公演 市川染五郎に関するニュース

「染五郎の復帰公演でも空席が……」勘三郎、團十郎の相次ぐ逝去で暗雲漂う新・歌舞伎座のこけら落とし

日刊サイゾー / 2013年02月08日09時00分

しかし、最もダメージを受けそうなのが、4月にこけら落とし公演を控えた新・歌舞伎座を運営する松竹だという。 「團十郎さんの死を受け、松竹の株価は下落傾向。松竹は新・歌舞伎座への建て替えで、年間25億円ほどの増益を見込んでいた。というのも、旧・歌舞伎座の最後の3カ月は連日満員だったので、一等席を割増料金にし、以来、一等席の相場が1万5,000円となり、そのうち [全文を読む]

市川染五郎、転落事故の背景に「複雑な親族事情が?」の声

NEWSポストセブン / 2012年08月31日07時00分

歌舞伎俳優の市川染五郎(39才)が8月27日、国立劇場で行われた父・松本幸四郎(70才)の古希を記念した舞踊公演の最中に、舞台のセリから3m下の奈落に落下。救急車で都内の病院に搬送された。右側頭部を打つ脳挫傷とみられ、意識はあるものの、体を動かすことができない状態だった。 当日の染五郎は別件を終えてすぐに公演という慌ただしい一日だった。 「午後1時半ぐらい [全文を読む]

<市川染五郎の歌舞伎NEXT「阿弖流為」>劇団☆新感線の「アテルイ」を歌舞伎が逆輸入

メディアゴン / 2015年07月21日17時21分

本作は13年前に染五郎出演で好評を博した「劇団☆新感線」の公演「アテルイ」の歌舞伎化。通常の歌舞伎公演と異なり、キービジュアルになった衣装を着た主役3人のイメージ写真も素晴らしく、チラシやポスターはいまどきの演劇公演のようで期待をそそりチケット争奪戦必至の人気公演となった。稽古に1か月を費やし、展開も殺陣も劇団☆新感線流にスピーディとあって、これぞ歌舞伎N [全文を読む]

歌舞伎とフィギュアスケートがコラボレーション! 「氷艶 hyoen2017 -破沙羅-」にて、『VOGUE JAPAN』がアーティスティック コンサルタントを担当。

PR TIMES / 2017年05月16日11時09分

[画像: https://prtimes.jp/i/930/359/resize/d930-359-284390-0.jpg ]『VOGUE JAPAN』がアーティスティック コンサルタントを手がた、世界初となる歌舞伎とフィギュアスケートのコラボレーション公演「氷艶 hyoen2017 –破沙羅-」(主催:日本テレビ放送網株式会社、株式会社ユニバーサルスポ [全文を読む]

~熊本地震復興祈願「歌舞伎シアター バーチャル座」を上映ネイキッドは技術協力として参加~

PR TIMES / 2017年01月25日14時29分

株式会社ネイキッド(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:村松亮太郎、以下ネイキッド)は「ラスベガス歌舞伎公演『KABUKI LION 獅子王』凱旋イベント in 熊本」の各催事に、協力参加いたします。来る2017年3月11日(土)・12日(日)に「歌舞伎シアター バーチャル座」をはじめとした歌舞伎×ICTの可能性をご体験いただく「ラスベガス歌舞伎公演『KA [全文を読む]

世界初! 歌舞伎とフィギュアスケートのコラボレーション公演 市川染五郎、荒川静香、高橋大輔出演「氷艶 hyoen2017 -破沙羅-」にてヴォーグがアーティスティック コンサルタントに

PR TIMES / 2016年11月28日18時41分

[画像: http://prtimes.jp/i/930/318/resize/d930-318-879463-0.jpg ] 世界で最も影響力のある女性ファッション誌『VOGUE』の日本版『VOGUE JAPAN』は、世界初となる歌舞伎とフィギュアスケートのコラボレーション公演「氷艶 hyoen2017 –破沙羅-」にてアーティスティック コンサルタント [全文を読む]

FRONTEOの人工知能搭載ロボットKibiro(キビロ)が伊勢丹新宿店の2017年新春「夢袋」に選ばれました!

PR TIMES / 2016年11月07日17時57分

今回の夢袋Kibiroの監修をお願いした市川染五郎氏は、歌舞伎文化の発信に積極的に取り組まれており、2016年5月には、歌舞伎とテクノロジーを融合させたラスベガス公演「Wonder KABUKI Spectacle『獅子王SHI-SHI-O』」に主演し、大成功を収めています。FRONTEOもまた、日本発の人工知能「KIBIT」を搭載したロボット「Kibir [全文を読む]

劇団 新感線『髑髏城の七人Season花』製作発表会見に小栗旬、山本耕史、りょう、古田新太らが登場!

AOLニュース / 2016年09月10日12時00分

1990年の初演以来、幅広い層からの人気を集め、2004年には、古田新太を主演に据えたスタンダードな春公演『髑髏城の七人〜アカドクロ』と、市川染五郎を主役に招いた秋公演『髑髏城の七人〜アオドクロ』を敢行して話題を呼んだ。2017年から2018年にまたがって公演される今回の『髑髏城の七人』は、そこからさらに進化を遂げ、"花・鳥・風・月"の4つのシーズンごとに [全文を読む]

【ラスベガス観光局速報】5月3日~7日ラスベガスで新作歌舞伎公演『獅子王』の上演が決定!鑑賞チケット付きオフィシャルツアー好評発売中!!

PR TIMES / 2016年01月22日19時24分

[画像: http://prtimes.jp/i/10656/38/resize/d10656-38-352448-2.jpg ] 昨年8月、日本の伝統芸能である歌舞伎とベラージオの噴水ショーとの壮大なコラボレーション公演が大好評を博しました。この度、松竹株式会社は、2016年5月上旬に再度ラスベガスにて『Japan KABUKI Festival in [全文を読む]

ラスベガス観光局速報!「ザ・歌舞伎スペクタル」 ホテル・ベラージオでラスベガス・デビュー

PR TIMES / 2015年07月27日11時15分

公演の主演は人気歌舞伎俳優、市川染五郎が務め、2015年8月14日(金)から8月16日(日)まで、レイク・ベラージオに設けられた50メートルに及ぶ巨大ステージにて上演されます。 今回の公演は、松竹株式会社がMGMリゾーツ・インターナショナルの協力を得て行われるもので、アーティスティック・パートナーとして、パナソニック株式会社、teamLab社(プロジェ [全文を読む]

フォーカス