少女 寺山修司に関するニュース

語っていいとも! 第9回ゲスト・高橋ひとみ「『ふぞろい学校』って言われて。未だにあの作品を超えるものがないねって」

週プレNEWS / 2015年08月16日12時00分

たまたまパルコでやる「青ひげ公の城」の少女の役の募集で行っただけで、その作・演出が寺山さんだったんです。お名前だけで何をしてる方かも知らなくて。オーディションで、あ、間違えたって思いましたしね。これは普通と違うぞって。 何百人っていう少女がきて、選考で残った何十人だけがその場で台本もらって『若草物語』か何かの一部を演じるんですけど。その寸劇を教えてくれる天 [全文を読む]

宇野亞喜良、“絵の奥にある背景の記憶”--2/2【INTERVIEW】

FASHION HEADLINE / 2016年12月14日20時30分

■「少女性」のイメージの共有――宇野さんが、少女の絵を意識的に描くきっかけになったのは『For Ladies(フォーレディース)』(新書館)という寺山修司さんの手がけていた、若い女性を対象にした絵本のシリーズだと聞いています。昭和20~30年代、中原淳一さんという人が、『ひまわり』『それいゆ』という、少女たちを対象とした雑誌を発行していました。この雑誌を妹 [全文を読む]

「Fan+(ファンプラス)」の「コエチカラ」と「寺山修司ワールド」が完全オリジナルの朗読動画でコラボレーション! 天才劇詩人・寺山修司の「詩」が、声優・江口拓也と片岡あづさの「声」と不破大輔の「音」を通じ、時代を超えて問いかける!

@Press / 2012年11月29日09時30分

「コエチカラ」はこちらから http://fanplus.jp/_81produce_/■「コエチカラ」×「寺山修司ワールド」コラボレーション企画ラインアップ「十五歳~少女詩集より~」価格:420円(税込)動画:3分54秒作 :寺山修司朗読:江口拓也演奏:不破大輔「あなたに~少女詩集より~」価格:420円(税込)動画:3分48秒作 :寺山修司朗読:片岡あづ [全文を読む]

70年代シネマ女優たち 森下愛子

アサ芸プラス / 2012年03月03日10時54分

70年代が終わろうとする数年間、1人の少女が鮮やかにスクリーンを舞った。決して大規模ではない作品ばかりが続き、テレビにもほとんど出ない。それでも、いや、それだからこそ若者たちは熱烈に支持した。真に「俺たちのマドンナ」と呼べる森下愛子を──。 いまだ忘れられない美白乳房 高校の図書室の片隅で、少年と少女は“初めての瞬間”を迎えようとしていた。少年の愛称は「サ [全文を読む]

高橋ひとみ:女優として見出してくれた、寺山修司への思いを語る。

PR TIMES / 2015年11月19日11時43分

それでもお話をいただいた時は光栄でした」と切り出した高橋は、寺山のアングラ芝居に情熱を傾けるアイドル風の少女たちの姿に「30年前がよみがえったような懐かしい感じがしました」と感慨深い様子を見せる。1983年にこの世を去った寺山修司。それから三十数年という時を経てなお若者たちが寺山イズムを受け継いでいることについて「若い人は寺山さんの演劇をどう思っているのか [全文を読む]

みんなが選んだ角川文庫はこの一冊!「カドフェス杯2016」開催中!今年は「読書メーター」や映画『聖の青春』とコラボしパワーアップ!

PR TIMES / 2016年11月18日19時14分

膨大な書目の中から、主演の松山ケンイチさんは寺山 修司『寺山修司少女詩集』に、東出昌大さんは中 勘助『銀の匙』にそれぞれコメントを寄せています。 ぜひ書店で「1冊、お手合わせ」願います!【各ジャンル1位一覧】[画像2: http://prtimes.jp/i/7006/2849/resize/d7006-2849-219137-1.jpg ]総合1位:『小 [全文を読む]

