著書 寺山修司に関するニュース

‘19歳の新星’ 勧修寺保都、「毛皮のマリー」メインキャストに抜擢!!

スポーツソウルメディアジャパン / 2015年12月25日16時26分

美輪明宏その著書は、出せばベストセラーとなるほど人気を博している。『紫の履歴書』を筆頭に、『人生ノート』『愛の話 幸福の話』『花言葉』……また、公式携帯サイト『麗人だより』は、携帯電話の待ち受け画面にすると良いことが起こるという都市伝説がきっかけで開かれた。まさに現代のオピニオン・リーダーとして、世代を超え、男女を超え、老若男女幅広い支持を得ている。その核 [全文を読む]

既婚女性は要注意!「職場の男性があなたを誘う」トンデモ理由3つ

BizLady / 2015年12月04日22時00分

■理由2:“人のモノ”が良く見えるから 小説家で劇作家の故・寺山修司さんは、著書『家出のすすめ』の中で、江戸時代の俗説を紹介しています。 <(男性が)情事をしていていちばん愉しいのは「盗」の愛。すなわち他人の女を盗んでする情事だ、というわけです> スリルと背徳感を求め、誰かに愛されている女性にちょっかいを出す男性、不倫を通じて自分の魅力を再確認しようとす [全文を読む]

ビジネス書ばっかり読みまくっている人が陥る「ヤバイ症状」3つ

BizLady / 2016年02月15日21時00分

今回は、教授の著書『乱読のセレンディピティ』を参照しつつ、偏った読書習慣がもたらす副作用についてお届けしていきます。 ■1:自分がエラくなったと勘違いしてしまうことがある ビジネス書を片っ端から読むことで、苦労せずに知識と仕事のノウハウを身に着けることができるかもしれません。しかし、外山教授は, 体験を伴わないまま、やみくもに読書量だけ増やしていくことの [全文を読む]

「タモリ本」の真打ちで明かされた、知られざる“空白の7年間”。その生き方こそ、今後の日本社会の参考になる

週プレNEWS / 2015年10月20日06時00分

著書に『新幹線と日本の半世紀』(交通新聞社新書)など。現代史研究家を名乗り、さまざまな文化人と現代史をからめて論じるコラムなども執筆している ■『タモリと戦後ニッポン』 (講談社現代新書 920円+税) 終戦直後の1945年8月22日に生まれ、2015年に古希を迎えた不世出の“国民的タレント”、タモリ。膨大な文献を駆使し、彼の半生を彩る豊富なエピソードと戦 [全文を読む]

【書評】国民のオモチャを自覚し時代を映す鏡に徹したタモリ

NEWSポストセブン / 2015年10月19日16時00分

著書に『私鉄探検』(ソフトバンク新書)、『新幹線と日本の半世紀』(交通新聞社新書)。ウェブサイト「cakes」でコラム「一故人」を連載中。【評者】鈴木洋史(ノンフィクションライター) 本書は、敗戦の年の8月22日に生まれたタモリを通し、戦後日本の「国民史」を描こうという野心作で、直接タモリに関係しないものも含めて膨大な資料を渉猟し、読み込み、考察した労作で [全文を読む]

筋金入りのファン・杉作J太郎氏推薦「菅原文太の傑作5選」

NEWSポストセブン / 2014年12月09日16時00分

筋金入りの「菅原文太ファン」であるライター・杉作J太郎氏は、『仁義なき戦い』『トラック野郎』両シリーズに関する著書もある。「菅原さんの最大の魅力は激しさやコミカルさの中に孤独を漂わせるところ」と語る同氏に、オススメ作品5作を聞いた。 ●『現代やくざ 人斬り与太』(1972年) 「ラストシーンに泣かされた。主人公が抗争で潜んでいたところ、差し入れのおにぎりを [全文を読む]

田中康夫“なんとなくクリスタル” 雑誌からヒント得たの指摘

NEWSポストセブン / 2012年04月28日07時00分

自他共に認める“雑誌小僧”であり、『私の体を通り過ぎていった雑誌たち』の著書もある評論家の坪内祐三氏が懐かしの『GORO』を回顧する。 * * * こういう機会に調べておかなければと思った『GORO』のバックナンバーがある。号は特定出来ないが確か一九七九年の前半に出た号だ。 後半のカラーグラビア頁(つまり激写ではない頁)に当時ユニチカのマスコットガールだっ [全文を読む]

フォーカス