女優 寺島しのぶに関するニュース

藤原紀香はうまくやっていける?「梨園に嫁いだ女優たち」まとめ

VenusTap / 2016年04月01日17時40分

先日、女優の藤原紀香が歌舞伎役者の片岡愛之助との結婚を発表しました。 ついにゴールインとなりましたが、歌舞伎役者との結婚は“梨園の妻”になるということ。しきたりや礼儀作法が厳しい古典芸能の世界は、苦労も多いでしょう。女優を兼業しボランティアも続けるという藤原紀香ですが、果たしてうまくやっていけるものなのでしょうか? 結婚後の動向が気になるところです。 そこ [全文を読む]

セクシーな演技、肉体美で魅了!ヌードが美しい映画(ドラマ)作品ピックアップ!

日本タレント名鑑 / 2016年03月02日09時55分

最近は、演技派女優さんから「芝居(作品)の為なら裸もいとわない」といった、男気?あふれるエピソードを良く耳にします。 過去には「清純派女優」といわれる“アイドル系女優”と、セクシーな映画に出る女優さんとの棲み分けが、よりしっかりしていた時代もあり、まるで女優がヌードになる事が悪い事のように言われる時代もあったようですが、現在ではそういった偏見も少なくなりま [全文を読む]

尾上菊之助の挙式で思い出す「染五郎に捨てられた」女優・寺島しのぶの“復讐劇”

日刊サイゾー / 2013年03月07日13時00分

吉右衛門と長年にわたり確執がささやかれているは、彼の実兄である松本幸四郎だが、その幸四郎の長男・市川染五郎と、菊之助の姉で女優の寺島しのぶとの間には、過去に歌舞伎界を揺るがす“破局スキャンダル”があったからだ。 1990年後半、染五郎が妹で女優の松たか子と共に、歌舞伎界だけではなく、芸能界からも脚光を浴びた頃、6歳年上の元女優との間に“隠し子”がいたこと [全文を読む]

「消えた主役」名作ドラマ・映画の知られざる“交代劇”(2)観月ありさが「高校教師」女子高生役を断った理由

アサ芸プラス / 2016年09月11日17時57分

女優の悩ましい姿を見たいのは男の本能。女優もそれに応えようとはするが、限界はある。あの耽美な作品に、封印された「幻のヒロイン」がいた!「ドラマの内容が、途中までは『あぁ、なるほど』という感じだったんだけど、後半から近親同士での絡みみたいなものが出てきたりとか、ハードな内容になってきて」 観月ありさが7月22日の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)で経緯を初 [全文を読む]

松たか子VS寺島しのぶ 親族の祝宴で同席を拒否した梨園オンナの30年遺恨(1)昔は仲良かったが…

アサ芸プラス / 2014年06月24日09時58分

梨園の名門同士の華燭の典だけに華やかな祝宴となったが、その舞台裏では大物女優同士による、文字どおり“ありのままの”因縁の火種がくすぶっていたというのである。 皇族、元首相、大物司会者やアイドルなど、総勢620人も出席した披露宴は、豪華絢爛だった。名だたる歌舞伎界の大物たちも総じて出席している。 もちろん両家の親族も集まった。双方の両親を筆頭に、菊之助の姉で [全文を読む]

最年少「銀熊賞」の快挙! 恩師らが明かす黒木華の女優一途な素顔

週プレNEWS / 2014年03月02日10時00分

世界3大映画祭のひとつ、第64回「ベルリン国際映画祭」で女優の黒木華(はる・23歳)が最優秀女優賞(銀熊賞)に輝いたのだ。 受賞作『小さいおうち』(山田洋次監督)は東京郊外で起こった男女の恋愛事件の真実を、昭和と平成のふたつの時代を通して描いたもので、黒木が演じたのは割烹着姿のお手伝いさん、布宮タキというなんとも地味な役どころ。 とはいえ、その高い演技力 [全文を読む]

松たか子 新作映画で魅せた!(2)

アサ芸プラス / 2012年06月27日11時00分

そうしたごく自然な流れを表現する場面で、女性の心の奥の部分を演じられるところが女優・松たか子の演技力であり、それを引き出す西川美和監督にも凄みを感じました」 さらにこの“ヘアシーン”には、松のなみなみならぬ女優魂が詰まっているという。同映画の関係者が明かす。 「生理用品を装着するシーンは当初、首より下を撮影することにして、吹き替えの女優に演じてもらう案があ [全文を読む]

TV美女50人「女優力」最新ランキング(4)「あげ濡れ場」「さげ濡れ場」吉高由里子「潔い脱ぎ」

アサ芸プラス / 2012年01月27日11時00分

濡れ場こそ、女優の真価が問われる大舞台。艶やかに濡れ場を演じて“女優力”を上げた者もいれば、下げてしまった者もいる。女優たちが運命を分けた「あげ濡れ場」と「さげ濡れ場」の名場面を映画評論家の前田有一氏が解説する。 * まずは“ベスト濡れ場”。堂々の1位は、吉高由里子(23)の「蛇にピアス」(ギャガ・コミュニケーションズ)だ。 全裸で彫り師に後ろ手を縛られて [全文を読む]

吹石一恵ほか「実は二世だった」意外な芸能人ベスト5

日刊大衆 / 2017年01月02日11時00分

1997年に映画『ときめきメモリアル』の藤崎詩織役でメジャーデビューし、清楚系の女優として活躍してきた吹石が、実はスポーツ一家出身ということはあまり知られていない。父親は近鉄バファローズに在籍していた元プロ野球選手の吹石徳一(63)。その血を受け継いだのか、吹石家の長男次男は、どちらもかつては高校球児であり、次男は社会人野球でもエースを務めて活躍した。今年 [全文を読む]

2016年上半期芸能美女「ツヤツヤ大賞」を一挙表彰!(1)映画部門ではヒップで魅せた二階堂ふみに決定!

アサ芸プラス / 2016年07月02日17時57分

6月25日公開の「日本で一番悪い奴ら」で上半期ギリギリの滑り込み濡れ場を披露したのが、女優の矢吹春奈(31)だ。 かつて、グラビアアイドル時代は掲載誌が売り切れる“完売クイーン”の異名をとった矢吹だが、映画ではススキノのホステス役で初濡れ場を熱演している。主役の刑事にラブホに連れ込まれると一糸まとわぬ完脱ぎボディを披露するのだ。 映画評論家の秋本鉄次氏が語 [全文を読む]

フォーカス