名作 三島由紀夫に関するニュース

特報!三島文学の最高峰「剣」の唯一のTV版ドラマが2月7日(火)にCS・TBSチャンネル2で放送!

PR TIMES / 2017年02月01日17時40分

「傷つきやすく、雄々しく、美しい自尊心をいだいた青年の死」の物語 CS放送「TBSチャンネル2 名作ドラマ・スポーツ・アニメ」では、三島由紀夫原作ドラマ「剣」を2月7日(火)午後7時から放送する。 [画像1: https://prtimes.jp/i/3065/746/resize/d3065-746-347464-0.jpg ] 三島由紀夫ドラマ「剣」は [全文を読む]

三島由紀夫の隠れた怪作が20万部突破!三島作品No.1を決定する“緊急国民投票”も開催中

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月24日09時00分

そんな、自分だけの“隠れた名作”を再発見したいという読者の要望が高まっている中、2015年に“生誕90年・没後45年”にあたる三島作品に関するアンケートが開催されている。2015年10月15日(木)から始まった「90年目の決着! 2015 今の私が1番オモシロイと思う三島由紀夫作品は…」と題された、三島作品No.1を決定する“緊急国民投票”である。 No [全文を読む]

没後45年に偉業達成!三島由紀夫のエンタメ小説『命売ります』が2015年 紀伊國屋書店新宿本店 文庫年間ランキング1位に

@Press / 2016年01月21日14時30分

その後も、文豪の隠れた名作フェアを実施するなどしてブームを牽引し続け、1日だけで40冊を超える販売実績も記録(2015年9月27日)し、同店の『命売ります』累計販売冊数は4,500冊を超えています。(2016年1月21日現在)<文庫年間売上ベスト100 第1位拡大写真>https://www.atpress.ne.jp/releases/87951/img [全文を読む]

三島由紀夫 周囲4kmの小島の生活に感激し名作『潮騒』を書き上げた

太田出版ケトルニュース / 2013年07月01日11時39分

◆ケトル VOL.13(2013年6月15日発売)【関連リンク】 ・ケトル VOL.13 [全文を読む]

“月に1冊”集中販売でベストセラー創出へ 文庫売り伸ばし企画「集英社文庫“ツキイチ”」1,800書店で始動

DreamNews / 2016年03月17日10時00分

昨今、文庫ジャンルにおいて、過去の名作からベストセラーが生まれる事例が増えています。18年前の作品『命売ります』(三島由紀夫著/ちくま文庫)が帯やPOPの刷新によりヒットしたことや、22年前の作品『旅のラゴス』(筒井康隆著/新潮文庫)の再ブレイクも記憶に新しいところです。ベストセラー作家の新刊や、映像化作品といった売れ筋商品だけでなく、こうした既刊作品の [全文を読む]

‘19歳の新星’ 勧修寺保都、「毛皮のマリー」メインキャストに抜擢!!

スポーツソウルメディアジャパン / 2015年12月25日16時26分

当作品は、寺山修司が美輪明宏に書いた1967年初演の伝説的名作。2001年、2009年の二度にわたり美輪明宏演出での上演が行われ、今回(2016年)が7年ぶり三度目の美輪氏による演出・主演となる。勧修寺は、美輪氏演じる日本一ゴージャスな美貌の男娼・毛皮のマリーに過保護に育てられ、外の世界を知らず、蝶を追いかける絶世の美少年・欣也を演じる。12月中旬に都内で [全文を読む]

文庫週間・月間ランキング1位!盛り上がる文豪作品ブーム 三島由紀夫のエンタメ小説が発行部数20万部突破

@Press / 2015年10月21日11時00分

今の時代の感性で読んだらとびっきり新鮮に感じられる、自分だけの「隠れた名作」を再発見したい、という文庫に対する読者の要望は高まりつつあります。『命売ります』の突然のブレイクは、新たな文庫ブームの幕開けを告げるものになりそうです。■「三島由紀夫作品・緊急国民投票」について今年生誕90年・没後45年にあたる三島由紀夫に関する緊急アンケートを実施しています。「9 [全文を読む]

面白ければ学生映画も出演OK! 映画愛に溢れる俳優・染谷将太の知られざる名作3選

ソーシャルトレンドニュース / 2015年06月06日08時00分

(文:小峰克彦) [全文を読む]

「小説は生きる糧になる」――TOTO木瀬輝雄相談役を唸らせる名作小説

文春オンライン / 2017年06月12日11時00分

出典:文藝春秋2014年7月号 木瀬照雄(TOTO相談役) (木瀬 照雄) [全文を読む]

CD「黛敏郎個展-涅槃交響曲へ至る道-」(3SCD0031)4月20日発売!

DreamNews / 2017年04月03日11時30分

三島由紀夫、安部公房、モーリス・ベジャールも、黛とのコラボレーションから名作を生み出した。美空ひばりや石原裕次郎のために映画の主題歌も作り、アカデミー賞映画「天地創造」(1966)や市川崑監督の映画「東京オリンピック」の音楽を作曲して世界で知られ、ミュージカルやオペラも書いた。野球やプロレスのテーマ音楽として使われた「スポーツ行進曲」など誰もが知る曲も書 [全文を読む]

中谷美紀×井上芳雄出演舞台「黒蜥蜴」が'18年1月に上演

Smartザテレビジョン / 2017年02月03日20時57分

これまでもさまざまなキャスト・演出家により、幾度となく上演されてきた名作だが、今回の主演“黒蜥蜴”役は中谷美紀、そして黒蜥蜴の好敵手であり運命の恋人、探偵“明智小五郎”役は井上芳雄に決定。演出は、日本でも「テレーズ・ラカン」「ナイン」「ETERNAL CHIKAMATSU」など、数多くの作品を手掛けている英国人演出家デヴィッド・ルヴォーが務める。 ルヴォ [全文を読む]

群像70周年記念特大号(2016年10月号)永久保存版「群像短篇名作選」電子版配信!

