女優 市原悦子に関するニュース

フリーアイドル歴23年の宍戸留美が明かす「事務所に所属しない」という芸能界サバイブ術とは

おたぽる / 2015年08月22日14時00分

――14歳でそんなこと考えていたんですか!?宍戸:いろんな人生を体験をするには、女優になるのがいいなと思ったんですよね。市原悦子さんに憧れていたんで。キレイな女優さんはいっぱいいるけど、ああいう個性的なお芝居をやれるような人になりたいなって。――確か、昔のインタビューだとキョンキョンに憧れて……って読んだ記憶があるんですが?宍戸:それはアイドルとしての立場 [全文を読む]

40年の歴史に終止符…女優たちが彩った「土曜ワイド劇場」傑作選!(1)樋口可南子が挑んだ幻の名作

アサ芸プラス / 2017年03月11日09時57分

物語が折り返しとなる夜10時に近づくと、女優の艶かしい姿が躍る。日本初の「2時間ドラマ」は、それが風物詩であった──。70年代から「土ワイ」の愛称で親しまれたテレビ朝日の看板枠・土曜ワイド劇場がこの3月、40年の歴史に幕を下ろす。忘れえぬ女優たちの名場面をここに、総力リサーチする。 1978年1月14日にオンエアされた「幽霊列車」こそが、土曜ワイド劇場の流 [全文を読む]

「あらいやだ…」大女優:市原悦子の完全撮りおろしボイス付きLINEスタンプが登場!

Entame Plex / 2016年03月10日16時50分

女優:市原悦子の完全撮りおろしによるボイス付きLINEスタンプ『市原悦子の癒しボイススタンプ』が、本日10日より配信開始となった。 昨年10月に発売されたクリエイターズスタンプ『市原悦子は見た!』が大好評につき、第2弾となる今回は公式ボイススタンプとして登場! 耳なじみのある癒しボイスは完全撮りおろしで、“大女優がこんなことまで!?”と驚くようなスタンプが [全文を読む]

<市原悦子の不適切発言?>NHKの文脈をふまえない「放送禁止用語」認識こそ「卑猥」

メディアゴン / 2015年05月28日16時13分

藤本貴之[東洋大学 准教授・博士(学術)/メディア学者]* * *女優の市原悦子氏がNHKのトーク番組で、障害者を意味する「かたわ」、外国人を意味する「毛唐」を発言し、それに対して司会の有働由美子アナが謝罪したことが物議をかもしている。番組は、5月22日に放送されたNHK総合の情報番組「あさイチ」。話題になっている部分は、市原氏が長く「まんが日本昔ばなし」 [全文を読む]

米倉涼子主演、テレ朝ドラマ『ドクターX』パート3が10月スタート TBS『半沢直樹』と一騎打ちへ

日刊サイゾー / 2014年03月19日11時00分

『土曜ワイド劇場』でベテラン演技派女優の市原悦子が主演した『家政婦は見た!』シリーズは83年から08年まで、26作品が放送された。平均視聴率20%前後を獲得して、市原の当たり役といわれていた。それだけに、市原のイメージが強い家政婦役を米倉が超えることができるか? と、視聴率が心配された。しかし、米倉は見事、市原のイメージとともに、自らの大門未知子のイメー [全文を読む]

5位市原悦子…「家事代行に来て欲しい有名人」1位は今注目のアノ女優

BizLady / 2017年01月11日22時00分

大人気のうちに昨年末終了したTBSのドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(以下『逃げ恥』)を観て、「家事代行か、いいな~、私も利用してみたい!」と思ったキャリア女性は多いのではないでしょうか?実際、自分の稼ぐお金が家事代行に払うお金より高ければ、有効な投資であるといえますよね。では、世の人々はどんな場面、そしてどんな理由で家事代行を利用しているのでしょうか?そ [全文を読む]

日本を代表する女優 市原悦子さん朗読による「暮らし百景アーカイブ」を公開。

PR TIMES / 2016年12月15日11時48分

くらしのコミュニティサイト「Kao PLAZA」 https://member.kao.com/jp/plaza/?cidk=kaomkn_app_161212企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップへ [全文を読む]


渾身の“完全撮りおろし”のボイス付!LINEスタンプ『市原悦子の癒しボイススタンプ』配信

PR TIMES / 2016年03月10日14時03分

[画像1: http://prtimes.jp/i/730/630/resize/d730-630-683894-3.jpg ] クリエイターズスタンプ「市原悦子は見た!」が大好評につき、第2弾は公式でボイススタンプとして登場!耳なじみのある癒しボイスは完全撮りおろし!!大女優がこんなことまで!?と驚くようなスタンプも満載です。 [画像2: http:/ [全文を読む]

「あらいやだ…」大女優:市原悦子がLINEスタンプに

Entame Plex / 2015年10月16日14時05分

女優:市原悦子のLINEスタンプ『市原悦子は見た!』が、本日16日より配信開始されている。 同スタンプでは、市原の代表作のひとつであるドラマ『家政婦は見た! 』シリーズでお馴染みの「あらいやだ…」の台詞をはじめ、マンホールの中、天井裏など、テレビや映画では観られないスタンプならではのユニークな市原の表情や台詞が満載となっている。 LINEスタンプ『市原悦子 [全文を読む]

あの大女優がいよいよLINEスタンプに見参!LINEスタンプ『市原悦子は見た!』配信★スタンプ発売記念インタビュー★「市原悦子さんの知られざる素顔をのぞいて見た!」(動画あり)絶賛公開中!

