息子 三島由紀夫に関するニュース

【書評】楯の会随一のヘタレ会員だったノンポリ早大生の45年

NEWSポストセブン / 2016年01月11日16時00分

村田は息子を自衛隊に入れた。自衛隊の現実を知るにつけ、村田の自衛隊への違和感は膨らむ。 ※週刊ポスト2016年1月15・22日号 [全文を読む]

自称・宇宙人のヘンテコさに笑って泣く ―三島由紀夫が書いたUFO小説のぶっ飛んだ中身とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年05月02日09時00分

それから息子の雄一、妻の伊余子、娘の暁子も同じような体験をして、大杉一家はひとつ屋根の下に、火星人(父)と木星人(妻)と水星人(息子)と金星人(娘)が同居するという、なんともミステリアスな事態に陥る。 この時点ですでに純文学としては破格の展開だが、大杉一家の言動がまたぶっ飛んでいる。 重一郎は家族に向けて「凡人らしく振舞うんだよ」と忠告する。もし世間に自分 [全文を読む]

亀梨和也、橋本愛らが宇宙人に!?奇抜すぎるビジュアルが公開!

Movie Walker / 2017年04月01日00時00分

“あたらない”ことで有名な天気予報氏の父・重一郎(リリー)、フリーターで野心家の息子・一雄(亀梨和也)、美人だが友達がいない大学生の娘・暁子(橋本愛)、心に空虚を感じる専業主婦の母・伊余子(中嶋朋子)の大杉一家が、ある日空飛ぶ円盤に遭遇することで宇宙人に覚醒し、地球の危機を救おうと奮闘するが…というストーリーだ。 公開されたビジュアルは、そんな大杉一家の覚 [全文を読む]

死後婚、臨死体験、SM、猟奇殺人……。GWに見たい! 封印スレスレな「変愛系アイドル映画」ベスト5を発表!

おたぽる / 2016年04月30日13時00分

そんな文芸路線第3弾として製作されたのが大地主の息子と山番の娘との格差恋愛を描いた『絶唱』(75)だった。山小屋で暮らす小雪(山口百恵)は恋焦がれる大地主の息子・順吉(三浦友和)が山に来ると、屋内にいながらも「あっ、順吉さんが来る!」と予知できる一種の超能力少女。すでに序盤からノーマルな恋愛ものでないことを匂わせている。『野性の証明』(78)の薬師丸ひろ子 [全文を読む]

三島由紀夫『金閣寺』の主人公は元祖ストーカー?【芥川奈於の「いまさら文学」】

しらべぇ / 2015年08月01日07時00分

やがて金閣の住職を訪ねた父は息子の将来を託し、私は修行僧として過ごすようになった。しかし、自分をとりえのない人間だと感じている私は、劣等感に悩まされていた。戦争により空襲を受け、自分を焼き殺す火が同時に自分とは正反対の美しい金閣をも焼くかも知れないと彼は考えるが、京都は空襲を免れ、終戦を迎える。彼は、自らが作り上げた金閣という幻影美を現実の金閣と共に焼き払 [全文を読む]

三島由紀夫は手塚治虫と白土三平を買わず、赤塚不二夫を絶賛している。

メディアゴン / 2015年07月09日01時30分

「いつのころからか、私(三島)は自分の小学生の娘や息子と少年週刊誌をうばいあって読むやうになった。「モーレツ・ア・太郎」は毎号欠かしたことなく、わたしは猫のニャロメと毛虫のケムンパスと奇怪な生物ベシのファンである。このナンセンスは徹底的で、かつ時代物劇画に私が求めていた破壊主義と共通する点がある。(三島は劇画家平田弘史のファンで戦後アメ横で平田弘史の貸本 [全文を読む]

「維新の会」緊密の安倍氏「負けられないリベンジ戦」と識者

NEWSポストセブン / 2012年09月14日07時00分

だが、岸信介・元首相の孫、安倍晋太郎・元外相の息子で「永田町のプリンス」と呼ばれる安倍氏と、「永田町外からの外来種」たる橋下氏では、いかにもミスマッチに思える。何がこの二人を結びつけるのか。 安倍氏は本誌9月7日号のインタビュー(聞き手・長谷川幸洋氏)で、「維新の会と連携をしていくという選択肢を大切にしていきたい」とした上で、その理由を「維新の会がいう統治 [全文を読む]