加賀まりこ 女優生活振り返って「人生は気負わないほうがうまくいく」

WEB女性自身 / 2015年09月28日06時00分

私は仕事を辞めようと思っていたから待っていただいて、家に電話したら、演劇少女だった姉に『あなたにできるわけないでしょ。男性だったらハムレットくらい大変な役』と言われ、よし、やってやろうじゃないの!と」中山「プレッシャーはなかったんですか?」加賀「どう頑張ってものどからしか声が出なくて、ちゃんと基礎からやらないといけないと、劇団四季の研究生になりました」中山 [全文を読む]

加賀まりこ 女優生活振り返って「人生は気負わないほうがうまくいく」

WEB女性自身 / 2015年09月28日06時00分

私は仕事を辞めようと思っていたから待っていただいて、家に電話したら、演劇少女だった姉に『あなたにできるわけないでしょ。男性だったらハムレットくらい大変な役』と言われ、よし、やってやろうじゃないの!と」中山「プレッシャーはなかったんですか?」加賀「どう頑張ってものどからしか声が出なくて、ちゃんと基礎からやらないといけないと、劇団四季の研究生になりました」中山 [全文を読む]

蕎麦屋店主からプロレスラーなど、ユニークな参加者23名のオススメ本!ブックフェア「中井文庫2015」

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月07日06時30分

青山は『寺山修司少女詩集』を選ぶなど、それぞれ推薦者の特色が出た本が選ばれている。中には意外な人の意外な1冊もあるらしい。 選者達がその本を選んだ理由も、店内で配布中の小冊子に載っている。こちらも合わせてチェックすると、より楽しめるかもしれない。 参加者一覧 (五十音順) 青山裕企(写真家)、河合良文(目白大学社会学部メディア表現学科教授)、梶原直子(歯科 [全文を読む]

筋金入りのファン・杉作J太郎氏推薦「菅原文太の傑作5選」

NEWSポストセブン / 2014年12月09日16時00分

殺されると分かっていても、行かなきゃいけないときが男にはある」 ●『まむしの兄弟 恐喝三億円』(1973年) 「花売りの少女との、白いカーネーションを巡るエピソードは忘れられない名シーン。やくざ映画とバカにしていたら大泣きしますよ」 ●『仁義なき戦い 完結篇』(1974年) 「敵方である小林旭に酒に誘われたところ、“そっちとは、飲まん。死んだもんにすまんけ [全文を読む]

「幼少期に見たものが…」カワイイの火付け役が語る発想の源は

WEB女性自身 / 2014年12月01日08時00分

主人公は人形の国に迷い込む少女クララ(吹き替えは有村架純)、そして、テーマ曲を歌うのは、きゃりーぱみゅぱみゅだ。 膨大な絵コンテを増田自ら描き直し、35年前の作品フィルムを1枚1枚デジタル化。当時の人形を使って新たにアニメーション部分を追撮した。全編にわたり増田が粘土で作った花々やチョウなど、カラフルでカワイイ世界が3Dで広がる作品に生まれ変わった。 「僕 [全文を読む]

「聖ミカエラ学園漂流記」公演初日を終えた森永理科のコメント到着!

リッスンジャパン / 2013年03月16日08時00分

学園の少女達が自らを抑圧する様々な欲望、願望を吐露するシーンでは、それぞれのキャストに台本は用意されず、役者自らの本当の欲望、願望を叫ぶという、登場人物の等身大を表現するメッセージ性の強い演出も。主人公の美村が服を脱ぎ背中を見せ「僕の背中を見ろ!天使の羽は奴隷商人の手でもがれてしまったんだ」と叫び、まぶしい光の中で中性的なエロスを魅せる圧巻のクライマックス [全文を読む]

森永理科「聖ミカエラ学園漂流記」で初の舞台主演!

リッスンジャパン / 2013年01月17日09時00分

森永理科演じる主人公“美村亜維子”は少女であり少年であるという中性的な役どころで、作品はちょっぴりコメディ要素もありつつ、シリアスで感動的なシーンの詰まった、幅広い層が楽しめる内容となっています。実に14年ぶりとなる再演では、脚本・演出に月蝕歌劇団主宰の高取英、かつて寺山修司の天上桟敷で音楽を務め、現在は演劇実験室◎万有引力の主宰J・A・シーザーが音楽を手 [全文を読む]

フォーカス