作品 寺山修司に関するニュース

‘19歳の新星’ 勧修寺保都、「毛皮のマリー」メインキャストに抜擢!!

スポーツソウルメディアジャパン / 2015年12月25日16時26分

作品は、寺山修司が美輪明宏に書いた1967年初演の伝説的名作。2001年、2009年の二度にわたり美輪明宏演出での上演が行われ、今回(2016年)が7年ぶり三度目の美輪氏による演出・主演となる。勧修寺は、美輪氏演じる日本一ゴージャスな美貌の男娼・毛皮のマリーに過保護に育てられ、外の世界を知らず、蝶を追いかける絶世の美少年・欣也を演じる。12月中旬に都内で [全文を読む]

【エロ濃度判定付き】初心者が挑む、2015年BLアワード受賞作

Woman Insight / 2015年04月29日22時00分

他にも財務省を舞台にした作品など、普段垣間見ることのできない官僚の世界とBLの世界が同時に覗ける、ある意味オトクな作品です。 ■エロ部門 1位 『クロネコ彼氏の愛し方』著者/左京亜也(新書館) エロ濃度★★★★★ さすがエロ部門1位というだけあり、表紙の構図からして他の作品とは違います。 それぞれBLアワードエロ部門1位を獲得した『クロネコ彼氏のアソビ方 [全文を読む]

クラウドファンディングで日本の演劇を盛り上げたい!!劇団「演劇実験室◉天井棧敷」~「万有引力」創立50周年記念 寺山演劇の集大成「レミング-壁抜け男-」上演プロジェクト

PR TIMES / 2017年06月06日15時02分

BOOSTERサイトでは、かつて天井棧敷で音楽及び共同演出を担当した「J・A・シーザー」の未発表音源や愛用の品々、寺山作品「身毒丸(しんとくまる)」「レミング」のスペシャルパッケージ、さらにJ・A・シーザーや寺山作品のファンである作家ユニット“劇団イヌカレー”の描き下ろしグッズなどを販売いたします。今後、“テラヤマ・ワールド”とのコラボグッズも追加予定です [全文を読む]

三上博史がSNSをやらずバラエティー番組に極力出ぬ矜持

NEWSポストセブン / 2016年07月24日07時00分

常に作品の世界観を第一に考える三上が現在演じているのは、ひと癖もふた癖もある遺産相続専門弁護士、柿崎真一。 「柿崎は遺産というものを通して、亡くなった人の想いをつなげる人物だと思うんです。死者と、それを取り巻く人々との橋渡しをするのが柿崎。とは言っても決してシリアスなドラマではなくコメディー要素もふんだんに入ってるから、気軽に楽しんでもらえたらいいですね [全文を読む]

菅田将暉がボクサーに!故・寺山修司が遺した小説を映画化

Movie Walker / 2016年07月23日07時49分

精神的な痛みを表現するような作品は今までやってきたけれど、男ならではの闘争心や肉体的な痛みを表現する作品は初めてなので、今世紀最大に疲弊して、今しかできない脂っこい作品にしたいです」と意気込みを語った。 バリカン役のヤン・イクチュンは「『あゝ、荒野』への出演が決まったことを、本当に光栄に思います。この作品への参加を決めてから、他の作品の出演を控えるようにな [全文を読む]

イケメン演出家・藤田貴大「同世代とか少し上の世代にはウザがられてると思う」

anan NEWS / 2015年12月02日12時00分

藤田:僕は、昔から彼らにコンプレックスを感じていて、それが作品の原動力になっていたところがあるんです。一回の舞台に使える予算が圧倒的に違うわけですけど、だからクオリティが違うとは絶対に言われたくない。じゃあ、お金もコネもない自分がどう対抗するかを考えて、彼らが美味しいごはんを食べているような時間まで稽古をしたり、寝ている時間にも作品のことを考え続けたりし [全文を読む]

語っていいとも! 第9回ゲスト・高橋ひとみ「『ふぞろい学校』って言われて。未だにあの作品を超えるものがないねって」

週プレNEWS / 2015年08月16日12時00分

本とか作品がどうというのは全く私もわかんないんです。天井桟敷の公演に出たわけでもないし、映画は2本ほど出ましたけど、本当に台詞のない役で。 ―それでイメージが先行して、最初に伺った通り、自分の素じゃないアンニュイな部分ばかり求められる方向にいってしまい。戸惑いはあったかと。 高橋 そのうち、寺山先生の名前がなくても、高橋ひとみでならどうなるんだろうってある [全文を読む]

