大学 三谷幸喜に関するニュース

最後の手段!? 女性が「社会人入学したら死ぬほどモテる」大学4つ

Menjoy / 2014年04月24日08時00分

それは、大学への社会人入学。 「年上女性はモテる、というメリットを活かしつつ、将来有望な若い苗を根こそぎ刈り取る! そんな所業が可能です」と語るのは、現役東大生ライターの川上ぽこひろさん。 大学に2回も行った、大学のエキスパート(?)なぽこひろさんに、社会人入学したらモテまくる大学を紹介してもらいました。 ■1:日本大学芸術学部 「まずはこちら。そう、かの [全文を読む]

語っていいとも! 第12回ゲスト・山寺宏一「イイ声って言われたこと、本当に1回もないです!」

週プレNEWS / 2015年10月25日12時00分

“仙台の顔”といえる宗幸さんから大学の先輩後輩でもあるローカルな繋がりで、モノマネに司会、役者etc.と大活躍する声優界の第一人者へバトンが繋がり…。 なんと超多忙な中、2時間にわたって、語り尽くしていただいたーー。(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一) ―同じ宮城県出身というご縁もあって、さとう宗幸さんからご紹介を。「山ちゃん!これからも全国に、世 [全文を読む]

モロ師岡×テリー伊藤(3)三谷幸喜さんのコントから付けた芸名

アサ芸プラス / 2013年10月01日10時00分

テリー そもそもは、どういうきっかけでこの道へ? 師岡 大学で演劇研究会だったんで、それからずっとですね。大学を卒業して新劇の劇団に行ったんですけど、食えないんです。ノルマばっかり渡されて。 テリー ノルマっていうのはチケット? 師岡 はい。チケットノルマ。全然お金にならないし、じゃあコントをやろうって、大学の時の友達と一緒にショーパブでコントをやるよう [全文を読む]

あの人とあの人が昔は一緒の劇団に!?意外と知らない劇団俳優の繋がり

日本タレント名鑑 / 2016年03月28日14時55分

大阪芸大の学生劇団から大きく成長!「劇団☆新感線」 大阪芸術大学の学生劇団から大きく成長した「劇団☆新感線」も個性的な俳優さんの宝庫です。朝ドラ『ひらり』の相手役で全国区となり、コメディからシリアスまでこなす名俳優、渡辺いっけいさんや、ドラマやCMで見ない日のない筧利夫さんなどが初期メンバー。ヤクザ役なども印象深く、声優としても活躍している橋本さとしさん [全文を読む]

是枝裕和監督の8作品、北京国際映画祭で上映へ―中国メディア

Record China / 2017年03月31日11時50分

また、三谷幸喜氏のデビュー初期の作品である「笑いの大学」や「THE 有頂天ホテル」、2015年に公開された「ギャラクシー街道」も、同映画祭期間中に上映される。(提供/人民網日本語版・編集/TK) [全文を読む]

語っていいとも! 第12回ゲスト・山寺宏一「ネットの評判とか打ちひしがれることがあるんです(笑)」

週プレNEWS / 2015年11月01日12時00分

(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一) ―ずっとモノマネをやりたいという思いは持たれて、大学では落研に。それで上京して俳優養成所に行かれて、声優は潰(つぶ)しがきかないと言われる中、表面的にはずっとトントン拍子のような…。生活ができねぇみたいな下積みとかは? 山寺 いや、下積みなんてないですよ。当然、月謝払わないといけないし、バイトしてましたけど。事務 [全文を読む]

“読み書きマスター”は○人に1人! エラくなりたければ本を読んで鍛えよう

OVO [オーヴォ] / 2017年04月13日12時48分

そこで、作家やコピーライター、編集者など“書く仕事”を目指す学生のための「文藝塾」を開設している大谷大学では、20歳~39歳で大学卒(短大卒を含む)・大学院卒のビジネスパーソン1000人を対象に「ビジネスパーソンの“読む力・書く力”に関する調査」を実施した。 業務上、作成に携わる文章 仕事で文章を書くシーンが多いと思われるので、まず、業務上、作成に携わる文 [全文を読む]

深夜帯でも大コケ?剛力彩芽に囁かれる”主演女優”としての限界点

デイリーニュースオンライン / 2017年01月29日12時05分

大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ガールズジャーナル』(セブン&アイ出版)、『パチンコ攻略の帝王』などに寄稿。現在は女性向け読み物系の記者・編集者として活躍中。 [全文を読む]

西村雅彦 「俳優の地位なんて今でもあると思っていません」

NEWSポストセブン / 2017年01月22日07時00分

高校卒業後、大学進学のため上京するも、都会に馴染めず一度は富山へ帰郷。専門学校でカメラを学び、カメラアシスタントなどのバイトを転々とし、目標を見失った時期もあった。西村は当時の自身を「シャイで人と話すのが苦手」と振り返る。「みんながわっと盛り上がっているときに、一人離れたところで見ているような、ひねくれ者でしたね。このままじゃいけないと思うけれど、何をす [全文を読む]

現場スタッフにも疑心暗鬼?”禁断愛”を経た吉田羊の評判

デイリーニュースオンライン / 2016年12月05日08時00分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

フォーカス