演歌 山本譲二に関するニュース

演歌の名盤BEST100(2)島倉千代子「人生いろいろ」で借金を完済

アサ芸プラス / 2013年01月15日10時00分

寒い故郷の冬景色が思い出される」(埼玉県・66歳) このあたりが演歌の王道と言われるゆえんか。 演歌といえば、デュエットソングを忘れてはならない。 今回も7位に狩人の「あずさ2号」、49位に五木ひろし(64)と木の実ナナ(66)が歌う「居酒屋」、64位には都はるみ(64)と宮崎雅の「ふたりの大阪」などがランクインしている。 前出の石川氏は、 「五木ひろしや [全文を読む]

演歌の名盤BEST100(4)坂本冬美が「また恋」&「夜桜お七」歌唱指導

アサ芸プラス / 2013年01月17日10時00分

演歌にとどまらない活動で人気を博してきた坂本冬美(45)。アンケートで8位にランクインし、社会現象にもなった「また君に恋してる」(以下また恋)は、定番として誰からも愛される珠玉の一曲となった。 * 「この曲は、もともとビリー・バンバンさんがCMで歌っていた曲で、そのカバーリングとして私にオファーが来たのですが、とても光栄でした。『でもなぜ私を?』という思い [全文を読む]

語っていいとも! 第29回ゲスト・山川豊「今度は離島にも行こうと。“会いに行く歌手”です」

週プレNEWS / 2016年09月04日12時00分

デビュー35周年となり、実兄の鳥羽一郎さんとともに演歌界を代表する顔となった今。前回は貧しかった幼少時代からデビューまでの道のり、そして家族や後輩の氷川さんとの絆まで、まさに“演歌な男気”人生を語ってもらったがーー。(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一) ―デビューされた80年代はレコードが売れた時代ですし、ヒットチャートとかTVの歌番組も全盛で華や [全文を読む]

演歌の名盤BEST100(3)山本譲二が明かす「みちのくひとり旅」秘話

アサ芸プラス / 2013年01月16日10時00分

『すがる涙の~』から自分に戻り、男らしく歌うのがポイントだね」 ──お勧めの演歌の曲といえば、やはり師匠の曲ですか? 「オヤジの『兄弟仁義』と『風雪ながれ旅』。俺は北島のオヤジに育てられここまで来れた。今の自分があるのは北島のオヤジのおかげだから」 ──“オヤジ”と呼び、敬愛してやまない北島氏について、忘れられぬ思い出があるとか? 「ある日、『山本、靴がず [全文を読む]

テイチクエンタテインメントとJOYSOUNDのコラボ企画が始動!毎月変わるアーティストの楽曲を歌唱して、サイン入りポスターを手に入れよう!

PR TIMES / 2015年09月01日11時21分

本日9月1日(火)よりスタートした第一弾の対象アーティストは演歌界の大御所、山本譲二、前川清、石川さゆり。対象機種「JOYSOUND MAX」「JOYSOUND f1」「CROSSO」「JOYSOUND fR」「JOYSOUND 響」で、うたスキ(登録無料)にログインの上、課題曲となっている山本譲二「夜桜哀歌」、前川清「夢の隣り」、石川さゆり「あぁ… あ [全文を読む]

テイチクレコード所属 男性演歌歌手13名による“歌の祭典”!JOYSOUNDでサイン入り賞品が当たる『テイチク 夏のうた祭り』キャンペーン開催!

PR TIMES / 2016年06月24日12時24分

[画像: http://prtimes.jp/i/4747/636/resize/d4747-636-932626-2.jpg ] カラオケJOYSOUNDでは、テイチクエンタテインメントとのコラボレーション企画として、7月1日(金)より、「テイチク夏のうた祭り~灼熱の男性演歌 夏の宴~」と題し、サイン入りポスターやグッズが当たるコラボキャンペーンを実施し [全文を読む]

演歌の名盤BEST100(1)石川さゆりの絶唱「感動で身震いがした」

アサ芸プラス / 2013年01月15日10時00分

アサ芸世代の心に沁みるのはやっぱり演歌。魂を揺さぶられた名盤100曲を、本誌恒例のアンケートで振り返る。 「歌は世につれ 世は歌につれ」の名調子とともに、今も目を閉じるとよみがえる演歌のメロディ。昭和の心を今に伝える演歌こそ、我が心の歌。1000人アンケートで選んだ100曲の哀愁の歌声に今宵も酔っていただきましょう。 * 数ある演歌の名曲の中で栄えある第1 [全文を読む]

竹内力が演歌デビューの裏側を告白 親友、最愛の父の死も

NEWSポストセブン / 2015年12月13日07時00分

演歌に初挑戦し、『桜のように』を9月にリリースした。自ら作詞を手掛けており、他界した親友への思いを込めたという。また、曲が誕生した直後、最愛の父を失っていた。制作のカゲにあった知られざる秘話を竹内が独白――。 * * * この前、NHKの歌番組に初めて出たんだけど、『桜のように』を歌うと、やっぱりアンドレ(俳優・安藤麗二さん・享年45)を思い出す。目の前に [全文を読む]

大物歌手・山本譲二が衝撃の告白「UFOは今年も目黒の公園で4機見たよ」

週プレNEWS / 2015年10月28日18時00分

今回は本誌1994年10月11日号でUFOとの初遭遇を明かした演歌界の兄貴、山本譲二氏に、その後の“接触”について語ってもらった。 ――最初に目撃したのは89年、公演先の高知県安芸市だったという話でしたが、それ以降は……。 山本 よく見てますよ。 ――最近もですか? 山本 今年1月かな、アシスタントと一緒に目黒の公園でジャージ着てトレーニングしてたんです。 [全文を読む]

演歌の名盤BEST100(5)角盈男「巣鴨で会いましょう」をデュエットで

アサ芸プラス / 2013年01月18日10時00分

やはり、酒の席には演歌がよく似合う。連日、歌声が絶えない有名人のお店を一挙、紹介しよう。 * 9年ぶりの新曲「流れて、女」で演歌に初挑戦した林寛子(53)がオーナーを務めるのが、雪谷大塚のカラオケサロン「ラブリー寛寛(カンカン)」。 「ウチは音響にこだわっていて、マイク音量とオケのバランスをお客様によって変えていますし、カラオケは最も歌いやすい生演奏が大半 [全文を読む]

フォーカス