会議 三谷幸喜に関するニュース

根回し、懐柔、策略・・・ 三谷幸喜監督『清須会議』は「組織で働くサラリーマン必見」

AOLニュース / 2013年11月07日11時36分

断言しよう! 三谷幸喜監督最新作『清須会議』は、全サラリーマン鑑賞必達の傑作歴史エンターテインメントだ。日本の歴史の中で、初めて会議で歴史が動いた"清須会議"。メガホンを握った三谷監督も、「組織で働く方は観たほうがいいですね」とアドバイスを贈る。 "清須会議"とは安土桃山時代、織田信長が散った天正10年(1582年)の本能寺の変の後、織田家の後継問題や遺領 [全文を読む]

三谷幸喜新作はコメディ封印!? 歴史が動いた無血の戦の面白さとは

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月07日11時30分

ヒット作を連発してきた三谷幸喜監督の最新映画『清須会議』が、11月9日に公開される。織田信長亡きあと、織田家の後継ぎを戦でなく会議で決めたとされる「清須会議」を題材に、柴田勝家(役所広司)、羽柴秀吉(大泉洋)ら武将たち、信長の妹・お市(鈴木京香)、秀吉の妻・寧(中谷美紀)ら女たちの頭脳戦をユーモラスに描く。 関連情報を含む記事はこちら 原作は自身の書き下ろ [全文を読む]

第21回「刑事ドラマの歴史」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月09日18時00分

かつて『踊る大捜査線』で織田裕二扮する青島刑事は、「事件は会議室で起きてるんじゃない。現場で起きてるんだ!」の名セリフを吐いたけど、それは誤りだ。正しくはこう。 「事件は警視庁捜査一課で起きてるんだ!」 それにしても――なぜ警視庁捜査一課ばかりに刑事ドラマが集中するのだろう。ひと昔前の刑事ドラマは、もっと多様性があった気がする。「所轄」が舞台の人情劇もあれ [全文を読む]

第10回「フジテレビ物語(中編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月14日19時00分

■鹿内春雄登場1980年5月1日、突如、フジテレビの緊急全体会議が開かれた。「今、フジテレビは創立以来最大の危機に直面している――」檄を飛ばしたのは鹿内信隆会長である。当時のフジテレビは月間視聴率でテレビ朝日にも抜かれ、民放キー局4位。評判になる番組もなく、社内の空気は最悪だった。そんな中、鹿内会長はかの松下幸之助に倣い、自らを強化本部長とする大胆な人事異 [全文を読む]

『真田丸』第7話をマニアック解説。清洲会議は重役会議ではなかった?

まぐまぐニュース! / 2016年02月21日13時00分

今回は、三谷幸喜さんの小説、そして映画でも大きな話題を呼んだ「清洲会議」についてです。織田家の家臣が集まったこの会議、実際の様子はどうだったのでしょうか…? 今週のワンポイント(2月21日) 今週のワンポイントは清洲会議。三谷さんが、なかなか楽しい映画を作ってましたね。僕も、家内と映画館で大笑いしながら楽しんだ。ただ、実際の清洲会議は、織田家の家臣がみんな [全文を読む]

三谷幸喜が描く 笑いと驚きとドラマに満ちた全く新しい歴史エンタテインメント「清須会議」ユーネクストにて配信開始

@Press / 2014年05月13日15時00分

株式会社U-NEXT(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:宇野 康秀、以下、「当社」)が運営する映像配信サービス U-NEXT(以下、「U-NEXT」:http://unext.jp)では、平成26年5月14日より、「清須会議」の配信(※1)を開始いたします。「清須会議」は、『THE 有頂天ホテル』(平成18年)、『ザ・マジックアワー』(平成20年)、『ス [全文を読む]

三谷幸喜脚本!愛之助良沢!草刈田沼! 「風雲児たち」ドラマ化に真田丸クラスタ歓喜

J-CASTニュース / 2017年08月16日19時18分

このほか、「清州会議」など三谷映画の常連・荻野清子さんが音楽を担当する。 三谷さんは小学生時代からのみなもとファンで、過去作『冗談新選組』の復刊時には2人の対談も収録されている。今回のドラマ化にあたって発表したコメントでは、「歴史ファン、みなもとファンとしてこれ以上の喜びはありません」と興奮を隠していない。 新納慎也さん「ご存知『真田丸』のメンバーです」 [全文を読む]

綾瀬はるか&香取慎吾「映画は全爆死」コンビで三谷幸喜の常勝ストップ!?

