登板 山本昌に関するニュース

最年長勝利の世界記録めざす中日・山本昌「僕にはまだ野球の神様から託された使命がある」

週プレNEWS / 2015年01月18日11時00分

これじゃ、遅いよ、オレ、何やってんだって…落合(博満)GMからは50歳までやれと言っていただきましたけど、僕は初登板の直前、カミさんに『今回、ダメだったら引退するから、覚悟しておいてくれ』と伝えたほどでした」 そんな山本昌が今年、50歳のシーズンを現役で迎えることができるのは、その初登板で挙げた1勝があったからだ。 9月5日、ナゴヤドーム。山本昌は、秋の [全文を読む]

最年長勝利の世界記録めざす中日・山本昌「50歳だからってハンデをもらえるわけじゃない」

週プレNEWS / 2015年01月17日14時00分

それどころか、試合に出れば「出場」、先発すれば「先発」と「登板」、三振を奪えば「奪三振」、打席に立てば「打席」、ヒットを打てば「安打」、ホームインすれば「得点」…もはや野球のあらゆる記録は、山本昌にかかれば最年長の冠がつく。 「いちいち年がどうしたって言われますけど、僕自身、普通の現役選手であってね。今年はもしかしたら18歳のコと勝負しなきゃいけないかもし [全文を読む]

【プロ野球】DeNA・三浦大輔が”安打記録更新”でシーズン開幕

デイリーニュースオンライン / 2016年07月16日16時06分

■ハマの番長の初登板は出だしでリズムに乗れず… 7月11日、球界最年長で42歳の三浦大輔(DeNA)が、今季初登板を果たした。勝てば24年連続勝利で、これは歴代単独1位の記録だ(昨年までの23年連続は1位タイ)。 両チームのファンが見守るなか、試合は先頭打者の大島洋平がいきなりの二塁打。ヒットにはなったが、ファーストのロペスがミットを弾かれてしまった当たり [全文を読む]

【プロ野球】井口や稼頭央が奮闘中!40代球界戦士たちの現状

デイリーニュースオンライン / 2016年05月15日16時04分

(成績は5月8日時点) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■三浦大輔(DeNA・42歳) 1973年12月25日生まれ 【1軍】登板なし 【2軍】6試合 0勝3敗 防6.21 球界最年長になった三浦。今季は前人未到の24年連続勝利を目指すシーズンとなったが、ここまで1軍登板なし。2軍でも厳しい戦いが続いている。それでも「ハマ [全文を読む]

プロ32年間の現役生活、山本昌が振り返る歴代監督「落合監督でなければもっと早くに引退していたかも…」

週プレNEWS / 2016年01月24日06時00分

江夏 じゃあ反対に、165敗の中で印象に残った1敗を挙げるなら? 昌 負けはつきませんでしたが、昨年の一軍初登板、8月9日のヤクルト戦です。世界最年長勝利記録がかかっていて、皆さんが期待していたのに突き指をして2回途中、しかもカウント3ボールナッシングで降板しまして。 江夏 どこで突き指したの? 昌 それが、わからないんです。映像を見ても、どこにも当たっ [全文を読む]

【プロ野球】育成出身の大田阿斗里、園部聡はオリックスを救えるか?

デイリーニュースオンライン / 2016年07月04日17時05分

入団後、イースタン・リーグで先発を中心に登板。1軍での登板機会もあったが、なかなか勝てないでいた。登録名を本名に変えた2013年に初勝利。その年はリリーフとして38試合に登板、2勝4敗5ホールド、防御率3.72の成績を残した。しかし、そこをピークに成績が伸ばせず、2015年にDeNAを戦力外になってしまう。 そんな大田に目をつけたのがオリックス。宮崎キャ [全文を読む]

No.1競馬ゲーム『ダービーインパクト』5月21日より山本昌さん出演の新TVCM放映開始!3周年&累計750万ダウンロード記念キャンペーンも開催!

PR TIMES / 2016年05月20日12時22分

2015年10月7日、現役最後の登板を終え32年に渡る現役生活に終止符を打った。私生活では多趣味な一面もみせ、競馬にも精通。 [全文を読む]

「山本昌選手の引退、残念です」 “野球好きすぎ”『暗殺教室』の松井優征、マサのサーキット復帰を祈る…

おたぽる / 2015年10月20日11時00分

『暗殺教室』が表紙と巻頭カラーを飾った、19日発売の「週刊少年ジャンプ」(以下、ジャンプ)2015年47号の巻末コメントで松井は、 「山本昌選手の引退、残念です …きっとまたサーキットに戻ってくると信じてます」 と、今月7日に中日の最終戦で引退登板した山本昌投手について触れた。しかも、“サーキットに戻ってくると信じています”といった、おまけ付きだ。野球フ [全文を読む]

「あと1勝したかった」山本昌に引退決意させたオーナーの一言

NEWSポストセブン / 2015年10月19日07時00分

できれば、あと1勝したかった」(山本、以下「」内同) 10月7日、広島戦に登板した山本は打者一人を打ち取り、自身が持つ最年長登板記録を50歳1か月に更新し、現役生活の幕を閉じた。 あと1勝すれば最年長勝利の世界記録(49歳180日)を塗り替えることができただけに、本人は「悔いが残る」と語る。決断したのは9月25日、白井文吾オーナーとの面談時だった。 「それ [全文を読む]

中日・山本昌、50歳で来季の現役続行!「投げる伝説」32年間の足跡

AOLニュース / 2014年11月08日12時00分

給料は変えない」と言われていた山本は、来季について引退を覚悟している旨のコメントも行ったが、このまま順調に来季を迎えれば、ついに50歳での登板が実現する見通しだ。そんな山本投手は、入団以来、中日一筋で来季が32年目のシーズン。そこで今回は、この32年間を振り返り、その道のりがいかに長いものであっ たかを改めて確認してみたい。<1983~2014年>山本昌の [全文を読む]

フォーカス