PR TIMES / 2015年10月16日13時29分

[画像1: http://prtimes.jp/i/730/601/resize/d730-601-364182-1.jpg ] 大女優・市原悦子が魅せる様々な表情が満載。 マンホールの中、天井裏など・・・テレビや映画では観られない、スタンプならではのシチュエーションで、市原悦子が見ています。 [画像2: http://prtimes.jp/i/730/ [全文を読む]

市原悦子が「てへぺろ」…家政婦は見た!スタンプ登場

Smartザテレビジョン / 2015年10月16日12時45分

ドラマ「家政婦は見た!」で“家政婦役”としてさまざまな豪邸に暮らす人々の裏側をのぞいてきた女優・市原悦子。10月16日(金)より家政婦役の市原をモチーフにしたLINEスタンプが配信されることが決定した。 ガラス越しにのぞき込む市原や、壁の横から「見ました」という市原の他、マンホールの中、天井裏などテレビでは見られないシチュエーションのスタンプも登場。 さら [全文を読む]

市原悦子が大河ドラマ「西郷どん」のナレーション

J-CASTテレビウォッチ / 2017年06月27日17時21分

女優・市原悦子(81)が来年のNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」でナレーションを務めることが27日(2017年6月)、わかった。市原は1996年の大河ドラマ「秀吉」に主人公の母親役で出演したことがある。今回はナレーターとして、主人公・西郷隆盛(鈴木亮平)の生涯を見守る。「西郷どん」にはほかに大久保利通役で瑛太、西郷の3人目の妻役で黒木華、篤姫役で北川景子 [全文を読む]

フジテレビが病気に便乗? 一昨年に収録終えていた市原悦子『おばさんデカ』10年ぶり復活の裏事情

日刊サイゾー / 2017年03月17日07時00分

新規の仕事はほとんど断っている状態ですが、復帰の見込みもまったく立たないみたいですから、心配ですよね」(スポーツ紙記者) 自己免疫性脊髄炎のため、休養している女優の市原悦子、彼女が出演する映画『しゃぼん玉』の初日舞台に、市原の代理でマネジャーの熊野勝弘氏が出席した。 「熊野氏は市原さんの現状について『リハビリをやっていまして、元気にしているので安心してくだ [全文を読む]

“母親目線のスタンプを市原悦子が演じます!”LINEスタンプ『市原悦子 お母さんフレーズ集』販売開始!

PR TIMES / 2016年12月27日14時39分

[画像1: https://prtimes.jp/i/730/697/resize/d730-697-180595-1.jpg ] どこか懐かしくて親しみがもてる昭和のお母さんを“女優 市原悦子”がほっこり演じます。 [画像2: https://prtimes.jp/i/730/697/resize/d730-697-959269-2.jpg ] ■提供 [全文を読む]

アヘン戦争!メタ推理!騎兵隊!過去の「必殺スペシャル」を振り返ってみた

デイリーニュースオンライン / 2015年12月20日16時00分

だが、藤田まことの活躍も虚しく、今回のゲスト女優はお約束通り殺害されてしまい、仕事人が動き出す。悪徳商人と汚職役人の暗殺には成功するも、藤田まことは再び屋根から転落。意識を取り戻すと現代に戻っていた。 中村主水を演じる藤田まことが、意識だけは藤田まことのまま必殺スペシャルに登場するというメタ色の強い作品。冒頭の撮影シーンで、監督が「ストーリーが陳腐」「予定 [全文を読む]

市原悦子があの「大物」を激怒させる事件勃発…会見場は騒然

Business Journal / 2015年11月21日17時00分

テレビドラマ『家政婦は見た!』(テレビ朝日系)などで知られる大女優・市原悦子。現在も映画、ドラマに引っ張りだこで“いい味”を出し続けているが、そんな和みキャラが災いしてか、欠席した会見現場に微妙なタイミングで生電話をかけ、元NHK重鎮アナウンサーを激怒させる“事件”が起こった。 それは、12日に都内で行われた朗読劇『リーディング名作劇場 キミに贈る物語』製 [全文を読む]

女優・市原悦子さんの朗読で「暮らし百景」がラジオ番組に! TBSラジオで7月7日(月)スタート!

PR TIMES / 2014年06月23日15時27分

その「暮らし百景」を、女優・市原悦子さんが朗読。 7月7日から、ラジオ番組として放送することになりました。 番組タイトルは「市原悦子 暮らし百景」。 市原悦子さんの朗読により、登場人物が動き出し、街が色づき、 リスナーに立体的な情景を浮かび上がらせてくれます。 放送は、7月7日(月)午前11時35分頃からスタート。 「大沢悠里のゆうゆうワイド」内で放送し [全文を読む]

ICカードに電子香炉… 改葬の受け皿「室内墓」の今

NEWSポストセブン / 2017年03月19日07時00分

全国紙にも女優・市原悦子さんを起用した全面広告がたびたび出ているので、記憶にある向きも多いかもしれない。 昼夜とも行き来する人たちで大にぎわいの西新宿1丁目交差点にほど近い、細い道に面した、丸みを帯びた白亜の建物だった。 正面から仰ぎ見ると、背後に高層ビルが聳える立地だ。世界的に有名な建築家で京都大学教授の竹山聖(せい)氏の設計という。美術館のようなモダン [全文を読む]

林遣都「がむしゃらに、ギラついて」イメージ覆す挑戦心に迫る

Movie Walker / 2017年03月03日12時42分

伊豆見の人生を変えるスマを演じた大女優・市原悦子との共演もかげがえのない時間となった。「役に没頭できるような環境を作って頂き、感謝の気持ちしかありません。僕が何をやっても、スマおばあちゃんの器の大きさと優しさで包み込んでくれるようでした。市原さんのお芝居にはいつも圧倒されて、感動しっぱなし。ご飯を食べていたり、近所のおばあちゃんたちと会話をして笑っている姿 [全文を読む]

フォーカス