写真の新たな見方、楽しみ方を提案 世界に誇る70年代日本人写真家の作品 約300点が集結

PR TIMES / 2013年09月20日18時46分

写真展では、1970年代を代表する9人の写真家が、「東京」をモチーフに独自の視点で撮影した作品を約300点展示します。現在、世界のアート写真業界において、日本の戦後写真は注目を集めています。なかでも、高度経済成長期として日本がすさまじい発展を遂げ、政治的、文化的にも激動期であった1970年代は特に、個性豊かな写真家を多数輩出した時代です。こうしたアート写 [全文を読む]

“詩”がゲームやTシャツになる!? 楽しみ方は本だけじゃない、現代的な“詩”って?

マイナビ進学U17 / 2016年04月08日12時02分

なぜ彼女は注目されるようになったのでしょうか?■ゲームやTシャツにして詩を発表する最果タヒさん最果タヒさんが注目されているのは、詩の内容はもちろんのこと、「作品の発表の方法がユニーク」ということも一つの理由でしょう。彼女は、書いた詩を本にまとめて発売するだけでなく、詩を使ったシューティングゲーム“詩ューティング”や、詩をTシャツやトートバッグにプリントした [全文を読む]

亀梨和也はよくやった! 世界の蜷川幸雄のヤバすぎる演出を見事に熱演!!

tocana / 2015年08月20日09時00分

演出は蜷川幸雄氏、音楽は松任谷正隆氏という超豪華で硬派な作品だ。 若いジャニーズファンにはなじみが薄いかもしれないが、寺山氏は1960年代に演劇実験室「天井桟敷」を結成。旗揚げ公演の際には、「見世物小屋の復権」をうたい、過激で扇情的かつ怪奇的な演劇を見せ、日本に小劇場ブームを巻き起こした。 寺山氏は1983年に亡くなるまで、詩、小説、劇、映画など膨大な作品 [全文を読む]

「幼少期に見たものが…」カワイイの火付け役が語る発想の源は

WEB女性自身 / 2014年12月01日08時00分

元の作品は子供のころ( 79年公開)に見てずっと心に残っていました。監督のお話をいただいたとき、最初はプレッシャーを感じて迷いました。でも当時の脚本に、僕が10代のころ影響を受けた寺山修司さんが関わっていたことを知り、運命を感じたんです」 そう話すのは、原宿Kawaiiの火付け役・増田セバスチャン(44)。日本のカワイイ代表・キティちゃんの生みの親、サンリ [全文を読む]

鬼才・ホドロフスキーが、未完のSF大作『DUNE デューン』と23年ぶりの新作映画に込めた”宇宙と人間”の可能性を語る

週プレNEWS / 2014年07月11日23時00分

この作品はカルトムービーの先駆けと呼ばれ、ジョン・レノンや寺山修司が絶賛したことでも知られる。当時のヒッピー文化を背景にした、崇高にして珍奇な(!)ガンマン映画の原作・脚本・監督・主演を務めていたのが彼だった。 ホドロフスキーの表現手段は幅広い。映画、演劇、現代詩、バンド・デシネ(フランス語圏の漫画)の原作、セラピストなどジャンルを超えて活躍する現代の鬼才 [全文を読む]

光×時間で導き出す被写体、「山崎博 計画と偶然」展公式図録【NADiffオススメBOOK】

FASHION HEADLINE / 2017年03月30日20時00分

20代前半から本格的に写真を始め、当時交流のあった寺山修司、土方巽、赤瀬川原平といったアーティストのポートレートや作品を撮影していたが、「いい被写体を探して撮る」という行為に疑問を感じ、被写体にとらわれない写真というものを模索する。写真や映像を「光」と「時間」の関係性と捉え、そこから様々な方法論を導き出した。 山崎はしばしば、長時間露光という、通常であれば [全文を読む]

