作品 山本周五郎に関するニュース

【望月ミネタロウ『ちいさこべえ』×菊池亜希子ムック『マッシュ』発売記念】緊急対談(2)あっこと登場人物の共通点とは?

Woman Insight / 2015年03月26日21時30分

漫画家望月ミネタロウ先生と女優・モデルとして活躍する菊池亜希子さんの、新刊発売記念対談第2回! 一見共通点がないように見えるふたりですが、実は菊池さんは10代のころからの望月作品ファンなんだそう。 ★1回目はコチラ→ 【望月ミネタロウ『ちいさこべえ』×菊池亜希子ムック『マッシュ』発売記念】緊急対談(1)ふたりが語る制作秘話 和気あいあいとした会話が続きます [全文を読む]

「佐藤勝音楽祭」小林淳による解説と、中野昭慶監督の「語る」動画その2公開

DreamNews / 2017年07月14日15時30分

日本映画界最大のスター、三船敏郎の魅力がほとばしった作品であり、黒澤はユーモアを漂わせた語り口とリアルな描写を並立させ、新しいタイプの時代劇映画を創造した。映画のおもしろさ、楽しさという要素が徹底的に追究された。出演は、三船敏郎、山田五十鈴、仲代達矢、司葉子、東野英治郎など。 本作は佐藤勝の代表作となった。地の底から湧くかのような音群が押し寄せ、馬目の宿の [全文を読む]

BSジャパン『山本周五郎時代劇 武士の魂』第一話 大将首 平成29年 日本民間放送連盟賞番組部門<テレビドラマ番組>優秀賞を受賞!

PR TIMES / 2017年09月21日14時00分

『山本周五郎時代劇 武士の魂』は、時代小説の巨匠・山本周五郎の短編小説の中から選りすぐった 12 作品を、一話完結でドラマ化したシリーズで、第一話として「大将首」を放送しました。 なお、BSジャパンでは、今回優秀賞を受賞した『山本周五郎時代劇 武士の魂』第一話 大将首を、10月1日(日)夜 9 時から再放送いたします。 ※日本民間放送連盟賞は、番組、CM [全文を読む]

竹内結子、主演映画を「私、観なくていいですか?」

Woman Insight / 2015年10月25日21時27分

10月25日東京・六本木ヒルズにて開催されている「第28回東京国際映画祭」のコンペティション部門出品作品の映画『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』(2016年1月3日公開)の記者会見と舞台あいさつが行なわれ、キャストの竹内結子さん、橋本愛さん、メガフォンを取った中村義洋監督が登壇しました。 本作は、主人公「私」(竹内結子)が手にした、女子大生・久保さ [全文を読む]

作家・山本周五郎が死の前々日に妻に打ち明けた大事なこと【漱石と明治人のことば185】

サライ.jp / 2017年07月04日06時00分

自身の描き出す歴史・時代小説の作品群でも、他の作家のように、信長、秀吉、家康などの英雄豪傑は主人公としない。目線はつねに、市井に生きる庶民や正史から虐げられた人々に注がれていた。きん夫人に感謝のことばを伝えた翌日、山本周五郎は倒れた。原稿をとりにきた新聞社の記者と打ち合わせをしたあと、大儀そうな様子でトイレへ行こうとするのを夫人が助けようとすると、「それだ [全文を読む]

水田航生、鬼気迫る“殺陣”シーン披露!「武士の魂」今夜放送

CinemaCafe.net / 2017年09月12日14時45分

以来、ミュージカル「テニスの王子様」をはじめ、『太陽』『カノジョは嘘を愛しすぎてる』などの映画作品や、「クズの本懐」「ファイブ」ほかドラマにも多数出演。また、7月期クールのドラマ「脳にスマホが埋められた! 」「サヨナラ、えなりくん」に立て続けてゲスト出演し、老若男女から支持を得るNHK連続テレビ小説「ひよっこ」にも登場するなど、一気に活躍の場を拡大。この勢 [全文を読む]

【望月ミネタロウ『ちいさこべえ』×菊池亜希子ムック『マッシュ』発売記念】緊急対談(3)望月キャラに、あっこが迫る!

Woman Insight / 2015年03月29日11時30分

初期の作品からほとんど装丁はやっていて……人まかせにしないで、外身も含めて、モノとして世界観を作って、直接読者に届けたいなと思うんです。 菊池 そうなんですね。『ドラゴンヘッド』を買っていたときに思ったんですが、ぱっと見のデザインは毎回違うのに、なぜか統一された世界観だったのは……そういうことだったんですね! 最新刊が欲しくて本屋さんに行くと、毎回表紙が強 [全文を読む]

「山本周五郎は強烈な学歴コンプレックスの持ち主」と研究者

NEWSポストセブン / 2013年06月27日16時00分

【書籍紹介】『周五郎伝 虚空巡礼』齋藤愼爾/白水社/3570円 これまで幾度も山本周五郎の作品や人が論じられたなか、改めてその主要作品と生涯を追った大作。出生地をめぐる過去から、馬込文士村での生活、妻を病で失っての再婚、そして63歳で亡くなる晩年までが丹念に描かれるが、貧しく中学進学を断念させられた周五郎には強烈な学歴コンプレックスがあり〈その「学歴コンプ [全文を読む]

