会議 三谷幸喜に関するニュース

根回し、懐柔、策略・・・ 三谷幸喜監督『清須会議』は「組織で働くサラリーマン必見」

AOLニュース / 2013年11月07日11時36分

断言しよう! 三谷幸喜監督最新作『清須会議』は、全サラリーマン鑑賞必達の傑作歴史エンターテインメントだ。日本の歴史の中で、初めて会議で歴史が動いた"清須会議"。メガホンを握った三谷監督も、「組織で働く方は観たほうがいいですね」とアドバイスを贈る。 "清須会議"とは安土桃山時代、織田信長が散った天正10年(1582年)の本能寺の変の後、織田家の後継問題や遺領 [全文を読む]

真木よう子、イメージ一新「これは挑戦だな」 西島秀俊らと共演で新感覚ラブストーリー

モデルプレス / 2014年09月24日11時49分

三角関係に悩む主人公・櫻井いちこの葛藤や悩みが、脳内世界につながり脳内メンバーが会議を巻き起こすという奇想天外な設定が話題の新感覚ラブストーリー。『電車男』や『モテキ』のようなこれまでに観たことのない、新感覚エンタメラブストーリーを目指す。◆クールなイメージから一変真木は主人公のアラサー女子・櫻井いちこ(30)役。『SP THE MOTION PICTUR [全文を読む]

三谷幸喜新作はコメディ封印!? 歴史が動いた無血の戦の面白さとは

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月07日11時30分

ヒット作を連発してきた三谷幸喜監督の最新映画『清須会議』が、11月9日に公開される。織田信長亡きあと、織田家の後継ぎを戦でなく会議で決めたとされる「清須会議」を題材に、柴田勝家(役所広司)、羽柴秀吉(大泉洋)ら武将たち、信長の妹・お市(鈴木京香)、秀吉の妻・寧(中谷美紀)ら女たちの頭脳戦をユーモラスに描く。 関連情報を含む記事はこちら 原作は自身の書き下ろ [全文を読む]

剛力彩芽、まろ眉で姫に変身「私のことを見てくれてるんだな」

モデルプレス / 2012年12月20日16時00分

女優の剛力彩芽が20日、都内にて行われた映画「清州会議」の制作発表記者会見に出席した。織田信長亡き後の、織田家の継承問題と明智光秀の領地配分を議題に描かれている本作は、三谷監督にとって初となる時代劇。実に17年ぶりに書き下ろしたという小説「清州会議」を原作に、日本史上初めて“会議の席上で歴史が動いた”と言われる実際の会議を舞台に“三谷流”人間喜劇を描く。 [全文を読む]

第10回「フジテレビ物語(中編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月14日19時00分

■鹿内春雄登場1980年5月1日、突如、フジテレビの緊急全体会議が開かれた。「今、フジテレビは創立以来最大の危機に直面している――」檄を飛ばしたのは鹿内信隆会長である。当時のフジテレビは月間視聴率でテレビ朝日にも抜かれ、民放キー局4位。評判になる番組もなく、社内の空気は最悪だった。そんな中、鹿内会長はかの松下幸之助に倣い、自らを強化本部長とする大胆な人事異 [全文を読む]

『真田丸』第7話をマニアック解説。清洲会議は重役会議ではなかった?

まぐまぐニュース! / 2016年02月21日13時00分

今回は、三谷幸喜さんの小説、そして映画でも大きな話題を呼んだ「清洲会議」についてです。織田家の家臣が集まったこの会議、実際の様子はどうだったのでしょうか…? 今週のワンポイント(2月21日) 今週のワンポイントは清洲会議。三谷さんが、なかなか楽しい映画を作ってましたね。僕も、家内と映画館で大笑いしながら楽しんだ。ただ、実際の清洲会議は、織田家の家臣がみんな [全文を読む]

三谷幸喜が描く 笑いと驚きとドラマに満ちた全く新しい歴史エンタテインメント「清須会議」ユーネクストにて配信開始

@Press / 2014年05月13日15時00分

株式会社U-NEXT(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:宇野 康秀、以下、「当社」)が運営する映像配信サービス U-NEXT(以下、「U-NEXT」:http://unext.jp)では、平成26年5月14日より、「清須会議」の配信(※1)を開始いたします。「清須会議」は、『THE 有頂天ホテル』(平成18年)、『ザ・マジックアワー』(平成20年)、『ス [全文を読む]

剛力彩芽、「豪華なキャストと言ってもらえて嬉しい」

モデルプレス / 2013年10月15日20時10分

女優の剛力彩芽が15日、都内にて行われた映画「清須会議」の完成披露試写会に出席した。 クリームカラーのミニワンピースで美脚を披露した剛力は、「今回初めて三谷幸喜監督の作品に参加させていただきました」と挨拶し、「このような豪華なキャストと呼ばれている中で、私も豪華なキャストと言っていただけて嬉しいです。改めて、もっと芝居をやっていきたいと思いました」とニッコ [全文を読む]

“読み書きマスター”は○人に1人! エラくなりたければ本を読んで鍛えよう

OVO [オーヴォ] / 2017年04月13日12時48分

業務上、作成に携わる文章 仕事で文章を書くシーンが多いと思われるので、まず、業務上、作成に携わる文章(自分で作成する文章、または、チェックやレビューをする文章)について聞いたところ、最も多いのは「ビジネスメール(組織内・外とのメール)」(68.7%)、以下、「業務依頼・指導関連(引継書やマニュアルなど)」(34.8%)、「会議関連(会議用報告資料や議事録 [全文を読む]

綾瀬はるか&香取慎吾「映画は全爆死」コンビで三谷幸喜の常勝ストップ!?

アサ芸プラス / 2015年10月29日05時59分

「三谷作品は11年の『ステキな金縛り』が42.8億円、08年の『ザ・マジックアワー』は39.2億円、13年の時代劇映画『清州会議』が29.6億円の興行収入をあげている。オールスターキャストによるドタバタコメディである『ギャラクシー街道』も初のSF作品ということで、プラスアルファの効果が生まれるのではないかと言われていたんですが。やはり、大コケコンビには荷が [全文を読む]

フォーカス