政府は知らずに叩き墓穴? 前川前次官「華麗なる経歴」に元首相の名

まぐまぐニュース! / 2017年06月03日22時59分

3)前川前次官の父・前川昭一氏は、前川製作所の創業者・前川喜作氏の息子です。三男くらいの印象ですが、長男、次男が明記されているのに、記述がないので、ひょっとしたら…と思ったりもしています。 4)Wikipediaの説明を紹介しておきますと、前川製作所は次のような会社です。 ・東京都江東区に本社を置く、日本の総合機械製造企業である。産業用冷凍機を始め、各種 [全文を読む]

亀梨和也「グループ活動を潤すことが指名」 「普段、ジャニーズ感が強めに生きている」

エンタメOVO / 2017年05月27日17時43分

メッセンジャーのアルバイトをしているフリーターから水星人に覚醒する、大杉家の息子を演じた亀梨。役づくりについては「メッセンジャーだったので、日焼けしているんじゃないかなってことで。僕は日に当たるタイミングが少なくて(肌が)白系なんですけど、ちょっと黒めに(メークを)塗ってみたり、ビジュアルもメークさんや監督と細かく話しながら演じさせていただきました」とエ [全文を読む]

ある日突然“覚醒”した、とある宇宙人一家の悲喜劇

NeoL / 2017年05月14日23時24分

“当たらない”お天気キャスターの父・重一郎、野心溢れるフリーターの息子・一雄、美人すぎて周囲まわりから浮いている女子大生の娘・暁子、心の空虚をもて余す主婦の母・伊余子……。そんな大杉一家が、ある日突然、火星人、水星人、金星人、地球人として覚醒。ひとたび目覚めた彼らは、それぞれの方法で美しい星・地球を救うため奮闘するのだが――。 リリー・フランキー、亀梨和 [全文を読む]

亀梨和也が“パジャマ”で登壇!?「プレイボーイですいません」

Movie Walker / 2017年04月25日10時37分

本作では、当たらないテレビ気象予報士の父・重一郎役をリリー・フランキーが、フリーターで自転車便のメッセンジャーをしている息子・一雄役を亀梨和也が、美人すぎて周囲から浮いている女子大生の娘・暁子役を橋本愛が、心の空虚を持て余す主婦の母・伊余子役を中嶋朋子が熱演。 『美しい星』は、この4人家族がある日突然、火星人、水星人、金星人、地球人として覚醒し、“美しい [全文を読む]

次は“宇宙人”!?吉田大八監督の新作&キャスト発表!

Movie Walker / 2016年03月01日06時01分

彼の息子で水星人に目覚める一雄にはKAT-TUNの亀梨和也。定職に就かないフリーターだが、自分を見下す人間を見返してやろうと野心をたぎらせている。そんな一雄役について亀梨は「等身大(同世代)の役を演じることになりましたが同時に水星人でもありますので、しっかりとした水星人になれるように、もっともっと水星について勉強してみたいと思います(笑)!!」と、やる気 [全文を読む]

井上荒野の新作 不倫は嫌いな人も絶対しないとは言い切れぬ

NEWSポストセブン / 2015年02月08日16時00分

息子が1人いて、夫の両親が建てた郊外の二世帯住宅に暮らしている。夫とは毎朝、見た夢を語り合う習慣で、セックスレスでもない。何不自由ない暮らしが、裏の森を伐採する開発工事を機にゆがみ出す。両親や夫が反対運動を始める一方、沙知は不動産業者の社員になっていた同級生の勲と再会、不倫の関係になる。 「人の運命って、どうでもいいようなことで変わるんじゃないか。このお店 [全文を読む]

中島知子が「妖艶朗読&脱毛頭見せ演技」の謎だらけ映画を超最速公開!

アサ芸プラス / 2014年02月17日09時59分

終盤では行方不明になっていたと思っていたゲイの息子と思しきイケメン男性の遺体を地下室のようなところで発見し、号泣するんです」 主役ではなく、ところどころに印象的に登場するので、まとめて説明されても、かなりわかりづらく謎めいている。前衛的で深いメッセージがこめられていそうなこの異色作で、中島は演技の幅を広げられたかもしれないが……。 [全文を読む]

不機嫌発言の芥川賞作家 就職斡旋拒否「文無しでも構わん」

NEWSポストセブン / 2012年02月04日07時00分

「シンくんのお母さんは、『親戚がいくらでも就職先を紹介するっていうけど、息子は全部断る。じゃあ大学にいかせてやるといっても“いかん”という。昔から頑固でてこでも動かん。どうにもならん』って彼の進路をものすごく悩んでおられた。 『“いまは私が働いてるからいいけど、お母さんがおらんようになったらどうするの”って心配しても、“一文無しになってもなんになっても構 [全文を読む]

フォーカス