アサ芸プラス / 2015年10月29日05時59分

「三谷作品は11年の『ステキな金縛り』が42.8億円、08年の『ザ・マジックアワー』は39.2億円、13年の時代劇映画『清州会議』が29.6億円の興行収入をあげている。オールスターキャストによるドタバタコメディである『ギャラクシー街道』も初のSF作品ということで、プラスアルファの効果が生まれるのではないかと言われていたんですが。やはり、大コケコンビには荷が [全文を読む]

マピオン「ケータイ国盗り合戦」が映画『清須会議』とコラボ 清洲城をはじめとした愛知県5つのお城をめぐる モバイルスタンプラリーを10/1より提供

PR TIMES / 2013年09月13日13時24分

株式会社マピオン(東京都港区、代表取締役社長 佐藤孝也)が運営するモバイル位置情報ゲーム「ケータイ国盗り合戦」は、現在開催中の100城スタンプラリーキャンペーン「ケータイ国盗り合戦2013夏の陣」内にて、10/1(火)より三谷幸喜監督最新作 映画『清須会議』とコラボした特設スタンプラリー“映画『清須会議』コース”を提供いたします。映画『清須会議』は、日本史 [全文を読む]

天海祐希代役の宮沢りえを巡る野田秀樹と三谷幸喜のやり取り

NEWSポストセブン / 2013年05月16日07時00分

その知らせは舞台の全関係者にすぐに知らされ、そのまま会議が行われた。 「三谷さんは、とにかく天海さんに“申し訳ないことをした”と落ちこんでいました。今回の公演は休憩なしの2時間20分で、1日に2公演という日もあった。おまけに長ゼリフで、“自分が追いつめたのかも…”と思ったようです。だから三谷さんは“天海さんが復帰できないなら中止にしよう”と言っていました。 [全文を読む]

「セリフを覚えるまで山にこもる」三谷幸喜最新作『清須会議』主演が役所広司に決定

日刊サイゾー / 2012年10月01日08時00分

三谷幸喜原作の『清須会議』が来年映画化されるのだが、その主演がついに決まったという。「これまでの三谷作品でもおなじみの、役所広司さんです。ほかには、常連の西田敏行さんも出演します。三谷さんいわく『信じられないくらいの豪華キャスト』というので、まだ発表されていないキャストが楽しみです」(映画関係者) 役所は、三谷の映画『笑の大学』や『THE 有頂天ホテル』で [全文を読む]

三谷幸喜が描く 織田信長後継者をめぐる心理戦『清須会議』

NEWSポストセブン / 2012年08月02日16時00分

【書籍紹介】『清須会議』(三谷幸喜/幻冬舎/1470円) 織田信長の後継者を決めるために開かれた清須会議。情と実績で味方を増やす柴田勝家と、策略を用いる羽柴秀吉が繰り広げる心理戦が、ユーモアを交えて描かれていく。 有名な武将が外来語を話すなど物語はとてもわかりやすく、歴史小説が苦手でも楽しめる。会議場での濃密なドラマは『12人の優しい日本人』を、独自の歴史 [全文を読む]

公益社団法人名古屋青年会議所 2017年度4月例会 「徹底解析 経済ニュースから見る名古屋のリアルな現状」開催のご案内 ■開催日:2017年4月18日(火)19:00~■場所:名古屋市芸術創造センター

DreamNews / 2017年04月17日17時00分

公益社団法人名古屋青年会議所(本部:名古屋市中区)は、2017年4月18日(火)に名古屋市芸術創造センターにて4月例会「徹底解析 経済ニュースから見る名古屋のリアルな現状」を開催いたします。我々を取り巻く経済環境の中で、多くの市民は日々起こっている経済ニュースを自分とは関係のない出来事としか捉えることができずにいます。その結果、様々な経済の流れに対して受動 [全文を読む]

癖が強すぎる“大坂五人衆”集結! そして『真田丸』が一瞬で『真田丸どうでしょう』に!? 『真田丸』第42話「味方」レビュー!!

