映画 若松孝二に関するニュース

タブーではなく人間を描く―白石和彌が初ロマンポルノで込めたエール

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月12日20時00分

死刑囚が告白した未解決事件を追う記者の手記を実写化した『凶悪』、日本警察史上最大の不祥事と呼ばれる稲葉事件を映画化した『日本で一番悪い奴ら』――。実際に起きた犯罪をモチーフにした映画を得意とし、近年、注目度を高めている白石和彌監督。若松孝二監督の弟子でもある白石監督の作品は、かつての日本映画のように、社会の暗部に生きる人間をタブー視せず、ありのままに描くの [全文を読む]

制作期間は一週間!? 園子温、白石和彌、行定勲らが日活ロマンポルノを撮る!

ソーシャルトレンドニュース / 2016年03月14日19時44分

かつての日活ロマンポルノ出身である宮下順子や美保純のように、日本映画を背負うどんな女優たちが生まれてくるのか……期待が膨らむ。■完全オリジナル作品でロマンポルノに挑む5人の監督陣■塩田明彦 × バトル師匠の大和屋竺(脚本家・監督)にたたきこまれた脚本術で、神代辰巳監督をリスペクトしながら奔放な女と翻弄される男の躍動感あふれる駆け引きを軽妙に描く。塩田監督の [全文を読む]

キム・ギドクの精神と歌「アリラン」の魅力に迫るドキュメンタリー。ナレーターを担当した斎藤工は「最も興味ある映像」と語った。

PR TIMES / 2013年05月15日18時56分

韓国映画界を代表する映画監督であるキム・ギドクが愛してやまない歌「アリラン」。番組では、貴重なキム・ギドクのインタビューを交えながら、韓国第二の国歌とも言われる「アリラン」の魅力に迫る。今回のオファーについて斎藤は「『ノンフィクションW』は通好みというか、本物志向ですよね。若松孝二監督のドキュメントだったりとか、他局にはない着眼点があって、大ファンなんで [全文を読む]

前田敦子が4冠達成、主演女優賞受賞

モデルプレス / 2013年04月25日13時51分

女優の前田敦子が「第22回日本映画プロフェッショナル大賞」の主演女優賞を映画「苦役列車」で受賞したことが25日、明らかとなった。 映画「苦役列車」は、第144回芥川賞を受賞した西村賢太氏の同名小説を映画化。前田は、貧しい青年・北町貫多(森山未來)の憧れのヒロイン・桜井康子を熱演した。また同作で、これまでに「第4回TAMA映画賞 最優秀新進女優賞」「第67回 [全文を読む]

宮崎あおい共演NG俳優も…元夫との復縁切望も「時すでに遅し」

メンズサイゾー / 2012年08月08日14時40分

声優を務めたアニメ映画『おおかみこどもの雨と雪』の大ヒット御礼舞台挨拶に登壇した宮崎あおい(26)が、意味深発言をしている。人間と狼の恋を描いた作品にちなみ、「人間と狼どちらになりたい?」と質問された宮崎は、「(人間として)出会ってきた人にまた出会いたいと思う部分もある」と回答。彼女が「出会ってきた人」の中でもっとも大きい存在だったのはやはり、昨年12月に [全文を読む]

vol.3 「し」さん 〜人生はじめての彼女〜

ソーシャルトレンドニュース / 2017年03月16日18時15分

恋愛映画の名手・今泉力哉監督が12人の女性との告白の記録を綴る連載『赤い実、告白、桃の花。』。今回は、故郷の福島を離れ、名古屋の大学に入学。名古屋篇が始まります。大学に入学して、まったく知らない土地で暮らし始めた。校舎の場所など、いろいろよくわからずに借りたアパートは大学からまあまあ遠くて、夏にはクラスメイトの川村浩司の家に居候していた。だらだらと過ごしな [全文を読む]

現実は映画よりも「凶悪」 新潮45編集部が徹底的に暴いた現代の闇、映画化決定までの軌跡

AOLニュース / 2013年09月12日10時00分

【連載】現実は映画よりも「凶悪」新潮45編集部が徹底的に暴いた現代の闇、映画化決定までの軌跡(第一回)死刑囚からの告発によって、ひとりのジャーナリストが闇に葬られようとしていた殺人事件を暴き、犯人逮捕へと導いたベストセラー「凶悪―ある死刑囚の告発―」が映画化された。山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキーを迎えて、映画『凶悪』に挑んだのは、若松孝二監督の助 [全文を読む]

前田敦子、AKB48ライブへの意気込みを語る セクシーな肩出しドレスで登場

モデルプレス / 2013年06月15日23時36分

女優の前田敦子が15日、都内にて行われた「第22回日本映画プロフェッショナル大賞」授賞式&オールナイト上映会に出席した。 ブラックのセクシーな肩出しドレスで登場した前田。同日、前田が7月31日に札幌ドームで行われるAKB48のコンサート「AKB48 2013年真夏のドームツアー~まだまだ、やらなきゃいけないことがある~」に出演することが発表されたため、イベ [全文を読む]

追悼、映画監督 若松孝二。俳優・井浦 新「監督は僕らに本当の自由を与えてくれた」

週プレNEWS / 2012年10月30日15時30分

彼の反骨の魂を次の世代に伝えるために、25日の葬儀で弔辞を読んだ俳優・井浦新が“闘う映画監督”の生きざまを証言する。 *** 若松作品に参加するようになったきっかけは、足立正生監督が35年ぶりにメガホンを取った『幽閉者 テロリスト』の現場です。そこで、「若松孝二も連赤(連合赤軍)の映画を撮る」と知った。いてもたってもいられなくなって、すぐに若松プロに電話し [全文を読む]

満島真之介インタビュー 「“魂と魂の出会う場所”へと僕が来たのは、あの朝に観た太陽が始まりでした」

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月07日11時30分

今回登場してくれたのは、映画『風俗行ったら人生変わったwww』で、自己完結型の童貞男という難しい役を演じ切った満島真之介さん。初の主演作へと連なって来た、その役者人生とは? 満島真之介の写真や映画の詳しい情報はこちら 「情報が蔓延し、頭でっかちになるあまり、自分自身のことを考えづらくなっている今、この映画がやるべきことを、みんなで一緒に考え、つまずいては登 [全文を読む]

フォーカス