PR TIMES / 2016年09月09日10時44分

これを記念し、本号では70年の間に群像に発表された短篇から、名作を選りすぐりアンソロジーを編みました。このアンソロジーは、日本文学の歴史を辿る貴重な記錄とも言えるでしょう。太宰治から川上弘美まで、決して古びることない日本が誇る名作短篇を、たっぷりと、じっくりと、お楽しみください。 〈内容〉 ・座談会「群像70年の短篇名作を読む」辻原登、三浦雅士、川村湊、中 [全文を読む]

戦後70年の文学が一冊に! 「群像」創刊70周年記念号・永久保存版「群像短篇名作選」が発売

PR TIMES / 2016年09月07日10時40分

これを記念し、本号では70年の間に群像に発表された短篇から、54の名作を選りすぐりアンソロジーを編みました。このアンソロジーは、日本文学の歴史を辿る貴重な記録とも言えるでしょう。三島由起夫から川上弘美まで、決して古びることない日本が誇る名作短篇を、たっぷりと、じっくりと、お楽しみください。 [画像1: http://prtimes.jp/i/1719/10 [全文を読む]

黛敏郎個展 ―涅槃交響曲へ至る道― 今こそ再評価されるべき天才の仕事を聴く

DreamNews / 2016年05月26日09時00分

三島由紀夫、安部公房、モーリス・ベジャールも黛とのコラボレーションから名作を生み出した。美空ひばりや石原裕次郎のために映画の主題歌も作り、アカデミー賞映画「天地創造」(1966)や市川崑監督の映画「東京オリンピック」の音楽を作曲して世界で知られ、ミュージカルやオペラも書いた。野球やプロレスのテーマ音楽として使われた「スポーツ行進曲」など誰もが知る曲も書いた [全文を読む]

高校生のうちに読んでおくべき本3選

マイナビ進学U17 / 2016年03月28日12時01分

戦前の倫理や道徳をただ否定するのではなく、本質的な切り口で人間の本来の姿を見つめ直した、まさに名作中の名作です。文芸評論家の磯田光一は『堕落論』を「旧来のモラルの否定という次元で読まれるべきものではない」と評し、『坂口安吾にとっての「堕落」とは「虚飾を捨てて人間の本然の姿に徹せよ」ということだ』という言葉まで残しています。そういったスタンスで、戦時、戦後の [全文を読む]

リリー・フランキー、亀梨和也など豪華キャストで三島由紀夫『美しい星』映画化決定! ファンからは早くも期待の声

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月14日17時30分

“同性愛”を題材にした“私”の自伝的小説『仮面の告白』で作家としての地位を確立し、自ら命を絶つまでに、『潮騒』、『金閣寺』、『サド侯爵夫人』など、数多くの名作を世に放ち続けた。映画化が決定した『美しい星』は、空飛ぶ円盤や宇宙人が登場する、三島作品の中では異色のSF小説。核兵器に脅える東西冷戦時代を背景に、突如「自分たちは宇宙人である」と目覚めた家族が人類を [全文を読む]

現役東大生たちが語る「教科書より役立った本」に絶句!『コナン』『DEATH NOTE』『ハリー・ポッター』...

リテラ / 2016年03月10日12時11分

一応、夏目漱石や芥川龍之介、三島由紀夫、ニーチェ、孔子、などの名作や古典も入っているが、これはごく一部。ほとんどが、東大生というイメージとはかけ離れた本ばかりなのだ。 たとえば、やたら目につくのが『頭の整理が下手な人、うまい人』(樋口裕一/大和書房)、『まず1分間にうまくまとめる話し方整理法』(著・山本昭生 監修・福田健/日本実業出版社)『スティーブ・ジョ [全文を読む]

ケンカの中身は「文学的」じゃない?仲が超悪かった日本の文豪たち

しらべぇ / 2015年10月30日19時00分

そういった背景から多くの名作が生まれてきたのだとすれば、いち読者としては「いいぞ、もっとやれ」と炊きつけたい気分に駆られてしまう。(文/しらべぇ編集部・星井七億) [全文を読む]

京都で読みたい、京都が舞台のティーン向け小説3つ

マイナビ進学U17 / 2015年10月02日12時25分

燃やしたいほど美しい……三島由紀夫の不朽の名作「金閣寺」当時21歳だった学僧が金閣寺に放火し消失させるという実際の事件をモチーフに書かれた「金閣寺」。金閣寺をこの世で最高の美と思い描く学僧が、身体的コンプレックスや自らの不遇を憂いた挙げ句、あまりに美しすぎる金閣寺を憎んで火を放つ。美への憧れが膨らみ、執着し、憎悪するという心の動きに「なぜ?」と首をかしげ [全文を読む]

少年と人妻の不倫…名作『肉体の悪魔』の作者を愛した男たち【芥川奈於の「いまさら文学」】

しらべぇ / 2015年05月09日12時00分

(文/芥川 奈於 http://sirabee.com/author/nao_akutagawa/ ) [全文を読む]

フォーカス