おたぽる / 2016年10月26日18時00分

何でもかんでも「この一件はひとまず預かり、吟味の上……」と言い出すあたりに、進行しない会社の会議が脳裏をよぎり、暗い気持ちになった会社員も多いのではないだろうか。自分は暗くなっただけに、哀川又兵衛の突っ込みは気持ちよかった。なお今週から登場した治長の弟・治房を演じているのは、キックボクシング選手でK-1にも出場していた“超合金”武田幸三。侍役、やりたいって [全文を読む]

秀吉役の小日向文世 3度目夫婦役の鈴木京香との共演を述懐

NEWSポストセブン / 2016年07月17日07時00分

あとは、映画『清州会議』で演じた大泉洋くん。意外に見てないんです。19年間劇団にて、その間はテレビをほとんど見ていないので、当たり役と言われた竹中直人さんの秀吉も見てないんですよね。逆に、見てなかったからよかったのかな、プレッシャーに押しつぶされず。 緒方拳さんが演じた死ぬ間際の秀吉が、ぼくの中では強く印象に最後に残ってただけ。あとはそれほど予備知識がなか [全文を読む]

NHK大河『真田丸』を中小企業の“生き残り劇”として見る

HANJO HANJO / 2016年05月09日08時00分

近年では『清州会議』などを手掛ける映画監督としても活躍している。 完成度の高い構成力に裏打ちされたコメディテイストの群像劇を得意とする三谷は、子どもからお年寄りまで幅広い年齢層から支持されているエンターテイメント作家である。 大河ドラマを手掛けるのは2004年の『新撰組!』(NHK)以来12年ぶり。連続ドラマでは久々の三谷作品ということもあってか、放送前か [全文を読む]

朝ドラだけじゃない ノリにノッてるNHKドラマ班

NEWSポストセブン / 2016年03月26日07時00分

が、民放がまず手を出さない原作モノや、会議で却下されそうな題材のドラマ化が得意なのはNHK。たとえば、最近でいうと『恋の三陸 列車コンで行こう!』(特集ドラマ)、『岡山発地域ドラマ インディゴの恋人』、『新春スペシャルドラマ 富士ファミリー』などがこれにあたる。 キャストについては、同局のドラマで名前や顔を売った俳優陣をまるで専属の“劇団員”であるかのよ [全文を読む]

タランティーノ最新作『ヘイトフル・エイト』、美術監督・種田陽平に聞く

ニューズウィーク日本版 / 2016年02月26日18時40分

三谷幸喜監督の『清州会議』『ザ・マジックアワー』、米林宏昌監督の『思い出のマーニー』のほか、チャン・イーモウ監督の『金陵十三釵』、ウェイ・ダーション監督の『セデック・バレ』などなど、数えきれないほどの参加作品がある。 監督や俳優のように目立つ存在ではないが、映画に対する印象を大きく左右するのが美術監督の仕事。その醍醐味から「タランティーノ組」の現場の楽しさ [全文を読む]

『清須会議』に学ぶ、男の飼い方と愛し方

Woman Insight / 2013年11月15日17時30分

そんな中『Precious』12月号では、「女性のための“時代小説の時代”がやってきました!」と題し、時代モノ小説の楽しみ方を紹介していたので、その中から映画にもなっている『清須会議』の楽しみ方をご紹介します! 以下、教えてくださるのは代官山「蔦谷書店」の文学コンシェルジュの間室道子さんです。 女性には本来「領土が欲しい」という気持ちがわからない。女の人は [全文を読む]

フォーカス