作家、山本周五郎の未発表の未完小説草稿見つかる 完成度追求する巧者の葛藤伝える

産経ニュース / 2017年09月16日00時02分

既刊で類似の作品が見当たらず、未発表作だと判明した。 面倒な職務から逃れたい一心で、養子を迎え、隠居しようと企てる藩の国家老の姿をユーモラスに描く物語。主人公が待望の余生を謳歌(おうか)し始めるところで、意外なオチの予感を漂わせつつ、筆は絶たれている。 執筆時期は不明だが、草稿を渡したころの周五郎は体力や気力が衰え、身辺整理をしていたともいわれている。ただ [全文を読む]

池波正太郎の短編作品を映像化 トップバッターは片岡愛之助

ORICON NEWS / 2017年08月27日08時05分

時代小説の巨匠、池波正太郎の短編作品をテレビ映像化。第1話「運の矢」の主演を務めるのは、歌舞伎俳優の片岡愛之助。1993年に六代目として“片岡愛之助”を襲名。近年は歌舞伎のみならず、舞台やミュージカル、現代劇でも幅広い演技で活躍中の愛之助が、運に恵まれない不遇な武士・天野源助を演じる。【写真】主題歌を担当する城南海 同局で、これまでに放送された「松本清張ミ [全文を読む]

「ファイブ」出演中の水田航生が初の本格時代劇!「何かが変わるキッカケになると思う」

ザテレビジョン / 2017年08月14日22時20分

最終話では山本作品の中でも人気の高い「失蝶記」を放送し、主役はドラマ「ファイブ」(毎週月曜夜2:40-3:10、フジ)やミュージカル「テニスの王子様」(2009、2010年)などで活躍する水田航生が務めることが分かった。水田は青年藩士・谷川主計(かずえ)役として、若い武士のプライド、友情、そして移り行く時代の流れへの葛藤を色濃く演じる。 本作について水田 [全文を読む]

伊藤左千夫『野菊の墓』ヒロイン民子の名台詞【漱石と明治人のことば190】

サライ.jp / 2017年07月09日06時00分

作品のイメージと作者の風貌とは、必ずしも一致しないことがある。川端や三島の写真は広く流布していて、知らぬ人はいないだろうが、さて伊藤左千夫の顔となるとどうだろう。知らぬまま『野菊の墓』を読んで感動した読者は、かなりの数にのぼるのではないだろうか。かくいう私もそのひとり。中学1年の頃に作品を読み、のちに作者の顔写真に初めて接したとき少々戸惑った記憶がある。山 [全文を読む]

テレビ東京 『金曜8時のドラマ 「釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助」』BSジャパン 『火曜スペシャル 「山本周五郎人情時代劇」 めおと蝶』平成28年日本民間放送連盟賞番組部門優秀賞を受賞!

PR TIMES / 2016年09月15日16時20分

『火曜スペシャル「山本周五郎人情時代劇」 めおと蝶』は、BSジャパン開局15周年特別企画として、時代小説の巨匠・山本周五郎の短編小説の中から江戸の長屋ものを中心に、心温まる12作品を一話完結でドラマ化したシリーズの第12話として放送したものです。現代では希薄になりつつある日本人の原点「人情」を緻密なストーリーで描いたシリーズとなりました。 なおBSジャパ [全文を読む]

「テレビ朝日新人シナリオ大賞」史上最年少が大賞に!

Smartザテレビジョン / 2016年06月20日21時07分

時代劇をやりたくて、この受賞作も本当は時代劇として描いたものをベースに、設定を直して仕上げた作品です。いつか時代劇の仕事に関わりたいと思っています」と明かした。 [全文を読む]

小島梨里杏と中村嘉葎雄がラブラブツーショット披露?

Smartザテレビジョン / 2015年11月05日00時05分

中村は「久しぶりの山本周五郎作品に呼んでいただきましてうれしく思っております。赤ちゃんの次に大変だったって?」と高橋にふると、「自由だったと。どう出るか分からないという意味です!」と言うと中村は「笹野さんどうですか?」と隣の笹野にマイクを渡してしまう。 笹野は「自由にやらせていただきました(笑)。何よりうれしかったのは髪の毛がふさふさだったことです!」と [全文を読む]

【望月ミネタロウ『ちいさこべえ』×菊池亜希子ムック『マッシュ』発売記念】緊急対談(1)ふたりが語る制作秘話

Woman Insight / 2015年03月23日22時00分

次回は、10代のころから望月作品のファンという菊池さんに、最新刊『ちいさこべえ』について語っていただきます! お楽しみに!(西村真樹) 『菊池亜希子ムック マッシュ』 女優・モデルの菊池亜希子が編集長を務める大人気ムックシリーズ。“かける”がテーマの第7弾は、3月24日発売。“スニーカーで、かけぬける”“なぞかけファッション”“耳にかけるマッシュ”“椅子に [全文を読む]

星新一、山崎豊子、沢木耕太郎から今野敏、伊坂幸太郎まで2,500冊 eBookJapanが大手文芸出版社・新潮社電子書籍の配信を開始!

PR TIMES / 2014年06月19日14時19分

【昭和時代の名作】松本清張:『砂の器』(上・下)『点と線』『Dの複合』『ゼロの焦点』『黒革の手帳』(上・下)『或る「小倉日記」伝―傑作短編集(一)』(芥川賞受賞作)ほか井上靖:『蒼き狼(新潮文庫)』『あすなろ物語(新潮文庫)』『後白河院(新潮文庫)』ほか大江健三郎:『死者の奢り・飼育(新潮文庫)』(芥川賞受賞作)『性的人間(新潮文庫)』『「雨の木」を聴く女 [全文を読む]

フォーカス