息子 三島由紀夫に関するニュース

【書評】楯の会随一のヘタレ会員だったノンポリ早大生の45年

NEWSポストセブン / 2016年01月11日16時00分

村田は息子を自衛隊に入れた。自衛隊の現実を知るにつけ、村田の自衛隊への違和感は膨らむ。 ※週刊ポスト2016年1月15・22日号 [全文を読む]

亀梨和也、リリー・フランキーに好感 金星人に目覚めた橋本愛も火星人のポーズ

エンタメOVO / 2017年04月24日22時10分

撮影中に“家族”がそろったのは3~4日ほどだったそうだが、お互い役名で呼び合うなど家族の空気を作っていたそうで、息子の一雄を演じた亀梨は「リリーさんがナチュラルな空気感を出してくれて」とその様子をにこやかに振り返った。 この日もステージ上でリリーが亀梨を「息子は…」とイジるなど和気あいあいとした雰囲気で、亀梨は「実際にリリーさんがお父さんだったらすごく楽し [全文を読む]

自称・宇宙人のヘンテコさに笑って泣く ―三島由紀夫が書いたUFO小説のぶっ飛んだ中身とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年05月02日09時00分

それから息子の雄一、妻の伊余子、娘の暁子も同じような体験をして、大杉一家はひとつ屋根の下に、火星人(父)と木星人(妻)と水星人(息子)と金星人(娘)が同居するという、なんともミステリアスな事態に陥る。 この時点ですでに純文学としては破格の展開だが、大杉一家の言動がまたぶっ飛んでいる。 重一郎は家族に向けて「凡人らしく振舞うんだよ」と忠告する。もし世間に自分 [全文を読む]

亀梨和也、「プレイボーイなんで」とドヤ顔 父親役リリーとの生活にも期待

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2017年04月24日20時17分

リリーと親子役で共演している亀梨は、実際にリリーが父親だったらどうかと聞かれると、「すごい楽しそうな息子生活が送れるだろうなと。どんな景色を日々見せてくれるんだろう」と語った。 三島由紀夫による異色SF小説を実写化した本作。劇中では、ある日突然宇宙人に“覚醒”した家族の目を通して、現代社会とそこに生きる「人間」の姿が描かれる。メッセンジャーから議員秘書とな [全文を読む]

亀梨和也、橋本愛らが宇宙人に!?奇抜すぎるビジュアルが公開!

Movie Walker / 2017年04月01日00時00分

“あたらない”ことで有名な天気予報氏の父・重一郎(リリー)、フリーターで野心家の息子・一雄(亀梨和也)、美人だが友達がいない大学生の娘・暁子(橋本愛)、心に空虚を感じる専業主婦の母・伊余子(中嶋朋子)の大杉一家が、ある日空飛ぶ円盤に遭遇することで宇宙人に覚醒し、地球の危機を救おうと奮闘するが…というストーリーだ。 公開されたビジュアルは、そんな大杉一家の覚 [全文を読む]

死後婚、臨死体験、SM、猟奇殺人……。GWに見たい! 封印スレスレな「変愛系アイドル映画」ベスト5を発表!

おたぽる / 2016年04月30日13時00分

そんな文芸路線第3弾として製作されたのが大地主の息子と山番の娘との格差恋愛を描いた『絶唱』(75)だった。山小屋で暮らす小雪(山口百恵)は恋焦がれる大地主の息子・順吉(三浦友和)が山に来ると、屋内にいながらも「あっ、順吉さんが来る!」と予知できる一種の超能力少女。すでに序盤からノーマルな恋愛ものでないことを匂わせている。『野性の証明』(78)の薬師丸ひろ子 [全文を読む]

三島由紀夫『金閣寺』の主人公は元祖ストーカー?【芥川奈於の「いまさら文学」】

しらべぇ / 2015年08月01日07時00分

やがて金閣の住職を訪ねた父は息子の将来を託し、私は修行僧として過ごすようになった。しかし、自分をとりえのない人間だと感じている私は、劣等感に悩まされていた。戦争により空襲を受け、自分を焼き殺す火が同時に自分とは正反対の美しい金閣をも焼くかも知れないと彼は考えるが、京都は空襲を免れ、終戦を迎える。彼は、自らが作り上げた金閣という幻影美を現実の金閣と共に焼き払 [全文を読む]

三島由紀夫は手塚治虫と白土三平を買わず、赤塚不二夫を絶賛している。

メディアゴン / 2015年07月09日01時30分

「いつのころからか、私(三島)は自分の小学生の娘や息子と少年週刊誌をうばいあって読むやうになった。「モーレツ・ア・太郎」は毎号欠かしたことなく、わたしは猫のニャロメと毛虫のケムンパスと奇怪な生物ベシのファンである。このナンセンスは徹底的で、かつ時代物劇画に私が求めていた破壊主義と共通する点がある。(三島は劇画家平田弘史のファンで戦後アメ横で平田弘史の貸本 [全文を読む]

「維新の会」緊密の安倍氏「負けられないリベンジ戦」と識者

NEWSポストセブン / 2012年09月14日07時00分

だが、岸信介・元首相の孫、安倍晋太郎・元外相の息子で「永田町のプリンス」と呼ばれる安倍氏と、「永田町外からの外来種」たる橋下氏では、いかにもミスマッチに思える。何がこの二人を結びつけるのか。 安倍氏は本誌9月7日号のインタビュー(聞き手・長谷川幸洋氏)で、「維新の会と連携をしていくという選択肢を大切にしていきたい」とした上で、その理由を「維新の会がいう統治 [全文を読む]

“ジャニーズ感”強めの亀梨和也、自身の使命は「KAT-TUNを潤すこと」

CinemaCafe.net / 2017年05月27日18時15分

野心溢れるフリーターから水星人に覚醒する息子・一雄を演じた亀梨は、“使命”に話が及ぶと、「グループ(KAT-TUN)活動をちゃんと潤すことが自分の使命だと感じています」と明言。役者としての理想については、「こういう役をやりたい!と掲げるより、巡り合わせの中で自分が何を返せるか?という段階なので、やったことのないジャンルや役に興味はありますけど、今は与えて [全文を読む]

フォーカス