高橋ひとみ:女優として見出してくれた、寺山修司への思いを語る。

PR TIMES / 2015年11月19日11時43分

[画像: http://prtimes.jp/i/1355/2967/resize/d1355-2967-937755-1.jpg ]WOWOWでは、30年も寺山修司作作品のアングラ演劇にこだわり、“暗黒の宝塚”とも呼ばれる小劇団「月蝕歌劇団」に完全密着したオリジナルドキュメンタリー番組「ノンフィクションW 暗黒のアイドル、寺山修司の彼方へ。~『月蝕歌劇団 [全文を読む]

横尾忠則が魅了された153点の『全Y字路』集【NADiffオススメBOOK】

FASHION HEADLINE / 2015年10月22日21時00分

1972年のニューヨーク近代美術館での個展ほか国内外で高い評価を得るなか、1980年、ピカソの作品を目の当たりにした衝撃で「画家宣言」し、その後デザインから絵画作品へと制作軸を移行していく。 2000年以降のライフワークとなる代表作絵画「Y字路」シリーズに焦点を当てた本書。ある夜、横尾が幼い頃によく通った郷里の三叉路鋭角部分あった模型店の跡地を訪ねたところ [全文を読む]

やなせたかし作詩、松村禎三の作曲による幻の作品収録、ひばり児童合唱団の歌によるCD「こどものための音楽」4月17日発売。「初恋の恋人に巡りあったように胸がときめきます」(やなせたかし)

DreamNews / 2015年03月17日09時00分

日本の作曲家による優れた作品をCDやコンサートでお届けする株式会社スリーシェルズ(東京都豊島区)は、やなせたかし作詩、松村禎三の作曲、ひばり児童合唱団の歌によるCD「こどものための音楽」を2015年4月17日に発売する。やなせたかし氏は、下記のようなメッセージを残してくださった「初恋の恋人に巡りあったように胸がときめきます」(やなせたかし)CD「松村禎三 [全文を読む]

筋金入りのファン・杉作J太郎氏推薦「菅原文太の傑作5選」

NEWSポストセブン / 2014年12月09日16時00分

「菅原さんの最大の魅力は激しさやコミカルさの中に孤独を漂わせるところ」と語る同氏に、オススメ作品5作を聞いた。 ●『現代やくざ 人斬り与太』(1972年) 「ラストシーンに泣かされた。主人公が抗争で潜んでいたところ、差し入れのおにぎりを届けに来た女性が運悪く殺され、おにぎりもメチャメチャに踏みつぶされてしまう。菅原さんは怒り、敵に飛び込んでいく。殺されると [全文を読む]

近親相姦、食人、屍姦・・・ タブー表現のデパート芸術映画『追悼のざわめき』

tocana / 2014年01月22日10時00分

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り! 【今回の映画 『追悼のざわめき』】 まずはあらすじから説明しましょう。 【あらすじ】 大阪府釜ヶ崎の周辺において、若い女性を狙って子宮をえぐり取る猟奇殺人事件が多発していた。その犯人である誠(佐野和宏)は、「菜穂子」と名付けたマネキン人形の空洞に、殺した女性の [全文を読む]

ネットで大ブームのBL短歌って何?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年01月05日11時20分

「圧縮←→解凍」をテーマにした『共有結晶vol.2』では、『共有結晶』で掲載した短歌や寺山修司、若山牧水、鯨井可菜子など、歌人の作品からイメージを膨らませて小説にしたりしているのだ。逆に、ほかの人が書いた小説や妄想から短歌を考えたものもある。 また、「BL作家憑依詠」と題して、あの作家がBL短歌を詠んだら…というイメージで作られたものも。たとえば、中村明日 [全文を読む]

ご存知ですか? 4月18日は寺山修司の「天井桟敷」旗揚げ公演の日です

文春オンライン / 2017年04月18日07時00分

旗揚げ公演の『青森県のせむし男』は、母子の関係をテーマに、浪花節の形式をとった作品だった。当時18歳の浪曲師・桃中軒花月がホールいっぱいに声を響かせ、丸山(現・美輪)明宏、新人の萩原朔美が出演する。丸山の出演は、寺山の希望から、九條が直談判して実現した。その役は「醜悪な老女」。九條は丸山とつきあいがあったとはいえ、そんな役で出演依頼をするのはしのびなかっ [全文を読む]

フォーカス