大学 三谷幸喜に関するニュース

語っていいとも! 第12回ゲスト・山寺宏一「イイ声って言われたこと、本当に1回もないです!」

週プレNEWS / 2015年10月25日12時00分

“仙台の顔”といえる宗幸さんから大学の先輩後輩でもあるローカルな繋がりで、モノマネに司会、役者etc.と大活躍する声優界の第一人者へバトンが繋がり…。 なんと超多忙な中、2時間にわたって、語り尽くしていただいたーー。(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一) ―同じ宮城県出身というご縁もあって、さとう宗幸さんからご紹介を。「山ちゃん!これからも全国に、世 [全文を読む]

モロ師岡×テリー伊藤(3)三谷幸喜さんのコントから付けた芸名

アサ芸プラス / 2013年10月01日10時00分

テリー そもそもは、どういうきっかけでこの道へ? 師岡 大学で演劇研究会だったんで、それからずっとですね。大学を卒業して新劇の劇団に行ったんですけど、食えないんです。ノルマばっかり渡されて。 テリー ノルマっていうのはチケット? 師岡 はい。チケットノルマ。全然お金にならないし、じゃあコントをやろうって、大学の時の友達と一緒にショーパブでコントをやるよう [全文を読む]

あの人とあの人が昔は一緒の劇団に!?意外と知らない劇団俳優の繋がり

日本タレント名鑑 / 2016年03月28日14時55分

大阪芸大の学生劇団から大きく成長!「劇団☆新感線」 大阪芸術大学の学生劇団から大きく成長した「劇団☆新感線」も個性的な俳優さんの宝庫です。朝ドラ『ひらり』の相手役で全国区となり、コメディからシリアスまでこなす名俳優、渡辺いっけいさんや、ドラマやCMで見ない日のない筧利夫さんなどが初期メンバー。ヤクザ役なども印象深く、声優としても活躍している橋本さとしさん [全文を読む]

八木亜希子がフジテレビを辞めるきっかけになった、さりげない一言

文春オンライン / 2017年06月04日11時00分

―― 演技自体はどれぐらいぶりだったんですか? 八木 大学のミュージカル研究会以来といえばそれ以来なんですが、ただ、入社して3年目か4年目ぐらいまで、実は深夜番組のビデオの情報番組で、コントドラマみたいなのをやってたんですよ。笠井信輔さんと。 ―― 『ビデオの王様』? 八木 そうそう。『~王様』『~女王様』と、『満月ビデオ御殿』って、3シリーズぐらいある [全文を読む]

是枝裕和監督の8作品、北京国際映画祭で上映へ―中国メディア

Record China / 2017年03月31日11時50分

また、三谷幸喜氏のデビュー初期の作品である「笑いの大学」や「THE 有頂天ホテル」、2015年に公開された「ギャラクシー街道」も、同映画祭期間中に上映される。(提供/人民網日本語版・編集/TK) [全文を読む]

語っていいとも! 第12回ゲスト・山寺宏一「ネットの評判とか打ちひしがれることがあるんです(笑)」

週プレNEWS / 2015年11月01日12時00分

(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一) ―ずっとモノマネをやりたいという思いは持たれて、大学では落研に。それで上京して俳優養成所に行かれて、声優は潰(つぶ)しがきかないと言われる中、表面的にはずっとトントン拍子のような…。生活ができねぇみたいな下積みとかは? 山寺 いや、下積みなんてないですよ。当然、月謝払わないといけないし、バイトしてましたけど。事務 [全文を読む]

深夜帯でも大コケ?剛力彩芽に囁かれる”主演女優”としての限界点

デイリーニュースオンライン / 2017年01月29日12時05分

大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ガールズジャーナル』(セブン&アイ出版)、『パチンコ攻略の帝王』などに寄稿。現在は女性向け読み物系の記者・編集者として活躍中。 [全文を読む]

西村雅彦 「俳優の地位なんて今でもあると思っていません」

NEWSポストセブン / 2017年01月22日07時00分

高校卒業後、大学進学のため上京するも、都会に馴染めず一度は富山へ帰郷。専門学校でカメラを学び、カメラアシスタントなどのバイトを転々とし、目標を見失った時期もあった。西村は当時の自身を「シャイで人と話すのが苦手」と振り返る。「みんながわっと盛り上がっているときに、一人離れたところで見ているような、ひねくれ者でしたね。このままじゃいけないと思うけれど、何をす [全文を読む]

現場スタッフにも疑心暗鬼?”禁断愛”を経た吉田羊の評判

デイリーニュースオンライン / 2016年12月05日08時00分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

第10回「フジテレビ物語(中編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月14日19時00分

高卒でフジテレビに入り、昼間働きながら、夜間の大学に通った苦労人で、番組作りに妥協しない姿勢は社内随一だった。実は、『なるほど~』が発明したフォーマットは、今日のバラエティの基礎になっている。1つは、クイズの問題を情報・エンタメ化したことだ。同番組は、レポーターが海外から出題するスタイルだが、その出題自体が1つの情報バラエティだった。もう1つは、スタジオで [全文を読む]

友人アピールで人気便乗?篠田麻里子が能年玲奈のインスタ投稿に憶測

デイリーニュースオンライン / 2016年07月02日09時05分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

