不倫 山路徹に関するニュース

山路徹氏がゲス川谷に苦言「男は身を挺して彼女を守る覚悟を」

NEWSポストセブン / 2016年10月10日16時00分

」のボーカル・川谷絵音(27才)との不倫騒動を機に仕事を失い、休業へと追い込まれたベッキー(32才)。その裏で、川谷は休業することもなく、音楽活動を継続し続けてきた。いくら謝罪しても表に出れば炎上し叩かれるベッキーとは対照的に、自由な発言が支持されてきた。だが立場は一転、新恋人・タレントのほのかりん(20才)の存在が明らかとなり、彼女が未成年だった時(20 [全文を読む]

AKB48倉持明日香、“不倫”について持論を展開 「素敵だなと思った人は大抵結婚指輪をしてる」

リアルサウンド / 2015年05月14日11時15分

5月14日分では、「不倫」についての討論が繰り広げられた。 (参考:恋をしても許されたアイドル AKB48指原莉乃はなぜ支持を失わないのか) 同番組はAKB48のメンバーが“現代を生きる若者代表”として、ゲストや気鋭の論客と掲げられたテーマを元に議論を交わす、ソフトでポップな討論番組。今回はダチョウ倶楽部・上島竜兵をゲストに、論客には宇野常寛氏と岩下尚史氏 [全文を読む]

指原莉乃「不倫したいと思った」 セックス・浮気・風俗...アイドルたちがキワどすぎるトークを展開

メンズサイゾー / 2015年05月14日20時30分

HKT48の指原莉乃(22)が13日深夜に放送された『僕らが考える夜』(フジテレビ系)で、共演したAKBメンバーと不倫や浮気、セックスといった刺激的なテーマのトークを展開して話題となっている。 同番組はAKBグループに所属するアイドルたちが、日本の「今」について語る討論バラエティ。これまでにも「自殺」や「イジメ」などを取り上げ、毎回のように視聴者からさまざ [全文を読む]

有名人「歴史的大不貞」はこんなに甘美だった!(1)火に油を注いだベッキー

アサジョ / 2017年03月25日06時00分

16年の流行語大賞の候補にもなった“ゲス不倫”を演出したのは、ベッキーと「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音である。芸能界きっての潔癖症で知られるベッキーが、まさかの不倫とは‥‥。「あれだけ不倫が似合わない人が、相手の実家に年明け早々から行ったという事実。さらに、後手後手に回った事務所の対応も、火に油を注ぐ形になりました」 こう語るのは芸能レポーター [全文を読む]

山路徹氏 「美しい不倫とは夫婦生活が破綻しているケース」

NEWSポストセブン / 2012年09月07日16時00分

どうして浮気したの?と問いただすと、“山路さんだって美しい不倫があると言ってたんだから、おれは間違ってない”と。山路さん、どうしてくれるんですか?(42才・主婦) 【山路徹氏の回答】 ごめんなさい。ぼくの発言でそうなったのなら、誤解をとかないといけませんね。 ぼくが言う美しい不倫というのは夫婦生活が破たんしているケースでのこと。とっくにお互いの愛情がなくな [全文を読む]

ファンキー加藤W不倫と子供の運命(下)日米法における不倫の比較

Japan In-depth / 2016年06月10日07時00分

岩田太郎(在米ジャーナリスト)「岩田太郎のアメリカどんつき通信」ゲス不倫の「豊作年」となった今年、不倫とは何かが改めて問われている。有名人の不倫騒動が持ち上がるたび、ネットでは「法的にどうよ」という議論が盛り上がる。ここで、日米法を比較してみよう。以前、姦通罪という刑法上の処罰があった日本では現在、不倫は犯罪ではないが、民法上の責任は問える場合がある。法律 [全文を読む]

麻木久仁子に「不倫してました?」重盛さと美の“天然ツッコミ”が脅威

messy / 2015年04月22日16時00分

さらに、「元旦那さんのこともすごい調べました」と、スザンヌ元夫である斉藤和巳の不倫疑惑にも切り込み、「向こうの問題」と、スザンヌには非がないとの考えを強調した。 これに対してスザンヌは「料理も最初はできなかったんだけど、頑張って作りすぎちゃって、そういうのを当たり前にしちゃったりとか」「最初にいいところを見せようと頑張りすぎたのかな」と応えた。重盛の分析は [全文を読む]

「日本一の大ウソつき」に!? “卒業”に多額の慰謝料……逃げ場なくしたゲス乙女・川谷絵音

日刊サイゾー / 2016年01月08日17時00分

のボーカルである川谷絵音の「不倫密会スクープ」が報じられてから2日が経った。騒動の熱はいまだ冷めず各メディアが新情報を報じているが、どうやらその“風向き”は大きく変化しそうな様子である。 報道直後は、あの好感度タレント、ベッキーが不倫をした! ということで、マスコミはとにかくベッキーを中心にした報道を流していた。謝罪会見を行った影響も大きく、会見といいなが [全文を読む]

尽くしすぎて離婚した宮崎宣子「もう男に疲れた…」に、あの山路徹が猛プッシュ?

週プレNEWS / 2015年01月27日23時00分

宮崎 工夫っていう名の不倫じゃないですか、まったく! 私、もう離婚はコリゴリなんです。ものすごく傷ついたし。 山路 そう言うけど、人生で傷つかないことなんて絶対にないから。人生ってものは、傷の中にこそドラマがあるんだよ。 宮崎 出ましたね、名言。 山路 それに人生において、躊躇(ちゅうちょ)することは本当に意味がない。修羅場でこそアクセルを踏み込まないと。 [全文を読む]

山路徹 不倫騒動当時は「世界が白黒。戦場に似てた」

WEB女性自身 / 2014年12月15日07時00分

今回は、’11年に発覚した不倫・三角関係問題で一躍時の人となったジャーナリストの山路徹さん(53)が登場。“あの時のコト”を語ってくれた。中山秀征「山路さんは硬派なジャーナリストながらも、ワイドショーで脚光を浴び、一躍有名になってしまいましたよね。あの騒動はもう4年前になりますか?」山路徹「本当に恐縮です……(笑)。あのころ、僕は日本1悪い男でしたからね。 [全文を読む]

フォーカス