自宅 三島由紀夫に関するニュース

中森明菜さん「隠し撮り写真」掲載の出版社敗訴、芸能人プライバシー侵害の基準は?

弁護士ドットコムニュース / 2016年08月07日10時30分

歌手の中森明菜さんが、自宅にいる姿を盗撮されてプライバシー侵害を受けたとして、写真を掲載した週刊誌を発行した小学館などに損害賠償をもとめた訴訟の判決が7月下旬、東京地裁であった。水野有子裁判長は小学館側に550万円の支払いを命じた。写真が掲載されたのは、2013年11月発売の週刊誌「女性セブン」。報道によると、掲載された写真は、小学館から委託を受けたフリー [全文を読む]

ツイッター匿名アカウントに実名で話しかける「リアル知人」…プライバシー侵害では?

弁護士ドットコムニュース / 2017年02月14日10時11分

また、投稿した住所が自宅の住所であれば、自宅の住所が公開されることにもなります。このような情報を公開することは、以下のようにプライバシー権を侵害することになる可能性が高いといえます」影島弁護士はこのように指摘する。具体的にはどのような場合なのか。「事実を公開したことが、プライバシー権を侵害するか否かに関して、三島由紀夫氏のモデル小説『宴のあと』事件の判決が [全文を読む]

岸朝子、三島由紀夫、永井荷風 美食家の最後の晩餐

NEWSポストセブン / 2016年05月10日07時00分

自宅での最後の食事は、白いご飯、のりの佃煮、みそ汁だった。「10年前に、取材で食べたのりの佃煮を気に入り、よく食べていました」と、次女の小宮裕子さん。「料理記者になる前、父と一緒に牡蠣の養殖を営みながらのりも作っていたのですが、のりの風味に父との思い出を甦がえらせていたのかもしれません」。 ■鳴門千鳥本舗 http://www.narutochidori [全文を読む]

理研・笹井氏の自殺から考察 ― 「引責自殺」は日本の文化? これまでの自殺事件

tocana / 2014年08月12日09時00分

1988年から89年に首都圏で連続して起こった幼女誘拐殺人事件の犯人である宮崎勤の父親は、事件後に自宅などを売却し遺族に払う金銭を作ったのち、自宅近くの30メートル下の川へ投身自殺している。 1972年にあさま山荘事件を起こした連合赤軍の坂東國男の父親は、逮捕後に首吊り自殺。三島由紀夫の小説のモデルともなった1950年に発生した金閣寺放火事件の母親も、列車 [全文を読む]

美輪明宏 三島由紀夫に何度も「やってくれ!」と口説かれる

WEB女性自身 / 2013年04月07日07時00分

すると今度は自宅に電話がかかってきた……」三島はプライドが高く、一度断られると二度と口にしないような人だったという。そんな人が『もう一度考え直してくれないか』と。それでも美輪さんは丁重に断ったのだが、また電話がかってきたという。これはよほどのことだろうと感じた美輪さんは事情を聞いてみた。「すると、ある人から『三島の芝居は鹿鳴館しか当たらない』と言われたこと [全文を読む]

福山雅治、共演女優を号泣させる リリー・フランキーが明かす

モデルプレス / 2017年05月20日10時50分

リリーの自宅に泊まり込み、犬の散歩まで引き受けてくれていたという壱岐さん。「自分の母親が死ぬまでの話とか書きたくないじゃないですか......」と筆が進まないこともあったが、壱岐さんが原稿を取りに来てくれたからこそ書き上げることができたと頷いた。 リリーの原稿はなんと全て手書き。そのため出来上がった原稿を並べると驚くような高さになるが、感謝を示すため、壱岐 [全文を読む]

死後婚、臨死体験、SM、猟奇殺人……。GWに見たい! 封印スレスレな「変愛系アイドル映画」ベスト5を発表!

おたぽる / 2016年04月30日13時00分

大型連休中、見逃していたアイドル出演作を自宅鑑賞するのはどうだろうか。どこかヘンだが、それゆえに愛しさが募る“変愛系”アイドル映画を5本紹介したい。 まずは“伝説のアイドル”山口百恵主演作から。14歳で芸能界デビューした山口百恵は歌手として「ひと夏の経験」などのヒット曲を放つ一方、女優としての活躍も目覚ましかった。川端康成原作『伊豆の踊子』(74)、三島由 [全文を読む]

舞台初主演の鈴木亮平「自分が枯れないために舞台は必要」

anan NEWS / 2016年03月02日20時00分

『花子とアン』では自宅で和服で過ごす役でしたが、着物を着慣れている人の振る舞いや雰囲気ってあると思うんですよね。そこが理解できていたのは大きかった。自分が枯れないためにも、僕にとって舞台は必要な場なんです。 ◇すずき・りょうへい 1983年生まれ、兵庫県出身。モデルを経て'06年に俳優デビュー。'14年にドラマ『花子とアン』のヒロインの夫役で注目を集め、昨 [全文を読む]

“女子の刀剣萌え“に騙されるな! 日本刀ブームとネトウヨの根っこは同じだ

リテラ / 2015年05月02日00時09分

たとえば、2003年、外務省で日朝国交正常化交渉を担当していた審議官・田中均氏の自宅に時限爆発物が仕掛けられた事件があったが、犯人の「建国義勇軍」「国賊征伐隊」を名乗る右翼グループには、「刀剣友の会」という日本刀の愛好団体の会員が数多く参加しており、会長を務める男性が逮捕された。 ほかにも、08年には、東京・赤坂の米国大使館前の路上で、男が日本刀を振り回 [全文を読む]

没後50年の江戸川乱歩 恐怖は快楽であることを知る傑作選3冊

NEWSポストセブン / 2015年04月24日16時00分

彼は自宅の庭に実験室を造り、鏡像がもたらす視覚の快楽に耽溺する。内部が鏡張りの球体に入ったらどのような光景が見えるのかという異様な発想をもとにした、乱歩ならではの艶麗な幻想と恐怖の世界。 『芋虫』(角川ホラー文庫、光文社文庫『江戸川乱歩全集三巻』収録ほか) 戦場で四肢も聴覚も言語も失い、視覚と触覚のみの存在となって生きる須永中尉と妻の時子が送るおぞましい官 [全文を読む]

フォーカス