを本誌がバッチリお届けする。 クランクイン直前の昨年8月、信繁役の主演・堺雅人(42)と妻・菅野美穂( [全文を読む]

フォーカス