今年で芸能界から消える?吉田羊を待つ”ジャニーズ復讐の流儀”

デイリーニュースオンライン / 2016年06月27日11時06分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

話題の“パーフェクトボディ”がさらに進化! 大胆グラビアを披露した鈴木ふみ奈の“貝殻ビキニ伝説”超え宣言

週プレNEWS / 2016年05月28日21時00分

高校や大学の友達に歌手とか芸能関係が多いんですけど、そういう人たちとお仕事を一緒にやれたらいいなとも思ったりするし。 ―元々、日芸(日本大学芸術学部)出身だもんね。作り手の立場に立つことで、また自分自身のグラビアにもいい影響が返ってくるかもしれないですね。 鈴木 それは絶対にあると思います。でもカメラマンもスタイリストも本当にできるのかはまだ未知数ですけど [全文を読む]

時代劇なのにお笑いのコントみたい!? 映画やドラマの面白さを左右する、言葉にまつわる仕事って?

マイナビ進学U17 / 2016年04月04日12時02分

脚本家になるには、映像係の専門学校や芸術系の大学などでシナリオの書き方を学ぶという道や、脚本のコンテストに作品を応募するという道もあります。脚本家の仕事に興味を持った人は、まずはたくさん映画やドラマを観たり、本を読んだり、さまざまな言葉を身につけることで、あなたも多くの人を感動させる脚本づくりができるようになるかもしれませんよ。 [全文を読む]

「真田丸」の光秀は“きもい”? 大抜擢の作家を直撃

Smartザテレビジョン / 2016年01月31日07時19分

小学生の終わりには飛行機に乗って、東京まで見に来ていましたし、大学を出た後は長い間、新橋演舞場で働いていました。――明智光秀役と聞いたときは、どうお感じになりましたか?私自身がこうですから、公家とか坊さん、茶人を想像していて。それが、三谷さんから「僕のイメージでは、明智光秀なんです」と言われて。私、主人に弓を引くようなことしたことないのに(笑)。――イメー [全文を読む]

語っていいとも! 第12回ゲスト・山寺宏一「俺たちは声だけでも命かけなきゃいけないんじゃないかと…」

週プレNEWS / 2015年11月15日12時00分

大学卒業後、1984年に俳協養成所に入所。85年にSFロボッ トアニメ『メガゾーン23』で声優デビューを果たす。吹き替えでは数多の有名俳優の声を担当、「七色の声を持つ男」と呼ばれるほどで、日本で最もディズ ニーのキャラクターの声を演じていることでも有名。また、テレビ東京の朝の子供向け番組『おはスタ』のメイン司会者に1997年から抜擢され、今年で19 年目に [全文を読む]

語っていいとも! 第12回ゲスト・山寺宏一「『ものまねバトル』でもう終わったなと思いましたね」

週プレNEWS / 2015年11月08日12時00分

大学卒業後、1984年に俳協養成所に入所。85年にSFロボッ トアニメ『メガゾーン23』で声優デビューを果たす。吹き替えでは数多の有名俳優の声を担当、「七色の声を持つ男」と呼ばれるほどで、日本で最もディズ ニーのキャラクターの声を演じていることでも有名。また、テレビ東京の朝の子供向け番組『おはスタ』のメイン司会者に1997年から抜擢され、今年で19 年目に [全文を読む]

デビュー30周年で斉藤由貴が“初戀”を告白? 「切ない気持ちも今だからこそ素敵」

週プレNEWS / 2015年03月19日13時00分

時が経ち、1995年ーー大学を卒業した彼は仕事で関西に移っていた。彼女は大阪でのコンサートに初めて彼を招待する。それは自らが結婚を決めたことを告げるためだった。 しかし、その再会は叶わなかった。1月17日、もしあの悲劇が阪神・淡路を襲いさえしなければ…。 30年前は想像もしなかった未来。誰も10代では到底考えない思いーーその時間を経て、今この場で面と面を [全文を読む]

【ウラ芸能】吉田羊、ナゾ多き美女が別れた理由

NewsCafe / 2015年03月05日15時00分

して、その素顔は?」記者「『HERO』では福岡・久留米出身というのは実際の彼女と同じ設定でしたが、今のところ独身のままですよ」デスク「最近ブレークした感じだけど、下積みが長かったってことか」記者「父親が牧師という家庭で育ち、歌手、松田聖子(52)の出身校である地元のミッションスクール・久留米信愛女学院高に通い、大学入学で上京。学生時代に演劇にはまったものの [全文を読む]

吉田羊 HERO出演でブレイクした熟女優の「悩殺プロフィール」

アサ芸プラス / 2014年10月07日09時58分

松田聖子(52)と同じ福岡県久留米市の女子高出身で、大学卒業後に劇団を旗揚げ。NHK朝の連続テレビ小説「瞳」(08年)に看護師役で出演していたのを見た中井貴一(53)が「あの女優は誰だ!?」と、NHKのプロデューサーに直接電話をかけたという。そして同年、中井主演のドラマ「風のガーデン」に出演したというエピソードを持つ。 「その後もNHK朝ドラには脇役とし [全文を読む]

フォーカス