ドラマ 市川猿之助に関するニュース

志村けんがダウンタウンとハシゴ酒 今のテレビ業界をアツく語り話題に

AOLニュース / 2016年01月09日18時00分

今後について、「体が続けば舞台もやりたい」と語る志村に、松本人志が「ドラマとか出ないんですか?」と質問をしたところ、「やる気ないですね、全然」と語った。ちなみに過去に出演した映画『鉄道員』は、主演の高倉健にオファーされて出演しただけだという。 また、志村は「人に指図されるのが嫌いなんです。ディレクターだって芝居のこと勉強してるわけじゃないですし、大学出て [全文を読む]

尾田栄一郎先生も絶賛! 話題のスーパー歌舞伎Ⅱ『ワンピース』がスゴい10の理由

週プレNEWS / 2015年11月14日06時00分

TVドラマ・映画などで活躍する人気若手俳優の福士誠治(エース役)や、こちらもTVドラマや舞台でも長年活躍している浅野和之(センゴク役他)らが、猿之助を強力にサポートしている。中心人物の代替わりにより若返りを果たした猿之助一門・澤潟屋(おもだかや)の高いチーム力が、この前人未到の試みを支える原動力となっているのだ。 6 原作ファンなら納得を通り越して涙! [全文を読む]

本仮屋ユイカが元キャバ嬢の弁護士に!ドラマ『そこをなんとか2』がスタート

ダ・ヴィンチニュース / 2014年08月03日05時50分

なになに、本仮屋ユイカが元キャバ嬢の弁護士を演じるドラマだって? 関連情報を含む記事はこちら 行ってみたいな、そのキャバクラ……じゃなくて弁護士事務所! 何の話かというと、8月3日(日)22時よりNHK・BSプレミアムにてスタートするドラマ『そこをなんとか2』のことである。原作は麻生みことの同名コミック(白泉社・『メロディ』連載)。2012年秋に本仮屋ユイ [全文を読む]

「四代目市川猿之助」襲名後、初のテレビCM出演! ソルマック新テレビCM 『一本締め』篇 11月1日(木)より全国でオンエア

PR TIMES / 2012年11月01日13時28分

大河ドラマ出演をきっかけに映画・ドラマなど活動の領域を広げている。 企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ [全文を読む]

“悪女”天海祐希を毒殺…8人の容疑者と究極のトリック ミステリーの金字塔ドラマ化<あらすじ/登場人物紹介>

モデルプレス / 2015年10月02日12時00分

天海が主演を務めるフジテレビ系金曜プレミアムスペシャルドラマ『私という名の変奏曲』が10月2日午後9時より放送される。 同作は、映像化困難と言われた連城三紀彦の不滅の金字塔をドラマ化。突然殺害された世界的ファッションモデル・レイ子(天海)と容疑者たちを中心に、華やかな世界の裏の人間の欲望と殺意を描く本格サスペンスで、究極のトリックと究極のヒロイン、そして究 [全文を読む]

市川猿之助、「ONE PIECE」歌舞伎化で原作ファンを怒らせた“ある一言”とは?

アサ芸プラス / 2015年08月02日09時59分

『精通して観客をおいてけぼりにするとダメなので』と続けましたが、それまでに50巻以上にわたって紡いできた壮大なドラマがあってこその『頂上戦争編』ですからね。その部分だけブツ切りにする脚本なら反感を買うことになるでしょうし、そんな歌舞伎なら原作ファンが観に行くこともないでしょう」(漫画誌編集者) 累計発行部数3億2000万部。「最も多く発行された単一作家によ [全文を読む]

キスマイ玉森裕太が“意外”な業界で人気?

モデルプレス / 2014年02月13日20時34分

Kis-My-Ft2の玉森裕太が主演を務めたドラマが“意外”な業界で人気だったことが明らかとなった。 2013年1月クールに放送されていた金曜ナイトドラマ「信長のシェフ」(テレビ朝日系)の続編が連続ドラマとして2014年7月から放送されることが決定。今作は、現代から戦国時代にタイムスリップしてしまったフレンチシェフのケン(玉森)が主人公。前の記憶はすべて無 [全文を読む]

“必ず5人の大物歌舞伎役者が死ぬ”歌舞伎座の呪い 片岡愛之助の霊能力と関係も!?

ハピズム / 2013年10月19日20時58分

爆発的ヒットとなったドラマ「半沢直樹』(TBS系)でその存在を初めて知った人も多いかと思われる、歌舞伎役者のラブリンこと片岡愛之助。 オネエ金融庁検査局主任検査官、黒崎駿一という異色の役を見事に演じきり、その存在感を十二分に発揮した。これぞまさに「バイ返し」という意外な結末であったが、ブログに「黒崎さんは歌舞伎もやってらしたのですね」とコメントされるように [全文を読む]

野村萬斎、ドラマに出演する真意とは…!?「しゃべくり007」

CinemaCafe.net / 2017年05月29日19時00分

大河ドラマ「花の乱」の細川勝元役や映画『陰陽師』シリーズでの安倍晴明役、最近では『のぼうの城』での成田長親(のぼう)役などが印象深いなか、昨年公開された『シン・ゴジラ』ではゴジラのモーションアクターを担当。同作のゴジラの独特の動きやポーズを生み出したことも大きな話題となった。 そんな野村さんが今回トークで狂言の型を紹介する。「月を見る」「笑い方」などからト [全文を読む]

鬼塚忠『花いくさ』が野村萬斎主演で映画化!2020年までに8本映像化予定の鬼塚作品、そのヒットの極意とは?

PR TIMES / 2017年05月09日12時00分

映画化された『Little DJ~小さな恋の物語』、『カルテット!』、テレビドラマ化された『海峡を渡るバイオリン』など、多くの鬼塚作品が映画化・ドラマ化されてきた。そして今回、2017年6月に、野村萬斎主演で『花戦さ』の公開を控えている。(原作は『花いくさ』)戦国時代の花僧・池坊専好を主人公に、戦乱で荒れ果てた京の都を舞台に時代を駆け抜けた男たちの友情と生 [全文を読む]

フォーカス