小説 山崎豊子に関するニュース

松嶋菜々子、傑作小説の映像化で主演「身の引き締まる思い」

モデルプレス / 2016年12月12日10時36分

【松嶋菜々子/モデルプレス=12月12日】フジテレビは12日、山崎豊子氏の傑作小説「女の勲章」を、来年スペシャルドラマで完全映像化することを発表。そして主演は、女優の松嶋菜々子が務めることがわかった。 ◆山崎豊子「女の勲章」を完全映像化 ドラマの舞台は、山崎氏が生まれ育った大阪・船場で始まり、神戸、甲子園、京都など関西を中心に展開。船場の羅紗問屋の娘として [全文を読む]

東野圭吾、宮部みゆきに山崎豊子!原作を読んで欲しい日本ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年12月01日10時58分

そして、このドラマの原作となったのが有川浩さんの小説「空飛ぶ広報室」です。雑誌『ダ・ヴィンチ』のBOOK OF THE YEAR 2012で小説1位を受賞したり、第148回直木三十五賞候補に挙がったりと、原作の評価も非常に高い作品です。 ドラマの方は、新垣結衣さん演じる稲葉リカをメインに描かれていますが、原作の方は綾野剛さんが演じられた空井大祐を主軸に描か [全文を読む]

「印刷業界のガリバー」の闇を暴露!常態化した粉飾や談合、社長ジュニアが経費で豪遊…

Business Journal / 2015年09月15日06時00分

経済小説の中には、「企業もの」と分類したくなる作品がある。2013年に放送された人気ドラマ『半沢直樹』(TBS系)の原作『オレたちバブル入行組』(文藝春秋)は、著者の池井戸潤氏が三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)に勤務した経験が作品に反映されているといわれる。 また、日本航空123便墜落事故という同じ題材を、異なる企業を舞台に描いたのが、山崎豊子の『沈まぬ [全文を読む]

どこにも出かけてくない冬こそ一気に読みたい長編小説 4選

IGNITE / 2015年02月20日14時00分

そんな冬こそ編小説にチャレンジしてみてはいかがですか? 日ごろ時間が無い方でも土日ぐらいはゆっくりと読書で気分転換をはかってみましょう。 ■大地の子 山崎豊子 山崎豊子さんの小説は、ドラマ化や映画化された作品も多数ありますが、原作は読んだことがないという人も少なくないのでは。 彼女の作品は、社会問題や戦争の悲惨さを扱ったものが多くあり、「大地の子」も中国 [全文を読む]

故・山崎豊子さんの意外な一面「恋愛はロマンチックに」

WEB女性自身 / 2013年10月11日07時00分

9月29日、壮大なテーマ、入念な取材、綿密な構成の長編小説を次々と発表し、つねに第一線を走り続けてきた国民的作家の山崎豊子さん(88)が亡くなった。圧倒的なスケールで社会の問題をえぐるように描く作風は、ときに物議を醸したが、作品は幅広く支持され軒並みベストセラーに。「90歳を過ぎても書いていただく予定でしたが、今年の夏は暑すぎましたーー」と話すのは、山崎さ [全文を読む]

松嶋菜々子がまとう衣装が豪華すぎる 息をのむ美しさ

モデルプレス / 2017年04月15日19時00分

◆ファッション業界が舞台の“愛憎劇” 山崎豊子氏の傑作小説「女の勲章」をドラマ化した同作は戦後の大阪・船場のファッション業界を舞台に、野望と欲望が渦巻く愛憎劇。 裕福な羅紗問屋の娘として生まれた大庭式子(松嶋)が、戦後の混乱の中でミシンと共に立ち上がり、洋裁学校の設立、デザイナーデビュー、世界進出と、愛と策略が溢れるファッション業界で羽ばたいていく様を描く [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

社会派ドラマとは、例えば松本清張や山崎豊子といった有名作家たちの小説を原作とする重厚なドラマである。1970年代以前は、その種の連ドラは散見されたが、連ドラの主要ターゲットが若者層に移った80年代以降、それらは2時間ドラマの単発枠でしか見られなくなっていた。ところが――21世紀に入り、再び連ドラとして復活したのである。但し、21世紀流にアレンジされており、 [全文を読む]

ドラマ化不可能とされてきた山崎豊子の傑作小説『沈まぬ太陽』が上川隆也主演で遂にTVドラマ化!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年05月06日17時30分

長年テレビドラマ化不可能とされてきた、山崎豊子の傑作小説『沈まぬ太陽』が遂にテレビドラマ化されることが決定した。WOWOW開局25周年記念として、2016年5月8日(日)から「連続ドラマW沈まぬ太陽」が放送される。 【人気連載マンガ】アニマルサラリーマンたちの、シュールで、世知辛い、資本主義会社員デイズなショートコメディ♪ 原作『沈まぬ太陽』は、単行本・文 [全文を読む]

上川隆也が“ドラマ化不可”の「沈まぬ太陽」で主演!

Smartザテレビジョン / 2015年12月18日08時34分

また、青木泰憲プロデューサーは「現代社会への警鐘を鳴らす小説を発表してきた日本を代表する作家・山崎豊子。『白い巨塔』『華麗なる一族』『不毛地帯』等、誰もが知る名作を数多く残しているが、その中でも唯一テレビドラマ化されてないのが、700万部を超える大ベストセラーであり、最高傑作とも言われる『沈まぬ太陽』。想像を絶する組織の不条理に決して屈することなく、最後ま [全文を読む]

皆ひそかに大迷惑!? いるいる「困った男性上司ちゃん」3選と対処法

Menjoy / 2015年09月25日09時30分

もしかして持っていませんか?」 なんて、逆にサラリーマンの愛読漫画や小説をオネダリしましょう! 小説なら司馬遼太郎や山崎豊子などはきっと持っているはず。嫌々自己啓発本を読むくらいならば、おもしろい小説のほうがストレス解消になります。 一癖ある上司と上手にコミュニケーションをとるのも大切なビジネススキルの一つ。困った上司ちゃんは実はあなたを成長させてくれる貴 [全文を読む]

フォーカス